Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    完全に柔軟な設定によるシングルアクティベーション

    Translatable

    CDIレコードタイプに関するユーザーの視点

    ユーザーの観点から、検索結果に表示される可能性のあるレコードには2つのタイプがあります:

    • 利用可能 – フルテキスト利用可能としてフラグが設定されているレコード。

    • 検索可能 – フルテキスト表示不可としてフラグが設定されているレコードで、検索のみ可能です。

    Primoのほとんどのユーザーは、ユーザーの初期検索を利用可否によってフィルタリングします。つまり、検索結果には、フルテキスト利用可能としてフラグが設定されているアイテムのみが含まれます。検索を実行した後、ユーザーは[図書館コレクションを超えて展開]リンクを選択して、検索結果で[フルテキスト検索不可]のフラグが設定されているレコードを表示することもできます。これらのオプションは、フィルター処理および拡張検索と呼ばれます。一部のPrimoのお客様は、拡張検索から始めて、ユーザーが最上位のファセットを使用して利用可否でフィルタリングできるようにしています。

    Almaでのシングルアクティベーション

    フルテキストを購読しているために有効になっているAlmaコレクションは、CDIで自動的に検索できるようになります。これらのコレクションの場合、個別の検索有効化は必要ありません。

    検索のアクティブ化は、フルテキストに対してアクティブ化されていないコレクションまたはポートフォリオにのみ必要ですが、ユーザーに発見してもらいたい場合もあります。展開された検索では、フルテキスト利用不可というフラグが立てられて表示されます。また、CDIで索引を作成するためのメタデータを提供していないプロバイダーについては、代替カバレッジコレクションをアクティブ化する必要もありません。CDIは、フルテキストの有効化に基づいて、索引全体で所蔵に一致するメタデータを自動的にチェックし、それらをディスカバリーで利用できるようにします。

    これは次のように機能します:

    Almaは、以下の情報を含む複数のデータセット(機関所蔵ファイル) をCDIに公開します:

    • フルテキストの利用可否(Almaのすべての有効化したフルテキスト):これは、フィルタリングされた検索のためにCDIで返されるレコードに影響します(それらを使用可能としてフラグを立て、フィルタリングされた検索でそれらを発見できるようにします)

    • 検索の利用可否(検索用に有効化したすべてのコレクション):れは、拡張検索用にCDIで返されるレコードに影響します(フルテキストでは利用できず、上記のアイテムに該当しないアイテムについて)。

    Almaを使って、CDIで検索可能なものと 利用可能なものを管理する

    Almaの3つの設定により、機関は どのアイテムを検索可能にするか、どのアイテムをCDIで利用可能とするフラグを立てるかをコントロールすることができます:

    1. Almaでアクティブなすべてのフルテキストコレクションは、検索の有効化ステータスに関係なく、デフォルトで検索可能です。たとえば、ポートフォリオを含むコレクションの場合、ポートフォリオリスト全体がCDIに公開され、CDIは所蔵を索引のコンテンツにマッピングします。これは、 CDI検索の利用可能を有効化 にしているかどうかにかかわらず、すべてのコレクションに適用されます。CDI検索のアクティベートに利用可能 フラグは、フルテキストのアクティベートとは別に、検索用にアクティベートできるコレクションに関連付けられています。 これは、ユーザーがアクティブなフルテキスト以外のコンテンツを発見したい場合に便利です。AlmaからCDIへの公開プロセスにより、すべてフルテキストコレクションの有効化が索引全体のメタデータを最大限に活用して、それらが検出可能になるようにします。これは、ポートフォリオレベルでマッピングするため、プロバイダーからのメタデータに直接索引を付けないフルテキストコレクションにも当てはまります。このようなコレクションの 代替カバレッジ を可能な限り実現するために、他のどのコレクションを有効にするかを確認する必要はありません。索引は、コレクション全体で索引内の任意の場所を単純にチェックし、利用可能なメタデータを使用します。例外ルールを適用してアクティブなフルテキストを抑制しない限り、このコンテンツはすべてフィルタリングされた検索に表示されます。

