Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    基本的なリソースシェア設定

    Translatable
    リソースシェアに関連する追加の設定タスクについては、以下を参照してください。

    ワークフロープロファイルの設定

    ワークフロープロファイルを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    ワークフロープロファイルによって定義されたワークフローは、定義されたパートナーの借入および貸出リクエストタスクリストで実行できるアクションを制御します。新しいパートナーを追加するときに使用できる取寄せおよび貸出のワークフローステップを設定できます。(パートナーの設定については、リソース共有パートナーを参照してください。)これらのステップは、常に利用可能な特定の内部定義されたステータスに加えて、リクエストに割り当てることができる追加のステータスに対応します。
    たとえば、ワークフロープロファイルには、ユーザーがリクエストをキャンセルしたり、アイテムを更新したりできることが含まれます。ワークフロープロファイルは、[リソース共有パートナー]ページの取寄せワークフローまたは貸出ワークフロードロップダウンリストで使用できます。
    ワークフロープロファイルの詳細については、ワークフロープロファイルを参照してください。
    ワークフロープロファイルは、[ワークフロープロファイル]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ワークフロープロファイル])で設定します。
    Workflow Profiles Page New UI.png
    ワークフロープロファイルページ
    機関レベルでのみワークフロープロファイルを設定できます。フルフィルメント設定ページの設定フィルタから必要な機関を選択します。
    ネットワークから配分されたワークフロープロファイルは、共有列のチェックマークで示されます。
    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • ワークフロープロファイルの追加(ワークフロープロファイルの追加を参照)
    • ワークフロープロファイルの編集(行アクションリストから編集を選択)
    • ワークフロープロファイルの削除(行のアクションリストから削除を選択)
    ワークフローがリソース共有パートナーに関連付けられている場合、最初にパートナーを削除するまで削除できません。

    ワークフロープロファイルの追加

    機関レベルで追加したワークフロープロファイルは、機関内のすべての図書館で使用できます。
    ワークフロープロファイルを追加する場合:
    1. [ワークフロープロファイル]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ワークフロープロファイル])で、[ワークフロープロファイルの追加]を選択します。[ワークフロープロファイルの追加]ダイアログボックスが表示されます。
      add_workflow_profile_borrowing.png
      ワークフロープロファイルを追加
    2. ワークフロープロファイルの名前を入力します。
    3. タイプドロップダウンリストから、取寄せまたは貸出を選択します。
    4. プロファイルに追加するステップを選択します。複数のステップを選択できます。これらのステップは、ワークフローに関連付けられたパートナーの取寄せおよび貸出リクエストタスクリストで実行できるアクションを制御します。
      使用可能なステップは、ステップ3で選択したワークフロープロファイルタイプによって異なり、次の表で説明します。
      ワークフロープロファイルステップ
      タイプ ステップ 説明
      取寄せ 自動更新 指定したワークフローにリンクされた取寄せパートナーに対して受領したリクエストの自動更新を有効にします。
      プロファイルにこのステップが含まれるリクエストは、リクエストされた期日に従って自動的にアップデートされ、リクエストのステータスは更新リクエストは受け取られましたにアップデートされます。
      自動更新はISOパートナーに対してのみ可能です。
      キャンセルリクエストは受領されませんでした キャンセルリクエストはパートナーによって拒否される場合があります。
      ユーザーによってキャンセルされました リクエストは、ユーザーがキャンセルできます。
      パートナーによりキャンセルされました 貸出パートナーはリクエストをキャンセルでき、取寄せパートナーは通知を受領します。
      スタッフによってキャンセルされました スタッフメンバーはリクエストをキャンセルできます。
      条件付き 条件付きステータスと条件付き 応答をサポートします。
      破損 連絡済み 破損したアイテムはパートナーによってリポートされます。有効にすると、取寄せリクエストに対して破損行アクションが有効になります。リソースシェア取寄せリクエストの管理を参照してください。
      パートナーによって紛失と宣言されました パートナーはアイテムを紛失したと宣言することができます。
      外部取得 CCC GetItNowサービスからアイテムをリクエストできます。
      貸し手チェックイン アイテムがチェックインされたというメッセージを受領するまで、借り手はリクエストをクローズしません。
      このオプションではリクエストで貸し手の確認を待つため、ブローカーパートナーが使用するワークフロープロファイルでは選択しないでください。
      紛失 連絡済み

