Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    貸出リクエストの管理

    Translatable
    リソースシェア貸出リクエストを管理するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • フルフィルメントサービスオペレーター(リソースシェアライブラリ用)
    • フルフィルメントサービスマネージャー(リソースシェアライブラリ用)
    貸出リクエストを管理するには、役割を リソースシェアライブラリにスコープする必要があります。
    このページでは、確認しておく必要がある特定の貸出リクエストを見つける方法と、各貸出リクエストの管理処理時に可能な各種アクションを説明しています。 新規貸出リクエストの作成については、貸出リクエストの作成を参照してください。借入リクエストについては借入リクエストの管理を参照してください。
    リソースシェアのすべての主要なヘルプページへのリンクのリストについては、ここを参照してください。
    既存のリソースシェア貸出リクエストのワークフローは、貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)で管理できます。 このページには、既存の貸出リクエストのリストが表示され、リソースとリクエストの詳細が表示されます。 これには、添付されているメモとアラートに関する情報、およびこれらのリクエストを処理するためのさまざまな機能が含まれます。
    Lending Requests 1.png
    貸出リクエストページ
    既存の貸出リクエストを管理するための標準ワークフローは次のとおりです:
    1.  実行する準備ができている 貸出リクエストを探します(処理が必要なリクエストの検索は を下記を参照)。
    2.  冊子アイテムを移動するか、デジタルファイルを取得するのかによってリクエストされたリソースを取得してください(冊子リソースのリクエストの処理、 電子リソースのリクエストの処理は下記を参照)。
    3. 次の通りに リソースを発送してください:
      1. 冊子アイテムまたは返却不可アイテムの冊子 – リソースシェアデスクに送信 (冊子リソースの発送 は下記を参照)
      2. デジタルアイテム – 電子メールにて送信 ( 電子リソースのリクエストの処理は下記を参照)
    4. 借用機関からアイテムを受領し、図書館にスキャンして棚へ戻します。 冊子リソース返却の管理、 は下記を参照。

    処理が必要なリクエストの検索

    ファセットフィルタリングシステム、並べ替え機能、および2次検索を使用して、 作業する必要のあるタスクを見つけることができます。ファセットの操作に関する一般的な情報については、新しいレイアウト2022を参照してください。さらに、永続メニューの[タスクリスト]オプションにある事前定義されたフィルタの1つから[貸出リクエスト]ページを開くことができます。

    ファセットを使用したフィルタリング

    ページの左側にあるファセットを使用して、貸出リクエストのリストをフィルタリングできます。ファセットには以下が含まれます。
    • ラベル –リクエストに添付されているラベル 
    • アクティブパートナー–借入機関
    • ステータス-貸出リクエストのステータス。
      次のステータスは、リクエストの最後のステップが完了したことを示します。 これらのステータスのリクエストは削除される場合があります。
      • デジタル配信
      • リクエスト完了 - これは削除前の最終ステータスであり、手動で設定できます。
      以下は、リクエストプロセスの非最終(処理中)ステータスです。
      • 処理中
      • 借り手のリコール
      • 返信をキャンセル
      • キャンセル済
      • 条件付き
      • 作成された貸出リクエスト
      • 破損
      • 期限切れ
      • 貸し手チェックイン
      • 見つかりません
      • 紛失
      • 無期限
      • 延滞リクエスト
      • 自動拒否保留中
      • リコールアイテム
      • パートナーによって受信
      • 借り手のリクエストを拒否
      • 更新リクエスト
      • パートナーによって返却
      • 冊子で発送
      • 提供予定
      • スタッフ更新
      • 更新回答
      • ユーザーの更新
    • アクティビティステータス –アクティブまたは完了
    • リポートされたリクエスト–印刷スリップリポートに印刷されたリクエスト
    • 作成日 – リクエストが作成された日付。可能な値は以下の通りです:
      • 今日 – 現在の日付に作成されたリクエスト
      • 昨日 – 現在の日付の前日に作成されたリクエスト
      • 2~3日前–現在の日付の2~3日前に作成されたリクエスト(今日と昨日を除く)
      • 4~7日前–現在の日付の4~7日前に作成されたリクエスト(上記の3つのオプションを除く)
      • 8~30日前–現在の日付の8日前から1か月前に作成されたリクエスト(上記の4つのオプションを除く)
      • それ以前–現在の日付の1か月以上前に作成されたリクエスト
    • アップデート日–リクエストがアップデートされた日付。可能な値は、作成日ファセットの値と同じです。
    • リクエストされたフォーマット–リクエストされたアイテムのフォーマット。オプション:デジタル冊子返却不可冊子
    • 提供されたフォーマット–リクエストされたアイテムが提供されたフォーマット。オプション:デジタル冊子返却不可冊子未定義
    • 期日–アイテムの配送期限。可能な値は、作成日ファセットの値と同じです。
    • 関心がなくなった日付–依頼者がアイテムにもはや関心がないことを示した日付
    • パートナーからのメモ–借入機関からのメモ付きのリクエスト
    • 所有図書館–リクエストされたリソースを所有する図書館
    • サービスのレベル-リクエストに割り当てられたサービスのレベル
    • アラート–リクエストに添付されたアラート
    • 譲受人 –リクエストが割り当てられているスタッフ(「未割り当て」を含む)
    • 在庫タイプ–リクエストされたアイテムで利用可能なフォーマット

