Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    COUNTER準拠の使用状況データを管理

    Translatable
    Almaは、COUNTERフォーマットでコンテンツプロバイダーによって提供される電子リソース使用状況の統計情報を収集し、報告することができます。これらのレポートへアクセスすることで、図書館員は機関内での使用を分析および理解するためのより多くのオプションを利用できます。COUNTERレポートは、Almaアナリティックスではさまざまな形式で、またAlmaユーザーインターフェイスでは特定のケースで表示できます。
    COUNTER(ネットワーク接続電子リソースのオンライン利用を計数)準拠の利用統計については、https://www.projectcounter.org/を参照してください。

    多くのベンダーは、COUNTERリポートの形式で機関の使用状況に関するCOUNTER統計を提供できます。 これらのCOUNTERリポートは、次の2つの方法のいずれかでAlmaにロードできます。

    1. 手動でアップロード
    2. SUSHIプロトコル(標準化された使用統計収集イニシアチブ)を介して自動的にアップロード(収集)

    SUSHIプロトコルを使用できるかどうかは、ベンダーがこのプロトコルに準拠しているかどうかに依存することに注意してください。

    R5およびR4のSUSHI ベンダーリストについては、SUSHIベンダーリストを参照してください。

    COUNTER R5レポートタイプ

    COUNTERの使用状況データは、多くの異なるパッケージ済みタイプ(レポート)で提供されます。2020年1月現在、AlmaはCOUNTERリリース5 完全対応 です。 説明でのプラットフォームはベンダーインターフェイスを指します。リリース5では、すべてのSUSHIレポートがJSON形式で返されます。 
    詳細については、こちらを参照してください。
    次の表で、レポートの種類 (*でマークされた)は、将来のリリースでサポートされる予定です。
    サポートされているCOUNTERレポートタイプ
    レポートタイプ レポート名 説明 手動アップロード(xlsx、xls、csv、tsv、ssv、txt形式) SUSHI Harvestまたは手動アップロード(JSON形式)
    *BTR1 書籍名リポート1

     

