Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    更新ワークフロー

    Translatable
    Almaは、自動更新または手動更新による、雑誌、ジャーナル、定期刊行物などの電子資料と物的資料の両方の購読を取り扱っています。
    以下は、作成から資料が更新されるまでの、注文明細に更新のマークを付ける方法を管理する更新ワークフローの図です:
    renewals_workflow.gif
    更新ワークフロー
    以下は、このワークフロー内の手順に関する詳細な説明です(図内の番号に対応しています):
    1. 事前ワークフロー – 注文明細は、次のいずれかの方法でAlmaシステムに入ります:
      1. 埋め込み注文データ(EOD)インポートを使用して、自動的に。EODインポートは、注文明細を1回だけ、または継続的に送信します。
      2. リソースを注文して作成された注文明細として、手動で。
      注文明細の自動的な作成については、インポートプロファイルを使用してレコードをインポートするを参照してください。物的および電子アイテムの両方について手動で注文明細を作成する際の情報については、手動で注文明細を作成するを参照してください。
      注文明細は正規化および検証をしてから処理をすることで、管理者によって事前に設定されたルールに基づいて特別な注意が必要な要素があるかどうか判断されます。これらのアクティビティは、Almaによって自動的に実行されます。
      注意が必要なデータの問題またはアラートがある場合、注文明細がレビュー用に送信されます。このマニュアルアクティビティの詳細については、注文明細をレビューするを参照してください。すべてのデータの問題が解決されると、注文明細はステップ2に進みます。
    2. 正規化および検証されたすべての注文書明細は、Almaに保存されます。
      完全に処理され、受領/有効化された注文明細は、自動的に「定期的な更新」とマークされます。ベンダーに送信された継続的な物理的注文明細は、更新が手動で行われていても、更新日にまだ到達していない場合でも、「定期的な更新」ステータスになっています(「更新」を参照)。継続した電子的な注文書明細は有効化され、ユーザーがタスクリストで完了を選択すると、このステータスを受け取ります。
      Almaは毎日、ステータスが「定期的な更新」の注文明細や、更新日が現在の日付と同じであるすべての注文明細をチェックします。この計算の目的上、更新日とは、更新日(注文明細による)から更新通知期間を引いたものを指します。
    3. 更新は次のように処理されます。
      1. 注文明細が自動としてマークされている場合、 更新日更新サイクルに従って自動的に増分されます。その後、注文明細は、リポジトリに保存され、次の処理が行われます(ステップ4)。
      2. 注文明細が手動としてマークされている場合は、更新タスクリストに表示され(更新を処理するを参照)、更新日および/または注文明細の概要タブの更新セクションの他のすべてのフィールドを更新する必要があります。注文明細が「定期的な更新」に設定されます。次に、更新を選択して、更新処理を続行します(ステップ4)。更新日を更新すると、更新タスクリストから注文明細も削除されます。
    4. 注文明細が更新可能の場合、po_line_send_notification_to_vendor_on_renewパラメータがtrueに設定されていれば、更新通知がベンダーへ送信されます(その他の設定を参照)。
    • Was this article helpful?