Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    リソースシェアのためのアイテムの検索

    Translatable
    リソースシェアアイテムを見つけるのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • フルフィルメントサービスオペレータ(リソースシェア図書館用)
    • フルフィルメントサービス管理者(リソースシェア図書館用)
    ブローカーやピアツーピアベース、リソースシェアパートナーの管理、借用/貸与リクエスト、リソースシェアディレクトリへの貢献など、リソースシェアのさまざまなワークフローの詳細については、 リソースシェアを参照してください。
    見つけるプロセスでは、リソースシェアリクエストのメタデータを目録リソースと照合します。
    見つけるプロセスは、共有リクエストを満たすために検索される潜在的な貸出パートナーの勤務表リストを作成します。勤務表リストは、勤務表テンプレートに基づいて作成されます(勤務表テンプレートの設定を参照)。
    このプロセスは、次のようにピアツーピアのリソースシェアの一部として実行されます。
    • 取寄せを見つける-パートナー目録で取寄せリクエストを検索します。Almaはすべての勤務表パートナーの目録を検索して、パートナーがリクエストされた記録を所有しているかどうかを判断します。リクエストされたリソースを所有するパートナーのみがリソースをリクエストされます。見つけるのに失敗した場合、パートナーは勤務表から削除されます。取寄せリクエストは、リクエストされた資料と一致するものがローカルで存在する場合、貸し手への送信をブロックします。
      [リソース共有パートナー]ページ([フルフィルメント]>[リソースシェア]>[パートナー])の所蔵コードフィールドの値を構成する場合、ISOパートナーの行アクションリストから編集を選択します。所蔵コード値で指定された図書館でリソースが見つかった場合にのみ、見つけるプロセスが正常に完了します。(詳細については、リソース共有パートナーを参照してください)。
      または、複数の図書館を所蔵コード に割り当てて、割り当てられた図書館のいずれかでアイテムが見つかった場合に見つけるプロセスが正常に完了するようにすることができます。詳細については、Ex Librisサポートにお問い合わせください。
      取寄せを見つけるプロセスの詳細については、取寄せを見つけるプロセスを参照してください。
    • 貸出を見つける-貸し手の目録で貸出リクエストを見つけます。Almaはローカル 目録を検索して、外部依頼者からのリクエストのメタデータに一致するローカルリポジトリを見つけます。貸し手は、リクエストされたリソースを所有しているかを自動的に把握し、関連する目録のステータスを一目で確認できます。
      貸出を見つけるプロセスの詳細については、貸出を見つけるプロセスを参照してください。
    • 自己所有–パートナーにリクエストを送信する前に、借り手の目録で取寄せリクエストを見つけます。このタイプの検索は、ユーザーのリソースリクエストがローカル目録で満たされるか、またはリクエストを取寄せを見つけるプロセスの一部として外部リソース共有パートナーに送信する必要があるかを決定します。
      自己所有の詳細については、自己所有を参照してください。
    このセクションでは、見つけるプロセスのさまざまな段階、モニタツール、プロセスの設定方法について説明します。