      紛失したアイテムは、パートナーがリポートできます。有効な場合:

      手動更新 指定したワークフロープロファイルにリンクされた取寄せパートナーの更新リクエストを手動で承認できるようにします。
      このオプションが選択されている場合のシステムの動作の詳細については、ワークフローアクション更新エントリと更新返信エントリを参照してください。
      仲介ユーザー更新 仲介ユーザー更新を有効にして、更新が貸し手に送信される前にオペレータのレビューを要求します。仲介された更新では、オペレータによるレビューを待っている間、仲介されたユーザーの更新のステータスが表示されます。リクエストが貸出機関に送信されると、リクエストステータスはリクエストの更新にセットされます。
      再有効化済み  再有効化リクエストアクションをサポートします。
      この機能を有効にするには、Ex Librisサポートにお問い合わせください。
      パートナーによってリコールされました

      パートナーはリクエストをリコールできます。

      パートナーによるリコールステータスでは、利用規約でリコールを禁止している場合でも、アイテムにリコールを設定します。
      拒否 拒否は、貸出リクエストのタスクリストおよび[勤務表]タブでの拒否アクションの表示を制御します。これは、デフォルトで選択されています。
      [拒否]を選択解除すると、タスクリストおよびリクエストの[勤務表]タブから拒否アクションが削除されます。また、選択解除されている間、取寄せリクエストの上部にあるアクションドロップダウンリストの拒否アクションは実行されず、アラートが表示されます。
      更新リクエスト リソースシェア取寄せリクエストの更新のリクエストを有効にします。
      リクエストは受け取られました パートナーは、リクエストされたアイテムを受け入れることができます。
      キャンセル回答を待機中 このオプションを選択すると、借り手がリクエストをキャンセルした場合、貸し手がキャンセル応答を送信するまでリクエストは実際にキャンセルされません。
      デジタル受領待機中
      これにより、貸し手がいつリクエストをクローズできるかが決まります。選択した場合、クローズする前に借り手から応答を受領する必要があります。選択されていない場合、貸し手はデジタルで配送するときにリクエストをクローズできます。
      提供予定 パートナーは、リクエストがまだ発送されていないがすぐに発送される場合、リクエストのステータスを変更できます。
        自動提供予定 貸出要求に対して内部の「デジタル/冊子配送」リクエストが(自動または手動で)行われると、 それを反映して「提供予定」というメッセージ自動的に送信されます(それに応じてステータスが変更されます)。
      貸出中 借り手のリコール このステップが無効になっている場合、リコールオプションは貸出リクエストの行アクションで非表示になります。ステップが有効になっている場合(デフォルト)、リコールオプションが表示されます。
      返信をキャンセル 現在サポートされていません
      条件付き 条件付きステータスと条件付き 応答をサポートします。
      貸し手チェックイン アイテムがチェックインされたことを確認メッセージを借り手に送信します
      このオプションではリクエストで貸し手の確認を待つため、ブローカーパートナーが使用するワークフロープロファイルでは選択しないでください。
      ユーザーの更新 ユーザーがリソースシェアアイテムの更新をリクエストできるようにします。
      このオプションを有効にすることに加えて、関連する利用規約の更新可能ポリシーの値が更新可能に設定されていることも確認する必要があります(フルフィルメントユニット、ポリシー、利用規約の設定を参照)。
      再有効化済み  再有効化リクエストアクションをサポートします。
      この機能を有効にするには、Ex Librisサポートにお問い合わせください。
      更新回答 更新をリクエストする借り手は、更新が実行される前に、貸し手からの応答を待ちます。このステップを有効にすると、更新がリクエストされたリクエストのステータスが更新リクエストになります。
      スタッフ更新 更新はスタッフメンバーが呼び出すことができます。このステップを有効にすると、[リソースシェア取寄せリクエスト]ページに更新リンクが表示されます。
    5. 以下のうちの1つを入力してください:
      • 追加 - ワークフロープロファイルを追加しますが、ダイアログボックスは開いたままにして、追加のワークフロープロファイルを追加できるようにします。
      • 追加して閉じる - ワークフロープロファイルを追加し、ダイアログボックスを閉じます。
      ワークフロープロファイルは、リソース共有パートナーページの取寄せワークフローまたは[貸出ワークフロー]ドロップダウンリストで使用できるようになりました。