    二次検索

    二次検索機能を使用すると、現在のリクエストリストで特定の条件を満たすリクエストを検索できます。たとえば、特定の著者の名前を検索して、 その著者の本に関連するリスト内のすべてのリクエストを検索し、 リスト内の他のすべてのリクエストを非表示にすることができます。

    永続検索ボックスで常に使用できるプライマリ検索機能( Alma での検索を参照)とは異なり、二次検索では以前に選択したファセットがキャンセルされません。

     
    貸出リクエストの二次検索。
    二次検索が実装されました
     
    二次検索を実行するには:
    1. リクエストリストの上部にある二次検索コントロールのドロップダウンリストで、検索するフィールドを選択します。
    2. テキストボックスに、検索するテキストを入力します。
    3. Enterキーを押すか、 を選択します。Search icon.pngを選択します。検索が実行されます。リクエストリストは必要に応じて更新され、 検索要件を満たすリクエストのみがリストに表示されます。
    現在の二次検索をキャンセルするには:
    •  二次検索コントロールで、xを選択します。

    事前定義されたタスクリストフィルター

    永続メニューのタスクリスト(Tasks icon -pers menu.png)永続メニュー(を参照)タスクリストのタスク)事前設定されたフィルターを使用して[貸出リクエスト]ページを開きます。

    • 貸出リクエスト - 新規 - 割り当てられたもの
    • 貸出リクエスト - 新規 - 未割り当て
    • 貸出リクエスト - 延滞 - 割り当て - ステータスが延滞リクエストになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエスト - 延滞 - 未割り当て - ステータスが延滞リクエストになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエスト - リコール - 割り当て - ステータスがリコールされたアイテムになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエスト - リコール - 未割り当て - ステータスがリコールされたアイテムになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエストが見つかりません - 割り当て - ステータスが見つかりませんになっているリクエストの事前フィルタ
    • 貸出リクエストが見つかりません - 未割り当て - ステータスが見つかりませんになっているリクエストの事前フィルタ
    • 有効な一般メッセージありの貸出リクエスト - 割り当てられたもの-一般メッセージのあるリクエストの事前フィルタ
    • 有効な一般メッセージありの貸出リクエスト - 未割り当て-一般メッセージのあるリクエストの事前フィルタ
    • アクティブなノートを含む貸出リクエスト - 自分に割り当て済み - リクエストノートのあるリクエストの事前フィルタ
    • アクティブなノートを含む貸出リクエスト - 未割り当て - リクエストノートのあるリクエストの事前フィルタ

    リクエストのパラメータの表示と編集

    既存の貸出リクエストの完全なリクエストフォームを表示できます。ステータスによっては、リクエストを編集できる場合もあります。 (編集とは、書誌情報やリクエストに関する情報など、借入リクエストのパラメータを追加または変更することを指します。ノート、 ラベル、添付ファイルはいつでもリクエストに追加できます。)

    貸出リクエストの一部のパラメータは詳細 ペインで表示および編集でき、一部の編集アクションはタスクリストのその他のアクションから実行できます(More Actions button (gray).pngから実行できます。必要に応じて、[リソースシェア貸出リクエスト]ページでリクエストを開くことにより、編集可能なすべてのパラメーターにアクセスできます。 

    詳細の使用 ペイン

    詳細ペインで、既存の貸出リクエストに関する多くの詳細を確認したり、リクエストの一部を編集したりできます。

    詳細ペインで既存の借入リクエストを編集するには:
    1. 貸出リクエストページ([フルフィルメント]>[リソースシェア]>[貸出リクエスト])のタスクリストで、リクエストを選択します。詳細ペインが開きます。
    2. 必要に応じて、リクエスト フォーム セクションのフィールドを編集します。完了したら、セクションの下部にある保存を選択します。
    Details pane open.png
    タスクリストの横にある詳細ペインが開きます