    取寄せを見つけるプロセス

    取寄せを見つけるプロセスは、ロケーションプロファイルの一部として設定されます(ロケーションプロファイルの設定を参照)。ロケーションプロファイルは、次のタイプのいずれかです。
    • Z39.50 –見つけるターゲットがAlma機関ではない場合、Z39.50プロトコルを使用してAlmaでその目録を検索できます。ターゲットパートナーは、オープンにアクセス可能なZ39.50サーバーを運営している必要があります。検索クエリは、リクエストのタイトル、著者、ISSN/ISBN、年(発行日)を検索します。複数のクエリフィールドが指定されている場合、正常な結果を返すには、それらすべてがtrueでなければなりません。1つ以上のパートナーデータベースで検索が成功すれば成功と見なされます。
      Almaは、見つけるターゲットがAlmaの検索可能な外部ターゲットの一部である場合にのみ、このタイプの見つけるターゲットを定義できます。この方法でパートナーを検索できるが、パートナーの目録がAlmaの検索可能な外部ターゲットのリストにない場合は、Ex Librisデータサービスに連絡して、その目録を検索可能なターゲットにします。
    • Alma –見つける対象がAlma機関の場合、Alma APIを使用して目録を検索できます。これにより、より正確な見つけるオプションがサポートされます。
      メンバー機関がフルフィルメントネットワークのメンバーまたはネットワークゾーンのメンバー機関である場合、見つけるプロセスではリクエストメタデータではなく、Alma内部記録IDを使用します。そのため、このステータスでは、フィールドで見つけるを設定する必要はありません。他の機関では、Almaのロケーションプロファイルを使用する場合、貸し手と依頼者が同じネットワークゾーンまたはフルフィルメントネットワークを共有していない場合、見つけるプロセスはロケーションプロファイルの設定によります。
      • [ロケーションプロファイル詳細]ページでフィールドで見つけるチェックボックスが選択されている場合、見つけるプロセスは選択されたサブフィールド(タイトル著者ISBN/ISSNOCLC番号LCCN、その他の標準ID、バーコード、DOI)に基づいて進行します。
      • すべてのフィールドが一致する場合にのみ検索 が「はい」に設定されている場合、検索は、選択された(リクエストメタデータに存在する)すべてのフィールドが一致する場合にのみ一致を検出します。「いいえ」に設定すると、選択した識別子フィールドのいずれかが一致する場合、ロケーションは一致を見つけます (リクエストに識別子フィールドが存在しない場合、他のすべての選択したフィールドが一致する場合にのみロケーションは成功します)。貸出を見つけるプロセスは、一致する結果が1つでもあれば成功し、一致する結果がなければ失敗します。複数の一致がある場合、rs_fail_locate_multiple_resultsパラメータが動作を決定します(その他の設定(フルフィルメント)を参照)
      • [ロケーションプロファイル詳細]ページでフィールドで見つけるチェックボックスが選択されていない場合、またはサブフィールドが選択されていない場合、見つけるプロセスはLCCNOCLC番号タイトルISBN/ISSN基準に基づいて進行します。

      次のように、見つけるプロセスが冊子リソースや電子およびデジタル リソースをチェックするか指定することができます。

      • 冊子リソースを無視するが選択されておらず、電子およびデジタルリソースを無視するが選択されている場合、Almaは書誌レコードに基づいて冊子リソースに対してのみ見つけるプロセスを実行します。
      • 冊子リソースを無視するが選択され、電子およびデジタルリソースを無視するが選択されていない場合、Almaはリンクリゾルバーと同様にリクエストの巻/発行情報と貸し手のカバレッジデータを使用して電子リソースに対してのみ見つけるプロセスを実行します。
      • 冊子リソースを無視する電子およびデジタルリソースを無視するの両方が選択されていない場合、Almaは書誌レコードに基づいて冊子リソースの検索プロセスを実行し、また、リンクリゾルバーと同様にリクエストの巻/発行情報情報と貸し手のカバレッジデータを使用して、電子リソースを提供します。最初に電子で見つける確認が実行されます。

    [物的リソースを無視する]フィールドは、rs_uresolver_locateパラメーターがTRUEに設定されている場合にのみ表示されます。

    最終的な見つける動作は、以下で示されているように  rs_ignore_electronic_for_physical_requestパラメータと他のフォーマットを許可するフィールドにも関係しています。この表では、 可能な組み合わせに関して、見つけるプロセスが実行されるかを説明しています。

        他のフォーマットを許可するが選択されていません 他のフォーマットを許可するが選択されています
    rs_ignore_electronic_for_physical_request = false 電子およびデジタルリソースを無視する が「ロケーションプロファイルの詳細」で選択されていません フォーマットに関係なく電子を許可する フォーマットに関係なく電子を許可する
    ロケーションプロファイルが電子を無視するが「ロケーションプロファイルの詳細」で選択されています フォーマットに関係なく電子を無視する フォーマットに関係なく電子を無視する
    rs_ignore_electronic_for_physical_request = true ロケーションプロファイルが電子を無視するが「ロケーションプロファイルの詳細」で選択されていません 物的または返却不可の物的の場合は電子を無視する フォーマットに関係なく電子を許可する
    ロケーションプロファイルが電子を無視するが「ロケーションプロファイルの詳細」で選択されています フォーマットに関係なく電子を無視する フォーマットに関係なく電子を無視する

    rs_uresolver_locateパラメータを使用して、 リンクリゾルバーが勤務表メンバーの電子目録を検索する時のように、見つけるプロセスが電子リソースの巻または発行情報を考慮する必要があることを示します。その他の設定(フルフィルメント)を参照してください。

