Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    購入ワークフロー

    Translatable

    購入ワークフローの一般説明

    以下は、作成から有効化または受入を待機するまで、購入発注明細(注文明細)が処理される方法を指定する購入ワークフローの図です。このワークフローは、ユーザーによる受入 を対象としていません。また、Rialtoの受入ワークフローの対象ではありません。 Rialto の購入ワークフローについては、Rialto エンドツーエンドの発注ライフサイクルを参照してください。
    詳細については、購入の概要をご覧ください。(4分6秒)
    作成可能な物的および電子的な購入タイプと注文書明細タイプの説明、および購入ワークフローと結果の在庫の両方における購入タイプと注文明細タイプの影響については、購入タイプのワークフローと在庫の説明を参照してください。電子リソースを取得する際に従うワークフローの決定については、電子リソース–シナリオとワークフローを参照してください。
    Purchasing Workflow_New.png
    購入ワークフロー

    以下は、このワークフロー内の手順に関する詳細な説明です(図内の番号に対応しています):

    1. 注文明細は、通常、埋め込み注文データ(EOD)インポートするか、ライブラリサービスプロバイダー(LSP)によるリアルタイムAPIを介して自動的に、または注文明細の作成をして手動でAlmaに入ります。電子資料または物的資料のタイプについては、以下の注文を作成するために必要な手順を参照してください。 また、注文明細の作成も参照してください。
    2. Almaは、注文明細を正規化、検証、および処理して、管理者が事前に設定したレビュールールに基づいて特別な注意を必要とする要素があるかどうかを判断します。
    3. 注意が必要なデータの問題(無効または不明情報を含む)またはアラートがある場合、Almaがレビュー用に注文明細を送信します。詳細については、注文明細をレビューを参照してください。
    4. 注文明細は注文書にパッケージングされます。注文明細の概要ページで設定された購入設定(注文明細を手動で作成する参照)は、パッケージングが自動または手動かを判断します。
      パッケージングプロセス(手動または自動)時、必須フィールド(このステップで必要)に不備がある場合、注文書はレビューのため返送されます。詳細については、注文書をレビューするを参照してください。注文書を確認し、不足している情報を入力すると、注文書は承認されベンダーに送信される場所へ進みます。
    5. 注文書は、ワークフローの承認および送信段階へ進みます。承認と送信について、自動か手動かは購入設定(Ex Librisにより設定)により決定されます。
      • 自動 – 注文書が自動的に承認され、ベンダーに送信されます。
      • 手動 – ベンダーに送信される前に、注文書を手動で承認する必要があります。詳細については、注文書を承認・送信するを参照してください。手動承認を実行する際、「発注書の承認」ページで承認して送信を選択すると、承認された注文書がベンダーに送信されます。
      注文書は、手動作成であるかEODを使用した作成であるか、および手動または自動パッケージで設定されているかどうかにかかわらず、承認が必要です。ただし、ユーザーが注文明細について「今すぐ注文」を選択した場合、注文書は購入設定に関係なく、自動的に承認されます。
    6. 注文明細は、購入ワークフローの最終段階へ進み、そこで電子的または物的な資料かを確認するためにチェックされます。
      • 電子 - 注文明細は有効化段階へ進みます(電子資源の有効化を参照)。
      • 物的 — 注文明細は受入段階へ進み、そこで受入資料で説明されている通りに、そのタイプに応じて処理されます。資料が受入された後も受入後処理を実行することができます(受入後処理参照)。
    注文明細がワンタイムの場合、すべて請求され、受入/有効化されると終了します。すべて請求されていない場合は、「注文明細の概要」ページの請求書ステータスフィールドで「請求書待ち」としてマークされ、請求を待ちます(請求書を発行するを参照)
    注文明細が連続の場合、受入/有効化後に「更新待ち」としてマークされます。最後の発行がまだ受入されていない場合でも、すべて支払われていて購読を終了する場合は、注文明細を「クローズ」として手動でマークすることができます。

    注文を作成するために必要な手順のチェックリスト

    注文を作成するには、主に3つの方法があります:

    上記の3つの方法では、冊子リソースと電子リソースの両方の資料タイプの注文を作成できます。各資料タイプの注文を作成するために必要な手順のチェックリストを以下に示します:

