Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    リソースシェア貸出リクエストの管理

    Translatable
    リソースシェア貸出リクエストを管理するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • フルフィルメントサービスオペレータ(リソースシェア図書館用)
    • フルフィルメントサービス管理者(リソースシェア図書館用)
    貸出リクエストを管理するには、役職をリソースシェア図書館にスコープする必要があります。
    1. 手動で(リソースシェア貸出タスクを手動で追加するを参照)または検索を使用して(検索からリソースシェア貸出タスクを追加するを参照)貸出リクエストを作成します。
    2. フルフィルメントオプションの管理を使用して貸出リクエストを処理します。冊子アイテムを移動するか、デジタルファイルを作成することにより、リソースを取得します(フルフィルメントオプションの管理を参照)。
    3. リソースシェアリクエストを満たすために使用されるリソースを処理します(リクエストの配置を参照)。
    4. 次のように、 リソースを配送します(貸出リクエストリソースの配送を参照)。
      1. 冊子または冊子返却不可アイテム-リソースシェア受付に送信
      2. デジタルアイテム–Eメールで送信
    5. 取寄せ機関からアイテムを受領し、図書館にスキャンして棚へ戻します。これは、貸出リクエストリソースの配送で説明されているのと同じ方法で行われます。
      アイテムをスキャンしてAlmaに取り入れた後、取寄せ機関がISOパートナーである場合、ISOチェックインメッセージが図書館に送信され、リクエストは自動的に閉じます。チェックイン済みISOメッセージは、アクティブなパートナーのワークフロープロファイルに有効なオプションとしてチェックイン済みメッセージが含まれている場合にのみ送信されます(ワークフロープロファイルの設定を参照)。取寄せ機関がEメールパートナーである場合、貸し手チェックインEメールレター が送信されます。レターの情報については、Almaレターの設定を参照してください。

      貸出リクエストが延滞されている場合、取寄せした機関にそれを返却するようリクエストするメッセージを送信できます 。 この場合に送信するEメールまたはISOメッセージは「取寄せ延滞Eメールレター」です。  Almaレターリストを参照してください。このメッセージは延滞メッセージをリソースシェア取寄せパートナーに送信するという スケジュールされたジョブ によって送信されます。または、手動で一般的なメッセージをパートナーに送信することもできます。

