Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    貸与の設定

    翻訳可能

    ブロックプレファレンスの設定

    ブロックプレファレンスを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    延滞および紛失貸出プロファイルビデオを視聴してください。
    ブロックプレファレンスでは、アイテムまたはユーザーのステータスに基づいて、機関内の貸出・返却受付でさまざまなシナリオを処理する方法を制御できます。ユーザーのブロックの詳細については、ユーザーのブロックとブロック解除を参照してください。アイテムがブロックされると、そのアイテムはユーザーに貸与できません。機関からのリクエストの作成を参照してください。貸与リコールリクエストのポリシーの詳細については、こちらを参照してください。
    典型的なシナリオは次のとおりです。
    ユーザーが本を貸出・返却受付に持ってきて、その本を借りようとします。貸出・返却受付のオペレータが本のIDをシステムに入力すると、本が別のユーザーからリクエストされたことがわかり、ユーザーが本を取寄せることができなくなります。ブロックプレファレンスとスタッフメンバーの権限に応じて、ブロックが上書きされる場合があります。
    機関で定義されているブロックプレファレンスは、[ブロックプレファレンス]ページ([設定メニュー] > [フルフィルメント] > [物的フルフィルメント] > [ブロックプレファレンス])に表示されます。
    Block Preferences.png
    ブロックプレファレンスページ
    • ブロックプレファレンスは、機関レベルでのみ設定できます。フルフィルメント設定ページの設定フィルタから必要な機関を選択します。
    • 更新不可-アイテムにリクエストがありますエントリは、更新されたアイテムにタイトルレベルのリクエストがある場合のシステムの動作を示します。更新中の貸与アイテムにタイトルレベルのリクエストが存在する場合、リクエストの更新を許可するには、自動処理を選択します。他のオプションを選択して、更新中の貸与アイテムに対するタイトルレベルのリクエストが存在する場合に、貸与更新を拒否します。また、このパラメータは、貸出リソースシェアリクエストのために配送された資料を更新しようとするとき(リソースシェアリクエスト更新を使用)、システムリソースをタイトルレベルでリクエストするときのシステムの動作を制御します。自動処理を選択した場合、更新リクエストは自動的に受け入れられ、リソースに対するタイトルレベルのリクエストがあったとしても、配送された資料はリクエストされた新しい期日に自動的に更新されます。他のオプションいずれかを選択して、更新リクエストを拒否します。
    • アイテムをユーザーに貸すことはできません - 期日が不十分ブロックは、期日が返却できないためにアイテムを貸すことができないことを示します。たとえば、このブロックは、アイテムの期日が過去の場合、またはアイテムの明日が期日であるが、アイテムの配送を3日間完了できない場合に表示されます。
    ブロックプレファレンスのリストは事前定義されています。ブロックプレファレンスを追加または削除することはできませんが、ブロックプレファレンスの設定を変更することはできます。 設定するプレファランスは機関内のすべての図書館に適用されます。

    ブロックプレファレンスの編集

    変更可能な詳細については、、ワークベンチプレファレンスページの次のフィールドで設定されます。
     アクション - 特定のシナリオで実行するグローバルアクションを定義します
    • ハンドラアクションフィールドが自動処理または上書きオプションのいずれかに設定されている場合に自動的に実行するアクションを定義します
      ハンドラは、アクションに対して選択するオプションが複数ある場合にのみ編集できます。
    • ブロック – ブロックする取引のタイプを定義します(貸与更新、または両方
    実行可能なアクションは次のとおりです。
    • ブロック - アイテムはブロックされ、ユーザーはアイテムを借りることができません。
    • マネージャによる上書き – アイテムのブロックは、現在の貸出・返却受付で貸出・返却受付マネージャの役職を持つスタッフメンバーのみが上書きできます。
    • オペレータによる上書き - アイテム上のブロックは、現在の貸出・返却受付で貸出・返却受付マネージャまたは貸出・返却受付オペレータの役職を持つスタッフメンバーが上書きできます。
    • すべてによる上書き - アイテムのブロックは、現在の貸出・返却受付での貸出・返却受付マネージャ、貸出・返却受付オペレータ、または貸出・返却受付オペレータ - 限定役職のいずれかのスタッフが上書きできます。
    • 他の機関での上書き - このオプションは、フルフィルメントネットワークのメンバーが、メンバーのアイテムが他のメンバー機関の貸出・返却受付で貸与されているときにブロックが発生した場合に、他の機関のスタッフがブロックを上書きできるかを設定するために使用できます。
    • 自動処理 - 特定のアクションはAlmaによって実行されます。これらのアクションはハンドラフィールドで指定され、Ex Librisによって事前定義されています。ハンドラオプションは、自動処理オプションまたは上書きオプションのいずれかを選択した場合にのみ設定できます。
    • ブロックプレファレンスアイテム受入部署によって受領されていません予約リクエストが入っているためアイテムは貸与できませんアイテムはユーザーに貸与できません - 期日不足リソースシェアリクエストの更新はリソースシェア図書館が行う必要がありますアイテムはこの機関には属していませんは、上書きできない唯一のアクション(ブロック)を含みます。
    • ブロックプレファレンス更新不可-アイテムにはリクエストがありますは、[貸与リコールマッピングテーブル]ページでPATRON_PHYSICAL = はいの場合にのみ関連します(貸与リコールリクエストの設定を参照)。
    • 外部ユーザーとジョブする場合、ブロックプレファレンスユーザーは期限切れですは、外部システムでユーザーが期限切れになったことを示し、ブロックプレファレンスユーザーはアクティブではありませんは、外部システムでユーザーがアクティブでないことを示します。
    • この貸出・返却受付からアイテムを貸与できませんこの貸出・返却受付ではアイテムを返却できません更新できません - アイテムにリクエストがありますを選択すると、ハンドラオプションは自動処理が選択された場合利用できません。これらの場合、Almaはブロックを無視し、アイテムは貸し出し可能となります。
    • アイテムは更新不可設定の上書きアクションを選択すると、ユーザーサービスの管理貸与タブのアクションボタンにある更新オプションの警告ボックスに上書きボタンが表示されます。これは選択の更新ボタンまたはすべて更新ボタンには影響しません。
    ブロックプレファレンスの説明は次のとおりです。
    ブロック名 説明 実行可能なアクション ハンドラ
    通常の返却期日と予約リクエストが競合しています 通常の期日(例えば、TOUが決定する)が既存の予約リクエストの開始と競合する場合、チェックアウトはブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    期日を可能な最後の日付まで短縮する
    更新期日と予約リクエストとが競合しています 既存の貸与の更新は、通常の更新期日(TOUによって決定されるなど)が既存の予約リクエストの開始と競合する場合にブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    期日を可能な最後の日付まで短縮する
    アイテムは貸与不可 フルフィルメント設定により、アイテムのチェックアウトはブロックされます。適用される利用規約には、Falseの貸与可ポリシーが含まれています。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    アイテムは更新できません フルフィルメント設定の結果、貸与の更新がブロックされます。適用される利用規約には、値がFalseの更新可能なポリシーが含まれています。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    アイテムはユーザーに貸与できません - 期日不足   ブロック  
    アイテムはリーディングルーム受付からのみ貸与されます アイテムの[貸与可]ポリシーの値が[リーディングルームのみ]で、リーディングルームの受付として定義されていない貸出・返却受付から貸与が試行された場合、チェックアウトはブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    アイテムはこの機関に属していません   ブロック  
    アイテムはこのユーザーのために取り置き棚に置かれています アイテムが取り置き棚にある場合、アイテムのチェックアウトはブロックされます。
    これは自動処理に設定する必要があります。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    リクエストを削除してアイテムを貸与します
    アイテムは別のユーザーの取寄せリクエストにバインドされています アイテムのチェックアウトは、リソース共有を介して別のユーザーによってすでにリクエストされているため、ブロックされています 。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    予約リクエストが入っているためアイテムは貸与できません   ブロック  
    受入部署がアイテムを受領していません   ブロック  
    アイテムは別のユーザーからリクエストされています 別のユーザーによるアイテムのアクティブなリクエストがある場合、ユーザーへのアイテムのチェックアウトはブロックされます。リクエストがアクティブでない場合、ブロックは効果がありません。 
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    アイテムが使用できなくなったため、リクエストを再開します。
    アイテムは図書館からリクエストされています 図書館内部のプロセスで要求されたアイテムのチェックアウトはブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    アイテムが利用できなくなったため、リクエストを再開します
    アイテム更新期間超過 フルフィルメント設定の結果、貸与の更新がブロックされます。適用される利用規約には、この貸与が達した最長更新期間ポリシーの値が含まれています。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    この貸出・返却受付からアイテムを貸与できません
    • 貸出・返却受付はそのロケーションのチェックアウトサービスを提供していないため、アイテムの現在のロケーションの貸出・返却受付からのアイテムの貸し出しをブロックします。
    • アイテムの現在のロケーションの図書館との貸出・返却関係を持たない図書館の貸出・返却受付からのアイテムの貸し出しをブロックします。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
     