    表示または編集するための フルリクエストフォームを開く

    必要に応じて、貸出リクエストフォーム全体にアクセスできます。ステータスと役割によっては、フォームを編集できる場合もあります。

    完全な貸出リクエストフォームを開くには:
    1. 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)で、表示するリクエストを見つけます。
    2. リクエストの行で、編集または表示を選択します。 (または、タスクが選択され、その詳細が詳細ペインに表示されている場合は、ペインの上部にある編集または表示 を選択します。) 
      • 表示は、リクエストが非アクティブであるか、ユーザーがリクエストを貸し出すための表示権限しか持っていない場合に表示されます。それ以外の場合は、編集が表示されます。
      • 割り当てられていないタスクに対して編集を選択すると、他のユーザーが編集できるようにタスクがロックされます。
      [リソースシェア貸出リクエスト]ページがスライドパネルで開き、一般情報タブが選択されています。


      Full form - Gen Info tab.png
      リソースシェア貸出リクエスト ページ
      フィールドの説明については、新しい本またはジャーナル記事の追加のリソース情報フィールドテーブルおよび貸出リクエストの作成の貸出リクエスト属性フィールドテーブルを参照してください。
    3. 編集を選択してフォームを開いた場合は、必要に応じてフィールドを編集します。
    4. フォームを編集した場合は、保存を選択して変更を保存し、フォームを閉じます。

    ワークフローアクション

    既存のリソースシェア貸出リクエストのプールを管理するには、それらに対してアクションを実行し、ステータスを変更し、タスクリストから削除し、ラベルを管理します。
    貸出リクエストを管理するには:
    1. 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)で、管理するタスクを見つけるために、必要に応じてリクエストリストをフィルター処理します(上記の処理が必要なリクエストの検索を参照)。 
    2. 複数のリクエストを同時に管理するには、これらのリクエストの左側にあるチェックボックスを選択して(またはすべて選択)、次のいずれかのオプションを選択します。
      • ステータスの変更-指定されたアイテムのステータスを変更します。ドロップダウンリストからステータスを選択し、ステータスの変更を選択します。
      • スリップレポートの印刷 – プリンターまたはEメールアドレスに送信されるレポート、またはローカル機器にダウンロード可能なスリップレポートを印刷します(スリップレポートの印刷の管理 を参照)。レポートリスト アイテムとその情報。 
      • スリップの印刷-選択した各アイテムの貸出依頼書を印刷します。Ful受領スリップレターは、リソースシェア貸出スリップレターとも呼ばれ、印刷されるレターです。スリップの情報については、Almaレターの設定を参照してください。
      • リクエストを削除 – 選択したリクエストをタスクリストから削除します(完了したリクエストのみ)。[確認メッセージ]ダイアログボックスで確認​​を選択して、リクエストを削除します。
    3. 特定のリクエストを管理するには、次の表で説明されているように、その他のアクションメニューのオプションの1つを選択します:
    貸出-詳細のリクエスト-アクションオプション
    リンク 説明
    スリップを印刷する アイテムの外部IDとバーコードの両方を含むアイテムの貸出依頼書を印刷します。
    まだ配送されていないリクエストの場合、このオプションにより受領リクエストスリップ、Ful受領スリップレターが印刷されます。すでに配送されたリクエストの場合、このオプションは配送スリップ、リソースシェア配送スリップレターを印刷します。これには、配送されるアイテムに固有の追加情報が含まれます。
    これらのスリップの情報については、Almaレターの設定を参照してください。
    移動するリクエストを作成 借用機関への発送準備をするために、冊子アイテムをあなたのロケーションに持ってくるようにリクエストします( 冊子リソースの発送は下記を参照)
    デジタル化のリクエストを作成 機関のデジタル化部門に冊子アイテムのデジタルコピーを作成するようにリクエストします (  デジタル化による冊子リソースの送信は下記を参照)
    電子リソースのダウンロード ベンダーから電子リソースをダウンロードし、借用機関に送信します( 電子リソースのリクエストの処理は下記を参照)
    [複製] 既存のタスクに基づいて新しいタスクを作成します。[リソースシェア貸出リクエスト]ページが開きます。このページでは、必要に応じて、[リクエスト属性]セクションのリクエストパラメータを変更します(リクエスト属性フィールドのテーブルを参照)。
    リソースシェア貸出リクエストを複製すると、次のフィールドの値が新しいリクエストにコピーされます。
    • リクエストステータス
    • 外部識別子
    • フォーマット
    アサイン先 ユーザーにタスクを割り当てます ( 以下のタスク割り当ての管理を参照 )。
    MMSから分離させる 貸出リクエストをその在庫から切り離します(以下の貸出リクエストをその在庫から切り離すを参照)。
    チェックイン済み

    貸出中の図書館から返却されました。このオプションを選択すると、リクエストのステータスがリクエスト完了に変更されます。このオプションを選択することは、アイテムのスキャンページでバーコードをスキャンすることと同じです (フルフィルメント>リソース リクエスト>アイテムのスキャン)。  冊子リソース返却の管理 は下記を参照してください。