    ワークフローアクション

    Lending Request Task List New UI.png
    リソースシェア貸出リクエストタスクリストページ
    フルフィルメントサービスオペレータは、リソースシェア貸出リクエストタスクリストページ([フルフィルメント]>[リソースシェア]>[貸出リクエスト])でリソースシェア貸出リクエストのプールを管理します。常設メニューのタスクリストで次のリンクのいずれかを選択することにより、事前選択されたタブで、リクエストが事前にフィルタ処理されたこのページを表示することもできます(常設メニュータスクリストのタスクを参照)。
    • 貸出リクエスト - 新規 - 割り当てられたもの
    • 貸出リクエスト - 新規 - 未割り当て
    • 貸出リクエスト - 延滞 - 割り当て - ステータスが延滞リクエストになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエスト - 延滞 - 未割り当て
    • 貸出リクエスト - リコール - 割り当て - ステータスがリコールされたアイテムになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエスト - リコール - 未割り当て
    • 貸出リクエストが見つかりません - 割り当て - ステータスが見つかりませんになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエストが見つかりません - 未割り当て
    • 有効な一般メッセージありの貸出リクエスト - 割り当てられたもの-一般メッセージのあるリクエストの事前フィルタ
    • 有効な一般メッセージありの貸出リクエスト - 未割り当て
    • アクティブなノートを含む貸出リクエスト - 自分に割り当て済み - リクエストノートのあるリクエストの事前フィルタ
    • 有効なノートありの貸出リクエスト - 未割り当て
    このページには、貸出リクエストに関連付けられたリソースの記録リストが表示されます。各アイテムには、リソースとリクエストに関する詳細、および追加情報を含むタブが表示されます。
    • アラート - リクエストに関するアラート。タブヘッダーの緑色の点は、少なくとも1つのアラートが存在することを示します。
    • 冊子電子デジタル - 目録/その他の表示の詳細を参照してください。
    • その他の詳細 - 書誌レコードからの追加情報。
    貸出リソースシェアタスクを管理する場合:
    1. [リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページで、ページ上部のアクティビティステータスフィルタを使用して結果をフィルタ処理できます。このフィルタでは、デフォルトですべてアクティブ、または完了のリクエストを表示するよう選択できます。すべてまたは完了を選択した場合、1つ以上の特定のリクエストの検索ボックスに検索語を入力するまで、タスクリストは空のままです。
    2. ページの左側にあるファセットを使用して結果をフィルタ処理できます。ファセットには以下が含まれます。
      • ステータス-貸出リクエストのステータス。
        次のステータスは、リクエストの最後のステップが完了したことを示します。 これらのステータスのリクエストは削除される場合があります。
        • デジタル配信
        • リクエスト完了 - これは削除前の最終ステータスであり、手動で設定できます。
        以下は、リクエストプロセスの非最終(処理中)ステータスです。
        • 処理中
        • 借り手のリコール
        • 返信をキャンセル
        • キャンセル済
        • 条件付き
        • 作成された貸出リクエスト
        • 破損
        • 期限切れ
        • 貸し手チェックイン
        • 見つかりません
        • 紛失
        • 無期限
        • 延滞リクエスト
        • 自動拒否保留中
        • リコールアイテム
        • パートナーによって受信
        • 借り手のリクエストを拒否
        • 更新リクエスト
        • パートナーによって返却
        • 冊子で発送
        • 提供予定
        • スタッフ更新
        • 更新回答
        • ユーザーの更新
      • 印刷されたリクエスト–印刷スリップが印刷されたリクエスト
      • リポートされたリクエスト–印刷スリップリポートに印刷されたリクエスト
      • アクティブパートナー–リクエスト勤務表のアクティブパートナー
      • 作成日 – リクエストが作成された日付。可能な値は以下の通りです:
        • 今日 – 現在の日付に作成されたリクエスト
        • 昨日 – 現在の日付の前日に作成されたリクエスト
        • 3日前まで – 現在の日付の2日前または3日前に作成されたリクエスト(今日と昨日を除く)
        • 1週間前まで – 現在の日付の4~7日前に作成されたリクエスト(上記の3つのオプションを除く)
        • 1か月前まで – 現在の日付の8日前から1か月前に作成されたリクエスト(上記の4つのオプションを除く)
        • それ以前 – 現在の日付の1か月以上前に作成されたリクエスト
      • アップデート日–リクエストがアップデートされた日付。可能な値は、作成日ファセットの値と同じです。
      • リクエストされたフォーマット–リクエストされたアイテムのフォーマット。オプション:デジタル冊子返却不可冊子
      • 提供されたフォーマット–リクエストされたアイテムが提供されたフォーマット。オプション:デジタル冊子返却不可冊子未定義
      • 期日–アイテムの配送期限。可能な値は、作成日ファセットの値と同じです。