    特定の書籍の有効性を評価するために必要な主要なリクエストのメトリックに関するリポート。 Y Y
    *BTR2 書籍名リポート2 同時使用ライセンスを超えたため、または機関に書籍のライセンスがなかったためにユーザーがアクセスを拒否された書籍のアクセス拒否アクティビティに関するリポート。 Y Y
    DR データベースマスターレポート データベースごとにアクティビティを詳述するカスタマイズ可能なレポートで、 ユーザー は フィルター を適用でき、その他の設定オプションも選択できます。 Y Y
    DR_D1 データベース 検索 および アイテム の利用 データベースの評価に必要な主要な検索、調査、およびリクエストのメトリックに関するレポート。 Y Y
    DR_D2 データベースへのアクセスが拒否されました データベースの アクセスが拒否されました アクティビティに関するレポートで、同時使用ライセンスを超過したため、またはユーザーの 機関 がそのデータベースの ライセンス を持っていなかったためにアクセスを拒否された場合のものです。 Y Y
    *DR1 データベースレポート1 データベースまたはコレクションの有効性を評価するために必要な主要な検索およびリクエストのメトリックに関するリポート。 Y Y
    *DR2 データベースレポート2 同時使用ライセンスを超えたため、または所属機関にデータベースのライセンスがなかったためにユーザーがアクセスを拒否されたデータベースのアクセス拒否アクティビティに関するリポート。 Y Y
    *DRx 拡張データベースリポート データベース/コレクションレベルでキャプチャおよび要約されたメトリックに関する柔軟で詳細なリポート。 Y Y
    IR 拡張アイテムリポート アイテム(記事、章、メディアオブジェクトなど)のレベルでのアクティビティを示す詳細でカスタマイズ可能なレポート。これにより、ユーザーはオンラインリソースにアクセスして、フィルターを適用したり、他の設定オプションを選択したりできます。 Y Y
    IR_A1 ジャーナル記事のリクエスト 記事レベルでのジャーナル記事リクエストに関するレポート。このレポートは、Data_Typeが記事、Parent_Data_Typeがジャーナル、Metric_TypesがTotal_Item_RequestsおよびUnique_Item_Requestsのコンテンツに限定されています。 Y Y
    IR_M1 マルチメディアアイテムのリクエスト アイテムレベルでのマルチメディアリクエストのレポート。 Y Y
    *JTR1 ジャーナルタイトルリポート1 特定のジャーナルの有効性を評価するために必要な主要なリクエストのメトリックに関するリポート。 Y Y
    *JTR2 ジャーナルタイトルリポート2 同時使用ライセンスを超えた、または所属機関にジャーナルのライセンスがなかったためにユーザーがアクセスを拒否されたジャーナル記事のアクセス拒否アクティビティに関するリポート。 Y Y
    *PDAR1 プロバイダー検出記事リポート1 記事および顧客ごとのリクエストおよび調査活動に関するリポート。 Y Y
    *PDDR1 プロバイダー検出データベースリポート1 データベースと顧客によるリクエストと調査活動に関するリポート。 Y Y
    *PDTR1 プロバイダー検出タイトルリポート1 タイトルおよび顧客ごとのリクエストおよび調査活動に関するリポート。 Y Y
    PR プラットフォームマスターレポート コンテンツプロバイダーのプラットフォーム全体のアクティビティを要約するカスタマイズ可能なレポートで、 ユーザー は フィルター を適用でき、その他の設定オプションも選択できます。 Y Y
    PR_P1 プラットフォームの利用 Metric_Typeごとに要約されたプラットフォームレベルの使用状況。 Y Y
    *PR1 プラットホームレポート 1 検索、リクエスト、およびアクセス拒否の最も一般的なメトリックタイプの使用法の概要を提供します。 Y Y
    *PRx 拡張プラットフォームリポート プラットフォームレベルでキャプチャおよび要約されたメトリックに関する柔軟で詳細なリポート。 Y Y
    TR タイトルマスターレポート タイトルレベル(ジャーナル、書籍など)でのアクティビティを詳述するカスタマイズ可能なレポートで ユーザー は フィルター を適用でき、その他の設定オプションも選択できます。 Y Y

    TRレポートがカスタマイズされた場合、Almaはそれを収集しないため、手動でアップロードする必要があります。

    TR_B1 書籍リクエスト(OA_Goldを除く) ゴールド オープンアクセス コンテンツを除く、書籍のフルテキストアクティビティに関するレポートで、Total_Item_RequestsおよびUnique_Title_Requestsとしてのものです。Unique_Title_Requestsは、 書籍 プラットフォーム全体で同等の使用状況を提供します。Total_Item_Requestsは全体的なアクティビティを示します。ただし、サイト間の数は、コンテンツの配信方法(例:完全な 書籍 または章ごとに配信される)によって大きく異なります。 Y Y
    TR_B2 書籍へのアクセスが拒否されました 書籍の アクセスが拒否されました アクティビティに関するレポートで、同時使用ライセンスを超過したため、またはユーザーの 機関 がその書籍の ライセンス を持っていなかったためにアクセスを拒否された場合のものです。 Y Y
    TR_B3 アクセスタイプ別の書籍の利用  書籍 の使用状況に関するレポートで、Access_Typeで分類された該当するすべてのMetric_Typeを示すものです。 Y Y
    *TRe 拡張タイトルリポート タイトルレベルでキャプチャおよび要約されたメトリックに関する柔軟で詳細なリポート。 Y Y
    TR_J1 ジャーナルリクエスト(OA_Goldを除く) ゴールド オープンアクセス コンテンツを除く、ジャーナルコンテンツの使用状況に関するレポートで、Total_Item_RequestsおよびUnique_Title_Requestsとしてのものです。Unique_Item_Requestsは、 HTML フルテキストが自動的に表示されて ユーザー が PDF バージョンにアクセスする際に発生するインフレ圧力を減らすことによってジャーナルプラットフォーム全体で同等の使用状況を提供します。Total_Item_Requestsは、全体的なアクティビティを示します。 Y Y
    TR_J2 ジャーナルへのアクセスが拒否されました ジャーナルコンテンツの アクセスが拒否されました アクティビティに関するレポートで、同時使用ライセンスを超過したため、またはユーザーの 機関 がそのタイトルの ライセンス を持っていなかったためにアクセスを拒否された場合のものです。 Y Y
    TR_J3 アクセスタイプ別のジャーナルの利用 Access_Type別に分類されたすべてのMetric_Typeのジャーナルコンテンツの使用状況に関するレポート。 Y Y
    TR_J4 YOPによるジャーナルリクエスト(OA_Goldを除く) ゴールド オープンアクセス コンテンツを除くジャーナルコンテンツの使用を分析し、発行年(YOP:Year Of Publication)別に、Metric_Types Total_Item_RequestsおよびUnique_Item_Requestsの総計を提供します。バックファイルのコンテンツの使用状況を分析するために必要な詳細、または永続的なアクセス契約の対象となる詳細を提供します。COUNTERレポートは、アクセスモデルまたは永続的なアクセス権の詳細を提供しないことに注意してください。 Y Y