      CDI_Available_CDI_Search_Activation_Indicator.png

      許可された検索とフルテキストの個別の有効化
    2. 設定1の例外を適用して、Almaからのアクティブなフルテキストコレクションを抑制し、CDIでフルテキストが利用できませんと表示することができます。

      図書館ユーザーの観点から、Almaのフルテキストコレクションまたはアイテムの有効化は、主に2つの目的を果たします:

      • それらをディスカバリーでフルテキスト利用可能としてマークすること、および

      • リンクリゾルバーを介してフルテキストリンクを利用できるようにすること。 

      オープンアクセスコレクションなど、特定のコレクションのコンテンツがPrimoの結果に表示されないようにします。リンクリゾルバでフルテキストのみをアクティブにしたいものの、ユーザーの結果リストが乱雑になる可能性があるため、検出時に絞り込まれた検索に同じフルテキストが表示されないというケースがあるためです。 このような場合には、アクティブなフルテキストを抑制オプション (Alma設定でアクティブであっても、CDIでフルテキスト利用可能として表示しない)を使用することができます。これにより、コンテンツがアクティブであり、 抑制されていない別のコレクションからも利用可能でない限り、利用可能としてフラグが立てられないようになります。コレクションは引き続きリンクリゾルバに表示され、ユーザーは他の検索エンジンまたはプラットフォームからアクセスしたときにフルテキストにリンクできます。フルテキストが抑制されているコレクションのコンテンツも、検索用にアクティブに設定されていない限り、または同じコンテンツが他のアクティブなコレクションから利用可能でない限り、展開検索で検索できません。

      Picture2.png

      アクティブなフルテキストを非表示にする
    3. CDI検索のアクティベートに利用可能とマークされているすべてのコレクションは、検索のためにアクティベートすることができます。この意味は:

      • それらは検索結果に表示されますが、Almaの同じコレクションを介してフルテキストがアクティブであるか、同じアイテムが含まれている場合は別のコレクションを介してアクティブなフルテキストも存在する場合にのみ、利用可能としてフラグが立てられます。

      • 検索がアクティブなコレクション内のアイテムに使用できるフルテキストがない場合は、拡張検索に表示されます。 

      Almaのコレクションは、コンテンツの80%以上が索引化されている場合、CDI検索の有効化に利用可能 とマークされます(プロバイダから直接、 または代替データソースから)。プライマリパブリッシャー、ProQuest、Galeなど、プロバイダーから直接索引が作成されたコレクションの場合、カバー率は100%です。プロバイダーから直接データを取得しない場合、(KnowledgeBaseにリストされている)そのコンテンツは、索引全体に対してマッピングされ、それに応じて重複のパーセンテージが計算されます。

    Almaの2020年5月発売に先立ち、購読が検索可能である必要があるコレクション(たとえば、A&Iデータベース)は、検索可能であるためにAlmaでアクティブである必要があります。そのようなコレクションはAlmaにCDIの検索権:購読としてマークされています。これは変更され、Almaでは、機関が検索の購読を必要とするコレクションの検索有効化機能を使用できるようになりました。両方のタイプの有効化(フルテキスト有効化とCDI検索有効化)が可能になりました。すでにアクティベートされているコレクションには変更を加える必要はありません。これらのタイプのコレクションを引き続き完全にアクティベートできます。さらに、CDIでの検索の有効化も可能になり、完全な有効化と同じ効果があります。両方のタイプの有効化により、コレクションがCDIで確実に検出可能になります。

    電子コレクションエディタのCDIタブの コレクションの一部のタイトルのみを購読する設定

     はいに設定すると、CDIはこのコレクションの有効なポートフォリオにコンテンツを合わせます。いいえに設定すると、CDIはこのコレクションのすべてのコンテンツを、個々のポートフォリオとのマッチングなしにフルテキスト利用可能にします。この設定は一般的に、次のように使用されます(以下のコレクションリンクタイプ別の推奨設定も確認してください):

    • 選択的な購読(コンテンツの一部のみを購読する)を示す場合は、 はい を選択します。

    • このコレクションの非選択的購読(コレクション内のすべてのコンテンツを購読すること)を示す場合は、いいえ を選択します。

    • これは、そのようなコレクションの購入方法とは無関係であり、一部のライブラリではアグリゲーターパッケージに選択的な設定を使用していることに注意してください。したがって、CDIのこの設定は、それらのリソースへの購読が必ずしも選択的であることを意味するものではありません。 