      • 関心がなくなった日付–依頼者がアイテムにもはや関心がないことを示した日付
      • 所有図書館–リクエストされたリソースを所有する図書館
      • サービスのレベル-リクエストに割り当てられたサービスのレベル。
    3. 次のタブのいずれかを選択します。
      • 自分に割り当て済み–ログインしているユーザーに割り当てられているリソースシェアタスクを表示します。
      • 未割り当て–未割り当てのリソースシェアタスクを表示します。
      • 他に割り当て済み–他のユーザーに割り当てられているリソースシェアタスクを表示します。このタブは、ログインしているユーザーがフルフィルメントサービス管理者の役職を持っている場合にのみ表示されます。
      これらのタブには、そのタブでリクエストが利用可能になると青色に変わるインジケータが含まれています。
    4. 管理するタスクを見つけます。リストの上部にある検索ボックスを使用するか、ページの左側にあるステータスパートナーアラートフィルタを使用して、特定のタスクを見つけることができます。リストにタスクを手動で追加する(リソースシェア貸出タスクを手動で追加するを参照)または検索から追加することができます(検索からリソースシェア貸出タスクを追加するを参照)。
      検索ボックスの使用の詳細については、リソースシェアの拡張検索オプション動画(1分32秒)を参照してください。
    複数のタスクを同時に管理するには、これらのタスクの左側にあるチェックボックスをオンにし(またはすべて選択)、次のボタンのいずれかを選択します。
    • ステータスの変更-指定されたアイテムのステータスを変更します。ドロップダウンリストからステータスを選択し、ステータスの変更を選択します。
    • スリップリポートの印刷–プリンターまたはEメールアドレスに送信される、またはローカルマシンにダウンロード可能なスリップリポートを印刷します(以下の手順を参照)。リポートには、タイトル、作成者、ロケーションなどを含むアイテムとその情報が含まれます。このリポートのレターフォーマットは、貸出リクエストリポートスリップレターです。
      貸出リクエストのスリップリポートの印刷については、貸出リクエストのスリップリポートの印刷の動画(2分35秒)を参照してください。
    • スリップの印刷-選択した各アイテムの貸出依頼書を印刷します。Ful受領スリップレターは、リソースシェア貸出スリップレターとも呼ばれ、印刷されるレターです。スリップの情報については、Almaレターの設定を参照してください。
    • リクエストの削除-アイテムに関連付けられているリクエストを削除します。[確認メッセージ]ダイアログボックスで確認​​を選択して、リクエストを削除します。
    • アラートの削除-アイテムに関連付けられているアラートを削除します。[確認メッセージ]ダイアログボックスで確認​​を選択して、アラートを削除します。
    特定のタスクを管理するには、次のテーブルの説明に従って、関連するタスクの下にあるリンクのいずれかを選択します。
    貸出リクエストタスクリストリンク
    リンク 説明
    編集 [割り当て済み]タブと[未割り当て]タブで使用できます。未割り当てのタスクに対して編集を選択すると、他のオペレータによる編集に対してタスクがロックされます。
    リソースシェアタスクを編集します。このページに表示されるフィールドのリストについては、リソース情報フィールドテーブルおよびリクエスト属性フィールドテーブルを参照してください。
    表示 貸出リクエストを表示します。表示リンクは、記録が非アクティブであるか、ユーザーが貸出リクエストの表示許可を持っている場合に表示されます。
    フルフィルメントオプションの管理 フルフィルメントサービスオペレータは、リソースシェア図書館によってリクエストされたリソースを利用可能にする内部図書館手順を実行します(フルフィルメントオプションの管理を参照)。
    未割り当てのリクエストを現在のユーザーに割り当てます。
    削除 システムからリクエストを削除します。
    重複 既存のタスクに基づいて新しいタスクを作成します。[リソースシェア貸出リクエスト]ページが開きます。このページでは、必要に応じて、[リクエスト属性]セクションのリクエストパラメータを変更します(リクエスト属性フィールドのテーブルを参照)。
    リソースシェア貸出リクエストを複製すると、次のフィールドの値が新しいリクエストにコピーされます。
    • リクエストステータス
    • 外部識別子
    • フォーマット
    再割り当て タスクを別のユーザーに再割り当てします(タスクの再割り当てを参照)。
    MMSから分離させる 目録から貸出リクエストを切り離します(以下の目録からリソースシェア貸出リクエストを切り離すにはを参照)。
    チェックイン済 ISOチェックインメッセージを取寄せ図書館に送信し、アイテムが貸出図書館に返却されたことを示します。リクエストは自動的に閉じられます。
    チェックイン済みISOメッセージは、アクティブなパートナーのワークフロープロファイルに有効なオプションとしてチェックイン済みメッセージが含まれている場合にのみ送信されます(ワークフロープロファイルの設定を参照)。
    見つける リソースを見つけるステータス = リソースが見つかりませんのアイテムに対して表示されます。リソースが見つからないか、見つかったリソースが複数ある場合、Almaはリソースの見つけることを試みます。
    複数のリソースが見つかった場合、結果が検索ページに表示されます。ここで結果を選択するか、クエリの変更リンクを選択して検索値を変更できます。
    見つけるを選択する前に、リソースの編集を選択し、関連情報を更新することをお勧めします。リソースが見つかると、ステータスがリソースが見つかりましたに変わります。
    検索 リソースを見つけるステータス = リソースが見つかりませんのアイテムに対して表示されます。検索ページを開きます。これにより、新しいリソースを見つけるを実行してリソースを見つけることができます。
    リクエストを再アクティブ化