    COUNTER R4レポートタイプ

    COUNTERの使用状況データは、多くの異なるパッケージ済みタイプ(レポート)で提供されます。Almaは、COUNTERリリースバージョンとデータ入力方法に応じて、次のタイプをサポートします(2017年5月現在)。説明中のプラットフォームは、ベンダーインターフェースを指します。
    サポートされているCOUNTERレポートタイプ
    レポートタイプ 説明 カウンターリソース 手動アップロード(xlsx、xls、csv、txt、tsvフォーマット) SUSHI採集または手動アップロード(xmlフォーマット)
    BR1 ブックレポート:月とタイトル別の成功したタイトルリクエストの数 R4 Y Y
    BR2 ブックレポート:月とタイトル別の成功したセクションリクエストの数 R4 Y Y
    BR3 ブックレポート:月、タイトル、カテゴリ別のコンテンツアイテムへのアクセスが拒否されました R4 Y Y
    BR4 ブックレポート:月、プラットフォーム、カテゴリ別のコンテンツアイテムへのアクセスが拒否されました R4 Y Y
    BR5 ブックレポート:月とタイトル別の検索総数 R4 Y Y
    CR1 コンソーシアムレポート R4 サポートされていません サポートされていません
    DB1 データベースレポート:月とプラットフォーム別の総検索数、結果クリック数、レコード表示数 R3 Y Y
    DB1 データベースレポート:月とプラットフォーム別の総検索数、結果クリック数、レコード表示数 R4 Y Y
    DB2 データベースレポート:月、データベース、カテゴリ別のアクセスが拒否されました R4 Y Y
    JR1 ジャーナルレポート:月とジャーナル別の完了した全文記事リクエストの数 R3 / R4 Y Y
    JR1 GOA ジャーナルレポート:月とジャーナル別の完了したゴールドオープンアクセス全文記事リクエストの数 R4 Y Y
    JR1a ジャーナルレポート:月とジャーナル別のアーカイブからの完了したフルタイムの記事リクエスト R3 / R4 Y Y
    JR2 ジャーナルレポート:月、ジャーナル、カテゴリ別のフルテキスト記事へのアクセスが拒否されました R4 Y Y
    JR5 ジャーナルレポート:発行年(YOP)とジャーナル別の完了した全文記事リクエストの数 R4 Y Y
    MR1 マルチメディアレポート:月とコレクション別の完了したフルマルチメディアコンテンツユニットリクエスト R4 Y Y
    PR1 月とプラットフォーム別の総検索数、結果クリック数、レコード表示数(以前はDB3) R4 Y Y

    ユーザー役職の概要

    次の役職のユーザーは、COUNTER準拠のユーザー統計に関連するタスクを実行できます。
    • 受入管理者 - COUNTER購読者を設定し、自動採集ジョブを有効化、無効化、または手動で実行します。
    • ベンダーマネージャー - 特定のベンダーに関連する使用状況データを表示し、ベンダーのデータを手動で採集し、ベンダーのデータを手動でアップロードし、アップロードされたデータファイルを管理します。
    • 使用状況データオペレータ - 任意のベンダーのデータを手動でアップロードまたは削除し、アップロードされたデータファイルを管理し、行方不明COUNTERデータを表示します。
    • 統括システム管理者 - 自動採集ジョブを有効化、無効化、スケジュール、または監視し、ジョブの履歴、レポート、およびイベントを表示し、ジョブの電子メール通知を設定します。

