Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    Almaユーザーインターフェース

    Translatable

    以下のセクションでは、Alma UI全体のすべてのユーザーのUIで表示される、または一貫性のある要素を示します。

    管理者は、色、ロゴ、デフォルト言語など、Almaのルックアンドフィールを設定できます。ユーザーインターフェイス設定を参照してください。

    Almaホームページ

    ホームページは、Almaにログインしたときに表示される最初のページです。常駐メニューでロゴを選択するか、Almaで特定のアクションをキャンセルすると、Almaホームページに戻ります。
    home_page_with_callouts_ux_NL.png
    Almaホームページの要素
    Almaホームページの要素とメニューで利用可能なアイテムは、ユーザー役職と所属機関で利用可能な情報によって異なります。ただし、ホームページには常に以下が表示されます。
    • 常駐メニュー - 情報については、常駐メニューを参照してください。
    • ナビゲーションバー  -  詳細については、ナビゲーションバーを参照してください。
    • ユーザー名と現在の日付。
    • 最近のページウィジェット – 最近アクセスしたページを表示します。ページの1つに直接移動する場合に選択します。
    • ウィジェット/ウィジェットの管理ボタン - ウィジェットは、ユーザー役職とAlmaの現在のステータスに関連する情報またはアクションの小さなペインです。一部のウィジェットには、詳細情報を表示するために選択できるリンクが含まれています。ウィジェットを管理を参照してください。
    • 保守メッセージ(表示するものがある場合) – 今後の保守に関するメッセージが常駐メニューに表示される場合があります。×を選択し、メッセージを却下します。
      home_page_with_maintenance_announcement_highlighted.png

    ウィジェットの管理

    ウィジェットは、ユーザー役職とAlmaの現在のステータスに関連する 情報またはアクションの小さなペインです。ウィジェットの例には、タスクリスト、図書館カレンダー、スケジュールされたジョブのステータス、未払いの学生貸出が含まれます。Almaホームページからウィジェット( 最近のページウィジェットを除く)を表示または削除することを選択できます。
    管理者は、ウィジェットの利用可否とコンテンツを設定できます。詳細については、ウィジェットを設定を参照してください。
    Almaホームページでウィジェットを表示または非表示にするには:
    1. Almaホームページの要素図を参照)Almaホームページ上のウィジェットを管理ボタンを選択します。ウィジェットの管理オーバーレイが表示されます。例えば:
      Manage_Widgets.png
      ウィジェットを追加
    2. 表示するウィジェットの左側にある空のチェックボックスを選択します。非表示にするウィジェットの左側にある青色の選択済みチェックボックスをオンにします。
    3. 完了したらをXを選択します。
    ウィジェットの右上にあるドロップダウンメニューで削除を選択して、ウィジェットを非表示にすることもできます。
    close_widget.png
    タスクウィジェット - 削除

    ファイルのリスト

    ユーザー役職に応じて、Almaでは次のウィジェットを使用できます。プレーンフォントのアイテムは、事前定義されたウィジェットの実際の名前ではなく、ウィジェットのカテゴリです。
    利用可能なウィジェット
    ウィジェット スクリーンショット 役職 説明
    アナリティックス analytics_widget_cataloger_activity_report_ux.png ウィジェットで定義されている通り
    さまざまな名前、説明、および情報を持つ複数のアナリティックスオブジェクトウィジェットが存在する場合があります。ウィジェットを表示するには、ウィジェットに少なくとも1つの役職が定義されている必要があります。
    アナリティックスウィジェットの詳細については、Almaにおけるアナリティックスレポートの実行と表示を参照してください。
    タスク widget_tasks_ux.png [全体]

    タスクの数を含め、タスクリストのタスクを表示します(タスクリストでタスクを参照してください)。タスクは、拡張可能なヘッダーによってグループ化されます。行を選択して、タスクを処理できるAlmaページを開きます。

    電子リソースタスクの場合、カウンターには リストされた各カテゴリー(つまり、未割り当ておよび過去の期日-未割り当て)の合計の総数が表示されます。1つのタスクが複数のカテゴリに分類される場合があるため、  電子リソースタスク カウンターには、タスクよりも大きな数値が表示される場合があります。

    通知 widget_notifications_ux.png [全体] 管理者からすべてのユーザーへの通知。これらの通知の設定については、ホームページの通知ウィジェットの設定を参照してください。
    組織のカレンダー widget_calendar_ux.png [全体] 施設および図書館の時間と特別なイベントに関する情報。ウィジェットには数日が表示されます。 [フルカレンダーの表示]を選択して、フルカレンダーのペインを開きます。時間やイベントの設定の詳細については、機関/図書館のオープン時間を管理を参照してください。
    スケジュール済みジョブのステータス widget_jobs_ux.png [全体] 過去5日間にタイプ別に整理された、組織で実行されたスケジュール済みジョブのステータス。失敗したジョブがある場合、その日付のそのタイプには赤色のが表示されます。詳細リンクを選択して、表示が事前フィルタリングされている作業の監視ページを表示します。完了したジョブを表示を参照してください。このウィジェットの詳細については、スケジュールされたジョブの概要ステータスを表示を参照してください。
    ディスカバリー検索 PVE_DiscoverySearchWidget.png [全体] Primo VE環境の場合のみ、このウィジェットからスタッフユーザーは設定を表示ページで定義されたデフォルトビューを使用するPrimo VEの検索インターフェイスを使用して、とアイテムを検索できます。このウィジェットを設定するには、ディスカバリー検索ウィジェットを設定を参照してください。
    Primo ダッシュボード widget_primo_ux.png [全体] Alma-Primo環境の場合のみ、このウィジェットには、Primoへの最後の発行ジョブのステータスが表示されます。出版ジョブリストを選択して、事前フィルタリングされたジョブで作業の監視ページを表示します。完了したジョブを表示を参照してください。
    コンソーシアメンバーリンク widget_consortia_ux.png [全体] このウィジェットは、すべての機関についてに利用可能ですが、(ネットワークゾーンを使用して複数機関を管理を参照)ネットワークゾーンを実装する共同のネットワークのメンバー金融機関にとってのみ意味があります。メンバー機関を選択して新しいタブを開き、その機関にログインできるようにします。
    管理者作成 widget_weather_ux.png ウィジェットで定義されている通り 管理者は、任意のウェブサイトの情報にリンクされたウィジェットを作成できます。詳細については、ウィジェットを設定を参照してください。
     

    ナビゲーションバー

    Almaでのナビゲーションに使用されるメインメニュー。この文書全体を通して、このメニューへの参照は以下のメニューおよびサブメニュー要素のパスを使用します:メインセクション > サブセクション> 特定のオプション、例えばフルフィルメント > チェックアウト/チェックイン > ユーザーサービスを管理です。結果のページがオプションのメニューでもある場合、これらのオプションはドキュメントにパスへの追加要素として表示される場合があります。

    ナビゲーションバーを折りたたむと、 表示されたままページに余裕を持たせることができます。いつでも再拡張できます。

    拡張状態 折りたたんだ状態 方法
    expanded nav panel.jpg collapsed nav panel.jpg
     メイン メニューナビゲーションパネルを折りたたむには:
    1. クリックして、 quick links icon.jpg メイン メニューのナビゲーションパネル( 上記の手順4)をクリックして、クイックリンクパネルを開きます。 
    2.  [左に折りたたむ]メニュー オプションを選択します。 
    3. 展開されたビューに戻るには、 [左に展開]メニューを選択します。

     

    ナビゲーションバーから、特定のメニューオプションを簡単に検索し、 クイックリンクとして頻繁に使用するメニューオプションを設定できるため、Almaインターフェイスはワークフローに合わせてパーソナライズされ、毎回サブメニューを確認する必要がありません。

    main_menu_navigation_bar_NL.png  
    ナビゲーションバー
    Almaメインメニューのオプションは、いくつかの要因、特にログイン先の図書館/場所(下の表を参照)とユーザー役職(ユーザー役職の管理を参照)によって異なります。各オプションを表示するために必要とされている役割については、ユーザー役職 - 説明とアクセス可能な要素を参照してください。
    オプションを選択して、関連するページに移動し、メニューを閉じます。メインの領域は、ドキュメントの次の領域で説明されています。
    • 受入 - 請求書、ベンダー、ライセンスの管理と同様に、物的および電子資料の購入。
    • リソース - 目録化と目録管理、および目録情報のインポートと公開。
    • フルフィルメント - ユーザーサービス、コースおよび図書リスト、他の図書館とのリソースシェア、およびユーザーリクエストの管理。
    • アドミン - ユーザーおよびジョブの管理を含むアドミンアクティビティ。また、Almaで設定の設定メニューを参照してください。
    • アナリティックス - Almaの使用に関するレポートの作成、実行、表示。あらかじめパッケージ化されたレポートは、このメニューから入手できます。
    特定のオプションを見つけるには:
    1. アイコン quick links icon.jpgナビゲーションメニューで  を選択するか、Alt-Ctrl-Fを入力します。別の方法としては、任意のメニュー領域の下部で、 検索リンクを選択します。
      main_menu_search_specific_option.png
      検索パネル
    2. 検索語を入力してください。 ナビゲーションバーと設定メニューの一致するオプションが表示されます。関連するオプションを選択します。
      search_for_any_menu_link_results_NL.png
      一致する検索オプション
    クイックリンクを作成するには:

    Alma メニューのどこにいるかに応じて、使用できるクイックリンク を作成する方法は2つあります:

    ナビゲーションパネルから

    サブメニューから

    1. 選択します。 quick links icon.jpg ナビゲーションパネルでクイックリンクパネルが開きます。 

    2. 上部の検索バーで、クイックリンクとして設定するオプションの名前の入力を開始します。関連するすべてのオプションが以下のリストに表示されます。 

    3.  マウスポインタを目的のオプションに合わせてから、オプションの左側にある 灰色の星 をクリックします。 星が青に変わると、クイック リンクとして設定されます。