    OASISからの電子注文の場合、完全な説明情報とアクセス情報にAPIアプローチを使用することをお勧めします。

    冊子リソースの注文方法

    物的 - 手動注文

    設定アクション

    説明

    手動注文では、特別な設定は必要ありません。

     

     

    物的 - EOD(埋め込み注文データ)

    設定アクション

    説明

    デフォルトのメタデータテンプレートの設定

    デフォルトのメタデータテンプレート が設定されていることを確認します(レコードテンプレートの操作を参照)。メタデータエディター > テンプレートを開きます。デフォルトとして定義するテンプレートを選択します。プロパティを選択します 。 デフォルトとして選択します。

    ベンダー設定

    Almaのベンダーが注文明細の発信EDIメッセージを送信しないように設定されていることを確認してください。 これがワークフローの場合、他のEDIメッセージ(請求書など)を送信できます。ベンダーEDIについての詳細を読む

    関連する注文情報をベンダーに提供する

    ベンダーが注文を作成するには、次のパラメーターを提供する必要があります。  

    所有図書館コード(複数) – 作成された注文明細が割り当てられる図書館。 可能性のある所有図書館コードのリストをベンダーに提供しなければなりません。ベンダー側で行わなければならない可能性のある実装は、関連する所有図書館を選択するために注文フォームにドロップダウンを表示することです。その他の実装は、アカウントを単一の所有図書館に関連付けることです。この場合、オペレーターは関連するアカウントにログインする必要があります。

    ベンダーは、図書館の完全なリストを取得するために図書館の検索API を使用するか、図書館のコードを確認するために[1]図書館の取得API を使用できます。

    場所コード(複数) – これは、関連アイテムが作成される場所を指します。冊子資料のみに関連します。

    ベンダーは場所のリストを取得するために、場所取得API を使用することができます。

    予算コード(複数) – 支払いが生成される予算を指します。

    ベンダーは 予算APIの取得を使用できます。

     

    新規注文 インポートプロファイルの作成、または既存のプロファイルのコピー

    受入 > インポートプロファイルの管理を選択します。 EDI請求書からのベンダーレファレンス番号 情報がAlmaにマッピングされているか確認してください。インポートプロファイルの管理を参照してください。

    正しい提出フォーマットオプションが選択されていることを確認してください。

     

    目録インポートプロファイルの更新を設定します

    [受入] > [インポートプロファイルの管理]に移動します。 

    •  EODで作成された注文の請求書を受け取ると、ベンダーは完全なMARCレコードファイルを FTPサーバー に配置します。
    • Almaは完全なMARCレコードをインポートし、目録インポートプロファイルの更新を使用して、そのレコードを注文明細に一致させ、簡易レコードをオーバーレイします。 一致は、注文明細番号またはベンダーレファレンス番号のいずれかによって行われます。

    物的 - API

    設定アクション

    説明

    デフォルトのメタデータテンプレートの設定

    デフォルトのメタデータテンプレートが設定されていることを確認します(レコードテンプレートの操作を参照)。メタデータエディター > テンプレートを選択します。デフォルトとして定義するテンプレートを選択します。プロパティを選択します 。デフォルトとして選択します。

    ベンダーにAPIキーを送信

    APIキーは機関によって生成され、ベンダーに提供される必要があります。

    各ベンダーは、一意で個別のAPIキーを持つ必要があります。 このようにして、機関が特定のベンダーとの作業を中止する場合、開発者ネットワークを介してその特定のAPIキーを無効にすることができます。 他のAPIキーは通常どおり機能し続けます。

    • 機関のアカウントを使用して 開発者ネットワーク にログインします。
    • ベンダーとの統合の名前でアプリケーションを定義します 。
    • 読み取り/書き込み権限を使用して、受入APIをアプリケーションに追加します。
    • 読み取り専用権限のあるアプリケーションに設定 APIを追加します。

    サンドボックス環境または本番環境でAPIを定義できます。

    • アプリケーションのAPIキーをコピーします。これは、機関を識別するためにベンダーAPI呼び出しの一部として使用するAPIキーです。
    •  API制限プロファイルを定義することを推奨します。詳細については、 API制限プロファイルの操作を参照してください。