    ジョブ表割当ルールの設定

    ジョブ表割当ルールを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • フルフィルメントサービスオペレータ
    • フルフィルメントサービス管理者
    ジョブ表割当ルールは、勤務表テンプレートが呼び出される条件を決定します。
    ジョブ表割当ルールは、[ジョブ表割当ルールリスト]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ジョブ表割当ルール])で設定します。ルールテーブルの詳細については、ルールテーブルを参照してください。
    Rota Assignment Rules New UI.png
    ジョブ表割当ルールリストページ
    ジョブ表割当ルールは、ネットワークゾーン、機関、または図書館レベルで設定できます。
    コラボレーションネットワークでは、ネットワークゾーンで勤務表テンプレートを設定し、ジョブによってメンバー機関に変更を共有できます。詳細については、ネットワークゾーンでのフルフィルメント情報の設定を参照してください。

    ネットワークまたはローカルの勤務表割り当てルールが最初に実行されるかどうかを決定するため、network_rota_assignment_rules_precedenceを設定します。(その他の設定を参照)。

    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • 機関のジョブ表割当ルールを設定する
    • 図書館のジョブ表割当ルールを設定する
    機関のジョブ表割当ルールを設定する場合:
    1. [ジョブ表割当ルールリスト]ページで、ルールの追加を選択します。[ジョブ表割当ルール]ページが表示されます。
      Add Rota Assignment Rule New UI.png
      ジョブ表割当ルールページ
    2. ジョブ表割当ルールセクションで、名前フィールドに名前のルールを入力します。
    3. 入力パラメータの設定:これらのパラメータは、出力パラメータで指定された勤務表テンプレートがリクエストに割り当てられる条件(名前オペレータ)を指定します。
      • 名前:次のいずれか:
        • サービスレベル - 選択したサービスレベルのいずれかがリクエストに必要な場合に割り当てられます
        • 価格 - リクエストの価格が指定された価格よりも大きい、等しい、または小さい場合に割り当てられます
        • リクエストされたフォーマット - 指定されたリクエストタイプのいずれかがリクエストに必要な場合に割り当てられます
        • 必要な日数 - リクエストされた期間が指定された日数より長い、等しい、または短い場合に割り当てられます
        • ユーザーグループ - リクエストを行うユーザーが指定されたユーザーグループのいずれかに属している場合に割り当てられます
      • オペレータ - 比較オペレータ
      • :名前パラメータによります。
        • サービスレベル - 1つ(または複数)のサービスレベルを選択します(取寄せリクエストの手動追加サービスレベルを参照)。
        • 価格 - 価格を入力します。この値が1より小さい場合、先頭に0を入力します。たとえば、.44.ではなく0.44となります。
        • リクエストされたフォーマット - リクエストされたフォーマットを1つ(または複数)選択します(取寄せリクエストの手動追加リクエストされたフォーマットを参照)。
        • 必要な日数 - 日数を入力します。
        • ユーザーグループ - 1つ(または複数)の事前定義されたユーザーグループを選択します。
    4. 関連フィールドで出力パラメータを設定します。入力パラメータで指定された条件が満たされたときに適用される勤務表テンプレートを選択します。