    4. パネルの下部で、[クイックリンクメニューの固定]を選択してメニューを表示し、 [×] を選択してパネルを閉じます。 

    New method to create quick link.jpg

    1. クイックリンク が配置されているときに設定するオプションであるAlmaのモジュールを選択します。 

    2.  マウスポインタを目的のオプションに合わせてから、オプションの左側にある 灰色の星 をクリックします。 星が青に変わると、クイック リンクとして設定されます。

    3. 選択します。 quick links icon.jpg ナビゲーションパネルでパネルの下部で、[クイックリンクメニューの固定]を選択してメニューを表示し、  [×] を選択してパネルを閉じます。

    Previous method to create quick link.jpg

    作成したら、クイックリンクを使用して次の操作を実行できます:

    •  クイックリンクを表示するには、 quick links icon.jpg をクリックして[クイックリンク]パネルを開き、リンクを選択します。
    • 各リンクに 自動的に指定されたホットキーを使用して、ツールをすばやく開きます。
    •  [クイックリンクの固定]メニュー を選択して、すべてのクイックリンクをページに固定します。 [永続的な検索]ボックスの下にある追加メニュー として、すべてのページで常に使用できます。このメニューを削除するには、 クイックリンクメニューの固定を解除するをクリックします。

    Quick Link improvements_.jpg

    ナビゲーションバーをカスタマイズするには:

    画面が小さく、ナビゲーションバーのリンクの一部が[...]ボタンの下にある場合は、これを実行します。 

    1. ナビゲーションバーで、一番上のオプション「Alma QA」を選択します。 
    2. 開いたパネルで、[メインメニューリンクのカスタマイズ]オプションを選択します。 
      customize main menu links.png
    3. 開いた[メニューの表示]パネルで、不要なオプションを下の[メニューの非表示]セクションにドラッグアンドドロップします。これにより、使用するオプションのナビゲーションバーの領域が解放されます。いつでも、非表示にしたオプションの一部を元に戻したり、再表示したりできます。 

    常駐メニュー

    Almaのすべてのページには同じヘッダーがあり、これを常駐メニューと呼びます。
    persistent_menu_with_callouts_NL.png
    常駐メニュー
    常駐メニューには次の要素が含まれます:
    1. ロゴ – コンソーシアムまたは機関のロゴ。任意のページでロゴを選択して、Almaホームページに戻ります。
    2. 永続検索ボックス - 詳細については、Almaで検索を参照してください。
    3. メインメニューアイコン – アイコンには以下が含まれます(左から右へ)。
      アイコン 説明
      new_ui_library_selector.png 図書館またはデスクセレクター(物理的所在地:) - Almaは、ユーザー役職とログインデスクまたは部署に関連する機能とオプションを提供します。このメニューを使用して場所を切り替えることができます。ドロップダウンメニューで新しい場所を選択します。

      所属機関がネットワークゾーンで作業していて、メンバー機関を切り替えることが許可されている場合(複数の機関にユーザーアカウントがある場合)、機関間で切り替えることもできます。詳細については、機関間で切り替えを参照してください。

      デフォルトでは、常駐メニューに現在の場所は表示されません。常駐メニューで現在位置を表示するには、図書館/デスクセレクターメニューで常に現在の場所を表示を選択します。
      Library_Location_Selector.png
      図書館/デスクセレクターメニュー
      main_library_at_the_top_c.png
      常駐メニューの現在の場所
      クイック印刷を有効にする  – このオプションを選択して、 ユーザーインターフェイスを介してワークフローの一部として作成し、特定のプリンターに送られるすべての印刷出力が自動的に印刷され、[印刷]ダイアログが上書きされるように設定します。クイック印刷を使用している場合、レターが生成されるとすぐに印刷ウィンドウが表示されます。
      new_ui_institution_list_icon.png (表示なし) 機関セレクター(有効になっている場合、および同じネットワークゾーンで作業する複数のメンバー機関の資格情報を持つユーザーに対してのみ表示されます)。詳細については、機関間で切り替えを参照してください。
      new_ui_rfid_link.png (表示なし) RFID接続アイコン(RFID統合プロファイルが定義されている場合にのみ表示されます)。詳細については、RFIDサポートを参照してください。
      new_ui_user_menu.png ユーザーメニュー – ユーザー名と写真(利用可能な場合)がリンクとして表示されます。リンクを選択して、ユーザーメニューを開きます。このメニューのオプションは次のとおりです:
      • 一部の機関では、メニューの最初のアイテムは、UIで使用される言語を変更するために使用できる言語セレクターです。言語を変更するには、ドロップダウンリストから新しい言語を選択します。ユーザーインターフェイスが選択した言語に変わります。UIとエクスポートされたExcelファイルの通貨と数値は、言語で定義された標準に一致するように変更されます(適切な場所にカンマ、ピリオド、スペースがあります)。機関の言語を設定を参照してください。
      • パスワードの変更 - パスワードを変更します。このオプションは、内部で管理されるユーザーにのみ表示されます(アカウントタイプを参照)。パスワードを変更するには、既存のパスワードと新しいパスワードを2回入力し、保存を選択します。新しいパスワードが保存されます。
        change_password_ux.png
        パスワード変更ダイアログボックス
        機関の設定に応じて、特定の長さのパスワードを使用したり、パスワードに特定の文字を含めたり、特定の時間にパスワードを変更したりする必要がある場合があります。
      • ユーザーの詳細 – [ユーザーの詳細]ページにユーザーに関する詳細を表示します。詳細については、ユーザーを編集を参照してください。
      • ソーシャルアカウントから分離 – ユーザーアカウントがソーシャルアカウントに関連付けられていて、2つの関連付けを解除する場合は、このオプションを選択して関連付けを行います。これは、ユーザーアカウントがソーシャルアカウントに関連付けられている場合にのみ表示されます。
      • UI設定(ホームページ以外のすべてのページ) – このサブメニューを使用すると、UIのフォントサイズと、ページに溝(デフォルト)または全幅を表示するかどうかを選択できます。必要に応じてフォントサイズ(表示密度)を選択します。選択内容はセッション間で保存されます。 ショートカットのカスタマイズリンクをクリックして、Almaのグローバルキーボードショートカットを表示し、必要に応じてそれらの一部を無効にします。 グローバルAlmaホットキーを参照してください。
      • 機能ロールアウト構成 –  [機能ロールアウト構成] ページを開きます。 このページでは、アクティブにするオプションの新機能を選択できます。 新機能のオプトインまたはオプトアウトを参照してください
      • サインアウト – ログアウトします。ユーザーインターフェイスへのログインとログアウトを参照してください。
      new_ui_tasks_list.png タスクリスト - 注意が必要なタスクタイプのリスト。各明細は、タスクタイプとそのタイプのタスク数を示します。明細を選択して、これらのタスクタイプを管理できるページを開きます。詳細については、タスクリストのタスク[自分に割り当て済み ]、[割り当てなし]、[他のユーザーに割り当て済み]タブを参照してください 。
      ChatWithSupportIcon.png(表示なし) サポートリンクとチャットします。Ex Librisサポートページを開きます。このページでは、チャット権限を持つスタッフユーザーが、次の種類の問題に関してサポートチームとのチャットセッションを開始できます:
      • 簡単なハウツーの質問と設定

      • 行動と一般的なお問い合わせ

      • 既知の問題

      この機能はデフォルトで無効になっています。 サポートとチャット の役職が割り当てられているスタッフユーザーのみが、サポートチームとのチャットセッションを開くことができます。設定の詳細については、 ユーザー役職の管理を参照してください。

      詳細については、オンラインチャットサポート およびチャットサポートの利用可否を参照してください。

      現在、チャットサポートはAlma、Leganto、Primo VE、およびRialtoに提供されています。

      new_ui_help_link.png ヘルプリンク – ヘルプオプションのメニュー。次のいずれかを選択します:
      • オンラインヘルプを閲覧 - オンラインヘルプを開きます。
      • このページのヘルプ - 現在のUIページに関連するオンラインヘルプページを開きます。
      • Almaの既知の問題の修正スケジュール – Almaの既知の問題の修正スケジュールページを開き、今後数か月以内に修正される予定の問題を表示します。この機能を使用するには、既知の問題オペレータの役職である必要があります。 この機能の詳細については、Alma既知の問題:Q&Aを参照してください。
        Alma_Release_Schedule.png
        [Alma既知の問題修正スケジュール]ページ

        ページをフィルタリングおよび並び替えできます。各発行には、発行番号、概要、説明、SFケース番号、Almaコンポーネント、ステータス、およびターゲットリリースバージョンが含まれます。ステータスは次のとおりです:

        • 修正済み – このリリースまたは以前のリリースで解決済み。
        • 保留中のリリース – 次のリリースで解決されます。
        • 予定 – まだ解決されていません。
      • 新着情報動画 – 最新の動画チュートリアルへのリンクを含むページを表示します。
      • Almaリリーススケジュール - 最後の複数と次の複数の、Almaサンドボックス、製品リリース、およびリリース更新日についてポップアップを表示します。
        Alma_Release_Schedule.png
        リリース日ポップアップ

        現在のリリースバージョンとビルド番号は、[ヘルプ]メニューの下部に表示されます。プレミアムサンドボックスのお客様の場合、サンドボックスで作業している場合、ビルド情報には、このビルドが本番環境から複製された日付が示されます。[リリース更新]列のアスタリスクは、次にスケジュールされている更新の日付を示します。

      • アイデアを提案 - Ex Libris社へアイデアを提案します。新しいウィンドウでEx Librisアイデア交換ページを開く場合に選択します。
        Suggest_Idea.png
        Ex Libriアイデア交換
        管理者がこのリンクを削除した可能性があります。その他の設定を参照してください。
      • トラッキングIDを生成 - 問題のデバッグにEx Libris社を支援するため、セールスフォースのケースのトラッキングIDを生成します。エラーが発生したが、エラーメッセージにトラッキングIDが含まれていない場合に使用します。エラー発生後できるだけ早くIDを生成する必要があります。
        generate_tracking_id.png
        トラッキングIDを生成
        トラッキングIDだけでは問題を解決できません。エラーの原因となったワークフローのステップ、関係するエンティティ(ユーザー識別子、アイテムバーコードなど)、およびその他の可能性のある情報など、問題のできるだけ多くの詳細を提供する必要があります。