    この貸出・返却受付ではアイテムを返却できません。

     

    • 貸出・返却受付はそのロケーションのチェックインサービスを提供しないため、アイテムの現在のロケーションの貸出・返却受付でのアイテムの返却をブロックします。
    • アイテムの現在のロケーションの図書館と貸出・返却関係を持たない図書館の貸出・返却受付でアイテムの返却をブロックします。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
     
    最近、同じタイトルのアイテムがこのユーザーに貸し出されました
    フルフィルメント設定の結果、再貸与がブロックされます。適用される利用規約には、値がOtherのの再貸与制限ポリシーが含まれています。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    同じタイトルのアイテムはすでにこのユーザーに貸し出されています
    フルフィルメント設定の結果、アイテムの貸与がブロックされます。適用される利用規約には、値がOtherの再貸与制限ポリシーが含まれています。

     

     

    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    貸与は貸与ステータスのため更新できません 貸与ステータスが紛失、返却された、リコールの場合、貸与の更新はブロックされます。紛失したアイテムのブロックは上書きできないことに注意してください。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    アイテムは他のユーザーのために取り置き棚に置かれています 別のユーザーの取り置き棚に現在あるアイテムのチェックアウトはブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    アイテムが利用できなくなったため、リクエストを再開します
    アイテムは、他のユーザー用に期限切れの取り置き棚にあります。 現在、別のユーザーの取り置き棚にあるアイテムについては、有効期限が切れても、チェックアウトがブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    期限切れのリクエストをキャンセルして貸し出しを有効にする
    同じタイトルのアイテムがすでにこのユーザーに貸し出されています。並行貸出は禁止されています。 フルフィルメント設定の結果、アイテムの貸与がブロックされます。適用される利用規約には、値がParallelの再貸与制限ポリシーが含まれています。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    アイテムが利用できなくなったため、リクエストをキャンセルします
    貸し手ポリシーは更新をサポートしていません 貸し手のポリシーでは更新が許可されていないため、リソースシェア貸出は更新できません。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    ユーザー現金限度超過 現在の請求金額がそのユーザーグループの許容限度を超えるユーザーに対してアイテムの貸与および/または更新がブロックされます([ユーザー]タブで設定)。[ブロック]列からブロックするアクション(貸与、更新、または両方)を選択します。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    ユーザーカードが期限切れです 期限切れのユーザーレコードを持つユーザーのアイテムの貸し出しはブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    ユーザーはアクティブではありません 非アクティブなユーザーレコードを持つユーザーに対するアイテムの貸し出しはブロックされます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    ユーザー貸与限度超過 そのユーザーグループで許可されている数を超える貸与を現在持つユーザーに対するアイテムの貸与はブロックされます([ユーザー]タブで設定)。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    ユーザー延滞限度超過 そのユーザーグループで許可されている延滞を超える貸与を持つユーザーに対するアイテムの貸与および/または更新はブロックされます([ユーザー]タブで設定)。[ブロック]列からブロックするアクション(貸与、更新、または両方)を選択します。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    ユーザー延滞リコール限度超過 そのユーザーグループで許可されている延滞リコールを超える貸与を持つユーザーに対するアイテムの貸与および/または更新はブロックされます([ユーザー]タブで設定)。[ブロック]列からブロックするアクション(貸与、更新、または両方)を選択します。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    更新不可 - アイテムがリクエストされています リコールされたアイテムの追加コピーの更新をブロックします。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
     