    COUNTER購読者を設定

    COUNTER購読者を設定するには、次の役職が必要です:
    • 発注・受入オペレーター
    大抵の場合、機関には1人の購読者がおり、機関の名前になっています。これらの場合、機関の購読者名に関してベンダーとの調整は必要はありません。
    まれに、機関に複数の購読者がいます。これは、Alma Analyticsでデータをフィルタリングする追加の手段として使用されます。複数の購読者を効果的に使用するには、各電子リソースにアクセスしたキャンパスのIPアドレス範囲に従って、機関がCOUNTERベンダーと調整して、キャンパスごとに個別のレポートを送信する必要があります。この場合、機関はAlmaに複数の購読者を追加し、関連する購読者を使用して各レポートをアップロードします。
    Almaでは、少なくとも1つの購読者を定義する必要があります。このドキュメントでは、購読者を1つだけ定義することを前提としています。
    データファイルを手動でアップロードする場合、購読者を含む複数のキーフィールド(ベンダー、日付など)が異なる場合、ファイルは新しいデータと見なされます。同じデータファイルを2回アップロードすると、最初のアップロードのデータが上書きされます。データ内の購読者を別の有効な購読者に変更すると、データは新しいデータとしてアップロードされます。
    購読者は、購読者コードテーブルで設定します(設定メニュー > 受入 > 全般 > 購読者)。コードテーブルの詳細については、コードテーブルを参照してください。 上記のように、少なくとも1つの購読者を設定する必要があります。

    SUSHIアカウントを管理

    SUSHIアカウントを設定するには、次の役職が必要です:
    • ベンダーマネージャー
    SUSHIアカウントにより、AlmaはベンダーからCOUNTERレポートを自動的に取得できます。各ベンダーおよび各レポートタイプごとにSUSHIアカウントを作成します。単一のベンダーは、レポートタイプごとに1つずつ、複数のSUSHIアカウントを必要とする場合があります。 R5 SUSHIアカウントの場合、必要なレポートタイプのすべてに単一のアカウントを作成できます。

    AlmaのProQuest、ProQuest Ebook Central、Alexander StreetPressのCOUNTERR5 SUSHIアカウントを定義する方法については、ここをクリックしてください。

    リリース5のSUSHI認定ベンダーのリストについては、SUSHIベンダーリストを参照してください。

    リリース4のSUSHI認定ベンダーのリストについては、SUSHIベンダーリストを参照してください。

    ベンダーからCOUNTERデータを取得するためにSUSHIアカウントを作成する必要はありません。ベンダーのSUSHIアカウントを設定するかどうかにかかわらず、ベンダーは、Almaに手動でアップロードするために、他の方法でCOUNTERデータを提供できます。
    SUSHIアカウントは、ベンダーの詳細ページの使用状況データタブで管理します(受入 > 受入インフラストラクチャー > ベンダー、ベンダーの行アクションリストで編集を選択し、使用状況データタブを選択します)。

    アップロード済みファイルセクションのレポート成功率列は、寄与したアカウントIDの失敗数で成功数を割った数として定義される、該当期間のレポートタイプに関する世界の成功率を示します。統計は、該当月の2か月前から計算され、SUSHIレポートが実行されてから約2日後に更新されます。番号は、関連するSUSHIアカウントの詳細ページにリンクしています。