        トラッキングIDジェネレーター動画をご覧ください

      • パフォーマンストラッキングファイルを生成 – Almaが長い検索時間などの性能上の問題を表示する場合、パフォーマンストラッキングファイルを生成します。サポートの問題を開き、ファイルを問題に添付します。ファイル内の情報は、サポートチームが問題を解決するのに役立ちます。 パフォーマンストラッキングファイルに関するよくある質問については、こちらを参照してください。
         他のアクションを実行する前に、性能の問題が発生した直後にトラッキング・ファイルを生成します。
         追跡ファイル の実行は問題の解決には不十分です。エラーの原因となったワークフローの手順、関係するエンティティ(ユーザー識別子、アイテムバーコードなど)、および 関係がある可能性のあるほかの情報(たとえば、スクリーンキャスト録画)など問題の詳細をできるだけ多く提供する必要があります。
      • インスタンス名 - 現在使用中の環境の名前を表示します。
      • インスタンスの場所 - このインスタンスのデータセンターの場所を表示します。
      • プレミアムサンドボックス - 持っている場合、 Almaプレミアムサンドボックスに接続します。サンドボックス環境の詳細については、 Almaサンドボックス環境を参照してください。 機関に少なくとも1つのSAMLまたはCASプロファイルがある場合は、リンクにカーソルを合わせて、さまざまなプロファイルを使用した プレミアムサンドボックスへのリンクを含む サブメニューを開きます。機関にSAMLまたはCASプロファイルがない場合、プレミアムサンドボックスにログインするための単一のリンクがあります。 
      • 標準サンドボックス -  Alma標準サンドボックスがある場合は、それに接続します。サンドボックス環境の詳細については、 Almaサンドボックス環境を参照してください。
      • 最後の索引作成のステータス - 最後の索引作成の日付 が表示されます。これは、 最後の半年ごとの索引作成のステータスか、  システムまたはカスタマーサポートによって開始された索引作成プロセスのステータスのいずれかです。  半年ごと の索引の再作成 は、 Almaリポジトリの完全な索引の再作成であり、年に2回行われます(通常は7月と12月です。詳細については、 こちらを参照してください)。 半年ごとの索引作成の 実行中は、 [実行中のジョブ]タブ([アドミン]>[ジョブの監視])に表示されます。他の時点で完全な索引付けの再作成を実行する場合は、Ex Librisサポートに連絡してください。入金管理者、統括システム管理者、またはリポジトリ管理者の場合、ここに表示される日付はリンクです。リンクを選択して、索引付けジョブレポートを表示します。 
      • 最新のAlmaリリース注記へのリンク。
      • サンドボックス環境では、運用から最後のクローンの日付。
      • コミュニティゾーンからの最終更新 - これがコミュニティゾーンが行った機関のリンクされたレコードの一つに関する最新の 更新です。
        したがって、機関のインベントリに関連してこの日付からコミュニティゾーンで更新がある場合、通常24時間以内として 後続の「CZからの変更の同期」ジョブで、できるだけ早く機関と同期されます。
      「コミュニティ ゾーンからの最終更新」の例
      • 機関は Almaに10のレコードを持っています。
      • そのうちの5つはコミュニティ ゾーンにリンクされています。
      • Almaは、今日、たとえば 2022年9月9日に、コミュニティ ゾーンにリンクされている5つのレコードに更新があったことを確認しています。
        • 更新はコミュニティ ゾーン レコードにあり、ユーザーの機関のレコードにはまだ適用されていません。
      • Almaは 2022年9月9日の日付を提示するため、ユーザーは、次のコミュニティ ゾーンの更新で更新されるコミュニティ ゾーン レコードが機関にあることを理解できます。
        • コミュニティ ゾーン側で更新があったこの日付は単なる目安です (所属機関からコミュニティ ゾーンにリンクされているレコードの1つに関連します)。
        • これらのレコードが機関ゾーンで更新されたかどうかを確認するには、ユーザーはジョブを監視して CZジョブからの変更の同期がされている ことを確認することができます。

      DARA_Icon.png

      DARA (データ分析推奨事項アシスタント)リンク  – DARAの 利用可能な推奨事項の数を表示し、[推奨事項を管理する]ページへのショートカットを提供します([アドミン] > [推奨事項] > [推奨事項を管理する])。このリンクは、利用可能な推奨事項がある場合にのみ表示されます。

      詳細については、DARA - データ分析 推奨事項 アシスタントを参照してください。

      マイ アクティビティセンター ペイン -  過去 7日間に 追加、更新、および削除したエンティティを一覧表にした[最近のエンティティ]リストを含む 最新アクティビティを  表示し、それに アクセスすることができます。 リストをスクロールして、 作業再開のためにエンティティを選択、または表示専用モードでエンティティを表示することができます。  [最近のエンティティ] リストは  名前を憶えていなくても最近アクセスしたレコード を見つけるのに役立ちます。また、レコードでの最近の変更を簡単に表示することもできます。最近のエンティティ リストはいつでも開いたり閉じたりでき、 そして状況を中断することなく 進行中の作業を再開することができます。  

      詳細については、最新エンティティリストを参照してください。

      Announcements icon.png

      Almaのお知らせペイン -  Ex Librisが、 重要な問題、異常な出来事、または主要な機能のロールアウトについてユーザーに更新したり、アドホックな更新やお知らせを提供したりできます。 

      詳細については、 Almaのお知らせリストを参照してください。

    ページヘッダーと 概要パネル

    永続検索ボックスの下にページヘッダー行が表示されます。
    po_line_with_header_and_summary_panel.png
    購入発注明細の詳細
    ページヘッダーには次のものが含まれます:
    • 戻るアイコン。 back_icon_ux.pngこのページがリストから開かれた場合、またはより大きな手順の一部として開かれた場合。
    • ページのタイトル。
    • ページ上でページレベルのアクションを実行するための関連するアクション(ボタンとして)。
      • デフォルトの動作(通常保存)は青色で強調表示されます。
      • 表示するアクションが多すぎる場合は、表示されたアクションの右側にあるまたは...メニューで追加のアクションを使用できます。
    多くのページでは、概要パネルがページの右側に表示されます(画面サイズが小さい場合は、ページヘッダーの下に表示される場合があります)。概要パネルには、ページのコンテンツに関する情報(たとえば、目録アイテム、注文明細、またはユーザーに関する情報)が表示されます。通常、概要ヘッダーには、エンティティの識別番号、ステータス、および情報アイコンが含まれます。 パネルの下部にある情報 アイコンをクリックして、エンティティの作成者、作成日、最終更新日を確認します。 