    アイテムは現在他のユーザーに貸与中です。  
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    アイテムと貸与を新しいユーザーに返却します
    リソースシェアリクエストの更新はリソースシェア図書館が行う必要があります   ブロック  
    リソースシェアオペレータがアイテムを受領していません  
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
    • 自動的に処理する
    自動リソースシェア受領を実行します
    貸出更新が許可される時間枠 更新はブロックされています。「貸出の更新が許可される時間枠」ポリシーでは、期日が近い場合にのみ更新が許可されます。
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
    ユーザーの役職がないか、役職の有効期限が切れています  
    • ブロック
    • すべてによる上書き
    • マネージャによる上書き
    • オペレータによる上書き
     
     リクエストはAlmaではブロックされないことに注意してください。 この背後にある理論的解釈 は、ユーザーがリクエストすることを許可することですが、ユーザーがアイテムを取りに来る際には、リクエストされたアイテムを受け取るために、事前に彼らのブロック理由を 支払う、返却する、解決することを強制することです。ただし、手動でブロックを作成することにより、リクエストにブロックを作成できます。 ブロックを手動で設定する場合、ブロックするアクションを選択します。
    [ブロックプレファレンス] ページには、次の同様の設定が含まれています。
    • 貸与ステータスが原因で貸与を更新できません - アイテムのステータスが紛失返却されたリコールの場合に使用されます。
    • 更新不可-アイテムにリクエストがある - アイテムの複数のコピーがチェックアウトされ、リコールリクエストがアイテム1つのみをリコールする場合、リコールされていない他のアイテムは更新できません。
    ブロックプレファレンスの詳細を編集する場合:
    1. [ブロック プレファレンス]ページ([設定メニュー] > [フルフィルメント] > [冊子フルフィルメント] > [ブロックプレファレンス])で、編集するブロックプレファレンスを見つけます。
    2. アクション列で、必要に応じて別のアクションを選択します。使用可能なアクションのリストは事前定義されており、シナリオごとに異なります。多くのシナリオには1つのアクションブロックしかありません。
    3. ハンドラ列で、必要に応じて別のハンドラを選択します。使用可能なハンドラのリストは事前に定義されており、シナリオごとに異なります。すべてのシナリオにハンドラオプションがあるわけではないことに注意してください。ハンドラが表示されるのは、自動処理アクションまたは上書きアクションのいずれかが選択されている場合のみです。
    4. ブロック列で、ブロックする取引のタイプ(貸与更新、または両方)を選択します。多くのシナリオではこのオプションが許可されておらず、ブロックは貸与と更新の両方に適用されることに注意してください。
    5. 保存を選択して、変更したブロックプレファレンスをシステムに保存します。

    自動貸与更新ルールの設定

    自動貸与更新ルールを設定するのは、次のいずれかの役割でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    自動貸与更新ルールは、通知 - 臨時通知の送信と貸与更新の取り扱いジョブによってアイテムが更新される条件を定義します。また、パラメータauto_renew_loan_daysその他の設定を参照)も参照してください。このパラメータは、自動更新試行がトリガーされる貸与の期限までの日数を設定します。
    通知 - 臨時通知の送信と貸与更新の取り扱いジョブは、定義された自動更新ルールに従って貸与を更新することを試みます。貸与が正常に更新されるかは、使用条件や既存のリコールなどの追加条件によります。
    ルールで更新が許可されている場合でも、次のような状況では更新が妨げられる可能性があります: 
    • ユーザーの役職がないか、役職の有効期限が切れている。
    • ユーザーレコードが更新日より前に期限切れになる。
    • 返却期日日がすでに更新された返却期日日に設定されている。
    • ユーザーが匿名化されている。
    • ユーザーカードが期限切れである。
    • ユーザーが延滞のリコールの制限を超えた。
    • ユーザーが現金の限度を超えた。
    • アイテムが更新できない。
    • アイテムに更新を妨げるステータスがある。
    • アイテムの更新期間を超過した。
    • 更新リクエストが予約リクエストに重なっているため、期日が短くなる。
    • 予約リクエストが入っているためアイテムは貸与できない。
    • アイテムリクエストにより、アイテムを更新できない。
    • 自動更新ルールは偽に設定されている。
    • 一般的なエラーにより、更新が失敗した。
    保留中のリクエストのために更新されない貸与は、図書館ポリシーおよびユーザーのステータスにより更新が許可されている場合、ブロックリクエストがキャンセルまたは別のアイテムによってフルフィルメントされると自動的に更新されます。リソースシェアの取寄せリクエストの結果である貸与は、このジョブを使用して更新できません。
    貸与がこのジョブで処理されたが、上記の他の理由のいずれかにより更新が妨げられた場合、期日が変更されない限り、通知 - 臨時通知の送信と貸与更新の取り扱いジョブの将来のインスタンスには含まれません。
    詳細については、通知 - 臨時通知の送信と貸与更新の取り扱いを参照してください。
    自動貸与更新ルールは、[自動貸与更新ルール]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [冊子フルフィルメント]> [自動貸与更新ルール])から設定します。
    Auto-Renew Rules.png
    自動貸与更新ルールページ
    通過時間ルールは、機関レベルでのみ設定できます。フルフィルメント設定ページの設定フィルタから必要な機関を選択します。
    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • 自動貸与更新ルールを追加します (下記の自動貸与更新ルールの追加を参照)
    • 自動貸与更新ルールを編集します(行アクションリストから編集 を選択)。
    • 貸与更新ルールを有効 または無効 にする
    • 自動貸与更新ルールの重複 (行アクションから重複を選択し、関連するフィールドを変更)
    • 自動貸与更新ルール を削除する(行アクションリストから削除を選択)。
      デフォルトの自動貸与更新ルールを削除または無効にすることはできません。

    自動貸与更新ルールの追加

    機関に新しい自動貸与更新ルール定義を追加できます。これらは、機関内のすべての図書館に適用されます。
    または、行のアクションリストで重複を選択して既存のルールを重複し、編集します(行アクションから編集 を選択)。
    新しい自動貸与更新ルールを追加するには:
    1. [自動貸与更新ルール]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [冊子フルフィルメント]> [自動貸与更新ルール])で、ルールの追加を選択します。自動貸与更新ルール を編集するページが表示されます。