    SUSHIアカウントを追加するには:
    以下の手順は、該当するベンダーの使用状況データでバンダーのアカウントを追加しなければならないことを示していますが、実際には、どのベンダーの使用状況データタブでもベンダーのアカウントを追加できます。SUSHIジョブが連絡するベンダーは、情報を入力するタブではなく、アカウントの設定時に追加するURLおよびその他の情報によってのみ決定されます。ただし、Ex Libris社はあなたが組織上の目的で、そのベンダーの使用状況データタブ上の各ベンダーのアカウントを追加することをお勧めします。
    実際に他のベンダー(アクセスプロバイダーまたは出版物)のサブスクリプションエージェントであるベンダーの場合、各アクセスプロバイダーまたは出版物からの各レポートタイプには、各アクセスプロバイダーまたは出版物の追加のSUSHIアカウントが必要です。同じベンダーからの複数のレポートには、複数のSUSHIアカウントが必要です。
    1. 購読者が所属機関について定義されていることを確認してください。COUNTER購読者を設定を参照してください。
    2. SUSHIアカウントを追加を選択します。 
    3.  リリース5が有効になっている場合は、リリース4またはリリース5のいずれかを選択します。[SUSHIアカウントの詳細]ページが表示されます。
      SUSHI Account Details.png
      [SUSHIアカウントの詳細]ページ - リリース4
      SUSHI Account Details.png
      [SUSHIアカウントの詳細]ページ - リリース5
    4. SUSHIアカウントにベンダー名を入力します。リリース5を選択した場合は、リリース5のベンダーのみがドロップダウンリストに表示されます。
      このフィールドに3文字を入力すると、SUSHI認定ベンダーのドロップダウンリストが表示されます(このリストはEx Librisによって事前定義されています。SUSHIベンダーリストを参照)。このリストからベンダーを選択すると、ベンダーURLにベンダーの正しいURLが事前に入力されます(他の情報も事前入力される場合があります)。ただし、事前定義された認定ベンダーを選択する必要はありません。任意の値を入力できます。
      ベンダー名に「/」(スラッシュ)を含めることはできません。
      ベンダーを検索するためのクイック選択リストオプションが利用可能です。
      検索でSUSHIアカウントをベンダーに追加ビデオ(1分34秒)をご覧ください。
    5. リストからベンダーを選択していない場合は、ベンダーURLでURLを入力し、購読者で購読者を選択します。必要に応じて、URLを上書きでURLを入力します。URLを上書き、またはベンダーURLを入力する必要があります。SUSHI認定ベンダーのリストでSUSHIアカウントのベンダーURLが変更されると、ベンダーURLが更新されます。上書きURLは更新によって変更されません。 「ベンダーURL」フィールドと「上書きURL」フィールドの両方が入力されると、Almaは最初に「上書きURL」を介して接続を試みます。
    6. 連絡先情報に連絡先情報を入力します。通常、これはベンダーのURLまたはメールアカウントになります。
    7. リクエスト詳細領域に必要な資格情報を入力します。一部の情報はすでに事前入力されている場合があります。ベンダーは、この領域に必要な情報を提供します。ベンダーは、APIキーフィールドの情報と資格情報を提供する必要があります。特殊なケースについては、SUSHIベンダーリストを参照してください。
    8. リリース4アカウントの場合は、レポートタイプを選択します。リリース5アカウントの場合は、このアカウントで必要なリポートタイプごとにリポートタイプを追加するを選択します。
    9. 接続をテストするには、接続をテストを選択します。リリース4のアカウントの場合、エラーが発生した際にページの上部にエラーメッセージが表示されます。 応答との接続をテストするを選択して、ベンダーとの間で送受信されたSUSHIリクエストと応答パッケージ(XML)の両方を含むZipファイルを表示できます。これらのパッケージは、接続のデバッグに役立ちます。リリース5のアカウントの場合、JSONファイルは接続ステータスと表示されます。エラーがある場合は、それも表示されます。また、それぞれの行アクションメニューからのレポートタイプごとに応答との接続をテストするを選択して、さらに起こりうるエラーを検出する必要があります。
    10. 提供を選択して、コミュニティ・ゾーンにSUSHIアカウントを提供します。
    11. 完了したら、保存を選択します。アカウントが保存され、使用状況データタブに表示されます。
    使用状況データタブ上のアカウントの行でアクション > 削除を選択して、アカウントを削除することができます。
    検索ページ(受入 > 受入インフラストラクチャ > ベンダー)で、テーブルにフィルターをかけて、ベンダータイプフィルタでSUSHIベンダーを選択すると、SUSHI対応ベンダーのみを表示することができます。ベンダーは、SUSHIアカウントを持っていない場合でも、SUSHIに対応している場合があります。
    search_vendors_with_sushi_vendors_highlighted.png
    [ベンダーを検索]ページ