    タスクリストでタスク

    Almaのページには、あなたや他の人に割り当てられるタスクが含まれている場合があります。これらのタスクは、常駐メニューからアクセスされるタスクリストにも表示される場合があります。次のタスクがタスクリストに表示されます。タスクリストはホームページウィジェットとしても利用できます(ウィジェットを管理を参照)。詳細については、「自分に割り当て済み」、「 割り当てなし」、「 他のユーザーに割り当て済み」タブを参照してください。
    • 納本を承認する - 自分に割り当てられました
    • 納本を承認する - 割り当てなし
    • 納本の承認 - 他者への割り当て
      納本の承認については、納本の承認を参照してください。
    • 取寄せリクエスト - 新 - パートナー無し - 自分に割り当てられました
    • 取寄せリクエスト - 新 - パートナー無し - 割り当てなし
    • 延滞の貸出リクエスト - 自分に割り当てられました
    • 延滞の貸出リクエスト - 割り当てなし
    • パートナーによってキャンセルされた取寄せリクエスト - 自分に割り当てられました
    • パートナーによってキャンセルされた取寄せリクエスト - 割り当てなし
    • リコールされた取寄せリクエスト - 自分に割り当てられました
    • リコールされた取寄せリクエスト - 割り当てなし
    • 条件つきの取寄せリクエスト - 自分に割り当てられました
    • 条件つきの取寄せリクエスト - 割り当てなし
    • ユーザーによって返された取寄せリクエスト - 自分に割り当てられました
    • ユーザーによって返された取寄せリクエスト - 割り当てなし
    • 有効な一般メッセージ付き取寄せリクエスト - 自分に割り当てられました
    • 有効な一般メッセージ付き取寄せリクエスト - 割り当てなし
    • 取寄せリクエスト - 有効な一般メッセージ付きで完了 - 自分に割当てられました
    • 取寄せリクエスト - 有効な一般メッセージ付きで完了 - 割り当てなし
    • 有効な注記付き取寄せリクエスト - 自分に割り当てられました
    • アクティブなメモを含む取寄せリクエスト - 割り当てなし
      取寄せリクエストの管理については、リソースシェア取寄せリクエストの管理を参照してください。
    • 電子リソース - 有効化 - 自分に割り当てられました
    • 電子リソース - 有効化 - 期日経過 - 自分に割り当てられました
    • 電子リソース - 有効化 - 期日経過 - 割り当てなし
    • 電子リソース - 有効化 - 割り当てなし
      電子リソースの有効化については、電子リソースの有効化の管理を参照してください。
    • EODインポート 一致の問題
    • EODインポート検証の問題
    • インポート一致の問題
    • インポート検証の問題
      インポートの問題の解決については、インポートの問題の解決を参照してください。
    • 請求書 - 承認 - 自分に割り当てられました
    • 請求書 - 承認 - 割り当てなし
    • 請求書 - レビュー - 自分に割り当てられました
    • 請求書 - レビュー - 割り当てなし
      請求書の確認と承認については、請求書の確認請求書の承認を参照してください。
    • アイテム - デポジット
    • アイテム - デジタル化
    • アイテム - 文書配信
    • デジタル化リクエスト - 承認
      これらのタスクは、デジタル化部署にいる場合にのみ表示されます。デジタル化の要求を管理する方法については、デジタル化処理を参照してください。
    • アイテム - 部署内
    • アイテム - 部署内 - ユーザーからリクエストされました
    • リクエスト - 取置き棚から得る
      アイテムの管理については、 リクエストとワークオーダーの管理書架で受け取りを参照してください。
    • 貸出リクエスト - 新 - 自分に割り当てられました
    • 貸出リクエスト - 新 - 割り当てなし
    • 貸出リスエスト - 延滞 - 自分に割り当てられました
    • 貸出リクエスト - 延滞 - 割り当てなし
    • 貸出リクエスト - 撤回 - 自分に割り当てられました
    • 貸出リクエスト - 撤回 - 割り当てなし
    • 貸出リクエスト - 条件つき - 自分に割り当てられました
    • 貸出リクエスト - 条件つき - 割り当てなし
    • 貸出リクエストの検索に失敗しました - 自分に割り当てられました
    • 貸出リクエストの検索に失敗しました - 割り当てなし
    • 有効な一般メッセージありの貸出リクエスト - 自分に割り当てられました
    • 有効な一般メッセージありの貸出リクエスト - 割り当てなし
    • 貸出リクエスト - 有効な一般メッセージ付きで完了 - 自分に割当てられました
    • 貸出リクエスト - 有効な一般メッセージ付きで完了 - 割り当てなし
    • 有効なメモありの貸出リクエスト - 自分に割り当てられました
    • アクティブなメモを含む貸出リクエスト - 割り当てなし
      貸出リクエストの管理については、リソースシェア貸出リクエストの管理を参照してください。
    • 注文明細 - 延期 - 自分に割り当てられました
    • 注文明細 - パッケージング中
    • 注文明細 - レビュー - 自分に割り当てられました
    • 注文明細 - レビュー - 割り当てなし
    • 注文明細 - 更新待ち
    • クレームのある発注
    • 発注 - 承認
    • .発注 - レビュー
      注文明細、注文書(注文)、更新、繰延、および評価の管理に関する情報については、注文明細をレビュー注文書をレビュー更新を処理繰延注文明細をレビュー、およびトライアルを管理を参照してください。
    • 購入リクエスト - レビュー中 - 自分割り当てられました
    • 購入リクエスト - レビュー中 - 割り当てなし
      購入依頼の管理については、購入リクエストを管理を参照してください。
    • リーディングリスト - 割り当てなし
    • リーディングリスト - 割り当てなし - 完了
    • リーディングリスト - 割り当てなし - 処理中
    • リーディングリスト - 割り当てなし - 処理のための読み取り
    • リーディングリスト - 自分に割り当てられました - 処理のための読み取り
    • リーディングリスト - 自分に割り当てられました - 新規メモ付きのリスト
    • リーディングリスト - 割り当てなし - 新規メモ付きのリスト
      リーディングリストの管理については、リーディングリストを管理引用からアラートを削除を参照してください。
    • 評価中のトライアル  - 分析
    • 評価中のトライアル  - 下書き
    • 評価中のトライアル  - リクエスト済み
    • 引用に新しいファイルがあります
    • 引用 - 準備中
    • 引用 - 著作権承認待ち
    • 引用 - 進行中
    • (Legantoのお客様のみ)引用 - 破損としてマーク
    • 引用 - 処理準備完了
    • (Leganntoのお客様のみ)引用 - 自分に割り当てられました - 新しいメモがあります
    • (Legantoのお客様のみ)引用 - 割り当てなし - 新規メモあり
      引用の管理については、引用の管理を参照してください。
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 自分に割り当て - 下書き
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 自分に割り当て - 再送信
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 自分に割り当て - 提出済み
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 自分に割り当て - レビュー中
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 自分に割り当て - 返却
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 自分に割り当て - すべて
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 割り当てなし - 下書き
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 割り当てなし - 再送信
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 割り当てなし - 提出済み
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 割り当てなし - 返却
    • Esploroのお客様のみ)リサーチデポジット - 割り当てなし - すべて
      リサーチデポジットの管理については、リサーチデポジットの管理を参照してください。
    • DARAの推奨事項 - 推奨事項 - アクティブ
      詳細については、DARA - データ分析推奨アシスタントを参照してください。

    Almaを設定

    一部の設定オプションは、管理者以外でも使用できます。これらのオプションについては、必要に応じてドキュメントで説明しています。Almaの設定オプションの大部分は専用の設定ページで利用でき、管理者にのみ関連します。これらのページはAlma設定メニューにあり、ナビゲーションバーの下部にある設定ページリンクを選択してアクセスします。 
    Alma設定を開くには:
    1. アイコンを new_ui_config_link.png アイコンを選択します。次の変更が行われます:
      • Alma メインメニューがアルマ設定メニューに変わります。Almaメニューと区別するために、バーの色はユーザーインターフェイスのデフォルトの原色に変わり、 アイコンはデフォルトのAlmaアイコンと区別するために、歯車のアイコンとなります。 
      • 永続検索バーが消え、 代わりに、設定するユニットのドロップダウンが表示されます。 
      •  Almaのメインウィンドウの代わりに、専用画面が開きます。
    2. 上部のドロップダウンで、設定するユニットを選択します。 
    3. 受入など、設定する機能領域を選択し、必要な特定の設定ツールを見つけます。 
    4. Alma設定を閉じて、 Almaに残したタスクに 戻るには、 アイコンを選択します。back to Alma icon.jpg アイコン を選択します。
    設定アイコンをクリックしてAlmaメインメニューに戻ります
    Alma設定メニュー
    このドキュメントでは、設定メニューへの参照は、次のように、メニューおよびサブメニュー要素のパスを使用しています。設定メニュー > メインセクション > サブセクション > 固有のオプション、例えば設定メニュー > フルフィルメント > 場所 > リモートストレージです。結果のページがオプションのメニューでもある場合、これらのオプションはドキュメントにパスへの追加要素として表示される場合があります。
    Almaに戻るにはAlmaへ戻るを選択します。設定については、次のセクションを参照してください。
    機関または特定の図書館:Alma設定ページが設定ドロップダウンボックスの設定に場所を選択することが含まれます。検索ボックスにテキストを入力すると、設定オプションのリストがフィルタリングされ、入力したテキストに一致するオプションのみが含まれ、一致するオプションでテキストが強調表示されます。

    グローバルAlmaホットキー

     グローバルキーボードショートカットの長いリスト(ショートカットキー)は、Almaで利用可能です。ショートカットのカスタマイズページで完全なリストを表示することができます([ユーザーメニュー] > [ショートカットのカスタマイズ])。
    Altキーを押したときに始まるすべてのアクションについて、Altキーを押したときにアクションの文字または数字がページに表示されます。タブのあるページで、Alt キーを押したまタブ番号を入力し(複数の数字を含む場合も同様)、タブを開きます。Altキーを離すと、Almaが、入力した番号に対応するタブを開きます。
    tab_hot_keys_highlighted_NL.png
    ホットキーが強調表示されたユーザーの詳細
     一部のグローバルAlmaキーボードショートカットを無効にすることができます。あなたの言語の入力時、アクセントや分音記号を入力するために同じキーボードのキーの使用を必要とする場合、この設定が必要となるかもしれません。これを行うには、そのショートカットで スライダーを無効にします。無効にできるのは1つのAlmaショートカットのみで、別のAlmaショートカットを 同じアクションに 定義できないことに注意してください。
    追加のショートカットはユーザーサービス(ユーザーサービスを管理を参照)とアイテム返却を管理(アイテムを返却を参照)ページで利用可能です。
    MDエディタで使用可能なキーボードショートカットの詳細については、MDエディタメニューとツールバーオプションを参照してください。
    スラッシュキーは 新しいメタデータ エディターが使用されている場合は、永続的な検索バーにフォーカスを移動します。 この機能は、ユーザーが古いメタデータ エディタを使用している場合にのみサポートされます。 

    コピーオプションのテキストを選択します

    Almaでテキストを選択すると、テキストをコピーするオプションを備えた小さなポップアップメニューが表示されます。テキストをコピーするオプションを選択します。確認のチェックマークが短時間表示されます。
    expanded_icon.png
    コピーオプション
    expanded_icon.png
    コピーされた確認

    アイコン

    このセクションでは、Almaのさまざまな場所に表示されるアイコンを示します。検索結果アイコンも参照してください。

    情報アイコン

    Almaの一部のページ(注文明細の詳細ページなど)で情報アイコンを選択すると、info_icon_ux.png 特定のアイテムに関する追加情報を表示できます。[情報]アイコンを選択すると、ページ上のアイテムに関する情報を含むポップアップが表示されます:作成者、ユーザー/ジョブによる最終更新、および(該当する場合)情報による変更。
    info_icon_expanded_ux.png
    情報アイコンのポップアップ

    ユーザー情報

    さまざまなページや[ユーザーの詳細]ページなどのポップアップウィンドウで、ユーザー名の横にある[ユーザー情報]アイコンを選択すると、 user_information_ux.png ユーザー情報を表示できます。
    manage_sets_with_user_information_icon_highlighted.png
    作成者情報アイコン
    アイコンを選択して、ユーザー情報を表示します。
    user_information_icon_expanded_ux.png
    ユーザー情報
    管理者は、このポップアップボックスに表示するユーザー情報フィールドを定義できます。ポップアップのユーザー情報を設定を参照してください。

    情報アイコンを翻訳

    機関が複数の言語をサポートしている場合、Almaはメッセージやフィールド名などのシステム定義のUI要素をユーザーが選択した言語に翻訳します。ユーザーが選択した言語で特定の入力情報を表示できるようにすることもできます。機関の言語を設定を参照してください。
    Almaの限られた数のフィールドがこの機能をサポートしています。複数の言語が有効になっている場合、これらのフィールドは[翻訳情報]アイコンとともに表示されます translate_information_icon_ux.png.例:
    address_list_with_translation_icon_highlighted_NL.png
    住所リスト
    アイコンを選択して、他の有効な言語でフィールドの情報を入力できるダイアログボックスを開きます。
    翻訳ダイアログボックス
    翻訳ダイアログボックス