    関連する注文情報をベンダーに提供する

    ベンダーが注文を作成するには、次のパラメーターを提供する必要があります。  

    ベンダーコードおよびベンダーアカウントコード – これらは Almaのベンダーレコードを示します。作成された注文明細は、そのベンダーとベンダーアカウントに関連付けられます。Almaのこのベンダーが、発注書の送信EDIメッセージを送信しないように構成されていることを確認する必要があります。これがワークフローの場合、他のEDIメッセージ(請求書など)を送信することができます。 

    所有図書館コード(複数) – 作成された注文明細が割り当てられる図書館。可能性のある所有図書館コードのリストをベンダーに提供しなければなりません。ベンダー側で行う実装は、関連する所有図書館を選択するために注文フォームにドロップダウンを表示することを含む場合があります。その他の実装は、アカウントを単一の所有図書館に関連付けることです。この場合、オペレーターは関連するアカウントにログインする必要があります。

    ベンダーは、図書館の完全なリストを取得するために図書館の検索API を使用するか、図書館のコードを確認するために 図書館の取得API を使用できます。

    ロケーションコード –  関連アイテムが作成される場所。冊子資料のみに関連します。

    ベンダーは場所のリストを取得するために、場所検索APIを使用することができます。

    予算コード – 支払いが行われる予算。

    ベンダーは 予算APIの取得を使用できます。

    詳細については、機関向けのリアルタイム受入設定 を参照してください。

    新規注文 統合プロファイルの作成

    新規注文API統合プロファイルは、適用するマッチングルールを決定します。  詳細については、 書誌レコードの決定方法を参照してください。  予算関連の問題の検証は、 ここ (docx)に記載されているように構成することもできます。

    目録インポートプロファイルの更新を設定します

    • 冊子資料または電子資料のAPIを介してAlmaで注文を作成する場合、 簡易レコードが、作成されたMARCレコードの基本フィールドを含みAlmaで作成されます。
    • 目録更新 インポートプロファイルを使用して、簡易レコードを検索し(購入発注明細番号またはベンダーレファレンス番号を使用)、完全なMARC情報をオーバーレイします。

    簡易レコードのオーバーレイを参照します 。

    電子リソースの注文方法

    電子 – 手動注文

    設定アクション

    説明

    手動注文では、特別な設定は必要ありません。

     

     

    電子 – EOD(目込み注文データ)

    設定アクション

    説明

    デフォルトのメタデータテンプレートの設定

    デフォルトのメタデータテンプレートが設定されていることを確認します(レコードテンプレートの操作を参照)。 メタデータエディター > テンプレートを選択します。デフォルトとして定義するテンプレートを選択します。プロパティを選択します 。デフォルトとして選択します。

    ベンダー設定

    Almaのベンダーが注文明細の発信EDIメッセージを送信しないように設定されていることを確認してください。 これがワークフローの場合、他のEDIメッセージ(請求書など)を送信できます。ベンダーEDIについての詳細を読む

    関連する注文情報をベンダーに提供する

    ベンダーが注文を作成するには、次のパラメーターを提供する必要があります。  

    所有図書館コード(複数) – 作成された注文明細が割り当てられる図書館。可能性のある所有図書館コードのリストをベンダーに提供しなければなりません。ベンダー側で行う実装は、関連する所有図書館を選択するために注文フォームにドロップダウンを表示することを含む場合があります。その他の実装は、アカウントを単一の所有図書館に関連付けることです。この場合、オペレーターは関連するアカウントにログインする必要があります。

    ベンダーは、図書館の完全なリストを取得するために図書館の検索API を使用するか、図書館のコードを確認するために 図書館の取得API を使用できます。

     場所コード(複数) –  関連アイテムが作成される場所を指します。冊子資料のみに関連します。

    ベンダーは場所のリストを取得するために、場所取得API を使用することができます。

    予算コード – 支払いが行われる予算。

    ベンダーは 予算APIの取得を使用できます。

    詳細については、機関向けのリアルタイム受入設定 を参照してください。

    新規注文 インポートプロファイルの作成、または既存のプロファイルのコピー

    受入 > インポートプロファイルの管理を選択します。 EDI請求書からのベンダーレファレンス番号 情報がAlmaにマッピングされているか確認してください。インポートプロファイルの管理を参照してください。

