Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    法的デポジットの操作

    Translatable
    ベンダーから無料で出版物のコピーを受け取る政府または国立図書館の場合、法的デポジット受入方法を使ってベンダーとの取引を行うことができます。法的デポジットにより、注文書のゼロ値をベンダーへの通知と共存させることができ、注文明細注文書の異なるバージョンを送信するための資金も価格も必要ありません。
    法的デポジット方法はAlmaで提供され、それを必要とする機関で有効になります。新しい注文明細が作成されると、Almaは法的デポジットが有効になっているかどうかを確認します。その場合、Almaは受入方法をオプションとして表示します。

    仕組み

    図書館は、管轄内で発行されたすべてのアイテムについて1つ以上のコピーを受領します。(これには、モノグラフと逐次刊行物、印刷物と電子版が含まれます。)図書館は、購入価格ゼロを請求し、同じ取引で、ベンダーまたは出版者に受領確認書を送信できます。確認書は、次の規則に従ってシステムで生成されます。
    • 各アイテム(モノグラフ用)について
    • イベントに応じて(請求、注文、受領)。
    継続的注文アイテム(逐次刊行物)のクレームレターは自動的に送信されません。
    Almaは、カスタマイズ可能な以下の法的デポジット通知書を提供します:
    • 法的保証金年間受入レター
    • 法的保証金請求レター
    • 法的保証金オーダーレター
    • 法的保証金受入レター
    Almaでのフォームレター編集の詳細については、Alma通知書を設定するを参照してください。
    法的デポジット方法が有効になり、レターが確認および編集されたら、法的デポジットの受入方法を使って注文書明細を作成できます。手動で注文明細を作成するを参照してください。

    法的デポジットのワークフロー

    1. 管理者は、機関の受入方法として法的デポジットを有効にします。受入方法を設定するを参照してください。
    2. ユーザーは、法的デポジットの受入方法で注文明細を作成します。手動で注文明細を作成するを参照してください。
    3. Almaは、ベンダーにリクエスト通知を送信します。 LEGAL_DEPOSIT_NOLETTER 取得メソッドがアクティブな場合、ベンダーに注文は送信されません。ただし、法定預金請求書は送信されます(適切で有効な場合)。 
    4. オペレーターが法的デポジット受入方法を使って注文を作成する場合:
      • 価格と資金は必須ではありません
      • 注文明細は梱包され、ベンダーに送られます
      • 発注明細には請求書が発行されません
      • 注文明細は、必要に応じてクレームタスクリストにリダイレクトされます。
    5. ベンダーは、図書館からリクエストされた法的デポジットのモノグラフまたは逐次刊行物を送ります。
    6. 図書館は、次のスケジュールでベンダーに確認書を送信します:
      • 受領時、法的デポジットモノグラフについて。
      • 法的デポジットの逐次刊行物の場合、Almaはすぐに使える年次アナリティックスリポートを作成し、ユーザーは他のレポートを作成できますが、Almaは自動的にそれらを送信しません。必要に応じて、ジョブを実行して、これらのレポートを必要なベンダーに送信できます。これを行うためには:
        1. ベンダーのセットを作成します。ベンダーセットを参照してください。
        2. 法的保証金年間受領レシートを設定します。「Almaレターの設定」を参照してください。
        3. 必要なアナリティックスリポートを設定し、そのパスを入力します。法的デポジットリポートパスを設定するを参照してください。また、タイプリポートアナリティクスでオブジェクトを設定するを参照)のアナリティクスオブジェクトとしてリポートを追加します。
        4. 法的デポジット年次レシートタスクのジョブを実行します。定義済みセットで手動ジョブを実行するを参照してください。
    • Was this article helpful?