      Auto-Renew Rule Initial.png
       
    2. 新しいルールの名前(必須)と説明(オプション)を入力します。
    3. 入力パラメータセクションで、パラメータの追加 を選択します。パラメータ設定用のボックスが表示されます。
    4. 名前の下で、このルールを適用するために満たす必要がある条件を指定する入力パラメーターのカテゴリの 1 つを選択します。入力パラメータのカテゴリごとに作成できる条件セットは 1 つだけですが、パラメータごとに多数の値を含めることができます。たとえば、ロケーションパラメータの場合、様々な図書館で複数の場所を選択したり、あるいは、法律図書館と美術図書館以外のすべての場所を含めることを選択したりできます。

      次のパラメータ カテゴリを使用できます:
      • 図書館 - アイテムを所有する図書館
      • ロケーション -  アジア コレクションやマルチメディア センターなど、図書館内のアイテムの位置
      • ユーザー・グループ  -  貸出中のアイテムを持っているユーザーのユーザー グループ
      • ユーザー統計カテゴリ  -  ユーザーに関連付けられている統計カテゴリ ( ユーザーの管理を参照)
         
    5.  オペレーター の下で、適切なオペレーターを選択します。(パラメータに複数の値を選択する場合は、 InList または NotInList  を選択します。 )  
    6. もしフィールドが表示されたら、満たす必要がある条件を定義するパラメーターの値を選択します。 

      自動更新 Param.png を追加
    7.  [パラメータの 追加]を選択します。パラメータがアクセス権ルールのパラメータのリストに追加されます。
    8. ルールに入力パラメーターを追加するには、入力パラメーター セクションでパラメーターの追加を選択し、前の手順を繰り返します。完了すると、1 ~ 4 個のパラメーターのセットが作成されます。 入力パラメータのセットは次のようになります。アイテムの所有者 = アート図書館。ユーザーグループ = 大学院生。この場合、自動更新ルールは、大学院生に貸与されている美術図書館のアイテムにのみ適用されます。
      ルールを適用するには、すべての入力パラメータが満たされている必要があります。そうでない場合、デフォルトのルールが適用されます。
    9. 出力パラメーターで自動更新を実装するか (True)、実装しないか (False) を選択します。

      Auto-Renew Rule Editor.png
    10. 保存を選択します。
    11. 複数のルールを定義した場合は、[自動貸与更新ルール]ページで、上に移動および下に移動矢印を使用してルールのオーダーを設定します。ルールの順序は、システムが妥当で有効な最初の(しかも、最初のみ)ルールを適用するという点で、関連性があります。適切なルールが見つからない場合、システムはデフォルトのルールを使用します。

    延滞および紛失 貸与プロファイル

    延滞および紛失した貸与プロファイルを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者

    この構成は機関に適用できます!

    延滞および紛失した貸与のプロファイルは、長期延滞貸与をモニタし、該当する場合にそれらを紛失貸与に変換します。このプロファイルは、ユーザーにプログレッシブリマインダーを送信し、手数料とユーザーブロックを作成します。プロファイルのセットアップにより、貸与のタイプと貸与の延滞時間に基づいてルールを柔軟に適用できます。通知は、プロファイル内で最大5つの異なるレターを簡単に作成できるように設定できます。罰金を作成するようにプロファイルが設定されている場合、罰金の額はプロファイルタイプと適用される利用規約ポリシーによって設定されます。
    プロファイルは、次のオプションの1つ以上で設定できます。
    • 実行は、期日または特定のステータスの変更後の日数に基づいています。
    • 貸与は、特定のステータス、資料、またはロケーションのタイプによって選択できます。
    • 送信される通知は、レター送信フォーマットによって決定されます。
    • デフォルトでは最大5つの通知タイプを送信できますが、必要に応じてさらに多くの通知タイプを作成できます。
    延滞貸与および紛失貸与のユースケースおよび設定オプションの詳細については、紛失および延滞貸与に関するAlma Mattersセッションを参照してください。
    Almaに応じて基準を設定できます。
    • 延滞貸与があることをユーザーに警告
    • 延滞の貸与を紛失としてマーク
    プロファイルを使用して、これらの基準とそれに関連するアクションを設定します。Almaは毎日のジョブ(貸与 - 延滞と紛失アイテム)を実行して、延滞および紛失した貸与を処理します。これは、プロファイルのリストに従って、警告が送信される貸与と紛失として定義される貸与を決定します。
    送信されるレターは、switch_to_overdue_and_lost_loan_new_job パラメータの設定によって異なります。true に設定する場合、送信される通知は、Ful延滞および紛失貸与通知レターです。この場合、 基準が特定のプロファイルに一致するすべての延滞アイテムについて、各ユーザーに単一の通知が送信され、そのプロファイル内のすべての延滞アイテムがリストされます。例:
    • 通知プロファイル1は、3日延滞のすべてのアイテムについて通知メッセージを送信します。
    • 通知プロファイル2は、5日延滞のすべてのアイテムについて通知メッセージを送信します。
    貸与 - 延滞と紛失アイテムジョブが毎日実行される場合、通知は3日後 に送信され、5日後に再度送信されます(プロファイルに一致させるごとに1回)。
    switch_to_overdue_and_lost_loan_new_job  顧客パラメーターが false に設定されている場合、送信される通知は Ful Lost Loan Letter であり、延滞アイテムごとに個別のレターが送信されます。 
    さらに、ユーザーブロックを適用するには、switch_to_overdue_and_lost_loan_new_job  顧客パラメータを true に設定する必要があります。詳細については、その他の設定を参照してください。
    これらのレターを設定するには、通知タイプごとにXSLでIF文を使用する必要がある場合があります。詳細については、レターのカスタマイズの例:取寄せアクティビティレターを参照してください。
    延滞および紛失した貸与のプロファイルは、[延滞および紛失した貸与のプロファイルリスト]ページ([設定メニュー]>[フルフィルメント]>[冊子フルフィルメント]>[延滞および紛失した貸与のプロファイル])で設定します。
    Overdue and Lost Loan Profile List Page New UI.png
    延滞および紛失した貸与のプロファイルリストページ
    延滞および紛失した貸与のプロファイルは、機関レベルでのみ設定できます。
    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • 延滞および紛失した貸与プロファイルの追加(延滞および紛失した貸与プロファイルの追加を参照)。
    • 延滞および紛失した貸与通知プロファイルの追加(延滞および紛失した貸与通知の追加を参照)。
    • プロファイルの編集(行アクションリストから編集を選択)。
    • プロファイルの重複(行アクションリストから重複を選択し、関連するフィールドを変更)。
    • プロファイルの削除(行アクションリストから削除を選択)。
    • プロファイルを実行し(行アクションリストから今すぐ実行を選択)、延滞または紛失した貸与通知をオンデマンドで作成する。
    • ステータスアップデートの実行(アクションリストからステータスのアップデートを選択)。このプロセスは、通知を送信せずに、手数料やブロックを適用せずにプロファイルを実行します。これは、Almaへの移行中、または新しい延滞および紛失した貸与プロファイルのステップを追加する場合に使用されます。ステータスのアップデートでは、貸与が紛失とマークされることはありません。通知が別のシステムから送信された移行の場合、影響を受ける貸与は、ジョブが再度実行されたときに同じ通知を再度取得できないようにマークされます。たとえば、3日延滞の貸与に通知を送信する新しいルールを作成すると、新しいプロファイルは、30日延滞の貸与を含む、すでに3日以上延滞しているすべての貸与が含まれます。それを防ぎ、プロファイルが作成されてから3日延滞した貸与についてのみプロファイルが通知を送信するようにするには、新しいプロファイルを定義するときにこのオプションを使用します。( 延滞貸与通知ステータスアップデート を参照。)
    • 延滞および紛失した貸与プロファイルを有効または無効にします。