    正しい提出フォーマットオプションが選択されていることを確認してください。

     

    目録インポートプロファイルの更新を設定します

    [受入] > [インポートプロファイルの管理]に移動します。 

    •  EODで作成された注文の請求書を受け取ると、ベンダーは完全なMARCレコードファイルを FTPサーバー に配置します。
    • Almaは完全なMARCレコードをインポートし、目録インポートプロファイルの更新を使用して、そのレコードを注文明細に一致させ、簡易レコードをオーバーレイします。 一致は、注文明細番号またはベンダーレファレンス番号のいずれかによって行われます。

    電子 – API

    設定アクション

    説明

    デフォルトのメタデータテンプレートの設定

    デフォルトのメタデータテンプレートが設定されていることを確認します(レコードテンプレートの操作を参照)。メタデータエディター > テンプレートを選択します。デフォルトとして定義するテンプレートを選択します。プロパティを選択します 。デフォルトとして選択します。

    ベンダーにAPIキーを送信

    APIキーは機関によって生成され、ベンダーに提供される必要があります。

    各ベンダーは、一意で個別のAPIキーを持つ必要があります。 このようにして、機関が特定のベンダーとの作業を中止する場合、開発者ネットワークを介してその特定のAPIキーを無効にすることができます。 他のAPIキーは通常どおり機能し続けます。

    • 機関のアカウントを使用して 開発者ネットワーク にログインします。
    • ベンダーとの統合の名前でアプリケーションを定義します 。
    • 読み取り/書き込み権限を使用して、受入APIをアプリケーションに追加します。
    • 読み取り専用権限のあるアプリケーションに設定 APIを追加します。

    サンドボックス環境または本番環境でAPIを定義できます。

    • アプリケーションのAPIキーをコピーします。これは、機関を識別するためにベンダーAPI呼び出しの一部として使用するAPIキーです。
    •  API制限プロファイルを定義することを推奨します。詳細については、 API制限プロファイルの操作を参照してください。

     

    関連する注文情報をベンダーに提供する

    ベンダーが注文を作成するには、次のパラメーターを提供する必要があります。  

    ベンダーコードおよびベンダーアカウントコード – これらは Almaのベンダーレコードを示します。作成された注文明細は、そのベンダーとベンダーアカウントに関連付けられます。Almaのこのベンダーが、発注書の送信EDIメッセージを送信しないように構成されていることを確認する必要があります。これがワークフローの場合、他のEDIメッセージ(請求書など)を送信することができます。 

    所有図書館コード(複数) – 作成された注文明細が割り当てられる図書館。可能性のある所有図書館コードのリストをベンダーに提供しなければなりません。ベンダー側で行う実装は、関連する所有図書館を選択するために注文フォームにドロップダウンを表示することを含む場合があります。その他の実装は、アカウントを単一の所有図書館に関連付けることです。この場合、オペレーターは関連するアカウントにログインする必要があります。

    ベンダーは、図書館の完全なリストを取得するために図書館の検索API を使用するか、特定図書館のコードを確認するために 図書館の取得API を使用できます。

     場所コード(複数)関連アイテムが作成される場所を指します。冊子資料のみに関連します。

    ベンダーは場所のリストを取得するために、場所取得API を使用することができます。

    予算コード – 支払いが行われる予算。

    ベンダーは 予算APIの取得を使用できます。

    詳細については、機関向けのリアルタイム受入設定 を参照してください。

    新規注文 統合プロファイルの作成

    新規注文API統合プロファイルは、適用する一致ルールを特定します。  詳細については、  書誌レコードの特定方法を参照してください。 予算関連の問題の検証は、 ここ (docx)に文書化されたとおりに設定することもできます。

    目録インポートプロファイルの更新を設定します

    • 冊子資料または電子資料のAPIを介してAlmaで注文を作成する場合、 簡易レコードが、作成されたMARCレコードの基本フィールドを含みAlmaで作成されます。
    • 目録更新 インポートプロファイルを使用して、簡易レコードを検索し(購入発注明細番号またはベンダーレファレンス番号を使用)、完全なMARC情報をオーバーレイします。