    貸出リクエストの再開は、次の場合に表示されます。

    • オペレーターに、 リクエストの所有者の範囲内で再有効化の特権がある場合。
    • アクティブなパートナーが存在する場合は、貸出ワークフローに再有効化ステップがある必要があります。
    • ステータスは、 REQUEST_COMPLETED、EXPIRED、REJECTED、CANCELLEDのいずれかです。

    このオプションを選択すると、完了したピアツーピアのリソースシェアリクエストが再アクティブ化されます。配送されたアイテムのプロセスステータスが [リソース共有中]に変わり、アイテムが再リンクされます。リクエストのステータスが 「リクエストが再アクティブ化されました」に変わります。アイテムが別のプロセス中の場合、エラーが表示されます。リクエストの元の外部IDは維持されます。

    このアクションは、フルフィルメントサービス管理者で使用可能で、Ex Librisカスタマーサポートによりフルフィルメントサービスオペレータに対しても有効にすることができます。

    拒否 貸出リクエストを拒否します(貸出リクエストの拒否を参照)。
    割り当ての解除(自分に割り当て済みタブ) タスクを自分に割り当て済みタブから未割り当てタブに移動します。
    更新
    自動化されたリクエスト(ISO、NCIPなど)の場合、リクエストステータス更新リクエストであり、ワークフロープロファイルが次のように設定されている場合にも、このアクションが表示されます。
    • 手動更新がステップとして選択されている
    • 自動更新がステップとして選択されていない
    ワークフロープロファイル設定の詳細については、ワークフロープロファイルの設定を参照してください。
    自動化されていないリクエストの場合、リクエストステータスパートナーによって受領され、ワー​​クフロープロファイルのステップとして手動更新が選択されると、アクションが利用可能になります。
    期日ダイアログボックスを開くオプションを選択します。期日を入力し、OKを選択して更新を作成します。
    必要に応じて、関連するフィールドでパートナーに内部ノートやノートを追加できます。これらのフィールドの詳細については、取寄せリクエストの拒否のステップ3を参照してください。
    スリップを印刷する アイテムの外部IDとバーコードの両方を含むアイテムの貸出依頼書を印刷します。
    まだ配送されていないリクエストの場合、このオプションにより受領リクエストスリップ、Ful受領スリップレターが印刷されます。すでに配送されたリクエストの場合、このオプションは配送スリップ、リソースシェア配送スリップレターを印刷します。これには、配送されるアイテムに固有の追加情報が含まれます。
    これらのスリップの情報については、Almaレターの設定を参照してください。
    返却不可アイテムの発送 リクエストを返却不可のコピーとして取寄せ図書館に発送し、ステータスは冊子で配送になります。リクエストのフォーマットが冊子返却不可の場合にのみ表示されます。
    アイテムをデジタルで配送 既に所有している(つまり、デジタル化ワークフローの一部として作成されていない)ファイルを貸出リクエストに追加します。ファイルがアップロードされ、ページが保存されると、リクエストは、パートナーのワークフロープロファイルで「デジタル受信待ち」設定の「リクエストを完了」チェックボックスがオンになっているか否かにより、デジタル発送またはリクエスト完了に変更されます。
    アイテム発送 リクエストに関連付けられたアイテムを発送します。[配送アイテム]ページが開きます(配送アイテムを参照)。
    一般メッセージ 貸出リクエストを含む一般メッセージを借り手に送信します(リソースシェアリクエストを含む一般メッセージの送信を参照)。
    ステータスクエリ