    このオプションは、アグリデーター/選択可能コレクションでのみ使用できます(ポートフォリオが存在しないデータベースタイプのコレクションでは使用できません)。 デフォルト値ははい(選択的購読)です。

    コレクションリンクタイプ別の推奨設定:

    • Almaでポートフォリオを持っているレコードタイプのコレクションで、機関がコレクション全体を購読しているレコード内のリンク については、コレクションの一部のタイトルのみを購読する設定 をいいえに変更することをお勧めします。 これにより、コレクション全体にフルテキスト利用可能のフラグが立てられます。Almaのアクティベーションウィザードは、Alma 2021年1月リリースで変更され、レコード内のリンク タイプのコレクションのデフォルトとして設定されます。

      設定がはいの場合、CDIで一致が見つかった場合にのみ、 AlmaのアクティブなポートフォリオのみがCDI保有ファイルに含まれ、レコードには利用可能な全文が表示されます。CDIはISSNやISBNなどの標準的な識別子にのみマッチするため、IDのないコンテンツを持つコレクションでは、 フルテキストが利用可能 と表示されるレコードが少なくなります。

    •  リンクリゾルバ とハイブリッドタイプのコレクションでは、特にAlmaで部分的に有効化が行われ、すべてのポートフォリオが有効になっていない場合には、コレクションの一部のタイトルのみを購読する設定 オプション (これは デフォルトの設定です)を はい に設定しておくことをお勧めします。 このオプションを いいえ に設定すると、CDIのレコードとAlma CKBの間のミスマッチにより、 CDIでのリンク問題 が発生する可能性が高くなります。
      この設定をハイブリッド コレクションで使用する方法の詳細については、次のURLを参照してください。https://knowledge.exlibrisgroup.com/Primo/Content_Corner/Central_Discovery_Index/Knowledge_Articles/Hybrid_Collections_in_CDI

    「CDI のみのフルテキスト有効化」オプション

    CDIのみのフルテキスト有効化オプションは、AlmaUIの次の領域にあります。

    • 電子コレクションエディタの[CDI]タブ。

    • IZコレクションリストのアクションメニュー。

    そして、次の設定を持つコレクションに表示されます:

    • CDI検索の有効化に利用可能フィールドがはい に設定され、 CDIフルテキストリンクフィールドが リンクリゾルバではなくレコード内のリンクに設定されています。 

    • CDIタイプは、コレクションにポートフォリオがあるかどうかに関わらず、A&I データベースに設定されています。

    効果

    はいに設定した場合、コレクションがCDIゼロタイトルの所蔵ファイルに追加され、次の結果が得られます: 

    1. コレクションがCDIでフルテキストデータベースとして定義されている場合、コレクション内のすべてのレコードは、Primo UIで利用可能なフルテキスト としてフラグが立てられ、フィルタリングされた検索に表示されます。フルテキスト入手可能フラグはコレクションレベルで継承されます。個々のポートフォリオ設定が存在する場合、 それらは無視されます。 

    2. コレクションがCDIでA&Iデータベースとして定義されている場合、コレクションのコンテンツはCDIで検索可能となります。(フルテキスト入手可能フラグは、Almaのすべてのフルテキストコレクションでのフルテキストの有効化に依存します)。

    このオプションを使用する理由

    このオプションは、図書館でコレクションとそのコンテンツをPrimoローカル索引またはリンクリゾルバーに表示したくないものの、CDIで検出できるようにしたい場合に使用できます。

    このオプションの使用方法

    1. 「アクティベーションウィザード」を使用するか、「CDI で検索するためのコレクション」を有効にして、コレクションがインスティテューションゾーンに存在することを確認します。
    2. 電子コレクションを編集します。CDI タブで、CDI のみの全文を有効化 チェックボックスを選択します。

    Almaでアクティブな場合でも、CDIで利用可能なフルテキストとして表示しない

    このオプションは、Alma UIの次の領域に表示されます。

    • 電子コレクションエディタの[CDI]タブ。

    さらに、次の設定のコレクションに対してオプションが表示されます:

    1. CDI検索の有効化に使用可能フィールドがはいに設定されています。

    2. CDI検索の有効化に使用可能いいえに設定されていますが、コレクションにはAlmaのポートフォリオがあります。

    結果

    1. コレクションのすべてのポートフォリオは、CDI所蔵ファイルから削除されます。これにより、コンテンツがアクティブで抑制されていない別のコレクションからも利用可能でない限り、コンテンツに「フルテキスト利用可能」のフラグが付けられなくなります。 

    2. コレクションは引き続きリンクリゾルバに表示され、ユーザーは他の検索エンジンまたはプラットフォームからアクセスしたときにフルテキストにリンクできます。 

    3. フルテキストが抑制されているコレクションのコンテンツも、検索用にアクティブに設定されていない限り、または同じコンテンツが他のアクティブなコレクションから利用可能でない限り、展開検索で検索できません。

    4. ローカル 書誌レコードは影響を受けず、検出のためにローカルPrimo索引に公開されます。

    このオプションを使用する理由: 

    1. オープンアクセスコレクションなど、特定のコレクションのコンテンツがPrimoの結果に表示されないようにします。リンクリゾルバでフルテキストのみをアクティブにしたいが、ユーザーの結果リストが乱雑になる可能性があるため、検出時に絞り込まれた検索に同じフルテキストが表示されないようにするためです。 

    2. 書誌レコードがPrimoローカルに公開され、さらにCDIレコードが結果リストに表示される電子書籍の重複結果を防止します。このオプションは、CDIレコードが結果リストに表示されないようにします。これにより、CDIのチャプターレベルのレコードも削除されることに注意してください。

    よくある質問- 有効化と有効化設定

    書籍のコレクションだけを有効にしているのに、なぜ書籍の章が検索結果に表示されるのですか?

    Almaで書籍がフルテキストに対応している場合、CDIで索引付けされていれば、その書籍の章も検索可能であり、フルテキストが利用可能であるというフラグが立てられます。これは、参照コレクションにも適用されます。たとえば、参考書籍がアクティブである場合、個々のエントリも検索可能であり、CDIで索引付けされている場合はフルテキストが利用可能であるというフラグが立てられます。

     アクティベートされたOpen Accessコレクションのコンテンツを、ユーザーのディスカバリー検索結果ではなく、リンクリゾルバに表示させるにはどうしたらよいでしょうか。

    コレクションをアクティブにした後、アクティブなフルテキストを抑制オプション(AlmaでアクティブにしてもCDIではフルテキスト利用可能として表示しない)を使用すると、CDIの結果リストにそのコンテンツが利用可能として表示されなくなります。その結果、フィルタされた検索には結果がまったく表示されませんが、ユーザーが他のソース(GoogleScholarやA&Iデータベースなど)から取得したリンクリゾルバを使用すると、リンクは引き続き表示されます。同じコンテンツがAlmaの複数のコレクションで利用可能でアクティブであるものの、1つのコレクションでのみ抑制されている場合、コンテンツは抑制されず、CDIで引き続き利用可能として表示されることに注意してください。アクティブになっているすべてのコレクションで抑制されている場合にのみ、使用不可のフラグが立てられます。

    Almaのアクティブなフルテキストの抑制設定はどこにありますか?

    この設定は、電子コレクションエディタのCDIタブで利用可能です。Almaのインターフェイスでは、Almaで有効であっても、CDIではフルテキスト利用可能として表示しないという設定になっています。

    Picture2.png

    アクティブなフルテキストを非表示にする

    Almaでアクティブなフルテキストが非表示になっているコレクションのコンテンツが、CDIで引き続き利用可能として表示されるのはなぜですか?

    コンテンツは、Almaで非表示にしたコレクションに固有のものではない可能性があります。抑制されていない別のコレクションで同じコンテンツがアクティブな場合、CDIでは引き続き利用可能として表示されます。それがアクティブになっているすべてのコレクションで抑制されている場合にのみ、CDI結果リストで使用不可としてフラグが立てられます。

    フィルタリングされた検索とは何ですか?