    • BLDSS-英国図書館文書供給サービスを使用して見つけられます。BLDSSロケーションプロファイルパラメータの詳細については、ロケーションプロファイルの追加を参照してください。
    • フルフィルメントネットワーク-貸し手と依頼者が同じフルフィルメントネットワークを共有している場合、Almaはリクエストされたタイトルを所有しているパートナーを把握しているため、見つけるプロセスはありません。見つけるリクエストは、次のように処理されます。
      • リクエストは、リソースを所有するフルフィルメントネットワークメンバーのリストとともにAlmaに保存されます。
      • 機関IDが依頼者と同じフルフィルメントネットワークの一部であるパー​​トナーの場合:
        機関IDが依頼者にリンクされている場合、リクエストされた記録は見つけられたと見なされます。
        機関IDが依頼者にリンクされていない場合、リクエストされた記録は見つけられなかったと見なされます。
    [プロファイルの詳細の検索]ページでアイテムの利用可否を確認およびアイテムのリクエスト可否を確認チェックボックスを選択することにより、Almaのロケーションプロファイルを設定してリクエスト可否と利用可否をテストできます(ロケーションプロファイルの設定を参照)。アイテムの利用可能性を確認を選択すると、パートナーで記録が見つかり、少なくとも1つのアイテムが利用可能(ステータス配置済み)である場合にのみ、見つけるプロセスが成功します。リクエスト可能性を確認を選択すると、アイテムがリクエスト可能(リソースシェアポリシーでリクエスト可能 = True)の場合にのみ、見つけるプロセスが成功します。
    関連するロケーションプロファイルをリソース共有パートナーに添付します(リソース共有パートナーを参照)。
    次の手順で説明するように、ロケーションプロファイルを設定するときに関連する設定を選択することで、取寄せを見つけるプロセスを自動的にアクティブ化できます。
    取寄せを見つけるプロセスを自動的にアクティブにする場合:
    1. [組織単位の詳細]ページ(リソースシェア図書館のパラメータの設定を参照)で、Almaの見つける失敗時にリクエストをキャンセルチェックボックスをオンにして、見つけるプロセスで潜在的なパートナーが見つからなかったリクエストを自動的にキャンセルします。
    2. Alma、Primo、APIのいずれかのインターフェイスから取寄せリクエストが作成されたときに借入を見つけるプロセスが自動的にトリガーされるようにするには、ロケーションプロファイルを自動的にアクティブにするチェックボックスをオンにします。
      Organization Unit Details Resource Sharing Lib New UI.png
      [組織単位詳細]ページ
    自動見つけるプロセスは、勤務表をリクエストに自動的に添付する自動勤務表割り当てルールが有効になっている場合にのみアクティブにできます。次に、自動的に接続された勤務表で見つけるプロセスが実行されます。
    取寄せを見つけるプロセスを手動でアクティブにする場合:
    取寄せを見つけるプロセスを手動でアクティブにするには、次のいずれかを実行します。
    • [リソースシェア取寄せリクエスト]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [取寄せリクエスト]で、リクエストの編集を選択)で、見つけるボタンを選択します。
      Borrowing Request Locate Button New UI.png
      リソースシェア取寄せリクエストページ-見つけるボタン
    • [リソースシェア取寄せリクエスト]ページ([フルフィルメント]>[リソースシェア]>[取寄せリクエスト]リソースを見つけるアクションを選択します。このリンクは、リクエストにパートナーまたは勤務表が割り当てられている場合にのみ表示されます。
      Resource Sharing Borrowing Request Task List Locate Resource Highlighted New UI.png
      リソースシェア取寄せリクエストページ-リソースリンクの検索