    取寄せ機関にステータスのアップデートをリクエストします。これはISOパートナーにのみ適用されます。

    返された貸し手のISOステータス は、ノートに記録されます。各ISOステータスは、次のAlmaリクエストステータスに対応しています。

    • 提供なし -借り手のリクエストを拒否、見つかりません、期限切れ
    • 保留中 -作成済みの貸出リクエスト、処理中、提供予定、期限切れなし
    • 処理中 -スタッフの更新、更新回答
    • キャンセル保留中 -返信をキャンセル
    • キャンセル済み  - キャンセル済み
    • 配送済み - 冊子で配送、デジタル配信
    • 受領済み -パートナーが受領済み
    • 更新保留中-更新リクエスト、ユーザー更新
    • 延滞 - 延滞リクエスト
    • 返却 - パートナーによって返却済み
    • チェックイン済み-貸し手チェックイン、リクエスト完了
    • リコール - リコールされたアイテム
    • 紛失 - 紛失
    • 不明 - 破損、その他すべて
    提供予定 提供予定ステータスでまだ配送されていないリクエストを更新します。リクエストがまだ配送されておらず、取寄せパートナーのワークフローに提供予定が含まれている場合にのみ表示されます(ワークフロープロファイルの設定を参照)。
    条件付き ポップアップウィンドウが表示され、必須の理由返信日、貸し手が借り手からの回答を待つ最終日、およびノートフィールドが提示されます。メッセージが送信されると、リクエストのステータスが条件つきに変わります。ISOメッセージが借り手に送信されます。借り手から応答を受信したときに、 応答値がいいえの場合、リクエストは拒否されます。値がはいの場合、返信日フィールドはクリアされ、リクエストのステータスは作成された貸出リクエストに戻ります。
    その他の詳細 ポップアップウィンドウを開き、リクエストの追加情報を表示します。これらの詳細については、、[リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページのリクエストリストには表示されません。
    • リクエストが(ISO/NCIPによって)自動的に処理され、リソースが見つからないか、入力条件に一致する複数のリソースが見つかった場合、リクエストは引用ステータス = 見つかりませんおよびリソースを見つけるステータス = リソースが見つかりませんで作成されます。
    • 貸出リクエストの作成中に、タイトルに複数のアイテムがある場合、見つけるプロセス中に利用可否とリクエスト可能性はチェックされません。リクエストは手動で処理する必要があります。
    目録からリソースシェア貸出リクエストを切り離すには:
    1. [リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページで、リソースがアタッチされているリクエストを見つけます(リソースを見つけるステータス=リソースが見つかりました)。
    2. 行アクションリストからMMSから分離させるを選択します。[リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページが更新され、リソースを見つけるステータス=リソースが見つかりませんでリクエストが表示されます。
    リソースシェア貸出リクエストの印刷スリップリポートを生成する場合:
    1. [リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページを開きます([フルフィルメント]>[リソースシェア]>[貸出リクエスト])。ページの上部にスリップリポートの印刷ボタンが表示されます。
    2. 印刷スリップリポートを生成するリソースのチェックボックスを選択し、スリップリポートの印刷を選択します。[スリップリポートの印刷]ダイアログボックスが表示されます。
      Lending Print Slip Report New UI.png
      [スリップリポートの印刷]ダイアログボックス
    3. タイプの選択フィールドで、印刷スリップリポートをプリンターに送信するかユーザーに送信するかを選択します。
      プリンターを選択すると、プリンターフィールドが有効になります。ここから、印刷スリップリポートを送信するプリンターを選択します。
      ユーザーを選択すると、ユーザーフィールドが有効になります。このフィールドから、Eメールで印刷スリップリポートを送信するユーザーを選択します。このリポートのレターフォーマットは、貸出リクエストリポートスリップレターです。
    4. フォーマットタイプフィールドで、ExcelまたはXMLフォーマットで印刷スリップリポートを送信することを選択します。
    5. 送信を選択して印刷スリップリポートを送信するか、オプションでダウンロードを選択して印刷スリップリポートをローカルマシンにダウンロードします。

    アラートを削除

    アラートは、リクエストのワークフローの主要なステップでリソースシェアタスクに添付されます。アラートには、リクエストの進行ステータス(処理中、キャンセル済み、完了済み)が表示されます。アラートは次のとおりです。
    • 処理中の引用の移動リクエスト
    • 引用の移動リクエストがキャンセルされました
    • 引用の移動リクエストが完了しました
    • 引用のデジタル化リクエストは処理中です
    • 引用のデジタル化リクエストがキャンセルされました
    • 引用のデジタル化リクエストが完了しました
    アラートドロップダウンリストからアラートタイプを選択するか、リストの上部にある検索ボックスを使用して、表示されたアラートをフィルタ処理できます。
    アラートを削除する場合:
    1. [リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページで、アラートを削除するタスクのチェックボックスをオンにします。
    2. アラートの削除を選択します。
    3. [確認メッセージ]ダイアログボックスで確認​​を選択します。