    5. 保存を選択します。設定されたルールは、[ジョブ表割当ルールリスト]ページに表示されます。
    設定されたルールパラメータがリソースシェアリクエストで満たされると、指定された勤務表テンプレートが呼び出されます。
    設定されたルールに従って勤務表をリクエストに添付するには、[リソースシェア取寄せリクエスト]ページで勤務表割り当ての再計算リンクを選択します(リクエストの手動追加を参照)。
    勤務表割り当てが再計算されるときに、リスト内の最初のパートナーが非アクティブである場合、割り当てプロセスはアクティブステータスのパートナーが見つかるまで検索を続けます。
    図書館のジョブ表割当ルールを設定する場合:
    1. [ジョブ表割当ルールリスト]ページで、ページ上部の設定フィルタで図書館が選択されていることを確認します。図書館レベルで設定されたルールは図書館ルールリストセクションに表示され、機関レベルで設定されたルールは機関ルールリストセクションに表示されます。
      Rota Assignment Rules Library and Institution New UI.png
      ジョブ表割当ルールリストページ
    2. ルールを追加するには、ルールの追加を選択し、機関のルールを設定するための上記のステップを参照してください。
    3. 機関ルールを図書館レベルにコピーする場合:
      1. [機関ルールリスト]セクションで、図書館にコピーを選択します。[ジョブ表割当ルール]ページが表示されます。
      2. 必要に応じてルールパラメータを変更し、保存を選択します。指定したルールが[図書館ルールリスト]セクションに表示されます。
      特定の図書館に対して図書館ルールが定義されている場合、その機関のルールは、この図書館によって管理される取寄せリクエストには適用されません(ネットワークルール(存在する場合)は、 network_rota_assignment_rules_precedenceに従って適用されます。その他の設定を参照)。

    ロケーションプロファイルの設定

    ロケーションプロファイルを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • フルフィルメントサービスオペレータ
    • フルフィルメントサービス管理者
    ロケーションプロファイルは、リソース共有パートナーの目録を検索する方法を定義します。ロケーションプロファイルを設定したら、プロファイルをパートナーに関連付けます。詳細については、アイテムを見つけるを参照してください。
    [ロケーションプロファイルリスト]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ロケーションプロファイル])でロケーションプロファイルを設定します。
    Locate Profiles List New UI.png
    ロケーションプロファイルリストページ
    ロケーションプロファイルは、機関レベルでのみ設定できます。フルフィルメント設定ページの設定フィルタから必要な機関を選択します。
    ネットワークから配分されたロケーションプロファイルは、共有列のチェックマークで示されます。
    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • ロケーションプロファイルの追加(ロケーションプロファイルの追加を参照)
    • ロケーションプロファイルの編集(行アクションリストから編集を選択。[ロケーションプロファイルパラメータ]タブページに表示されるフィールドは、選択したロケーションプロファイルのタイプによって異なる)
    • ロケーションプロファイルの重複(行アクションリストから重複を選択し、関連するフィールドを変更)
    • ロケーションプロファイルの削除(行アクションリストから削除を選択)