    ほとんどのユーザーは、検索結果の中で、最初はユーザーが利用可能なアイテムのみをフルテキストで表示します。技術的には、結果は、利用可能であるとフラグが立てられたものによってフィルタリングされるため、フィルタリング検索と呼ばれています。ユーザーが図書館のコレクションを超えて拡張する オプションで、フルテキストのない他のレコードが表示されます。

    Picture3.png

    フィルタリングされた検索

    プロバイダーがExLibris検出システムとメタデータを共有していない場合でも、コレクションが「CDI検索の有効化に使用可能」とマークされているのはなぜですか?

    コレクションは、カバー率が80%以上で、コレクションがフルテキストのアクティベーションとは別に検索のためにアクティベートできる場合、CDI検索のアクティベートに使用可能 とマークされます。これは、これらのコレクションのコンテンツの少なくとも80%が、他のデータソースからのCDIで索引付けされていることを意味します。

    CDIを使用しても、プロバイダーから直接索引が作成されていないコレクションの代替カバレッジコレクションをアクティベートする必要がありますか?

    フルテキストがあるコレクションには使用できません。プロバイダーから直接索引が作成されていないフルテキストコレクションをアクティブにした場合、CDIは索引内の他のコレクションのメタデータを自動的に使用し、コンテンツは引き続き検索可能となります。さらに、代替カバレッジコレクションを見つけてアクティベートする必要はありません。フルテキストがないコンテンツを検索可能にしたい場合で、プロバイダーから直接そのコンテンツに索引を付けていない場合でも、代替カバレッジコレクションをアクティブにする必要があります。

    出版社から購読しているコレクションの中には、Almaで CDI検索の有効化に使用可能 のフラグが立っていないものがあります。これらのコレクションやこの発行元の他のコレクションが検出可能であることを確認するにはどうすればよいですか?

    すべてのフルテキストポートフォリオは、CDI検索の有効化に使用可能 フラグが設定されているコレクションから来ているかどうかに関わらず、自動的にCDIに公開されます。追加の検索有効化は必要ありません。CDI検索のアクティベートに使用可能 フラグが存在する場合、これはコレクションをディスカバリーのためにマークし、そのフルテキストをアクティブにすることができることを示しています。これは、ユーザーにまだ見つけてもらいたいフルテキストがないコンテンツがある場合に役立ちます。コレクションに対してこの検索を有効にした場合、そのコンテンツは、他のコレクションからフルテキストで入手できる場合を除き、Primoの拡張検索に表示され、その利用可能性はフルテキストは利用できませんと表示されます。

    CDIを有効にする前に、PCでコレクションをアクティベートしましたが、Almaではアクティベートしませんでした。有効化後になぜ このコレクションは、Almaで「CDIのフルテキストのみで有効」ステータスになっているのですか?

    有効化(Primo Central機関プロファイルからAlmaへのアクティベーションのコピー)のコンテキストでは、CDIのみのステータスでのフルテキストのアクティブは、AlmaでのCDI有効化の前に以下のすべてが当てはまるコレクションに適用されました:

    • コレクションは Primo Centralでアクティブでした。

    • コレクションは レコードリンキングタイプに リンク を持ちます。

    • コレクションはAlmaではアクティブではありませんでした。

    CDIのアクティベート後、これらのコレクションのCDIでのディスカバリ能力とそのフルテキストの利用可能性のステータスは、 PCでの状態と同じになりますが、これらのコレクションの書誌レコードは(データベースタイプのコレクションの場合)抑制され、サービス/ポートフォリオは(サービスおよびポ ートフォリオを持つコレクションの場合) アクティベートされていないため、これらのコレクションは Alma で「完全に」アクティベートされていないことになります。注:この設定は、有効化後にも適用できます。詳細については、CDIのフルテキストに対してのみ有効セクションを参照してください。

    これらのアクティベートはAlmaでそのまま維持できますが、これらのコレクションのいずれかを完全にアクティベートする場合は、次のことを考慮してください:

    1. 機関タブで、 CDIのフルテキストに対してのみ有効ステータス のコレクションを検索し、 CDIのみのフルテキスト有効化を削除するアクションを選択してステータス を解除し、Primoユーザーがそのフルテキストにアクセスできるようにします。ステータスが削除されると、コレクションに再び追加することはできません。