    タスクの再割り当て

    タスクを割り当てられるか、割り当てが解除された場合にのみ、タスクを再割り当てできます。
    タスクを再割り当てする場合:
    1. [リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [貸出リクエスト])で、関連タスクの行アクションリストから再割り当てを選択します。[割り当て先]ダイアログボックスが開きます。
    2. 割り当て先ドロップダウンリストから、オペレータを選択します。
      オペレータのリストには、フルフィルメントサービスオペレータの役職を持つユーザーのみが含まれます。
    3. ノートフィールドに、必要に応じてノートを入力します。
    4. Eメールとして送信チェックボックスをオンにして、新しい割り当てをオペレータに通知します。
    5. 割り当て先を選択します。

    貸出リクエストアクションの表示

    リソースシェア取寄せリクエストの場合と同じ方法で、履歴 タブでリソースシェア貸出リクエストで実行されたアクションを表示できます。詳細については、取寄せリクエストアクションの表示を参照してください。

    フルフィルメントオプションの管理

    フルフィルメントサービスオペレータは、リソースシェア図書館によってリクエストされたリソースを利用可能にする内部図書館手順を実行します
    フルフィルメントオプションを管理する場合:
    [リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [貸出リクエスト])で、行アクションリストからフルフィルメントオプションの管理を選択します。[リソースオプションの管理]ページが開きます。
    Manage Resource Options New UI.png
    リソースオプション管理ページ
    フルフィルメントオプションの管理リンクを選択すると、アクションを実行せずに[リソースオプションの管理]ページを終了するためにキャンセルを選択した場合でも、未割り当てのリクエストが現在のユーザーに割り当てられます。
    次のように、[リソースオプションの管理]ページで関連するサービスタイプを選択します。
    • 電子サービスドキュメント配送を選択して、リクエストの作成ページを開き、電子アイテムの配送を有効にします。リクエストタイプフィールドの値は、電子からデジタルに配送になります。デジタル化するパーツを入力し、関連するフィールドでターゲットの宛先を選択し、リクエスト属性の追加セクションでアイテムが必要期限を追加して、送信を選択します。送信されたリクエストは、[リソースオプションの管理]ページに表示されます。
      Submit Document Delivery Request.png
      送信されたリクエストを含むリソースオプションページの管理
      フルフィルメントオプションの管理アクションは、記事に直接リンクできます。貸出リクエストが電子的に所有されているリソースに対するものであり、記事へのリンクを作成するのに十分な情報(発行日やページなど)がある場合です。これは、記事レベルのリンクをサポートする電子リソースベンダーのプラットフォームに依存します。
    • デジタルサービス—デジタルサービスの保存タイプ、リビジョン番号、ファイル数を表示します。ドキュメント配送を選択し、添付を選択して、リソースをEメールに添付してデジタル送信できます。
    • 冊子サービス—行アクションリストからアイテムの表示を選択して、リソースのアイテムを表示します(アイテムリストの操作を参照)。行アクションリストからリクエストを選択して、リソースのリクエストを作成します(リクエストの作成を参照)。
    NCIPソースシステムからリクエストのアイテムがAlmaに送信されると、アイテムのノートフィールドには配送ノートが含まれ、次のフォーマットで表示されます。
    ||配送ノート||<text of shipping note>||配送ノート||
    発送ノートはOCLCナビゲーターなどのNCIP実行者により、リソース自体、依頼者、リクエストされたロケーションや受け取りロケーションに関する情報など、発送されたアイテムに関する追加情報で図書館システムをアップデートするために使用されます。
    [リソースオプションの管理]ページに表示されるボタンを選択して、関連するアクションを実行することもできます。
    • アラートの削除-リクエストのアラートを削除します(アラートの削除を参照)
    • リクエストの配置-リクエストの作成ページを開きます。ここで、アイテムをデジタルで配送するか冊子で配送するかを選択します(リクエストの配置を参照)。