    延滞や紛失貸与の通知を追加

    延滞および紛失した貸与警告プロファイルを機関に追加できます。これらのプロファイルは、システムが貸与の延滞警告を送信する基準を決定します。警告は貸与状態に影響しません。これらは貸与が紛失したとみなされる日数をユーザーに通知します。通知タイプごとに1つの延滞または紛失したアイテムの通知を、ユーザーに送信して、ユーザーの延滞または紛失した貸与をすべてリスト表示できます。
    5タイプの通知とそれに対応するレターを設定できます。通知タイプを設定したら、これらの通知タイプをトリガーするプロファイルを設定します。
    延滞および紛失した貸与通知タイプの罰金を設定する場合:
    1. [利用規約の管理]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [冊子フルフィルメント]> [利用規約とポリシー])で、利用規約タイプ = 貸与でフィルタ処理します。
    2. 関連する利用規約の行アクションリストから編集を選択します。利用規約の詳細ページが表示されます。
    3. ページの下部で関連する延滞通知の詳細タイプのエントリを見つけ、行アクションリストからポリシーの追加を選択します。[ポリシーの詳細]ページが表示されます。
    4. 関連するフィールドに名前を入力し、値のタイプ = その他であることを確認します。
    5. 保存を選択します。このポリシーは、利用規約の詳細ページの通知罰金タイプに追加されます。
      さらに、ユーザー識別子アイテムバーコードを入力すると、設定された利用規約がフルフィルメント設定ユーティリティページ([フルフィルメント]>[アドバンスツール]>[フルフィルメント設定ユーティリティ])に表示されます。
      延滞通知罰金タイプ1で設定されたプロファイルがトリガーされると、延滞通知罰金タイプ1に設定された金額が課金されます。同じことが他の罰金タイプにも当てはまります。
      ユーザーに送信される延滞および紛失貸与通知レター の設定の詳細については、レターラベルの設定を参照してください。フィールドadditional_info_*_type1inform_you_item_below_type1、およびcharging_with_fines_fees_type1を変更して、延滞の通知タイプ1などを変更します。
    追加要素(たとえば、additional_info_1_type1からadditional_info_1_type5)をフル延滞および紛失貸与通知に表示するためには、通知XSLもカスタマイズする必要があります。このレターに固有の詳細情報については、以下の延滞および紛失貸与通知レターXSLに関する考慮事項を参照してください。一般的なレターのカスタマイズでのXSLの使用については、レターXSLスタイルシートのカスタマイズを参照してください。 

    延滞および紛失した貸与プロファイルの追加

    延滞および紛失した貸与プロファイルを機関に追加できます。このプロファイルは、貸与が紛失したとみなされる基準を決定します。これらの貸与の場合、Almaはステータスを紛失に変更し、関連する罰金および手数料を作成し、取寄せユーザーに請求書(交換手数料)を送信します。
    延滞および紛失した貸与プロファイルを追加する場合:
    1. [延滞および紛失した貸与のプロファイルリスト]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [冊子フルフィルメント]> [延滞および紛失した貸与のプロファイル])で、延滞および紛失した貸与のプロファイルを追加を選択します。延滞および紛失した貸与プロファイルレコードページが表示されます。
      既存の延滞および紛失した貸与プロファイルのコピーを作成する場合は、行アクションリストから重複を選択します。プロファイルをコピーしたら、必要に応じて変更できます。
      Overdue and Lost Loan Profile Page New UI.png
      延滞および紛失貸与プロファイルレコードページ
    2. プロファイル名とプロファイルの説明(必要な場合)を入力し、延滞の貸与を紛失貸与とみなす基準を指定します。特定のステータス、ユーザーグループ、図書館、ロケーション、アイテムポリシー、および/または資料タイプを選択しない場合、プロファイルは上記のすべてに適用されることに注意してください。
      • [貸与ステータス] フィールドの場合、貸与ステータスは使用しないでください。通常 ステータスは通常の貸与に適用されます。貸与ステータスの詳細については、貸与履歴の表示を参照してください。
      • プロファイルは、プロファイルで指定された すべての 条件を満たす貸与に対して有効化されます(つまり、ブールおよびオペレータがフィールド間で動作します)。
      • 貸与を紛失貸与としてマークするようにプロファイルが設定されている場合、貸与は紛失貸与と見なされます。貸与を延滞としてマークするようにプロファイルが設定されている場合、プロファイル設定に従って通知が送信され、ブロック/罰金が作成されます。
      • 図書館フィールドは、アイテムの現在のロケーションを示します。アイテムが一時的なロケーションにある場合、これは一時的なロケーションになります。アイテムが一時的なロケーションにない場合、恒久的なロケーションにあります。
      • 延滞の貸与の期日が変更された場合、 期日がアップデートされる前に延滞の罰金が作成され(更新プロセスと同様)、延滞の罰金が自動的に削除されないようにします。この動作は、 overdue_at_change_due_date パラメータによって決定されます。その他の設定を参照してください。
      • デフォルトでは、[延滞および紛失貸与プロファイル]は、貸与の時点で[ユーザーグループ]でフィルタリングします。ジョブがユーザーの現ユーザーグループを使用することを希望する場合は、Ex Librisサポートまでご連絡ください。
    3. プロファイルを有効にするには、アクティブチェックボックスをオンにします。失った貸借ジョブは、アクティブなプロファイルのみを処理します。延滞および紛失した貸与のプロファイルリストページで、いつでもプロファイルを無効/有効にできます。
      延滞および紛失した貸与プロファイルが有効になっていない場合でも、行アクションリストから今すぐ実行を選択して実行できます。
    4. 紛失プロファイルの基準を設定するには、プロファイルタイプフィールドで紛失に変更を選択します。通知の送信罰金の作成ブロックの作成フィールドが非表示になります(この選択には関係ない)。通知プロファイルの基準を設定するには、プロファイルタイプフィールドで、延滞通知タイプ(1~5)を選択します。
    5. 延滞の通知については、通知の送信を選択して、選択したプロファイルタイプに一致する通知レターをユーザーに送信します。
    6. 延滞で返却されていないアイテムの延滞通知については、ジョブの実行時に延滞の罰金をアイテムに適用するには、延滞貸与の罰金を作成を選択します。通知を生成するには、関連する延滞通知タイプ(1〜5) ポリシーに基づいて、利用規約にも罰金を作成する必要があります。