    簡易レコードのオーバーレイを参照します 。

    OASIS/GOBIからの注文の電子リソースの注文方法

    プロバイダーの完全なリストについては、リアルタイム注文を参照してください。

    電子 – API

    設定アクション

    説明

    デフォルトのメタデータテンプレートの設定

    デフォルトのメタデータテンプレートが設定されていることを確認します(レコードテンプレートの操作を参照)。メタデータエディター > テンプレートを選択します。デフォルトとして定義するテンプレートを選択します。プロパティを選択します 。デフォルトとして選択します。

    ベンダーにAPIキーを送信

    APIキーは機関によって生成され、ベンダーに提供される必要があります。

    OASISへの連絡はOASIS-Onboarding@proquest.comまでお願いいたします。

     GOBIについては、GOBI担当者にお問い合わせください。

    各ベンダーは、一意で個別のAPIキーを持つ必要があります。 このようにして、機関が特定のベンダーとの作業を中止する場合、開発者ネットワークを介してその特定のAPIキーを無効にすることができます。 他のAPIキーは通常どおり機能し続けます。

    • 機関のアカウントを使用して 開発者ネットワーク にログインします。
    • ベンダーとの統合の名前でアプリケーションを定義します 。
    • 読み取り/書き込み権限を使用して、受入APIをアプリケーションに追加します。
    • 読み取り専用権限のあるアプリケーションに設定 APIを追加します。

    サンドボックス環境または本番環境でAPIを定義できます。

    • アプリケーションのAPIキーをコピーします。これは、機関を識別するためにベンダーAPI呼び出しの一部として使用するAPIキーです。
    •  API制限プロファイルを定義することを推奨します。詳細については、 API制限プロファイルの操作を参照してください。

     

    関連する注文情報をベンダーに提供する

    ベンダーが注文を作成するには、次のパラメーターを提供する必要があります: 

    ベンダーコードおよびベンダーアカウントコード – これらは Almaのベンダーレコードを示します。作成された注文明細は、そのベンダーとベンダーアカウントに関連付けられます。Almaのこのベンダーが、発注書の送信EDIメッセージを送信しないように構成されていることを確認する必要があります。これがワークフローの場合、他のEDIメッセージ(請求書など)を送信することができます。 

    所有図書館コード(複数) – 作成された注文明細が割り当てられる図書館。可能性のある所有図書館コードのリストをベンダーに提供しなければなりません。ベンダー側で行う実装は、関連する所有図書館を選択するために注文フォームにドロップダウンを表示することを含む場合があります。その他の実装は、アカウントを単一の所有図書館に関連付けることです。この場合、オペレーターは関連するアカウントにログインする必要があります。

    ベンダーは、図書館の完全なリストを取得するために図書館の検索API を使用するか、図書館のコードを確認するために 図書館の取得API を使用できます。

     ロケーションコード –  関連アイテムが作成される場所。物的資料にのみ関連します。

    ベンダーは場所のリストを取得するために、場所取得API を使用することができます。

    予算コード – 支払いが行われる予算。

    ベンダーは 予算APIの取得を使用できます。

    詳細については、機関向けのリアルタイム受入設定 を参照してください。

    新規注文 統合プロファイルの作成

    新規注文API統合プロファイルは、適用するマッチングルールを決定します。  詳細については、 書誌レコードの決定方法を参照してください。  予算関連の問題の検証は、 ここ (docx)に記載されているように構成することもできます。

    このワークフローはコミュニティゾーンレコードを有効化するため、統合プロファイルの[検証]セクションと[一致]セクションは考慮されません。

    コミュニティゾーンから関連するコレクションを有効化

    Almaのコレクション内の 電子リソース(ポートフォリオ)を正常に作成するため、機関はコミュニティゾーンから有効化された機関ゾーンにある関連コレクションを所有する必要があります。 