    リクエストの配置

    フルフィルメントオプション管理アクションの実行後にリソースが使用可能になると、アイテム(デジタルまたは冊子)のリクエストが開かれます。
    アイテムをリクエストする場合:
    1. [リソースオプションの管理]ページで、リクエストの配置を選択します。リクエストの作成ページが開きます。
    2. [リクエストタイプ]フィールドで、必要に応じてデジタルで配送または冊子で配送を選択します。これにより、リクエストの作成ページが更新されます。
      • デジタル発送
        Create Digital Shipping Request New UI.png
        デジタル発送リクエストの後の[リクエストの作成]ページ
      • 冊子発送
        Create Physical Shipping Request New UI.png
        冊子発送リクエストの後の[リクエストの作成]ページ
    3. 次のテーブルの説明に従って、表示されるフィールドを設定します。
      貸出リクエスト属性フィールド
      フィールド 説明
      年(ジャーナルリクエストの場合) リクエストの年
      巻(ジャーナルリクエストの場合) リクエストの巻
      説明(ジャーナルリクエストの場合) リクエストの説明
      ノート 次のフィールドがノートに追加されます。
      • 記事\章タイトル
      • 発行
      • ページ数
      • ノート
      自由形式のノートも必要に応じて入力できます。
      宛先(冊子リクエストの場合) アイテムを移動する特定の図書館のロケーションを(管理者が事前定義したリストから)選択します
      宛先のロケーション(冊子リクエストの場合) コピーの配送先
      請求番号タイプ(冊子リクエストの場合) その他の設定のcall_number_typeを参照してください。
      請求番号(冊子リクエストの場合) 請求番号
      管理部署(デジタルリクエストの場合) ドロップダウンリストからデジタル化部署を選択します
      学生数(デジタルリクエストの場合) 学生数
      学生用のコピー数 リクエストされた学生用のコピー数
      スタッフ用のコピー数 リクエストされたスタッフ用のコピー数
      リソースページ総数(デジタルリクエスト用) リクエストされたアイテムのページ総数
      必要な章(デジタルリクエストの場合) リクエストで必要な章
      総章数(デジタルリクエストの場合) リクエストされたアイテムの章総数
      必要なページ(開始/終了)(デジタルリクエストの場合) デジタル化される開始ページと終了ページ
      必要なページの総数(デジタルリクエストの場合) 上記で入力したページは、合計ページに対して自動的に計算されます
      画像を含む(デジタルリクエストの場合) デジタル化するページに画像が含まれるか
      有効になった日付(デジタルリクエストの場合) コピーが利用可能な期間の開始日
      有効期限日(デジタルリクエストの場合) コピーが利用可能な期間の終了日
      ノート1(デジタルリクエストの場合) プライベートノート(ある場合)
      ノート2(デジタルリクエストの場合) プライベートノート(ある場合)
      ノート3(デジタルリクエストの場合) プライベートノート(ある場合)
      資料タイプ(デジタルリクエスト用) 利用可能なタイプから目的の資料タイプを選択します
      必要期限(デジタルリクエストの場合) リクエストが必要期限を選択してください
    4. 追加のリクエスト属性エリアにリクエスト属性を追加します。

    貸出リクエストの拒否

    さまざまな理由で、リソースシェア貸出タスクを拒否することができます。たとえば、アイテムがすでに貸出中であるか、図書館で見つからない場合、ユーザーのリクエストを拒否できます。
    rs_keep_rejected_request_activeカスタマーパラメータは、リクエストが拒否された後も、アクティブステータスのままにするか否かを決定します。パラメータがデフォルトのなしに設定されている場合、リクエストは完了し、アクティブなリクエスト列に表示されません。パラメータが貸出または両方に設定されている場合、リクエストはアクティブなリクエスト列に留まるため、スタッフ司書はリクエストを処理するオプションを使用できます。この機能は、パラメータが変更された後に発生する拒否にのみ適用されます。詳細については、その他の設定(フルフィルメント)を参照してください。
    貸出リクエストを拒否する場合:
    1. [リソースシェア貸出リクエスト]ページ([フルフィルメント]>[リソースシェア>貸出リクエスト]でリクエストの拒否を選択します。[リクエストを拒否する]ダイアログボックスが開きます。
    2. 理由を拒否フィールドで拒否理由を選択します。
    3. 必要に応じて、内部ノートおよびパートナーへのノートフィールドに拒否についてのノートを追加します。
    4. OKを選択します。リクエストは、リクエストの勤務表の次のパートナーに振り分けられます(設定されている場合-取寄せリクエストの編集のステップ3を参照)。パートナーが見つからない場合、リクエストの引用ステータスは借り手のリクエストを拒否に変わり、リクエストの[ノート]タブに拒否理由内部ノートが表示されます([ノート]タブを表示するには、リクエストの編集リンクを選択します)。
      リクエストがISOパートナーを使用して管理されている場合、アンフィルメッセージが取寄せ図書館に送信され、パートナーのリクエストが拒否としてマークされます(取寄せリクエストの拒否を参照)。取寄せ機関がメールパートナーである場合、貸し手拒否Eメールレター がパートナーに送信されます。