      これは、貸出されたアイテムの返金貸出時に適用される延滞罰金ポリシーとは別の罰金です。

    7. 延滞通知と紛失通知の両方について、延滞通知手数料の作成を選択して、通知手数料を有効にします。このフィールドは、集約通知法を使用する場合にのみ表示および適用可能です(つまり、ユーザーパラメータマッピングテーブルのswitch_to_overdue_and_lost_loan_new_jobパラメータがに設定されている)。このチェックボックスを選択すると、機関は貸与ごとではなく警告レターごとに手数料を請求できます。
    8. 延滞通知と紛失通知の両方について、延滞通知手数料額を入力して通知手数料を設定します。このフィールドは、延滞通知手数料の作成チェックボックスが選択されている場合にのみ表示されます。表示される場合、これは必須フィールドです。
    9. 延滞の通知については、ブロックの作成を選択して、貸与の延滞中にユーザーブロックを強制します。ブロックの作成を選択すると、ブロックタイプが表示されます。このドロップダウンの値は、ユーザーブロックの説明ページで定義されています(延滞貸与によるユーザーブロックの設定を参照)。アイテムが返却または紛失されるか、貸与が削除されると、ブロックは削除されます。紛失ステータスのローンに対してブロックを作成することはできないことに注意してください。
    10. 期日後の日数フィールドに、警告通知メッセージを送信する期日後の日数を入力します。日数または開館日を選択して、日数が暦日によって計算されるか、図書館が開いている日によって計算されるかを決定します。
      たとえば、アイテムの期日が3月1日で、期日後の日数 = 14で、日数が選択されている場合、アイテムは 3月15日に紛失と見なされます。
      1日 = 24時間であることを念頭に置き、 アイテムの期日が3月1日で、期日後の日数 = 0で、日数が選択されている場合、アイテムは3月2日に 紛失と見なされます。
    11. ステータス日付後の日数フィールドに、アイテムが失われたと見なされるローン状況フィールドの値のアップデート後の日数を示します。ローン状況フィールドは 正常更新済み自動更新、および延滞通知などの値を示します。日数は暦日によって計算されます。
      たとえば、ローン状況 がクレームが返されました と定義されており、状況報告日からの日数 が5の場合、Almaは現在のローン状況がクレームが返されました 、およびアイテムローンの最後の変更がクレームが返されました であり、最後のアイテムローンの変更から5日以上経過していることを確認します。 したがって、アイテムのローン状況が4月1日に更新され、状況報告日からの日数= 5である場合、アイテムは4月6日に紛失したと見なされます。(値が0の場合は、フィールドを空のままにすることと同じであることに注意してください。)
      このフィールドの値は、貸与の作成日に応じて、移行された貸与にも適用されます。
    12. 完了したら、保存を選択します。プロファイルは、延滞および紛失した貸与のプロファイルページに表示されます。
    すべてのアクティブな延滞および紛失貸与プロファイルは、延滞および紛失アイテムジョブによって処理されます。すべてのスケジュール済みジョブの表示を参照してください。延滞のプロファイルに延滞通知手数料が含まれている場合、手数料は各ユーザーのプロファイルタイプと集計されたすべてのプロファイルの名前とともに記録されます。同じ延滞のプロファイルタイプのプロファイルの通知手数料額が異なる場合、それらは集計されません。それらは2通のレターに分割されます。これらの各レターは、延滞通知罰金を作成します。
    新しいプロファイルを追加するか、プロファイル名を変更すると、ステータスアップデートを実行するようユーザーに促すメッセージが表示されます。アップデートされた プロファイルのステータスアップデートを実行することをお勧めします。