    ロケーションプロファイルの追加

    Almaにロケーションプロファイルを追加できます。
    ロケーションプロファイルを追加する場合:
    1. [プロファイルリストの検索]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ロケーションプロファイル])で、ロケーションプロファイルの追加を選択します。[ロケーションプロファイル詳細]ページが表示されます。
      Locate Profile Step 1.png
      ロケーションプロファイル詳細ページ
    2. 関連するフィールドにロケーションプロファイルの名前と説明を入力します。
    3. タイプフィールドで、プロファイルタイプを選択します。次のオプションから選択します。
    4. 次へを選択します。ウィザードの2ページ目が開きます。このページはプロファイルタイプによって異なりますが、プロファイルタイプは以下のステップで説明されます。
      見つけないプロファイルタイプが選択された場合、追加のパラメータは設定できません。保存を選択して、ロケーションプロファイルを保存します。
    5. Almaプロファイルタイプの場合、次のフィールドを設定します。
      Locate Profile Details.png
      Almaロケーションプロファイルタイプのプロファイル詳細ページ
      • サーバーフィールドに、ターゲットAlmaのURLを入力します。
      • ポートフィールドに、外部のAlmaシステムが配置されているポート番号を入力します。このフィールドは空白のままにすることもできます。
      • ユーザー名フィールドに、ターゲットAlmaシステムのZ39.50外部インターフェイスのユーザー名を入力します。
      • パスワードフィールドに、ターゲットAlmaシステムのZ39.50外部インターフェイスのパスワードを入力します。入力する文字は暗号化されます。
      • 機関フィールドに、外部Almaシステムが配置されている機関を入力します。

        機関フィールドは空白(空)のままにすることができます。

      • ネットワークゾーン機関のメンバーの場合、各機関のローカル目録ではなく、ネットワークゾーン自体を検索するには、Almaネットワークチェックボックスを選択します。このフィールドを選択すると、このロケーションプロファイルをすべてのネットワークメンバー間で共有することもできます。オンにした場合、Almaネットワークコードを機関フィールドに入力する必要があります。 このチェックボックスが選択されると、アイテムの利用可否を確認 およびアイテムのリクエスト可能性を確認 チェックボックスが無効になります。 
      • プロファイルのアイテムの利用可否を確認するチェックボックスをオンにして、機関でアイテムが利用できるかを確認します。ステータスが配置済みのアイテムの場合、アイテムは利用可能です。
      • プロファイルのアイテムのリクエスト可能性を確認するチェックボックスをオンにして、リソースシェアリクエストの一部としてアイテムをリクエストできるを確認します。
        • Almaネットワークまたはアイテムの利用可否を確認およびアイテムのリクエスト可否を確認チェックボックスを選択できますが、3つすべてを選択することはできません。
        • 利用可否とリクエスト可能性は、機関レベルでのみ確認されます。
      • 冊子アイテムのみをチェックするには、プロファイルの電子およびデジタルリソースを無視するチェックボックスをオンにします。電子および/またはデジタルアイテムのみを含むパートナーは、勤務表でスキップされます。
      • 電子およびデジタルアイテムのみをチェックするには、プロファイルの冊子リソースを無視するチェックボックスをオンにします 。このフィールドを選択すると、見つけるプロセスは冊子リソースをチェックせず、 見つける、 アイテムの利用可否を確認、または リクエスト可能性 フィールドを使用しません。
      • メタデータによる検索を許可チェックボックスをオンにすると、ネットワークゾーンを共有するパートナー間の要求が共有ネットワークゾーン検出システムから送信されなかった場合でも、アイテムが正常に検索されます。この場合、検索プロセスはリクエストのメタデータを使用して、パートナーのカタログで一致するものを検索します。

        このオプションを使用すると、貸し手とネットワークゾーンを共有する借り手は、ネットワークゾーンで共有されていないレコードに対するリソース共有リクエストを作成できます。また、借り手と貸し手がネットワークゾーンを共有している場合でも、取り置きリクエストをリソースシェア要求に変換できます。