    貸出を見つけるプロセス

    貸出を見つけるプロセスは、貸出リクエストの作成後に自動または手動でアクティブ化できます。
    • 貸出を見つけるプロセスを自動的にアクティブ化するには、[組織単位の詳細]ページ(上記の取寄せを見つけるプロセスを自動的にアクティブにするにはを参照)で、リソースを自動的に見つけるチェックボックスをオンにします。貸出リクエストが作成されると、リソースが自動的に検索されます。
    • 貸出を見つけるプロセスを手動でアクティブにするには、[リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [貸出リクエスト])で、行アクションリストから検索を選択します。
    貸出を見つけるプロセスは、一致する結果 が1つでもあれば成功し、一致する結果がない場合や、複数の一致が見つかった場合は失敗します。タイトルに複数のアイテムがある場合、探すプロセスで利用可否と「リクエスト可能性」の確認はされないため、リクエストは手動で処理する必要があります。どちらの失敗の場合でも、検索クエリは[リポジトリ検索]ページに表示され、オペレータは貸出リクエストをローカルリポジトリに手動で添付するか、クエリの変更リンクを選択して検索クエリを変更できます。
    リソースシェア図書館は、リクエストされたタイトルに利用可能なアイテムがない場合、受領リクエストを自動的に拒否するように設定できます。これは、リソースシェア図書館の貸出設定で、利用可能なアイテムが存在しない場合はリクエストを拒否するリクエスト可のアイテムが存在しない場合はリクエストを拒否するリソースを自動的に見つけるを選択することで実行できます。スイッチがオンになっていない場合、貸し手側のオペレータは、リクエストされたアイテムが利用できない場合、リクエストを拒否するかを手動で決定できます。
    貸出を見つけるプロセスは、リクエストで使用可能なメタデータに基づいて処理されます。
    • リクエストが記録IDとともに受領された場合、貸出リクエストは識別された記録に自動的にリンクされます。依頼者と借り手が同じフルフィルメントネットワーク の一部であり、リクエストがネットワークゾーン記録またはPrimo重複排除記録を使用して配置されている場合、ISO ILLによって記録IDを含むリクエストを受領できます。 2つの記録がPrimoで重複排除され、リクエストがPrimoから送信された場合、見つけるプロセスはすべての目録をリクエストを満たす候補としてみなし、リソースシェアをリクエストできる目録にアクセスします。リクエストがAlmaから送信された場合、重複排除は関連せず、リクエストに対して選択された記録が使用されます。
    • レコードIDなしでリクエストが受領された場合、レコードは[組織単位の詳細]ページで選択されたフィールドで見つけるの値に基づいて検索されます([設定メニュー]>[一般] > [図書館] > [図書館の追加]または[図書館情報の編集]で、[図書館]タブを選択し、リソースシェア図書館を編集します)。すべてのフィールドが一致する場合にのみ検索 が「はい」に設定されている場合、検索は、選択された(リクエストメタデータに存在する)すべてのフィールドが一致する場合にのみ一致を検出します。「いいえ」に設定すると、選択した識別子フィールドのいずれかが一致する場合、ロケーションは一致を見つけます (リクエストに識別子フィールドが存在しない場合、他のすべての選択したフィールドが一致する場合にのみロケーションは成功します)。
    • フィールドで見つけるチェックボックスが選択されていない場合、またはサブフィールドが選択されていない場合、見つけるプロセスはLCCNOCLC番号タイトルISBN/ISSN基準(表示されている順)に基づいて進行します。
    • リクエストでリモート記録IDが指定された場合、見つけるプロセスはリモート記録IDでのみ実行されます。

    Almaは、ジャーナル記事や書籍の章のデジタルコピーの貸出リクエストを処理する際、同リクエストに一致する既存の書誌レコードのチェックを行います。書籍の章については、この目的でデジタル化できる書籍の物理コピーのチェックも行います。記事の場合、デジタル化できる雑誌の物理的なコピーのチェックは行いません。

    自己所有

    自己所有チェックは、リクエストされたリソースが依頼者の機関でローカルに所有されているかを判断します。Almaで新しい取寄せリクエストを作成するときに、リクエストされたリソースがローカル機関によって所有されている場合、警告メッセージ(機関目録にはリクエストされたタイトルのサービスがあります)が表示されます。
    自己所有チェックは次のように処理されます。
    • 記録は、[組織単位の詳細]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [図書館]> [開館時間]概要タブを選択)で選択したフィールドで見つける値に基づいて配置されます。上記の取寄せを見つけるプロセスを自動的にアクティブにするにはを参照してください。
    • フィールドで見つけるチェックボックスが選択されていない場合、またはサブフィールドが選択されていない場合、見つけるプロセスはLCCNOCLC番号タイトルISBN/ISSN基準(表示されている順)に基づいて進行します。
    [Primo取得する]タブで実行すると、自己所有は受領OpenURLを既存のリソースでリゾルブすることで決定されるため、上記の設定ではなくリゾルバーの一致メカニズムに基づいています。
    • Was this article helpful?