    メッセージ

    Almaは、ユーザーのアクションまたは欠落している情報または必要な情報に基づいて、多くのページにメッセージを返します。 ページの横の通知バーにメッセージが表示されます。 通知バーには、情報、エラー、成功のメッセージタイプがそれぞれ別のアイコンと色で表示されます。確認ダイアログボックスおよびその他の小さなペインでは、メッセージがページに表示されます(フローティングではありません)。メッセージを無視してもページで作業を続けると、メッセージはアイコンに最小化され、ページに残ります。

    • 成功 – 実行したアクションが成功しました。ジョブを開始するアクションの場合、成功とはジョブが正常に送信されたことだけを意味し、ジョブの結果が成功したことを意味しません。成功した後ジョブを提出後、メッセージでジョブ番号を選択して ジョブを管理ページを開くことができます(実行中のジョブを表示を参照)。

      Xを選択してメッセージを削除するか、>を選択してメッセージを最小化します。Ex Libris社によって有効にした場合、デフォルトで折りたたむを選択してこのページのすべての成功メッセージが初め折りたたまれた状態で表示されるようにできます。

      success_message_with_close_highlighted_NL.png

      成功メッセージ
    • エラー – アクションを実行できなかったか、失敗しました。メッセージには、利用可能な場合、失敗の理由が示されます(常駐メニュートラッキングIDを生成も参照)。 >を選択してメッセージを最小化します

      error_message_NL.png

      エラーメッセージ
    • 情報–通知する必要がある通常のイベントの表示。 Xを選択してメッセージを削除します。

      info_message_NL.png

      情報メッセージ

    タブ

    多くのページには、ページに収まらないほど多くの情報が含まれているか、サブページにグループ化された情報が含まれています。これらのページには、情報の上部にタブが含まれています。一部のページでは、タブ間を移動してもページの名前とページの上部(タブの上)に情報が残ります。他のページでは、新しいタブに移動するとページ名が変更され、トップ情報が削除または置換される場合があります。
    さらに、多くのページには同様の機能を持つタブが含まれています。詳細については、共通Almaタブを参照してください。

    「コンテンツあり」の表示

    ページに複数のタブが含まれている場合、 has_contents_indicator_icon.png 青いアイコンは、タブにユーザー設定またはシステム生成のコンテンツを含むテーブルまたはリストがあることを示します。
    例:
    tabs_with_content_indicators_highlighted._NLpng.png
    インジケーターありの例
    タブのフォームセクションには情報が含まれている場合がありますが、「コンテンツあり」の表示は、タブのテーブルまたはリストにコンテンツが含まれている場合にのみ表示されます。

    共通Almaタブ

    Almaの多くのページには、同様の機能を持つタブが含まれています。

    自分に割り当て済み、割り当てなし、他に割り当て済みタブ

    Almaのページには、あなたや他の人に割り当てられるタスクが含まれている場合があります。タスクは、オペレーターからの注意を待っているアイテムまたはリクエストです。タスクのあるページは、次の3つのタブに分かれています。
    • 自分に割り当てられている - これらのアイテムはあなたに割り当てられます。このタブにはほとんどのオプションがあり、通常はアイテムの割り当てを解除するオプションや、アイテムを別のオペレーターに割り当てるオプションが含まれます。
    • 割り当てなし - これらのアイテムはどのオペレーターにも割り当てられていません。このページでほとんどのアクションを実行できる場合がありますが、[自分に割り当て]タブで実行できるアクションほど多くは実行できません。関連する権限がある場合、このタブでは、アイテムの割り当てを解除したり、自分または他のオペレータにアイテムを割り当てたりすることもできます。
    • 他に割り当て - これらのアイテムは別のオペレーターに割り当てられます。このタブには、実行するアクションがほとんどありません。関連する権限がある場合、このタブを使用すると、アイテムの割り当てを解除したり、自分または他のオペレータにアイテムを割り当てたりできます。
    割り当ての変更を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。ターゲットオペレーターとオプションの注記を入力し、割り当てに関する電子メールをオペレーターに送信するかどうかを指定できます。
    assign_to_pane_ux.png
    割り当てダイアログボックス

    注記タブ

    注記タブでは、ページに関連する注記を表示、追加、または削除できます。次のような多くのAlmaページに表示されます。
    • 注文明細を編集する際の注文明細概要ページ
    • アイテムレコードを編集するときの物的アイテムエディターページ
    • ライセンスの詳細を編集するときのライセンス条項の詳細ページ
    • ベンダー情報を編集するときのベンダーの詳細ページ
    注記を追加を選択して注記を追加します。注記を編集するには、行アクションメニューから編集を選択します。
    po_line_notes_tab_ux_NL.png
    注記タブ
    edit_note_ux.png
    注記を編集
    このタブに「コンテンツがあります」という表示が表示されるのは、司書が注記を手動で追加した後のみです。
    注記を削除するには、行アクションメニューから削除を選択し、確認ダイアログボックスで確認を選択します。

    添付ファイルタブ

    添付ファイルタブで、ページに関連する添付ファイルを表示、添付、および削除できます。次のような多くのAlmaページに表示されます。
    • トライアル情報を編集するときの[トライアルの詳細]タブ
    • 請求書の編集時の請求書の詳細ページ
    • 取寄せリクエストを編集するときのリソースシェア取寄せリクエストページ。
    po_line_attachments_tab_ux_NL.png
    添付ファイルタブ
    • 添付ファイルを追加するには、添付ファイルを追加を選択します。ファイルの参照は、必要に応じて、URLおよび/または注記を追加し、添付ファイル追加を選択します。
    • 添付ファイルを編集するには、行アクションメニューで編集を選択します。
    • 添付ファイルを削除するには、行アクションメニューで削除を選択し、確認ダイアログボックスで確認を選択します。
    • ダウンロードフォルダに行アクションメニューのダウンロードを選択し、ダウンロードしたフォルダを閲覧して、OKを選択します。

    添付ファイルの最大サイズは25MBです。ユーザーに送信されたメールまたは注文明細ページに関するメールは、このタブに表示されます。

    履歴タブ

    履歴タブには、ページ上のフィールドへの変更の履歴が表示されます。
    フィールドの新しい値または削除された値は、変更と見なされます。フィールドに割り当てられた最初の値は、変更とはみなされません。
    タブは、次のような多くのAlmaページに表示されます。
    • 注文明細を編集する際の注文明細概要ページ
    • アイテムレコードを編集するときの物的アイテムエディターページ
    • ライセンスの詳細を編集するときのライセンス条項の詳細ページ
    po_line_history_tab_ux_NL.png
    履歴タブ
    いくつかの例では、履歴タブでは、リストに表示され、変更のタイプを変更することができるようにラジオボタンが含まれています。例:
    license_history_tab_with_report_type_radio_buttons_highlighted_ux_NL.png
    ラジオボタン付きの履歴タブ

    ドロップダウンとクイックピックリスト

    さまざまなドロップダウンリストで、フィールド名の一部を入力し、表示される一致する用語のリストから選択できます。
    new_ui_partially_matched_field_names.png
    入力されたテキストに一致する用語
    一部のドロップダウンリストでは、用語は展開可能な/折りたたみ可能なサブメニューにグループ化されます。
    advanced_search_field_filters.png
    マルチレベルドロップダウンリストの用語
    選択した最近の用語がリストの上部に表示されます。

    最近の用語は 時間に限定されません。常に最後に使用された5つのエンティティが表示されます。

    new_ui_recent_field_searches.png
    リストのトップで最近検索された用語
    クイックピックリストを使用すると、リストから項目を選択することもできますが、選択に関する詳細情報とコンテキストを提供します。クイックピックリストは、 selection_icon_ux.png フィールドのアイコンで識別できます。
    new_ui_selection_icon_on_page_NL.png
    クイックピックフィールド
    クイックピックリスト(ベンダー、予算、ユーザーなど)からアイテムを選択すると、リストは新しいページではなくオーバーレイペインに表示されます。  アイテムの行を選択してアイテムを選択します。このタイプのアイテムを以前に選択したことがある場合は、選択フィールドで[最近]アイコンを選択して、 new_ui_recent_item_icon.png 最近選択したアイテムを選択します。
    new_ui_selection_recent.png
    クイックピックリストでの最近の選択
    プライバシーの問題により、最近選択したアイテムは特定のページで無効になる場合があります。