    延滞貸与通知ステータスアップデート

    貸与の延滞通知ステータスアップデートページ([フルフィルメント]>[アドバンスツール]>[貸与の延滞通知ステータスアップデート])を使用すると、ユーザーはブロックまたは罰金および手数料を作成せずに、貸与を紛失に変更せずに、通知を生成することなく、延滞および紛失した貸与ジョブを実行できます。影響を受ける貸与は、延滞および紛失した貸与プロファイルがそれらを再度処理することができないようにマークされます。つまり、ステータスのアップデート時に紛失および延滞の通知プロファイルの基準に当てはまる貸与は、延滞や紛失した貸与のジョブが再び実行されても、それらのプロファイルによって紛失したり、通知が発生したりすることはありません。このジョブを実行すると、貸与レコードに不可逆的なマークが付けられるため、一致するプロファイルによって再び処理されなくなります。
     貸与延滞通知状況更新は、switch_to_overdue_and_lost_loan_new_job パラメータが true に設定されている場合にのみ、Alma に表示されます。
    ジョブを実行すると、貸与レコードが変更されるという警告が表示されます。[確認]を選択して配布ジョブを実行します。
    Overdue and Lost - Status Update Warning.png
    延滞貸与通知ステータスアップデート警告
    特定のプロファイル  (通知プロファイルなど。ただし、ローンを紛失に設定するプロファイルは除く) に対してのみステータス更新を実行する場合は、 すべての プロファイル を実行するジョブを使用する代わりに、期限切れおよび紛失したローン プロファイル リスト  ページ (構成メニュー > フルフィルメント > 物理的なフルフィルメント > 期限切れおよび紛失したローン プロファイル) からプロファイルごとにステータス更新を適用することができます。 これを行うには、プロファイルのアクションの行で、ステータスの更新を選択します。(前述のプロファイル アクションのリストも参照してください。)
    Overdue_Lost_Loan_Profile_List.png
    ステータス更新ジョブは主に移行後の処理を目的として設計されているため、実行すると、営業日のみに実行するように構成されている場合でも、全日実行されます。理由は、Almaが新しく移行したアカウントの過去のカレンダーを持っていないためです。

    延滞および紛失した貸与通知レターXSLに関する考慮事項

    Ful延滞および紛失貸与通知レター内で使用できる通知タイプは最大5つまであります。ひとつのレターフォーマットには5つのシナリオがすべて含まれているため、XSL if句を使用してレターをカスタマイズする必要がある場合があります。例えば、
    • inform_you_item_below_type1は、延滞通知タイプ1に属する
    • inform_you_item_below_type2は、延滞通知タイプ2に属する
    • inform_you_item_below_type3は、延滞通知タイプ3に属する
    • inform_you_item_below_type4は、延滞通知タイプ4に属する
    • inform_you_item_below_type5は、延滞通知タイプ5に属する
    これらのタイプをレターに正しく実装するには、レターの次のセクションを置き換えます。
    <table cellspacing="0" cellpadding="5" border="0">
    <tr>
    <td>
    <h>@@inform_you_item_below@@ </h>
    <h>@@borrowed_by_you@@ @@decalred_as_lost@@</h>
    </td>
    </tr>
    </table>
    <xsl:for-each select="notification_data">
    <xsl:if test="/notification_data/notification_type='OverdueNotificationType1'">
    <table cellspacing="0" cellpadding="5" border="0">
    <tr>
    <td>
    <h>@@inform_you_item_below_type1@@ </h>
    <h>@@borrowed_by_you@@ @@decalred_as_lost_type1@@</h>
    </td>
    </tr>
    </table>
    </xsl:if>
    <xsl:if test="/notification_data/notification_type='OverdueNotificationType2'">
    <table cellspacing="0" cellpadding="5" border="0">
    <tr>
    <td>
    <h>@@inform_you_item_below_type2@@ </h>
    <h>@@borrowed_by_you@@ @@decalred_as_lost_type2@@</h>
    </td>
    </tr>
    </table>
    </xsl:if>
    </xsl:for-each>
    additional_info_ <1-5>についても同様に、次を置き換えます。

    @@additional_info_1@@

    <br />

    @@additional_info_2@@

    <table>

    <xsl:choose>

    <xsl:when test="notification_data/notification_type = 'OverdueNotificationType1' ">

    <tr>

    <td>

    <font size="5">@@additional_info_1_type1@@</font><p><font size="2">@@additional_info_2_type1@@</font></p>

    </td>

    </tr>

    </xsl:when>

    <xsl:when test="notification_data/notification_type = 'OverdueNotificationType2' ">

    <tr>

    <td>

    <font size="5">@@additional_info_1_type2@@</font><p><font size="2">@@additional_info_2_type2@@</font></p>

    </td>

    </tr>

    </xsl:when>

    <xsl:when test="notification_data/notification_type = 'OverdueNotificationType3' ">

    <tr>

    <td>

    <font size="5">@@additional_info_1_type3@@</font><p><font size="2">@@additional_info_2_type3@@</font></p>

    </td>

    </tr>

    </xsl:when>

    <xsl:when test="notification_data/notification_type = 'OverdueNotificationType4' ">

    <tr>

    <td>

    <font size="5">@@additional_info_1_type4@@</font><p><font size="2">@@additional_info_2_type4@@</font></p>

    </td>

    </tr>

    </xsl:when>

    <xsl:when test="notification_data/notification_type = 'OverdueNotificationType5' ">

    <tr>

    <td>

    <font size="5">@@additional_info_1_type5@@</font><p><font size="2">@@additional_info_2_type5@@</font></p>

    </td>

    </tr>

    </xsl:when>

    </xsl:choose>

    </table>

    短期ローンリマインダーの設定

    短期貸与は、分または時間で定義された期日ポリシーを持つ貸与です。短期ローンは通常のローンと同じように機能しますが、以下に説明されるいくつかの違いがあります。

    短期ローンリマインダー

    短期ローンには2つの特定のリマインダーがあります。つまり、念の為のリマインダーと延滞リマインダーです。これらのリマインダーの動作は、次のパラメーターの設定によって制御されます。

    • short_loan_courtesy_reminder  - この パラメータが設定されている場合、念の為のリマインダーがトリガーされます。このリマインダーの送信時間は、期日からパラメーターの値を差し引いた時間に基づいています。それは 既存のFulUserLoansCourtesyLetterレター(念の為の通知レターを参照)。
    • short_loan_overdue_リマインダー -  この パラメータが設定されている場合、延滞のリマインダーがトリガーされます。このリマインダーの送信時間は、期日にパラメーターの値を足した時間に基づいています。 延滞・紛失貸出通知レターを使用しています。

    どちらの通知でも、アイテムが返品されておらず、紛失または返却の請求ステータスにない場合、レターが送信されます。貸出資料の返却期日は、更新、リコール、または返却期日を手動で変更することにより変わる可能性があります。期日が変更された場合は、新しい期日が通知をトリガーします。リマインダーは 1 回送信されます (貸与が作成された後)。 

    臨時通知レターは、 short_loans_message ラベル(通知レターラベルの設定を参照)で設定できます。

    短期ローンラベル。

     