      • 取寄せリクエストのリソースを検索するときに追加の検索フィールドを設定するには、フィールドで見つけるチェックボックスを選択します。ページが更新され、追加のフィールドが表示されます。
        • タイトル
        • 著者
        • ISBN/ISSN
        • システムコントロール番号
          この「検索」フィールドは、システムコントロール番号の正規化された値(接頭語なし)を検索します。
        • LCCN
      • リモート機関でリソースを検索するフィールドを選択します。Almaは、指定されたロケーションプロファイルがリソース共有パートナーによる検索で使用される場合(つまり、[リソースシェア取寄せリクエスト]ページでリソースを見つけるを選択する場合)にこれらのフィールドを使用します。
      •  選択したすべてのフィールドが一致した場合にのみ検索を 成功させる場合は、[すべてのフィールドが一致した場合のみ検索] フィールドで[はい]を選択します。 [いいえ] に設定されている場合、
        • リクエストに識別子(ISBN、OCLC番号、 LCCNなど)がある場合、 選択した識別子フィールドの いずれか が一致するものを見つかれば検索は成功します。タイトルや著者などの他のフィールドは、一致には使用されません。
        • リクエストに 識別子フィールドが存在しない場合、 他の すべての選択されたフィールドが一致する場合にのみ、検索は成功します。
      • テスト接続を選択して、サーバーへの接続を確認します。(これは認証パラメータをチェックするものではありません。)
    6. Z39.50プロファイルタイプの場合、表示されるフィールドを次のように設定します。
      1. 検索に所蔵を追加するには、所蔵で強化チェックボックスをオンにします。所蔵フィールドサブフィールドのフィールドが表示されます。フィールドに関連する値を入力します。このフィールド+サブフィールドでは、パートナーの所蔵コードが、外部リソースから取得された書誌レコードで検索されます。所蔵コードについては、リソース共有パートナーを参照してください。
      2. リソースを検索するためのリソースを探すフィールドを選択します。[検索外部リソースセットアップ]ページが表示されます。
      3. 検索ボックスに検索条件を入力してリソースを検索し、Goを選択します。[検索外部リソースセットアップ]ページが表示されます。エントリを選択して選択を選択し、[ロケーションプロファイルの詳細の検索]ページに戻ります。
      4. 資格情報フィールドに、検索に関連する資格情報を入力します。
      5. テスト接続を選択して、サーバーへの接続を確認します。(これは認証パラメータをチェックするものではありません。)
    7. BLDSSプロファイルタイプの場合、表示されるフィールドを次のように設定します。
      1. 一致する可能性のあるものが多数あると英国の図書館が判断した場合でも、見つけるプロセスを強制的に成功させるには、可能性のあるマッチで成功を選択します。
      2. すぐに利用できる英国の図書館のリソースでのみ一致する場合は、利用可否を確認を選択します。BLリソースをすぐに提供できる場合にのみBLリソースをリクエストする場合は、このオプションを推奨します。
      3. フィールドで見つけるオプションを使用すると、見つけるプロセスで使用されるメタデータを設定できます。このパラメータはオプションであり、チェックを外したままにしておくことができます。その後、システムは内部デフォルトを使用します。
    8. フルフィルメントネットワークプロファイルタイプの場合、表示されるフィールドを次のように設定します。
      1. サーバーフィールドに、ターゲットAlmaのURLを入力します。
      2. ポートフィールドに、外部のAlmaシステムが配置されているポート番号を入力します。このフィールドは空白のままにすることもできます。
      3. ユーザー名フィールドに、ターゲットAlmaシステムの外部インターフェイスのユーザー名を入力します。
      4. パスワードフィールドに、ターゲットAlmaシステムの外部インターフェイスのパスワードを入力します。入力する文字は暗号化されます。
      5. 機関フィールドに、外部Almaシステムが配置されている機関を入力します。
      6. プロファイルのアイテムの利用可否を確認するチェックボックスをオンにして、機関でアイテムが利用できるかを確認します。ステータスが配置済みのアイテムの場合、アイテムは利用可能です。
      7. プロファイルのアイテムのリクエスト可能性を確認するチェックボックスをオンにして、リソースシェアリクエストの一部としてアイテムをリクエストできるを確認します。
      8. テスト接続を選択して、サーバーへの接続を確認します。(これは認証パラメータをチェックするものではありません。)