      CDI_SelectActionRemoveStatus.png

      ステータスを削除するアクションを選択
    2. コレクションの タイプデータベースに設定されている場合は、メタデータエディターでその書誌レコードを編集し、  ツール > 管理タグを設定 > ディスカバリから抑制オプションをクリアして抑制を解除します。

      CDI_MetadataEditor_ClearSuppressionFlag.png

      MDエディタのディスカバリオプションから抑制をクリア
    3. コレクションのタイプデータベース以外の場合は、コミュニティタブでコレクションを検索・編集し、電子コレクションエディタの追加タブを選択し、サービスセクションのアクティベートアクションですべてのポートフォリオをアクティベートするか、ポートフォリオリストアクションでポートフォリオのサブセットを選択してアクティベートするかを選択します。

      CDI_CollectionEditor_ServciesTab_ClearStatus.png

      フルテキストサービスとポートフォリオを有効にする

    CDIを有効にする前に、Almaでコレクションをアクティベートしました。アクティベーション後、Almaで2つのコレクションがアクティベーションされ、そのうちの1つが「CDIのフルテキストのみで有効」 というステータスになっているのはなぜですか?

      CDIが有効になる前にAlmaのコミュニティーゾーンでコレクション(CDIのコレクションに 類似)が有効になっていて、Primo CentralからAlmaへのマッピングで 見つからなかった場合、CDIが有効になった後もAlmaで有効なままになります。また、CDIの同様の コレクションがAlmaで有効化され、CDIのフルテキストに対してのみ有効 ステータスが与えられたのは、アルマでCDIが有効化される前に以下のことがすべて当てはまっているからです:

    • コレクションは Primo Centralでアクティブでした。

    • コレクションは  レコードリンキングタイプに リンクを持ちます。

    • コレクションはAlmaではアクティブではありませんでした。

    CDIを有効にすると、これらのコレクションを検出する機能と、CDIでのフルテキストのステータスステータスは、PCの場合と同じように機能しますが、 Almaには同様にアクティベートされた2つのコレクションがあります。

      アクティベーションはそのままにすることをお勧めします が、Almaで単一のコレクションを管理する場合は、次の手順を実行します:

      1. 有効にする前にアクティブだったコレクションにCDI検索のアクティベーションに利用可能指示と CZ_Active_Icon.png インジケータがあり、次を実行します:

        1. 機関タブで、有効化の前にアクティブだったコレクションを検索し、CDIでの検索のアクティベートアクションを選択します。

          Example3-1.png

          CDIで検索できるオリジナルコレクションをアクティベート
        2. 機関タブで、  CDI用のフルテキストのみ利用可能 ステータスを持つ類似コレクションを検索して  CZ_Gray_Icon.png インジケータ、および次の手順を実行します:

          1. CDIのみのフルテキスト有効化を削除する アクションを選択して、コレクションからステータスを削除します。ステータスが削除されると、コレクションに再び追加することはできません。

          2. 無効化アクションまたは削除アクションのいずれかを選択して、それぞれコレクションを無効化または削除します。

        3. これで、完了です。残りの手順をスキップします。

      2. アクティベートする前にアクティブだったコレクションにCDI検索の有効化に使用可能 の表示がなく、管理する必要のある管理情報(オーダーやライセンスなど)が関連付けられていない場合は、次の手順を実行します。それ以外の場合は、この手順をスキップして、両方のアクティベーションをAlmaのままにしてください。

        1. 機関タブで、有効化の前にアクティブだったコレクションを検索し、無効化アクションを選択します。

        2. 機関タブで、  CDI用のフルテキストのみ利用可能 ステータスを持つ類似コレクションを検索して  CZ_Gray_Icon.png インジケータをクリックして、次の手順を実行します:

          1. ステータスを削除し、Primoユーザーがそのフルテキストにアクセスできるようにするには、CDIのみのフルテキスト有効化を削除する  アクションを選択します。ステータスが削除されると、コレクションに再び追加することはできません。

          2. コレクションの タイプ が データベースに設定されている場合は、メタデータエディターでその書誌レコードを編集し、  ツール > 管理タグを設定 > ディスカバリから抑制 オプションをクリアして抑制を解除します。

          3. コレクションの タイプ が データベース以外の場合は、コミュニティタブでコレクションを検索・編集し、電子コレクションエディタの追加タブを選択し、サービスセクションの アクティベート アクションですべてのポートフォリオをアクティベートするか、 ポートフォリオリスト アクションでポートフォリオのサブセットを選択してアクティベートするかを選択します。

      CDIを有効にする前に、Almaでコレクションをアクティベートしました。アクティベーション後、Almaで2つの同様のコレクションがアクティベートされ、「CDIのフルテキストのみで有効」ステータスになっていないのはなぜですか? 