    Almaのリストとテーブル

    このセクションでは、Almaのさまざまな場所に表示されるリストとテーブルを操作するのに役立つ情報を示します。

    共通テーブル/リストのタイプ

    このセクションは、Almaのリストとテーブルの 一般的なタイプを示しています。

    レコードリスト

    レコードリストが存在するページには、検索結果(アルマでの検索参照)、取寄せリクエスト(リソースシェア取寄せリクエストの管理参照)、リーディングリスト引用、ベンダーなどのAlmaレコードを縦に表示します。
    Electronic_Titles_Search_Results_in_the_Community_Tab_02.png
    電子タイトルは (電子コレクション/ポートフォリオの 有効化/利用可否のアイコンを示す 例)共同タブでの検索結果
    Electronic_Portfolios_Search_Results_in_the_Community_Tab_Part1_12.png
    電子ポートフォリオは 電子コレクション/ポートフォリオの 有効化/利用可否のアイコンを示す例)共同タブで検索 結果
    Portfolios_List_with_Activation_Availability_Icons_02.png
    ポートフォリオリスト ( 有効化/利用可否のアイコンを示す例付き)
    リストは次の項目と一緒に表示されます:
    リスト内の各アイテムは次の項目と一緒に表示されます:
    • リスト内のその番号
    • リスト内の複数のアイテムで実行できるページレベルのアクションがある場合は、チェックボックス
    • 通常、アイテムに関する詳細情報を表示できるページにリンクされているアイテムの名前
    • アイテムに関するその他のさまざまな情報フィールド
    • 行アクションリストを使用すると、アイテムに対してアクションを実行できます。リスト、表、および行アクションを参照してください
    • リスト内のアイテムを表示または編集した後にこのページに戻る場合、そのアイテムは強調表示されます(最後のアイテムの編集インジケーターを参照)。
    • 一部のページでは、各リスト項アイテムの下部にあるタブに追加情報が表示されます。例えば:
      • 検索結果の目録(目録/その他の詳細を参照)とリーディングリストの引用詳細(引用を管理を参照)が表示される場合があります。この情報を展開または折りたたむには、いずれかのタブを選択します。展開テーブルアクションが存在する場合は、すべてのタブ、または特定のタイプのすべてのタブは、デフォルトで展開されていることを事前に選択するためにそれを使用することができます。
      • 電子コレクションとポートフォリオの詳細は、[コミュニティ]タブの特定のタイトルで、有効化や利用可否を示すアイコンで展開できます。追加情報については、アイコンのツールチップを参照してください。
    複数の値を持つレコードリストフィールド
    リポジトリ検索結果の一部のフィールドには、複数の値が含まれる場合があります。例えば、 すべてのタイトル物的タイトル電子タイトル、およびデジタルタイトルリポジトリ検索結果で、カタログレコードに複数の035 $a入力がある場合、レコード番号フィールドに複数の値が表示されます。フィールドに複数の値がある場合は、検索結果が 複数の値のアイコンが表示されます( Downward_Pointing_Double_Arrows_02.png ).複数値アイコンを選択して、フィールドのすべての値を表示します。 レコード番号フィールドの場合は、複数の035 $aの値が MDエディタと同じ順序で一覧表示されます。
    Record_Number_with_Multiple_035_Subfield_a_Entries_02.png
    複数の035 $ aエントリを持つレコード番号
    表示される値は、コピー/貼り付けアクション用にコピーでき、リストをエクスポートアイコンを使用してエクスポートできます。複数の値がExcelにエクスポートされる場合、それらはセミコロンで連結および区切られます。
    Record_Number_with_Multiple_035_Subfield_a_Entries_Exported_to_Excel_02.png
    複数の035 $aエントリがExcelにエクスポートされたレコード番号
    単一レコード検索からのレコードリスト
    選択する単一のレコードを検索した結果、レコードリストを表示しているとき(注文明細の書誌レコードを変更を選択するなど)、レコード行の任意の場所を選択してレコードを選択することができます。
    レコードリストの外観を設定
    レコードリストに表示されるフィールド、列、およびアクションを設定できます。テーブルアクションリストの[列表示の管理] アイコンを選択して、 configure_repostory_list_icon_ux.png 設定ペインを開きます。
    search_results_01_with_configure_icon_highlighted_NL.png
    レコードリスト
    ペインが完全に展開されて表示されない場合があります。選択ペインをすべて展開を表示します。
    new_ui_configure_repository_list_pane_expanded.png
    リポジトリ検索 - 設定ペインの展開
    ビューをカスタマイズ
    レコードリストの各アイテムに表示されるフィールドを設定できます。列のレイアウトを選択して、列の数を変更します。列間でフィールドをドラッグアンドドロップします。フィールドのチェックボックスをオフにして、フィールドを非表示にします。
    アクションオーダー
    アクションをドラッグアンドドロップして、2つのアクションボタンとして表示するアクションを設定できます。また、リポジトリ項目を右クリックしたときに表示されないようにアクションをクリアすることもできます( ...メニューを選択すると、アクションが引き続き表示されることに注意してください)。
    • エントリにフィールドの値が含まれていない場合、 リスト内のエントリにはフィールドは表示されません。
    • 現在、ページで利用可能な行のアクション、行アクションのリストが表示される場合もあります(これらのアクションは、ページに表示されない場合でも、リストを作成するエントリの種類に対して実行できるすべてのアクションを設定するときエントリが注文明細であるページで顕著です)。設定中に表示するように選択した行アクションに関係なく、アクションがページまたはエントリに関連しない場合、行アクションには表示されません。
    このページの列を カスタマイズ すると、[列表示の管理]アイコンの右下隅に小さな緑色の点が表示されます。 configure_repostory_list_icon_customized_ux.png.アイコンをもう一度選択すると、 リストをデフォルトに復元する オプションが表示されます。選択すると、フィールドとアクションがデフォルト設定に復元されます。

    リストテーブル

    リストテーブルには、1つ以上の要素がテーブルフォーマットでページの垂直方向に表示されます。たとえば、リーディングリストのタスクリストページ。リソース、タスク、注文、またはオペレータの注意を必要とするユーザーのリスト(その他のタブに割り当て、割り当てなし、自分に割り当てられたタスクリストのタスクを参照してください):多くの場合、利用者に対して本タスクに使用されています。
    reading_lists_tasks_list.png
    指定リーディングリスト タスクリスト
    リストテーブルは次のものとともに表示されます。
    • タスクのリストを表示する場合、通常、表には自分に割り当て割り当てなし、および他に割り当てタブが含まれます。[自分に割り当て済み]、[割り当てなし]、[他のユーザーに割り当て済み]タブを参照してください。
    • テーブルアクションリスト(存在する場合)。リスト、表、および行アクションを参照してください。
      • 最後から2番目のリンクは、 export_menu_ux.png テーブルに表示されている要素をExcelにエクスポートするオプションです(Excelへのエクスポートを参照)。
      • 最後のリンクを使用すると、 configure_repostory_list_icon_ux.png 表示される列をカスタマイズできます。選択または選択解除列をテーブルに表示し、その後、完了を選択します。詳細については、テーブルの列を使用した作業を参照してください。
    • 場合によっては、リストを並べ替えるオプションがあります。上へ移動または下へ移動列の上下矢印を選択すると、アイテムを上下に移動することができます。または、ドラッグアンドドロップアイコンを選択してドラッグすることで、アイテムをドラッグアンドドロップできる場合があります。 Drag and Drop icon.png.選択した行が強調表示され、行をテーブルの上下にドラッグすると、他の行の下または上に空白のバーが表示され、選択したアイテムがドロップされる場所が示されます。
    • 必要に応じて、ページネーションオプション(ページネーションを参照)
    • リスト上のアイテムをフィルタリングするためのファセット(ファセット、フィルター、および二次検索を参照)
    リストテーブルの各アイテムには、次のものが表示されます:
    • リスト内のその番号
    • アイテムに関するさまざまな情報フィールド
    • 行アクションリストを使用すると、アイテムに対してアクションを実行できます。リスト、表、および行アクションを参照してください。
    • リスト内のアイテムを表示または編集した後にこのページに戻る場合、そのアイテムは強調表示されます(最後のアイテムの編集インジケーターを参照)。

    コードテーブル

    通常、コードテーブルは管理者のみが使用できます。これらは、Almaのその他のエリアでドロップダウンリストとして使用可能なオプションのリストを表示します。
    vat_codes_ux_NL.png
    配送方法コードテーブル
    コードテーブルは次の形式で表示されます。
    • ページタイトルコードテーブル
    • テーブルに関する基本情報を含む要約ヘッダー
    • テーブルアクションリスト(存在する場合)。リスト、表、および行アクションを参照してください。
    • 変更をキャンセルまたは保存/カスタマイズで変更を保存するオプション
    リスト内の各アイテムは次の項目と一緒に表示されます:
    • リスト内のその番号
    • スライダーを切り替えて要素を有効/無効にするオプション。 青いスライダーは、 enabled_ux.png 要素が有効になっていることを示します。灰色のスライダーは、 disabled_ux.png 要素が無効になっていることを示します。これらのスライダーは、すべてのコードテーブルで機能するわけではありません。スライダーの色がミュートされている場合(enabled_ux_muted.png / disabled_ux_muted.png )、値を変更するには、 まずカスタマイズ行アクションを使用して行を有効にする必要があります。
    • 上へ移動または下へ移動列の上下矢印を選択することによる、アイテムを上下に移動するオプション
    • アイテムのコードと説明。これらは多くの場合、直接、またはアイテムの行アクションリストでカスタマイズを選択した後に変更できます。テーブルに変更を加えた後保存を選択します。
    • デフォルト値としてアイテムの1つを選択するオプション。選択できる値は1つだけです。一部のテーブルでは、この値が無効になっているか、関連性がない場合があります。
    • 要素を最後に変更したユーザーと最後の変更の日付
    • 行アクションリスト、通常、リストをまだカスタマイズしていない場合は少なくともオプションカスタマイズが含まれています。リストがある場合は復元です。元の値にリセット行を復元を選択します。行アクションを選択した後、変更を保存するには、ページの上部に保存を選択します。利用可能な場合、削除を選択して行を削除します。

    マッピングテーブル

    通常、マッピングテーブルは管理者のみが使用できます。これらは、Almaの他の領域を制御する設定可能な要素を表示します。
    vat_codes_ux_NL.png
    VATコードマッピングテーブル
    マッピングテーブルは次のように表示されます:
    • ページタイトルマッピングテーブル
    • テーブルに関する基本情報を含む要約ヘッダー
    • テーブルアクションリスト(存在する場合)。リスト、表、および行アクションを参照してください。
      • 利用可能な場合、行を追加で新しい行を追加することができます(テーブルに明細を追加を参照)。
      • 最後のリンクを使用すると、 export_menu_ux.png テーブルに表示されている要素をExcelにエクスポートするオプションです(Excelへのエクスポートを参照)。
    • 変更をキャンセルまたは保存で変更を保存するオプション
    リスト内の各アイテムは次の項目と一緒に表示されます:
    • リスト内のその番号
    • スライダーを切り替えて要素を有効/無効にするオプション。 青いスライダーは、 enabled_ux.png 要素が有効になっていることを示します。灰色のスライダーは、 disabled_ux.png 要素が無効になっていることを示します。これらのスライダーは、すべてのマッピングテーブルで機能するわけではありません。スライダーの色がミュートされている場合(enabled_ux_muted.png / disabled_ux_muted.png )、値を変更するには、 まずカスタマイズ行アクションを使用して行を有効にする必要があります。
    • アイテムのキー(コード)およびその他の情報。キー以外のこれらの値は、直接またはアイテムの行アクションリストでカスタマイズを選択した後に変更できます。テーブルに変更を加えた後保存を選択します。
    • 要素を最後に変更したユーザーと最後の変更の日付
    • 行アクションリスト、通常、リストをまだカスタマイズしていない場合は少なくともオプションカスタマイズが含まれています。リストがある場合は復元です。元の値にリセット行を復元を選択します。行アクションを選択した後、変更を保存するには、ページの上部に保存を選択します。利用可能な場合、削除を選択して行を削除します。