    ユーザークエリの設定

    ユーザーへのクエリレター は、ユーザーが[取寄せリクエスト]ページ([フルフィルメント] > [リソースシェア] > [取寄せリクエスト])でユーザーへクエリを送信を選択すると、ユーザーに送信されます。Almaは、Almaでこれらのレターを設定するための2つのシステムを提供します。ユーザークエリテンプレートユーザークエリタイプです。
    • 古いシステム:ユーザークエリテンプレートは、ユーザーレターを設定する基本的な手段です。複数のレターを入力し、レターのフィールドを設定できます。レターの初期構造を編集することはできませんが、設定されている場合、送信前にレターを編集できます。
      このシステムは非推奨であり、今後のAlmaバージョンでは削除されます。
    • 新しいシステム:ユーザークエリタイプは、Almaの柔軟なXSLスタイルシートレター設定システムを各クエリに使用します。これはより柔軟なものになります。ユーザーがユーザーにクエリを送信することを選択したときに送信される最大30タイプのレター、たとえばウェルカムレター、リクエストへの応答などを定義できます。
    カスタマーパラメータマッピングテーブルのsend_query_to_patron_use_xslパラメータを使用して、ユーザークエリテンプレートまたはタイプのいずれかを使用するようにAlmaを設定できますが、両方を使用することはできません。詳細については、その他の設定を参照してください。
    ユーザークエリタイプはデフォルトで展開されます。ユーザークエリテンプレートは非推奨であり、Almaの将来のバージョンでは削除されます。
    リクエストは、[リソースシェア取寄せリクエスト]ページのリソースリクエストの下にあるユーザーにクエリを送信リンクを使用して送信されます。詳細については、ピアツーピアリソースシェアを参照してください。

    ユーザークエリテンプレートの設定

    ユーザークエリテンプレートを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    ユーザークエリテンプレートは、[ユーザークエリテンプレート]マッピングテーブル([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ユーザークエリテンプレート])で設定されます。マッピングテーブルの詳細については、マッピングテーブルを参照してください。各テンプレートには、ユーザーに送られるレターを作成するために組み立てられるフィールドの短いリストが含まれています。レターの初期フォーマットは設定できませんが、設定されている場合、送信前にレターを編集できます。
    このオプションは、[顧客パラメータ]マッピングテーブルのsend_query_to_patron_use_xslに設定されている場合にのみ表示されます(その他の設定を参照)。send_query_to_patron_use_xslに設定されている場合、代わりにユーザークエリタイプオプションが表示されます(ユーザークエリタイプの設定を参照)。
    Patron Query Templates New UI.png
    PatronQueryTemplatesマッピングテーブルページ
    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • ユーザークエリテンプレートの追加(ユーザークエリテンプレートの追加を参照)。
    • ユーザークエリテンプレートの編集(マッピングテーブル行セクションの列値を変更)。
    • ユーザークエリテンプレートの削除(削除を選択)。
    ユーザークエリテンプレートの設定の詳細については、ILL:ユーザーへのクエリ用テンプレートの作成動画(7分25秒)を参照してください。

    ユーザークエリテンプレートの追加

    ユーザークエリテンプレートを追加できます。
    ユーザークエリテンプレートを追加する場合:
    1. [PatronQueryTemplatesマッピングテーブル]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ユーザークエリテンプレート])を開きます。
    2. 行を追加を選択します。名前フィールドにテンプレートの名前を入力します。
    3. 主題フィールドに主題を入力します。変数%reqId%および%reqName%を使用できます。これらは、それぞれ取寄せまたは貸出リクエストの外部IDまたはユーザーの名前に置き換えられます。
    4. ヘッダーフィールドに、「関係者各位」などのヘッダーを入力します。
    5. クエリライン123に追加のラインを入力します。これらのフィールドは、ユーザーへのクエリレターに置き換えられます。詳細については、レターのカスタマイズの例:ユーザーレターへのクエリを参照してください。
    6. 単一の場合に編集フィールドに、メッセージを編集用に開く場合はを入力し、メッセージを編集の機会なしにユーザーに直接送信する場合はを入力します。
    7. 行を追加を選択します。テンプレートのリストにテンプレートが表示されます。
    8. カスタマイズを選択します。
    これらのフィールドは、ユーザーが[リクエストの取寄せ]ページでユーザーにクエリを送信を選択したときに送信されるレターにまとめられます。ピアツーピアリソースシェアを参照してください。

