Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    ネットワークゾーンでのフルフィルメント情報設定

    Translatable
    ネットワークゾーンでフルフィルメント情報を設定するには、テーブルの設定に該当する役職権限が必要です。
    ネットワークゾーン内の次のリソース共有テーブルのエントリを管理できます。これらのエントリーは、リソース共有メンバー構成の配信 ジョブによって、すべてのメンバー機関に配信されます。
    さらに、 フルフィルメントネットワーク設定の変更をメンバーに配布するジョブを使用して、ネットワークゾーンから以下を管理し、メンバー機関に配布できます。このジョブを設定するには、フルフィルメントジョブの設定を参照してください。
    • アイテムポリシー - 「アイテムポリシーの設定」を参照してください
    • 利用規約 - 「利用規約の設定」を参照してください
    • ディスカバリーインターフェイスディスプレーロジックルール - 「ディスカバリーインターフェイスディスプレーロジック」を参照してください。配分時の機関ルールの無効化と削除は、network_display_logic_distribution_members_behaviorパラメータによって制御されます。ネットワークゾーンは、機関とネットワークのどちらのルールが優先されるかを決定するためにnetwork_display_logic_rules_precedenceパラメータを確認することもできます。このパラメーターは、ルールが実行される実行順序(NZ/IZ)を制御しますが、有効なルールと無効なルールは制御しません。パラメータがfalseに設定されている場合、IZルールが最初に計算されますが、NZルールはその後も実行されます。両方のパラメータの詳細については、「その他の設定」を参照してください。
      ディスプレーロジックルールが、メンバー機関に存在しないユーザーグループがあるネットワークゾーンから配分される場合、そのユーザーグループはルール内で空欄になります。そのルールは、ユーザーグループのないユーザーにのみ影響します。
    • フルフィルメントユニット - 「フルフィルメントユニットの設定」を参照してください
    • 一般電子サービス - 「一般電子サービスの設定」を参照してください。一般的な電子サービスが配分されている場合は、ローカルリストは、顧客パラメータ、network_ges_distribution_members_behaviorにおける設定に応じて、配分したレコードのみか、配分したレコードと前のローカル一般電子サービスレコードの両方を表示します。このパラメータは、ネットワークゾーンのレコードが配分されるときにメンバーのレコードで行われる処理を制御します。有効な値は、[削除]、[無効化]、[なし]です。削除を選択すると、すべてのローカルレコードが削除されます。無効化を選択すると、ローカルレコードを保持しますが、それらを無効化します。なしを選択すると、以前のすべてのレコードを残し、配分前の状態になります。
      サービスがすでにメンバー機関にあるサービスと同じ名前でネットワークゾーンから配分される場合、両方のサービスが存在します。元のサービスを非表示にするディスプレーロジックルールが存在する場合、両方のサービスが非表示になります。
    他のフルフィルメントテーブルもネットワークゾーンで管理できます。「ネットワークゾーンの設定の一元管理」を参照してください。
    共有エントリには、該当するテーブルに緑色のチェックマークが付いているか、「ネットワーク」スコープがあります。ローカル機関でそのままエントリを使用できます。該当する場合、エントリのローカルコピーを作成し、要件に応じてそれを変更するために、該当するページ上のローカルエントリで行アクションリストから[重複]を選択することができます。
    これらのジョブを実行するには、[フルフィルメント] > [アドバンスツール] > [リソース共有ネットワーク設定の配分]および[フルフィルメント] > [アドバンスツール] > [フルフィルメントネットワーク設定の配分]を選択します。確認ダイアログボックスで確認を選択します。(フルフィルメントネットワーク設定の変更をメンバーに配布ジョブを実行後に、distribute_fulfill_changes_last_runは実行日にセットされ、その他の設定を参照してください。)。
    • Was this article helpful?