        CDIがアクティブになる前にAlmaでコレクション(CDIのコレクションに 類似)が構成され、 Primo CentralからAlmaへのマッピングで見つからなかった場合、CDIが有効になった後もAlmaでアクティブなままになります。また、CDIの同様のコレクション がAlmaでアクティベートされたものの、AlmaでCDIがアクティベートされる前に以下のすべてが当てはまっていたため、CDIのフルテキストのみで有効 が与えられませんでした。

      • コレクションは Primo Centralでアクティブでした。

      • コレクションはレコード リンキングタイプに リンク を持ちません

      • コレクションはAlmaではアクティブではありませんでした。

      CDIを有効にすると、これらのコレクションを検出する機能と、CDIでのフルテキストのステータスステータスは、PCの場合と同じように機能しますが、 Almaには同様にアクティベートされた2つのコレクションがあります。

        アクティベーションはそのままにすることをお勧めします が、Almaで単一のコレクションを管理する場合は、次の手順を実行します:

        1. 有効にする前にアクティブだったコレクションにCDI検索のアクティベーションに利用可能指示と CZ_Active_Icon.png インジケータがあり、次を実行します:

          1. 機関タブで、有効化の前にアクティブだったコレクションを検索し、CDIでの検索のアクティベートアクションを選択します。

            Example3-1.png

            CDIで検索できるオリジナルコレクションをアクティベート
          2. 機関タブで、 類似のコレクションを検索して  CZ_Gray_Icon.png インジケータをクリック し、無効化アクションまたは削除アクションのいずれかを選択して、それぞれコレクションを無効化または削除します。

          3. これで、完了です。残りの手順をスキップします。

        2. アクティベートする前にアクティブだったコレクションに CDI検索の有効化に使用可能 の表示がなく、管理する必要のある管理情報(オーダーやライセンスなど)が関連付けられていない場合は、次の手順を実行します。それ以外の場合は、この手順をスキップして、両方のアクティベーションをAlmaのままにしてください。

          1. 機関タブで、有効化の前にアクティブだったコレクションを検索し、無効化アクションを選択します。

          2. 機関タブで、 類似のコレクションを検索して  CZ_Gray_Icon.png インジケータをクリックして、次の手順を実行します:

            1. コレクションの タイプ が データベースに設定されている場合は、メタデータエディターでその書誌レコードを編集し、  ツール > 管理タグを設定 > ディスカバリから抑制 オプションをクリアして抑制を解除します。

            2. コレクションの タイプ が データベース以外の場合は、コミュニティタブでコレクションを検索・編集し、電子コレクションエディタの追加タブを選択し、サービスセクションの アクティベート アクションですべてのポートフォリオをアクティベートするか、 ポートフォリオリスト アクションでポートフォリオのサブセットを選択してアクティベートするかを選択します。

        ドキュメントではフルテキストが自動的に利用可能となっているのに、電子コレクションエディターのCDIタブに「CDI検索有効化ステータス」フィールドがあるのはなぜですか?

        CDI検索のアクティベーションステータスフィールドの設定に関わらず、CZのコレクションに対してアクティベートされたすべてのポートフォリオは、CDIで自動的に検索可能になります。コレクション内の非アクティブなポートフォリオは、コレクションの   CDI検索のアクティベーションステータスフィールドをアクティブにしない限り、Primoでは検索できません。  コレクション内のすべてのポートフォリオがAlmaですでにアクティブになっている場合、 このフィールドの設定またはクリアはPrimoでの検索結果には影響しません。

        CDI_ECE_CDI_Tab.png

        電子コレクションエディター - CDI検索のアクティベーションステータス

        CDIを有効にする前に、 Almaでフルテキストのローカルコレクションを作成しましたが、ポートフォリオはありませんでした。CDIを有効にした後、検索用にアクティベートされた同様のコレクションがAlmaにも表示されるのはなぜですか?