    ユーザークエリタイプの設定

    ユーザークエリタイプを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    強化されたXSLユーザーへのクエリレターを使用して、ユーザーに送信されるレターのタイプを構成できます。ウェルカムレター、リクエストへの応答など、最大30タイプのレターを定義できます。
    ユーザークエリタイプは、ユーザークエリタイプコードテーブルで設定します([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ユーザークエリタイプ])。コードテーブルの詳細については、コードテーブルを参照してください。
    このオプションは、顧客パラメータマッピングテーブルのsend_query_to_patron_use_xslに設定されている場合にのみ表示されます(その他の設定を参照)。send_query_to_patron_use_xslに設定されている場合、代わりにユーザークエリテンプレートオプションが表示されます(ユーザークエリテンプレートの設定を参照)。ユーザークエリテンプレートオプションは、将来廃止される予定です。
    Patron Query Types New UI.png
    ユーザークエリタイプコードテーブルページ
    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • ユーザークエリタイプの追加(ユーザークエリタイプの追加を参照)。
    • ユーザーのクエリタイプの編集(マッピングテーブルの行セクションの列の値を変更)

    ユーザークエリタイプの追加

    ユーザークエリタイプを追加できます。
    ユーザークエリタイプを追加する場合:
    1. [ユーザークエリタイプコードテーブル]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [ユーザークエリタイプ])で、関連するユーザークエリタイプを有効にします。
      Patron Query Types New UI.png
      ユーザークエリタイプコードテーブルページ
    2. 有効なエントリの説明を変更できます。説明列のテキストは、クエリタイプのドロップダウンに表示されることに注意してください(取寄せリクエストに対してクエリをユーザーに送信するを選択した後)。コードを使用すると、各クエリタイプに使用する正確なテキストをマッピングできます。
    3. クエリをユーザーに送信するEメールのテンプレートとして有効なエントリを選択し、クエリをユーザーに送信するコードテーブルページでエントリを変更できます(以下の手順を参照)。
      テンプレートはタイプ2まで設定されます。 もし、2 つ以上のタイプを使用する 必要 がある場合、 XSLを設定して 使用されている 追加のタイプを反映します。
    4. 完了したら[保存]を選択します。
    ユーザーへのクエリレターを設定するには、レターカスタマイズの例:ユーザーレターへのクエリを参照してください。

    取寄せリクエストの非アクティブなフィルタの設定

    取寄せリクエストの非アクティブなフィルタを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    取寄せリクエストタスクリストのアクティブな表示からステータスをフィルタ処理するには、[貸出リクエスト非アクティブフィルタ]コードテーブル([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [取寄せリクエスト非アクティブフィルタ])にアクセスします。コードテーブルの詳細については、コードテーブルを参照してください。
    Borrowing Requests Inactive Filters new UI.png
    リクエスト非アクティブフィルタの取寄せ
    行を有効にすると、取寄せリクエストタスクリストのドロップダウンフィルタに表示され、タスクリストのアクティブレコードの表示から削除されます。行を上下に移動すると、ドロップダウンフィルタのリストに表示されるオーダーに影響します。
    拒否されたリクエストをアクティブなリクエストの一部として表示しないように設定する場合、「rs_keep_rejected_request_active」を「BORROWING」または「BOTH」に設定しないことをお勧めします。これにより、アクティブなリクエストが、アクティブリストに表示されなくなります。
    • Was this article helpful?