    ルールテーブル

    通常、ルールテーブルは管理者のみが使用できます。これらには、Almaが何らかのプロセスの過程で自動的に実行する一連のチェックが含まれています。たとえば、請求書がレビュー用に送信されるか自動的に承認されるかを決定するルール、そして 購入リクエストがリーディングリストに追加された引用に対して自動的に生成されるかどうかを決定するルールがあります。
    purchase_review_rules_ux.png
    購入レビュールール
    • 各ルールには、評価されている現在のオブジェクトにルールが適用されるかどうかを確認するためのAlmaの1つ以上の基準があります。
    • ユーザーの取り置きリクエストなど、関連するプロセスがAlmaで発生すると、Almaは関連するルールテーブル内の有効な各ルールを、リストの最初のルールから順番に確認します。評価されているオブジェクトに一致する基準を持つルールが見つかった場合、Almaはそのルールで指定されたアクションを実行します。Almaが一致を検出すると、Almaはリスト内の他のルールをチェックしません。
    • 有効なルールが評価対象のオブジェクトに一致しない場合、デフォルトのルールがあればそれがチェックされます。
    • 有効なルールが評価されるオブジェクトに一致せず、デフォルトルールも適用されない場合(またはデフォルトルールがない場合)、Almaはデフォルトアクションを実行します。通常、これは「何もしない」ですが、特定のプロセスには異なるデフォルトアクションが適用される場合があります。場合によっては、顧客パラメータを使用してデフォルトアクションを指定できます。
    • 上記の詳細または例外については、関連するドキュメントページを参照してください。
    ルールテーブルで次のアクションを実行できます。
    • ルールを追加します:表のアクションリストでルールを追加を選択します。新しいルールがリストの最後に追加されます。デフォルトでは、新しいルールはそれぞれ有効になっています。
    • 編集ルール:行アクションリストの編集を選択します。
    • 複製ルール:行アクションリストで複製を選択します。必要に応じてルールを編集します。新しいルールがリストの最後に追加されます。デフォルトでは、新しいルールはそれぞれ有効になっています。
    • ルールを削除します:行のアクションリストで削除を選択します。
    • ルールの有効化/無効化:スライダーを切り替えます。青いスライダーは、 enabled_ux.png ルールが有効になっていることを示します。灰色のスライダーは、 disabled_ux.png ルールが無効になっていることを示します。
    • ルールの順序を変更:リスト内で上下に移動させたいルールについて、上へ移動または下へ移動列の上下矢印を選択します。
    ルールを追加または編集すると、次のようなページが表示されます。
    shipping_cost_lender_rules_ux.png
    発送コスト - 貸し手ルール
    • 各ルールには名前が必要です。オプションの説明を入力することもできます。
    • 入力パラメータ領域で、ルールの複数の条件を入力できます。ほとんどのページでは、基準を追加するにはパラメータを追加を選択します(受入ページでは、すべての条件が既にそれぞれの列に入力されています)。基準を編集または削除できます。
    • 各基準は3つの要素で構成されます。
      • 名前 - 評価する側面(書籍をスキャンしたユーザーのユーザーグループやリクエストが行われた日付など)。
      • オペレーター - 評価オペレーター、=, <>等しくないリストにありますリストにありません空です空ではありません、または含まれています
      • - マッチング値または値(リストにありますリストにありませんについては、該当するものをすべて選択します)。
    • 各入力パラメーター(名前)は、ルールごとに1回だけ選択できます。
    • 出力パラメータ領域で、(一部のページでは、この領域をワークフローの設定と呼びます)、関連するドキュメントページで説明されているように、実行するアクションを入力または選択します。値は、単に、Almaは、特定の処理を実行するか否かを示す、TrueまたはFalseであってもよいです。または、入力または選択する値がいくつかある場合があります。
    • 変更を行った後、保存を選択します。
    上記の例では、このルールがトリガーされると、リソース共有パートナーのEast FNにアイテムを貸し出す際に10 USDの手数料が送料に追加されます。番号の小さいルールがトリガーされると、基準が貸出リクエストに一致しても、このルールで指定されたアクション(送料に10米ドルを追加)は適用されないことに注意してください。

    リスト、表、および行アクション

    テーブルまたはリストを含むページには、テーブルまたはリスト全体、またはテーブルまたはリストで選択されたすべてのアイテムに適用されるアクションが表示される場合があります。このリストはテーブルアクションリストと呼ばれ、テーブルの上部に表示されます。表示するアクションが多すぎる場合は、表示されたアクションの右側にあるアクションメニューで追加のアクションを使用できます。アクションのいずれかを選択したアイテムのみに適用することができる場合、またはページレベルのアクション(選択など)が選択したアイテムのみに適用することができる場合、テーブルまたはリストの各項目がチェックボックスと共に表示されます。
    table_actions_list_NL.png
    貸出アクションリスト
    すべてのテーブルアクションリストには、リストのすべてまたは一部をMicrosoftExcelファイルにエクスポートするオプションを備えた[エクスポートメニュー] export_menu_ux.pngアイコンが含まれています。Excelへエクスポートを参照してください。テーブルの上にあるもう1つの一般的なテーブルアクションは、行の追加です。表に行を追加を参照してください。コードテーブルを使用すると、行を一括して追加できます。参照コード表の情報をインポートするを参照してください。
    テーブルまたはリスト内の行は、行の特定の項目に適用されるアクションである行アクションリストを含みます。リストの右側にある...メニューから、またはリンクを直接右クリックしていない限り、行の任意の場所でアイテムを右クリックして、行アクションリストにアクセスできます。一部のリストでは、1つまたは2つのアクションが行に直接表示される場合があります。
    right_click_menu.png
    行アクションリスト

    テーブルに行を追加します

    ほとんどのテーブルで、テーブル上部の行を追加または<X>を追加を選択することで新しい項目を追加できます。新しい行の情報を入力するペインが表示されます。
    user_details_identifiers_with_add_identifier_highlighted_NL.png
    行テーブルアクションの追加
    必要な情報またはオプションの情報を入力するか、ドロップダウンリストから値を選択し、ペインで追加または<X>を追加(ペインを閉じずにアイテムを追加する場合)または追加して閉じるを選択します。すべての(非自明の)フィールドについては、このガイドの関連ドキュメントのページで説明しています。
    複数の行を追加できるページ内の領域(注文済みアイテムの場所など)では、領域上部の<X>を追加も使います。
    new_ui_add_x_dropdowns.png
    テーブルに行を追加

    コードのインポートとテーブル情報のマッピング

    多くのコードテーブルおよびマッピングテーブルでは、テーブルアクションリストで[インポート]を選択して、データをテーブルに一括インポートできます。情報をインポートすると、テーブル内の既存のすべてのエントリが 上書きされます。
    shipping_method_ux_with_import_highlighted_NL.png
    コードテーブルのインポートボタン
    Excelファイルは、*。xlsxまたは*.xsl形式でインポートできます。
    コードテーブルの場合: 
    • ExcelシートにはCodeTableという名前を付ける必要があります
    • ターゲットに一致させるには、 列に Code とDescription (大文字と小文字を区別) という名前を付ける必要があるため、コードテーブルをエクスポートした後、 列の名前をこれらの値に変更します。
    マッピングテーブルの場合:
    • Excelシート が特定の構造になっている必要があります。以下に説明するように、既存のテーブルをエクスポートして既存の値と構造(該当する場合)を取得し、変更を加えてから、変更をAlmaにインポートして戻すことをお勧めします。
    コードテーブル情報をインポートするには:
    1. エクスポート > Excelを使用してファイルをエクスポートします(Excelへエクスポートを参照)。
    2. Excelファイルを開いて、Excelシートコードテーブルの名前を変更します。
    3. 変更を加えてファイルを保存します。Excelファイルに重複する行がないようにしてください。
    4. 関連ページにインポートを選択します。[テーブルのインポート]ページが表示されます。
    5. あなたのファイルを見つけるためにブラウズを選択します。
    6. インポートを選択してファイルをアップロードします。ファイルの内容がページに表示されます。
    7. 変更を確認し、インポートを選択して、変更をAlmaにインポートします。
    マッピングテーブル情報をエクスポートするには:
    •  コードテーブルの場合と同じプロセスですが、ファイルを変更したり 名前を変更したりする必要はありません。  

      Excelファイルの構造には、データを理解するのに役立つ説明の列に加えて、Almaにインポートして戻される実際のコードが含まれていますが、インポートされません。説明の値は重複することができます。さらに、Excelファイルには、Almaにインポートされない追加のシートが含まれており、Almaドロップダウンに挿入できるコードと値の完全なリストが提供されます。 これらのコードと値の組み合わせについてAlmaを参照する代わりに、Excelファイルに新しい行を追加するときにこれらのシートを使用できます。  