        CDIでコレクションを検索可能にする唯一の方法は、CZコレクションをアクティブにすることです。CDIがローカルコレクションを使用できなかったため 対応するレコードのコレクションを識別して見つけるために、CDI有効化プロセスは次のようになります:

        • あなたの ローカルコレクションを保持します。

        • CDIで検索できるように、CZで同じコレクションであることが判明したものをアクティベートしました。

        この場合、両方のコレクションをアクティブにしておく必要があります。

        CDIで重複した電子書籍レコードが表示されるのはなぜですか?

        電子書籍レコードは、次の条件が当てはまる場合にCDI結果に表示されます:

        • コレクションには、 Almaのフルテキストに対してポートフォリオが有効になっています(コレクションの検索有効化ステータス に関わらず)。これは、すべてのフルテキストポートフォリオがCDIに公開されているためです(書誌レコードがローカルのPrimo索引に公開されているため重複しています)。PrimoCentralと同様に、ローカル索引とセントラル索引の間で見つかった重複は統合されません。

        • 電子書籍コレクションは検索に対応しています。これは通常、同じコレクションがPrimoCentralで既にアクティブで(電子書籍レコードがPrimoCentralの検索結果にすでに表示されている)、アクティベート中にAlmaでもアクティベートされた場合に当てはまります。Almaコレクションのいずれかにアクティブなポートフォリオがない限り、レコードは「フルテキスト利用不可」で拡張検索にのみ表示されます。

        PrimoCentralでは、検索結果に表示されないようにするために、検索用の書籍コレクションを非アクティベートするだけで問題ありません。

        すべてのフルテキストポートフォリオは自動的にCDIに公開され、検索可能な状態となっているため、CDIの場合とは少し異なる仕組みになっています。このような場合の重複を防ぐには、次のいずれかのオプションのみを選択してください。

        • オプション1:このような場合に重複を防ぐためには、Almaの電子コレクションエディタページのCDIタブにある」Almaでアクティブでもフルテキスト利用可能として表示しない」 オプションを選択して、Almaの電子初期レコードがCDIに公開されないようにする必要があります。 

          その結果、CDI電子書籍レコードはこのコレクションについて次のように記録します:

          • フィルタリングされた検索に含まれず、 
          • CDI拡張検索でフルテキスト利用不可(コレクションがCDIでの検索に対してアクティブな場合)、または 
          • 拡張検索にはまったく含まれません(コレクションがCDIでの検索に対してアクティブでない場合)。 

          この設定は、ローカルの書誌レコードには影響しません。それらは引き続きローカルのPrimo索引に公開されるため、以前と同様に検出できます。

           

          • 同じコンテンツがAlmaの複数のコレクションで利用可能でアクティブであるものの、1つのコレクションでのみ抑制されている場合、コンテンツは抑制されず、それらの電子書籍のCDIレコードはCDIで利用可能と表示されます。 

          • AlmaでアクティブであってもCDIで利用可能なフルテキストとして表示しない オプションを使用することの欠点は、CDIでそれらの電子書籍に索引を付けた書籍の章が検索結果に表示されなくなることです。

        • オプション2:混合スコープを検索する場合は、CDIの結果から電子書籍を除外し、ローカル目録から 電子書籍を表示します。

          • Primoの場合、ビューのビュープロパティマッピングテーブル(Primoホーム > [一般] > [マッピングテーブル])で  excludeCdiEbooks パラメーターを作成して true に設定します。詳細については、「ビュープロパティの構成」を参照してください。

          • Primo VEの場合、[カスタム検索プロファイルの定義]ページ([設定メニュー] > [ディスカバリー] > [検索設定] > [検索プロファイル])で、CDI 検索範囲 (中央索引など)を含む各検索プロファイルで  [CDI電子書籍を除外する] オプションを選択します。詳細については、「Primo VEの検索プロファイルの設定」を参照してください。

          Rapidoも使用している場合は、オプション2 は使用しないでください。

        • Was this article helpful?