    現在、注文プロセス中にコレクション内にリソースを作成する機能は、サポートされている eBookプラットフォームからOASISとGOBIの注文のみで使用可能です。 

    電子リソースを有効化を参照してください。

    購入タイプワークフローと目録の説明

    注文明細が特定の購入タイプで作成されると、ワークフローとデータへの影響が固定され、変更できなくなります。そのため、購入ワークフローと結果の目録の両方に対するさまざまな購入タイプの影響を理解することが重要です。
    資料タイプは、書籍、電子ジャーナル、CD-ROMなど、アイテムの形式に関する資料のタイプを指します。すべての電子資料 タイプの詳細については、電子資源の管理を参照してください。すべての冊子資料タイプの詳細については、冊子アイテムの資料タイプの説明の設定 を参照してください。 資料タイプは、作成されるアイテムレコードの一部ですが、注文明細ワークフローを制御しません。資料タイプは、注文明細を作成/編集する際に変更できます。
    購入タイプは、物的または電子的であり、次のいずれかの継続タイプです:
    • ワンタイム – 印刷本、電子書籍、楽譜など、繰返し出版されないような1回限りまたはまれな注文。物的資料は、[新規資料を受入する]ページのワンタイムタブで受入されます。所蔵とアイテムは自動的に作成され、各ユニークなロケーションに1つの所蔵、さらに各コピーに1つのアイテムが作成されます。電子的資料は、標準の有効化プロセスを経て、無期限に有効化されたままになります。注文明細の請求書が発行され、受入/有効化されると、注文明細は閉じられます。
    • 継続 – 定期的に繰り返される注文。たとえば、ジャーナルなどの物的または電子的な資料の月極購読。物的資料は、[新規資料を受入する]ページの連続タブで受入されます。所蔵は、注文書明細の作成時に(一つのロケーションでシリーズの実行ごとに)作成され、アイテムは次の通りに作成されます:
      • 見越しパターンを使用する場合:MDエディタで見越し刊行物を開くを選択した後。予測パターンを参照する。
      • それ以外の場合:号またはバインドされたボリュームを受入したとき。
      電子的な資料は、標準の有効化プロセスを経て、評価プロセスで無効化される場合があります。注文明細は、請求および受入/有効化されると開いたままになります(ただし、手動で閉じることはできます)。
      追加の例とワークフロー情報:
      • 四半期ごとにアイテムを受入するシリアル – 号は、注文に添付されたジャーナルの書誌レコードに説明されます。発行ごとにアイテムを作成する必要があります。バインドされるまでは独立したアイテムです。号は流通する場合と流通しない場合がありますが、失われたかどうかや特定の問題に対する特別な社内ルールなど、各号に関する情報は記録してください。号の配信のための見越しパターンを作成するか、[新規資料を受入]ページの連続タブで新規の号を受入する必要があります。
      • 百科事典編など、予測できない間隔でボリュームを受入するマルチボリュームモノグラフ – ボリュームは、注文に添付されている百科事典の書誌レコードに説明されます。ボリュームは単独で貸出される場合があるため、ボリュームごとにアイテムを作成する必要があります。[新規資料を受入]ページの連続タブで新規ボリュームを受入れます。
    • ライセンスのアップグレード – ライセンスのアップグレード購入モデルを反映した購入を記録できます。さらに、ライセンスのアップグレードは、無料で、システムに記録する必要がある際に予算と価格なしで 注文明細を作成することができます。注文明細を無料として設定するオプションは、購入、承認プラン、およびベンダーシステムでの購入の受入方法と互換性があります。注文明細の受入方法でこれらの値のいずれかを選択すると、無料チェックボックスが表示されます。このチェックボックスをオンにすると、[予算]セクションと[価格]セクションが非表示になります。
    • スタンディングオーダー – 頻繁または定期的に繰り返されない注文。たとえば、特定の著者の図書が出版されたとき、または一連の書籍が出版されているが、必ずしも定期的に出版されていない場合に、そのすべての図書を購入するために使用されます。物的なモノグラフ資料は、[新規資料の受入]ページで受入されません。代わりに、書誌レコードを作成または選択し、所蔵レコードを作成してから、アイテムレコードを作成することで、手動で作成します。これは、スタンディングオーダーの注文明細に関連付けてください。[冊子アイテムエディタ]でアイテムの受入日を設定します。
      Almaでのスタンディングオーダーの管理に関する詳細については、受入 - Almaのスタンディングオーダー[PPT]を参照してください。