    SUSHI採集を管理

    SUSHI採集ジョブを管理するには、次のいずれかの役職が必要です(詳細については以下を参照):
    • 発注・受入オペレーター
    • ベンダーマネージャー
    • 統括システム管理者
    デフォルトでは、SUSHI採集ジョブは、すべての有効なSUSHIアカウントからすべてのCOUNTERデータを採集します。ジョブは、タイムゾーンに応じて、金曜日の夕方から土曜日の朝までの間に実行されます。アップロードする前に、Almaは所有者コード(顧客IDと機関IDから構築)、サブスクライバー、プラットフォーム、パブリッシャー、メジャータイプ、および日付の一意の組み合わせに従って、重複するデータがデータベースに存在するかどうかを確認します。レポートが後で利用可能になることを示す応答をジョブが受信すると、Almaはランダムな時間後にレポートの採集を自動的に再試行します。エラーが続く場合、その繰り返しが何度も試行され、試行が最大再試行回数に達するまで、毎回再試行間隔が長くなります。
    自動SUSHIプロセス中に、過去12か月が収集されます。古いファイルを収集したい場合は、ベンダーに連絡して、手動でAlmaに収集できるファイルを送信するようにリクエストする必要があります。
    既知の問題!
    COUNTER 5の場合、データの収集時にある特定の月がエラーを返すと、他の月が正常に収集されて使用されている場合でも、同じレポートのすべての月に同じエラーが表示されます。
    実行できるアクションは、役職によって異なります。
    • 受入管理者は、このジョブを有効化、無効化、またはスケジュールするか、手動で実行できます。
    • ベンダーマネージャーとして、1つのベンダーアカウントに対してジョブを手動で実行し、これが実行された頻度の履歴を表示できます。
    • 統括システム管理者は、ジョブの有効化、無効化、スケジュール、または監視、ジョブの履歴、レポート、イベントの表示、および作業の監視ページでのジョブの電子メール通知の設定を行うことができます。詳細については、スケジュールされたジョブを表示を参照してください。実行中のジョブを表示完了したジョブを表示
      • PR1レポートには、セル1Bおよび1Cに次のデータが含まれている必要があります。
        • セル1B - 月とプラットフォーム別総検索数、結果クリック数、レコード表示数
        • セル1C - 空
        場合によっては、ベンダーはセル1Bおよび1Cに次の(誤った)データを含むPR1レポートを送信しています。
        • セル1B - 合計検索数
        • セル1C -月およびプラットフォーム別の総検索数、結果クリック数、レコード表示数
        この場合、SUSHI収集ジョブはエラーを報告します。ジョブレポートにエラーが表示される場合は、ベンダーから送信されたレポートを確認してください。上記の場合、データを修正してからレポートを手動でアップロードします。COUNTERデータを手動でアップロード・削除を参照してください。
    SUSHI採集ジョブを受入管理者または統括システム管理者として管理するには:
    受入ジョブ設定ページ(設定メニュー > 受入 > 一般 > 受入ジョブを設定)で、SUSHI Harvestingジョブ領域で以下のいずれかのアクションを実行します:
    acquisisions_job_configuration_with_sushi_highlighted_ux.png
    受入ジョブの設定
    • SUSHI採集ジョブを無効にするには、SUSHI採集ジョブスケジュールについて無効またはスケジュールなしを選択します。
    • SUSHIの収集ジョブを開始するには、 アクティブを選択して、SUSHI収集ジョブで有効なスケジュールオプションを選択します(オプションは毎週または毎月のジョブ実行で有効です)。
    • すぐにジョブを実行するには、今すぐ実行を選択します。
    SUSHI採集ジョブをベンダーマネージャーとして管理するには:
    ベンダーの詳細ページの使用状況データタブ(受入 > 受入インフラストラクチャー > ベンダー、ベンダーの行アクションリストで編集を選択し、使用状況データタブを選択)で、次のいずれかのアクションを実行します:
    • ベンダーアカウント用にすぐにジョブを実行するには、行アクションリストで今すぐ採集を選択し、確認ダイアログボックスで確認を選択します。リリース5のアカウントの場合、SUSHIアカウントを編集して、各レポートタイプを個別に収集することもできます。
    • ベンダーから受入したレポートを管理するには、行アクションリストから表示ダウンロード、または削除を選択します。
    • これらのアカウント固有のジョブ実行の履歴を表示するには、行のアクションリストで履歴を表示を選択します。SUSHI採集履歴ページが表示されます。
      ベンダーからのレポートまたは応答を参照するには、行アクションリスト内のファイル詳細を選択します。ダウンロードを選択して、ファイルをダウンロードできます。(使用状況データベンダーの詳細ページのタブや使用状況データローダページのアップロードされたファイルタブ)削除された場合でも、ファイルをダウンロードすることができます。