    通知レターテンプレートには、以下の例に示すように、短期ローンのインジケーターが含まれています(レターテンプレートの設定を参照)。

    短期ローンインジケーター付きの通知レターテンプレート。

    短期ローンのブロックポリシー

    延滞レターが発行される際に、short_loan_overdue_blockパラメータがtrueに設定され、ブロックポリシーが設定された場合、そのユーザーに延滞ブロックが設定されます。ブロックポリシーの作成については、ブロックポリシーの設定を参照してください。

    短期ローンの紛失

    短期ローンは、通常ローン同様に 関連する延滞および紛失貸与プロファイルを実行した後 ([設定] >  [フルフィルメント] > [物理的フルフィルメント] > [延滞および紛失貸与プロファイル])、紛失に変更されます。

    貸与リコールリクエストの設定

    貸与リコールリクエストを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    システムアクション中に貸与リコールリクエストを送信するかを設定できます。デフォルトでは、リコールリクエストはすべてのアクションに対して有効になっています。Almaのリコールリクエストの概要については、リコールリクエストを参照してください。
    貸与リコールのリクエスト設定マッピングテーブルで貸与リコールリクエストを設定します(設定メニュー>フルフィルメント>冊子フルフィルメント>貸与リコール設定)。マッピングテーブルの詳細については、マッピングテーブルを参照してください。
    Loan Recalls Configuration.png
    リクエスト設定マッピングテーブルページ
     
     
    さまざまなタイプの定義は次のとおりです:

    コード

    タイプ

    意味

    BOOKING

    予約リクエスト

    ユーザー予約リスエスト

    ELECTRONIC_TO_DIGITIZATION

    ユーザーの電子デジタル化リクエスト

    ユーザーの 電子リソースのデジタル化リスエスト

    GENERAL_DIGITIZATION

    全般デジタル化リクエスト

    ユーザーの 目録化されていないアイテムのデジタル化リスエスト

    GENERAL_HOLD

    一般取り置きリクエスト

    ユーザーの 目録化されていないアイテムの物的アイテムリクエスト

    LIBRARY_ELECTRONIC_DIGITIZATION

    図書館電子デジタル化リクエスト

     リーディングリストからの 電子リソースのデジタル化リクエスト

    LIBRARY_PHYSICAL_DIGITIZATION

    図書館冊子デジタル化リクエスト

     リーディングリストからの 物的リソースのデジタル化リクエスト

    MOVE_TO_PERMANENT

    恒久的に移動する

     物的アイテムを 新しい場所に移動するリクエスト

    MOVE_TO_TEMPORARY

    一時的に移動する

     物的アイテムを一時的に 新しい場所に移動するリクエスト

    PATRON_PHYSICAL

    ユーザー冊子アイテムリクエスト

    ユーザー冊子アイテムリクエストいくつかの重要な点を記載した以下の注記を参照してください。

    このパラメータ。

    PHYSICAL_TO_DIGITIZATION

    ユーザーの電子化リクエスト

    ユーザーの 物的リソースのデジタル化リクエスト

    RESOURCE_SHARING_E2D_SHIPMENT

    電子からデジタルに送信

     リソースシェアスタッフによる 電子リソースの内部デジタル化リクエスト

    RESOURCE_SHARING_P2D_SHIPMENT

    デジタルに発送

    リソースシェアスタッフによる 物的リソースの内部デジタル化リクエスト

    RESOURCE_SHARING_PHYSICAL_SHIPMENT

    物理的に発送

    リソースシェアスタッフによる内部の物的アイテムリクエスト

    RESTORE

    復元アイテム

     一時的な場所から アイテムを復元する

    STAFF_ELECTRONIC_DIGITIZATION

    スタッフ電子デジタル化リクエスト

    スタッフの 電子リソースのデジタル化リクエスト

    STAFF_PHYSICAL_DIGITIZATION

    スタッフデジタル化リクエスト

    スタッフの 物的リソースのデジタル化リクエスト

    TRANSIT_FOR_RESHELVING

    再棚上げのための通過

    再棚上げのための通過物的アイテム

    • この表でPATRON_PHYSICALタイプのリクエストに対してリコール貸与の値がいいえに設定されており、該当する貸与の利用規約にリコール可能はいとして定義されている場合、貸与はリコールされません。リコール貸与=はいの場合のみ、利用規約ポリシーが適用されます。
    • PATRON_PHYSICAL = はいで、利用規約のフルフィルメントポリシーがリコールでない場合、更新を防ぐために、アイテムはリコールとしてマークされます(ただし、貸与の期日は変更されません)。
    • ブロックプレファレンス更新不可-アイテムにリクエストがありますは、PATRON_PHYSICAL = はいの場合にのみ関連します(ブロックプレファレンスの設定を参照)。
    • 貸与リコールリクエストは、機関レベルでのみ設定できます。フルフィルメント設定ページの設定フィルタから必要な機関を選択します。
    貸与リコールリクエストを設定する場合:
    1. 貸与リコールのための[リクエスト設定マッピングテーブル]ページ(設定メニュー>フルフィルメント>冊子フルフィルメント>貸与リコール設定)で、関連するアクションの行アクションリストからカスタマイズを選択します。カスタマイズ が復元に変更され、リコール貸与列が編集可能になります。
    2. [リコール貸与]列でいいえを選択して、指定したアクションの貸与リコールリクエストを無効にします。
    3. 保存を選択します。貸与リコールリクエストは、指定されたアクション中に送信されません。
      アクションの貸与リコールリクエストを再度有効にするには、復元を選択します。
    指定されたアクションの貸与リコールリクエストを設定した後、機関/図書館の利用規約で、リコールされるリクエストされたアイテムに対して貸与ポリシーリコール可能 = 真が設定されていることを確認します(フルフィルメントポリシーの追加を参照)。

    貸与プロセスステータス名の設定

    貸与ステータス名を設定するには、次のいずれかの役職である必要があります。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
     Almaに表示される貸与ステータスを設定できます。これを行うには、[貸与ステータス名]マッピングテーブルを開きます([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [冊子フルフィルメント]> [貸与ステータス名])。マッピングテーブルの詳細については、マッピングテーブルを参照してください。 説明を編集できます。これは、さまざまな貸与表示でAlma全体に表示される説明です。
    Loan Status Names.png
    貸与ステータス名の設定マッピングテーブルページ
    • Was this article helpful?