Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    ネットワークゾーンアナリティックスの設定

    Translatable

    このセクションでは、ネットワークゾーンと連携してネットワークゾーンからの情報を含むレポートを作成し、ネットワークゾーンで作成されたレポートを共有するようにAlmaアナリティックスを構成する方法について説明します。どちらの構成でも、ネットワークゾーンとメンバー機関の両方でパラメータを設定する必要があります。

    ネットワークゾーン情報を表示するためのアナリティックスの設定

    ネットワークゾーンからの情報を含むリポートをAlmaアナリティックスで作成できます。このオプションを設定するには、ネットワークゾーンとメンバー機関でパラメータをセットします。
    メンバー機関と情報を共有するようにネットワークゾーンを設定するには:
    1. アナリティックス設定ページ([設定] > [アナリティックス])から、[アナリティックスネットワーク設定]を選択します。
    2. analytics_network_inventory_available_for_memberstrueに設定します。
    3. 行のアクションから、[ネットワークで管理]を選択します。
    4. [保存して配布]を選択します。
    5. ライトボックスから、[メンバー機関のカスタマイズを上書き]を選択し、[確認]を選択します。
    ネットワークゾーン情報にアクセスするようにメンバー機関を設定するには:
    1. アナリティックス設定ページ([設定] > [アナリティックス])から、[アナリティックスメンバー設定]を選択します。
    2. analytics_network_inventory_available_for_my_institutiontrueに設定します。
    3. [保存]を選択します。
    これでネットワークゾーンデータを含むリポートを作成できるようになります。
    ネットワークゾーンのデータでリポートを作成する場合は、[電子目録] > [コンソーシアムのポートフォリオ詳細]からのフィールドを使用します。ネットワークゾーンデータを含まないリポートを作成する場合は、他のディメンションのフィールドを使用し、結果をフィルタリングして所属機関のみから取得するか、リポートに[機関] > [機関コード]フィールドを含めます。

    ネットワークゾーンレポートにアクセスするためのアナリティックスの設定

    ネットワークゾーンのメンバーは、ネットワークゾーンによって作成されたアナリティックスレポートにアクセスできるようになりました。この機能を有効にするには、次のパラメーターをtrueに設定する必要があります:

    ネットワークゾーンレポートをメンバーが利用できるようにするには:
    1. アナリティックス設定ページ([設定] > [アナリティックス])から、[アナリティックスネットワーク設定]を選択します。
    2. analytics_catalog_available_for_memberstrueに設定します。
    3. 行のアクションから、[ネットワークで管理]を選択します。
    4. [保存して配布]を選択します。
    5. ライトボックスから、[メンバー機関のカスタマイズを上書き]を選択し、[確認]を選択します。
    メンバーがネットワークゾーンレポートにアクセスできるようにするには:
    1. アナリティックス設定ページ([設定] > [アナリティックス])から、[アナリティックスメンバー設定]を選択します。
    2. analytics_catalog_available_for_my_institutiontrueに設定します。
    3. [保存]を選択します。

    両方のパラメーターがtrueに設定されている場合、ネットワークゾーンレポートフォルダーはメンバー機関に表示され、メンバー機関は 読み取り専用としてレポートにアクセスできます。メンバー機関は、レポートを編集して、その機関フォルダーに保存できます。

    メンバー機関がネットワークゾーンから取得したレポートを実行すると、そのメンバー機関のデータのみが表示されます。
    • Was this article helpful?