    カスタムSUSHI収集

    カスタム 収集オプションを使用すると、 ユーザーはSUSHIデータを手動で収集しながら特定の時間枠を定義できます。これは、SUSHIリリースの5つのアカウントでのみ使用できます。既存の「今すぐ収集」機能は残り、過去12か月の使用量を収集しますが、新しい「カスタム収集」機能は、ユーザーが収集期間の正確な時間枠を定義できるポップアップウィンドウを表示します。「カスタム収集」操作は、SUSHIアカウント全体またはアカウント内の特定のレポートで実行できます。ユーザーは複数の収集時間枠を定義できます。

    選択した日付範囲に、以前にAlmaにアップロードされた数か月が含まれている場合、これらは上書きされます。

    Harvest_Date_Range_SUSHI

    収集期限範囲 

    特定の時間枠からSUSHIデータを収集するのビデオ(1分18秒)をご覧ください。

    COUNTERデータの手動アップロードと削除

    COUNTERデータを手動でアップロードするか、アップロード後にこのデータを管理するには、次のいずれかの役職が必要です(詳細については以下を参照してください):
    • 利用統計データ オペレーター
    • ベンダーマネージャー
    ベンダーからCOUNTERデータを送信して、Almaに手動でアップロードできます。アップロードするデータは次のいずれかの形式でなければなりません:xlsx, xls, csv, txt、またはtsv。 リリース4アカウントの場合、手動でxml形式のデータをアップロードすることもできます(COUNTERレポートタイプを参照)。 リリース5の場合、手動のデータアップロードでは JSON 形式のレポートが返されます。 (レポートをAlmaにアップロードする場合にもJSON形式を使用できます。)
    使用状況データオペレーターは、使用状況データローダーページ(受入 > インポート > 使用状況データを読込む)のアップロード済みファイルタブで、ベンダーのデータをアップロードしたり、全てのアップルードを管理することができます。
    Usage Data Loader.png
    使用状況データローダー、[アップロード済みファイル]タブ
    Aベンダーマネージャーは、データをアップロードし、ベンダーの詳細ページ(受入 > 受入インフラストラクチャ > ベンダー使用状況データタブを一度に単一のベンダーのためのアップロードを管理し、ベンダーの行アクションリストで編集を選択することができます)使用状況データタブを選択します。
    アップロードする前に、Almaは、所有者コード、購読者、プラットフォーム、パブリッシャー、メジャータイプ、および日付の一意の組み合わせに従って、重複するデータがデータベースに存在するかどうかを確認します(Almaの所有者コードは顧客IDと機関IDから構築されます)。データが重複していると見なされると、次の通知メッセージが表示されます。アップロードを続行すると古いデータが削除されます - 続行してもよろしいですか?続行すると、古いデータは新しいデータで上書きされます。SUSHI採集の場合(データが手動でアップロードされないため、スタッフのユーザーにメッセージが表示されない場合)、重複データは自動的に上書きされます。
    データをアップロードした後、オペレーター/マネージャーは次のアクションを実行できます。
    • ファイルとインポートされたデータに関する情報を表示します(表示)。
    • ファイルをダウンロードします(ダウンロード)。
    • ファイルとインポートしたデータを削除します(削除)。
    • 正常に実行されなかった場合は、ファイルをリロードします(リロード)。このアクションは、無効で部分的にロードされたSUSHIファイルに対してのみ表示されます。