      非モノグラフ資料は、決まったシーケンスや頻度はありませんが、物的な連続資料と同じ方法で処理されます。電子的な資料は、標準の有効化プロセスを経て、評価プロセスで無効化される場合があります。注文明細は、請求および受入/有効化されると開いたままになります(ただし、手動で閉じることはできます)。
      追加の例と情報:
      • 予測できない間隔で新しいタイトルを受入するモノグラフシリーズ – 各タイトルは異なる著者によって公開されている場合がありますが、すべて同じシリーズの下にあり、そのシリーズを購読しています。この注文は、シリーズのブロックされている書誌レコードにリンクされています。アイテムはこの書誌レコードでは説明されていません。各アイテムは異なるタイトルで発行されていて、シリーズの注文にリンクされている独自の書誌レコードで個別にカタログ化する必要があります。各アイテムは単独で貸出されます。
      • 配送後、既存の冊子アイテムに追加されるルーズリーフ式の法的資料など、更新資料の購読 – この資料は、注文に添付された冊子アイテムの書誌レコードで説明されます。それぞれがこのアイテムの更新です。単独で貸出されないため、配送される資料ごとに新しいアイテムを作成する必要はありません。資料が予測可能な間隔で受入される場合、資料が受入されるごとに注文の予定受入日を更新してください。
    以下の表は、リポジトリ検索のタイプごとに用意されている推奨購入タイプです(検索・注文明細作成プロセスの説明については、注文明細を手動で作成するを参照してください)。
    リポジトリ検索、推奨される購入タイプ、ワークフローと目録
    見つける タイプを選択 推奨される購入タイプ 注文の継続性 注文明細ワークフロー 作成済み目録
    全タイトル ジャーナル(ISSN) 電子ジャーナル ワンタイム 注文明細が送信されると、有効化タスクが作成されます スタンドアローンポートフォリオ
    継続 注文明細が送信されると、有効化タスクが作成されます スタンドアローンポートフォリオ
    プリントジャーナル ワンタイム [新規資料を受入]ページで受入済み アイテムタイプ - ジャーナル
    継続 [新規資料を受入]ページの[連続]タブで受入しました。アイテムは受入時に作成されます。 所蔵
    書籍(ISBN) 電子ブック(タイトル) ワンタイム 注文明細が送信されると、有効化タスクが作成されます スタンドアローンポートフォリオ(電子書籍)
    継続 注文明細が送信されると、有効化タスクが作成されます スタンドアローンポートフォリオ(電子書籍)
    ライセンスのアップグレード ワンタイム なし なし
    図書
    注文する冊子アイテムが書籍のみの場合、どの図書注文タイプ(図書 - ワンタイムなど)も、同等の物的タイプ(物的 - ワンタイムなど)と基本的に同じです。
    ワンタイム [新規資料を受入]ページで受入済み アイテムのタイプ - 書籍
    スタンディングオーダー
    (モノグラフ;非モノグラフは連続として機能します)
    資料は、[新規資料を受入]ページではなく、独自のワークフローを介して受入されます。詳細については、スタンディングオーダーのモノグラフ資料を受入するを参照してください。 所蔵
    電子コレクション ジャーナルパッケージ 電子コレクション ワンタイム、連続 注文明細が送信されると、有効化タスクが作成されます 電子コレクション(主要な知識ベースベース)
    図書パッケージ 電子コレクション ワンタイム、連続
    混合 電子コレクション ワンタイム、連続
    ライセンスのアップグレード -「追加注文」としてのみ利用可能 ワンタイム なし なし
    サービス発注(目録なし) アクセスサービス 目録は作成されません。注文明細ワークフローは継続性により異なります(購読タイプの注文には更新が必要です)。
    • 電子コレクション - ワンタイム/連続購入タイプを使用します。(電子コレクションエディタでコレクションタイプデータベースとして定義できます。)
    • これらの注文明細タイプは目録のメインの注文明細にすることはできませんが、追加の注文明細として目録に追加できます。詳細については、注文明細を手動で作成するを参照してください。
    データベースサービス
    その他サービス
    タイトルレベルでアイテムを注文すると、すべてのタイトル検索でそのアイテムの注文リンクのみが表示されます。電子コレクションレベルでアイテムを注文すると、電子コレクション検索でそのアイテムの注文リンクのみが表示されます。
    購入ワークフロービデオシリーズ (動画3本)をご覧ください 。
    Almaで各資料タイプとコンテキストについて作成できる注文明細タイプについては、注文明細タイプを有効化/無効化するを参照してください。
    • Was this article helpful?