    貸出リクエストリソースの配送

    リソースシェア貸出リクエストアイテムを取寄せ機関に発送できます。取寄せ機関は、リクエストしたユーザーにそれを届けます。
    リソースシェア貸出リクエストリソースを配送する場合:
    1. 配送は、[配送アイテム]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [配送アイテム])(配送アイテムを参照)から行うことができます。これは、推奨配送インターフェイスです。または、[アイテムのスキャン]ページ([フルフィルメント]> [リソースリクエスト]> [アイテムのスキャン])から行うことができます。(常設メニューの図書館/受付セレクタを参照)。リソースシェア図書館にいることを確認してください。
    2. [アイテムのスキャン]ページから配送するには、外部識別子フィールドではいを選択します。
      [スキャンイン]インターフェイスから配送する場合、[自動印刷スリップ]オプションは機能しません。
    3. [配送アイテム]ページから配送するには、[リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]で貸出リクエストを選択し、行のアクションリストからアイテムの配送を選択します。
    4. 関連するフィールドで、アイテムのバーコードとリソースシェアアイテムのリクエストIDをスキャンします。
    5. OKを選択します。アイテムはリソースシェア図書館の一時保存場所にスキャンされ、ページの下部に表示されます。アイテムのステータスが配送済みにアップデートされ、アイテムが借入パートナーに送信されます。取寄せ機関がEメールパートナーである場合、貸し手発送Eメールレター が送信されます。借用機関がISOパートナーである場合、ISO発送メッセージがパートナーに送信されます。
      アイテムの配送の詳細については、 [配送アイテム]を参照してください

    貸出リクエストアイテムのデジタル発送について

    既に所有しているデジタルアイテムを取寄せ機関、または依頼者に直接発送 できます。
    貸出リクエストアイテムをデジタルで発送する方法:
    1. 貸出リクエストから、行アクションメニューからアイテムをデジタルで配送を選択します。
    2. アップロードするファイルを参照して選択するか、アップロード領域にファイルをドロップします。
    3. ファイルを送信するには配送 を選択します。

    この方法で送信されたファイルは、[フルフィルメントオプションの管理]ページに保存または表示されません。配送できるファイルは1つだけです。複数のファイルを配送する必要がある場合、最初にそれらを1つのファイルに圧縮する必要があります。

    • 貸出リクエストの完了は、パートナーのワークフロープロファイル設定によって異なります。
    • デジタル配送 リクエストが作成された場合、キャンセルされます(ファイルを配送するための配送リクエストIDと連動する[デジタルドキュメントを配信する] を使用してデジタル配送リクエストを完了することができます。このプロセスでは、デジタル処理と著作権ルール、承認プロセスなど…を参照します)。
    • 配送メモを追加するには、完全なステータスなどを手動で設定します。従来の[アイテムの配送] インターフェイスを使用して、フォーマットをデジタルに設定することができます。

    デジタルコンテンツがAlmaリポジトリで ローカルに保存されている場合 、Almaで管理されているデジタルリソースの配送も可能です。

    Almaにデジタル保存されている貸出リクエストアイテムをデジタルで発送する方法:
    1. [管理 リソース フルフィルメント オプション]ページの [デジタルサービス]セクションの行アクションで、[ファイルの表示]を選択します。 [Digital Representation Resource Editor]ページが開き、[ファイル一覧]タブ が選択されます。表記に含まれるファイルは、このタブに一覧表示されます。  Digital Representation Resource Editor ページにつに関する追加情報については、 [表記のメタデータとコンテンツの編集]を参照してください
      表記を送信する前に表記の内容を確認したい場合は、行のアクションで、[配送]を選択してください。表記はAlmaビューアに送信され、 ファイルの内容  を表示します。
    2. 配送する各ファイルの横にあるチェックボックスを選択します。
    3. [配送]ボタンを選択します。選択したファイルが出荷されます。

     

    • Was this article helpful?