      読み込めなかった使用状況データファイルをリロードビデオ(1分10秒)をご覧ください。

    使用状況データオペレーターは、[使用状況データの削除]ページ(受入 > インポート > 使用状況データを削除)のファイルIDに従ってデータを削除することもできます。これは、使用状況データがAlmaに移行され、(ファイルIDとともに)アナリティックスに表示される場合に役立ちます。
    delete_usage_data_ux.png
    利用データを削除
    COUNTERデータを手動でアップロードするには:
    SUSHI採集を管理で一部のベンダーからPR1レポート内のエラーに関する注意を参照してください。PR1レポートでこのエラーが表示される場合は、レポートをアップロードする前に手動で修正してください。
    1. 使用状況データローダページ(使用状況データオペレーターとして)のアップロード済みファイルタブで、またはベンダーの詳細ページ(ベンダーマネージャーとして)の使用状況データタブで、ファイルのアップロードを選択し、次のように入力します。
      • ベンダー(使用状況データローダページのみ) - アップロードされたデータに関連付けられたベンダー。ベンダーはSUSHIベンダーである必要はないことに注意してください。
      • ファイルのアップロード - アップロードするファイルを参照します。ファイルには、Excelの10行目以降のカウンターデータがリストされている必要があります。
      • 購読 - 購読者を選択します。
    2. ファイルをアップロードを選択します。ファイルがアップロードされ、データがAlmaにインポートされます。ステータスを含むファイルに関する情報が表に表示されます。
    ファイルIDに従ってCOUNTERデータを手動で削除するには:
    削除使用状況データページで、ファイルのIDを入力し、ファイルを削除を選択して、確認ダイアログボックスで確認を選択します。
    使用状況データの削除ジョブが実行されます。ジョブを監視し、レポートを表示する方法については完了したジョブを表示を参照してください。

    使用状況データの表示

    使用状況データを表示するには、次の役職が必要です。
    • 利用統計データオペレータ
    [月間使用状況データ] タブには、さまざまなプラットフォームからのすべてのSUSHI採集のステータス(成功/エラーのある完了/失敗)が表示され、顧客はその月の採集のステータスをすばやく理解できます。
    使用状況データを表示するには:
    • [アップロードされたファイル]タブで、目的のレポートを選択し、[ダウンロード]をクリックします。

    詳細については、利用状況データを参照してください。

    Usage-Data-Loader_Uploaded-Files.png

    COUNTER使用状況データは、使用状況データローダーページの毎月の使用状況データタブで購読者、プラットフォーム(ベンダーインターフェイス)、レポートタイプと測定、および月ごとに表示できます([受け入れ] > [インポート] > [使用状況データの読み込み][毎月の使用状況 データ]タブを選択)。不足している情報については、ベンダーにお問い合わせください。
    Monthly Usage Data.png
    使用状況データローダー、毎月の使用状況 データタブ
    フィルタードロップダウンリストを使用して年またはレポートのタイプや測定を選択します(それぞれまたは測定項目)。少なくともいくつかCOUNTERデータがある年は、フィルターに表示されます。
    このページの列は次のとおりです。
    • 購読者
    • プラットホーム
    • 測定者 - レポートのタイプと測定値。測定者フィルタで何も選択しない場合、すべてのレポートタイプと測定値が表示されます。
    • 1月 ..12月 - 年フィルターで選択されたの月のみが表示されます。緑のアイコン(Vendor Monthly Usage Data Green Icon.png)は、  使用状況リポートファイルが正常にアップロードされたことを示します。 黄色のアイコン (Vendor Monthly Usage Data Yellow Icon.pngは、ベンダーへの接続は成功したが、ベンダーはデータを送信しなかったことを示します。赤いアイコン (Vendor Monthly Usage Data Red Icon.png)は、ベンダー接続の試行が失敗したことを示します。
    • Was this article helpful?