       Almaにインポートして戻される コードに 重複する行を含めることはできません。

      import mapping tables excel file example 1.png

    Excelへエクスポートする

    リストまたはテーブルを含むページでは、[エクスポートメニュー]アイコンを選択して export_menu_ux.png[Excel]を選択することにより、リストをExcelにエクスポートできます。非表示列のあるテーブルをエクスポートする場合、表示列のみをエクスポートするか、非表示列を含むすべての列をエクスポートするかを選択できます。
    export_options_ux.png
    エクスポートオプション
    一度にExcelにエクスポートできる行数は、100,000行の制限があります。エクスポートする情報の量が制限を超えている場合、Excelオプションの上にマウスを移動すると、ツールチップに制限が表示されます。リストをフィルタリングして、制限を下回ります。それ以外の場合は、最初の100,000のみがエクスポートされます。
    エクスポート中、Almaは進行状況バーを表示します。ダウンロードはフォアグラウンドで進行します。ダウンロードの進行中に、[キャンセル]を選択して進行中のダウンロードをキャンセルできます
    ダウンロードを待たない場合は、代わりにセットを作成し、ジョブを実行してセットをエクスポートできます。詳細については、定義済みセットで手動ジョブを実行を参照してください。
    有効列を持つテーブルは、有効の場合ははい、無効の場合はいいえの値でエクスポートされます。

    表および行レベルのカスタマイズモード

    一部のコードおよびマッピングテーブルでは、テーブルの各行が独立したユニットとして機能し、独立してカスタマイズされますが、他のテーブルは単一のユニットとして機能してすべての行が一緒にカスタマイズされます。カスタマイズモードフィールドは、テーブルがテーブルレベルで設定されているか(テーブル全体をカスタマイズする必要があります) または行レベルで設定されているか(特定の行をカスタマイズできます)を示します。カスタマイズモードがテーブル全体をカスタマイズする必要がありますのテーブルをカスタマイズした場合、将来のリリースでEx Libris社がこのテーブルに追加した新しい行はテーブルに追加されません。カスタマイズモードが特定の行をカスタマイズできますのテーブルをカスタマイズした場合、将来のリリースでEx Libris社がこのテーブルに追加した新しい行もテーブルに追加されます。
    customization_mode_entire_ux_NL.png
    テーブルレベルのカスタマイズ
    customization_mode_specific_ux_NL.png
    行レベルのカスタマイズ

    コードテーブルラベルの翻訳

    多言語機関は、一部のコードテーブルラベルの翻訳を構成できます。機関の言語を設定を参照してください。ワークフローは、テーブルがテーブルレベルで構成されているか行レベルで構成されているかによって異なります(テーブルおよび行レベルのカスタマイズモードを参照)。
    テーブルレベルでカスタマイズされたテーブルの翻訳をカスタマイズするには:
    1. 言語フィルターを英語以外の言語に変更します。
    2. 翻訳列のテキストを編集します。
       翻訳列 の列ヘッダを言語名に更新する必要があります。
    3. [保存]を選択します。
      shipping_method_ux_with_translation_highlighted_NL.png
      テーブルレベルのカスタマイズ
    表中の翻訳の変更を復元するには、テーブルのアクション・リストのデフォルトの翻訳を復元を選択します。
    行レベルでカスタマイズされたテーブルの翻訳をカスタマイズするには:
    1. 言語フィルターを英語以外の言語に変更します。
    2. 行アクションリストでカスタマイズを選択して行をカスタマイズするか、表アクションリストで全てをカスタマイズを選択してテーブルのすべての行をカスタマイズ可能にします。
    3. 翻訳列のテキストを編集します。
       翻訳列 の列ヘッダを言語名に更新する必要があります。
    4. [保存]を選択します。
      discovery_interface_labels_with_translations_ux_NL.png
      行レベルのカスタマイズ
    表中の翻訳の変更を復元するには、復元したい行の行アクションリストで翻訳を復元を選択するか、表のすべての行の翻訳を復元するには、表アクションリストでデフォルトの翻訳を復元を選択します。

    ファセット、フィルタ、およびセカンダリ検索

    ファセット、フィルター、および2次検索を使用して、リストまたはリストテーブル内のアイテムをフィルターできます。これらの一部またはすべては、リストを含むページに表示されます。

    ファセットとフィルタ

    リストの左側のファセットは、ページの1つ以上のフィールドまたは列と一致します。これらの各ファセットの下には、そのフィールドで使用可能な値の1つがあり、その値に一致する現在フィルタリングされていないアイテムの数が(括弧内に)続きます。値のいずれかを選択して、リスト内の項目を選択した値に一致する項目のみにフィルターします。選択された値がXでリストの上に表示されます。フィルターからその値を削除するXを選択します。
    facets_ux.png
    リポジトリ検索
    一部のフィルターは永続的で、ページが最初にロードされたときにリストに表示されます。フィルタの初期値は、(取寄せリクエストに関する上記の数値で)有効リクエストのみなど、最も一般的な値に予め選択されている場合があります。
    ファセットとフィルターはすべて単一選択です。特定のファセットまたはフィルターに対して複数の値を選択することはできません。

    ファセットパネルバーは、 表示されたまま、ページ上により多くのスペースを提供するために折りたたむことができます。いつでも再拡張できます。

    折りたたんだ状態 折りたたまれた状態でのファセットの表示 復元

    ファセットという言葉の横にある<<を選択すると、ファセットペインを最小化することができます。パネルは、画面の左側にある小さなストライプに折りたたまれます。

    facets_minimized.png

    ファセットストライプの上にマウスを置くと、ファセットを表示できます。

    facets_expanded_while_hovering.png

    [ファセット]ペインを復元するには、>>を選択します。

    二次検索

    上の図では、セカンダリ検索ボックスも表示できます。テーブルの上に表示される場合、セカンダリ検索はテーブルの別の種類のフィルターとして機能します。フィールドのドロップダウンリストから値を選択し、テキストを入力し、 search_icon_ux.png 検索アイコンを選択してリストをフィルタリングします。この検索は「次を含む」検索であることに注意してください(「共有」検索であるリソース共有パートナーリストのコード検索を除く)。
    キーボードのスラッシュ/を押すと、キーボードフォーカスをページ上のセカンダリ検索ボックスに移動できます。
    secondary_search_ux.png
    二次検索
    Almaの他のさまざまなページでは、二次検索を使用して、特定のアクションを実行するユーザーやベンダーなどのレコードを検索または選択できます。これらの二次検索は、プレーンテキストフィールドまたはクイックピックリストのいずれかです( ドロップダウンリストとクイックピックリストを参照)。

    ページ割り

    大量の要素を含む一部のリストおよびリストテーブルは、ページ分割されます。例:
    pagination_ux.png
    ページ割り
    ページネーションには、現在のページとページの総数が含まれます。通常、各ページにはデフォルトで10レコードまたは20レコードが表示されます。他のページに移動するには:
    • 前のページまたは次のページを表示するには、矢印 < または > (またはAlt-、またはAlt-を押します)のいずれかを選択します 。
    • ページ番号を選択して、そのページを表示します。
    • 小さなテキストボックスにページ番号を入力して、そのページを表示するGoを選択します。
    • 1ページあたりの行数を選択できます。一部のページでは、範囲は10〜50です。他のページでは、20〜100です。
      results_per_page.png
      ページごとの結果ツール
    • Almaは、ページ間を移動するときに行った選択を保持しません(例外:Almaは、ページごとの結果の選択を記憶しています)。ページ上のすべてのアクションは、そのページで行った選択にのみ適用されます。
    • 下部のページ割りが表示されていない場合、ページの下部にページ割り要素の小さなフローティングバージョンが表示されます。浮動改ページが表示されているときに、特定のページに移動するには、、ページ番号を選択し、新しいページ番号を入力し、Enterーを押します。

    最終アイテム編集インジケータ

    リストまたはテーブル内のアイテムを編集(または表示)し、リストまたはテーブルに戻ると、ページは作業中のアイテムに自動的にスクロールし、アイテムの横にバーが表示されます。例:
    list_last_item_edited_ux.png
    最終アイテム編集インジケータ

    表の列を取り扱う

    次の方法で、Alma全体のリストおよびテーブルの列をカスタマイズできます。
    • 上向き/下向きの三角形がある列の場合、列見出しを選択して、その列でテーブル内の行を並べ替えることができます。列見出しをもう一度選択して、昇順と降順を切り替えます。
      テーブルを並べ替えると、テーブル内の行の順序が変更され、選択した並べ替えは、ページを離れてページに戻ったときに保持されます。ただし、テーブル内のアイテムがAlmaの他の領域にどのように表示されるかに、ソートは影響しません。たとえば、[ユーザーの検索と管理]ページでユーザーをアルファベットの降順(ZからA)で並べ替えた場合、ユーザーにタスクを割り当てることを選択すると、関連するユーザーのリストがアルファベットの昇順(AからZ)で表示されます。
    • テーブルの列の幅を変更するには、2つの列見出しから選択します。
    • 表の列の順序を変更するには、列見出しを選択して左右にドラッグします。
    • テーブルアクションリストで選択して、 configure_repostory_list_icon_ux.png 列を表示および非表示にします。レコードリストの列を構成するには、 レコードリストを参照してください。
      configure_columns_ux.png
      列ペインの表示/非表示
      • 列のチェックボックスをオフにし、完了を選択して列を非表示にします。
      • 非表示の列のチェックボックスを選択し、完了を選択して表示します。
      • リストのデフォルトを復元を選択して、すべての列をデフォルに復元します。
      以前にこのページ上の列をカスタマイズした場合、アイコンの右下隅に小さな緑色のドットが表示されます。 configure_repostory_list_icon_customized_ux.png.アイコンを選択すると、リストのデフォルトを復元するオプションが表示されます。列をそのまま使用できる設定に戻す場合に選択します。
    • 行のリストアクションである隠されたアイテムを表示するを選択し、その列で非表示になっているポップアップを全て表示します。例:
    hidden_columns_list_ux.png
    非表示列のリスト
    別のページに移動したり、ログアウトしたりした後、各リストのカスタマイズは保持されます。
    この機能を記述した動画については、非表示の列を表示を参照してください。
    • Was this article helpful?