    見つける リソースを見つけるステータス = リソースが見つかりませんのアイテムに対して表示されます。リソースが見つからないか、見つかったリソースが複数ある場合、Almaはリソースの見つけることを試みます。
    複数のリソースが見つかった場合、結果が検索ページに表示されます。ここで結果を選択するか、クエリの変更リンクを選択して検索値を変更できます。
    見つけるを選択する前に、リソースの編集を選択し、関連情報を更新することをお勧めします。リソースが見つかると、ステータスがリソースが見つかりましたに変わります。
    検索 リソースを見つけるステータス = リソースが見つかりませんのアイテムに対して表示されます。検索ページを開きます。これにより、新しいリソースを見つけるを実行してリソースを見つけることができます。
    リクエストを再アクティブ化

    貸出リクエストの再開は、次の場合に表示されます。

    • オペレーターに、 リクエストの所有者の範囲内で再有効化の特権がある場合。
    • アクティブなパートナーが存在する場合は、貸出ワークフローに再有効化ステップがある必要があります。
    • ステータスは、 REQUEST_COMPLETED、EXPIRED、REJECTED、CANCELLEDのいずれかです。

    このオプションを選択すると、完了したピアツーピアのリソースシェアリクエストが再アクティブ化されます。配送されたアイテムのプロセスステータスが [リソース共有中]に変わり、アイテムが再リンクされます。リクエストのステータスが 「リクエストが再アクティブ化されました」に変わります。アイテムが別のプロセス中の場合、エラーが表示されます。リクエストの元の外部IDは維持されます。

    このアクションは、フルフィルメントサービス管理者で使用可能で、Ex Librisカスタマーサポートによりフルフィルメントサービスオペレータに対しても有効にすることができます。

    拒否 貸出リクエストを拒否します( 貸出リクエストの拒否を参照)。
    リリース割り当て タスクの割り当てを削除し、以下の未割り当てのままにします( タスク割り当ての管理を参照)。
    更新
    自動化されたリクエスト(ISO、NCIPなど)の場合、リクエストステータス更新リクエストであり、ワークフロープロファイルが次のように設定されている場合にも、このアクションが表示されます。
    • 手動更新がステップとして選択されている
    • 自動更新がステップとして選択されていない
    ワークフロープロファイル設定の詳細については、ワークフロープロファイルの設定を参照してください。
    自動化されていないリクエストの場合、リクエストステータスパートナーによって受領され、ワー​​クフロープロファイルのステップとして手動更新が選択されると、アクションが利用可能になります。
    期日ダイアログボックスを開くオプションを選択します。期日を入力し、OKを選択して更新を作成します。
    必要に応じて、関連するフィールドでパートナーに内部ノートやノートを追加できます。これらのフィールドの詳細については、取寄せリクエストの拒否のステップ3を参照してください。
    アイテムをデジタルで発送 既に所有している(つまり、デジタル化ワークフローの一部として作成されていない)ファイルを貸出リクエストに追加します。ファイルがアップロードされてページが保存されると、パートナーのワークフロープロファイルで 「デジタル配信を待機中」 が選択されているかどうかに応じて、リクエストがデジタル配信またはリクエストのいずれかに変更されます。 
    冊子で発送する リクエストに関連付けられたアイテムを発送します。[配送アイテム]ページが開きます(配送アイテムを参照)。
    返却不可アイテムの発送 書籍のスキャンまたはコピーされた部分などのリソースを、返却不可のコピーとして借用図書館に送信します。このオプションを選択すると、確認通知が表示され、パートナーのワークフロープロファイルで 「デジタル配信を待機中」 が選択されているかどうかに応じて、リクエストのステータスが、物的リソースの場合は 物理的に出荷済み 、またはデジタル的に出荷済みまたはリクエスト完了に変更されます。
    一般メッセージ 貸出リクエストを含む一般的なメッセージを借り手に送信します(取寄せリクエストを含む一般的なメッセージの送信を参照)。
    ステータスクエリ 貸出機関にステータスのアップデートをリクエストします。これはISOパートナーにのみ適用されます。

    返却された借り手のISOステータスはノートに記録されます。各ISOステータスは、次のAlmaリクエストステータスに対応しています。

    • 提供なし-パートナーによって拒否されました、見つかりません、ユーザーによってキャンセルされました、期限切れ
    • 保留中-取寄せリクエストの作成、パートナーへのリクエストの送信、送信準備完了、見つける処理中、提供予定、保留中の承認
    • 処理中-ユーザーへの貸し出しアイテム、ユーザーによる返却、更新リクエストは受け取られませんでした、パートナーによる更新、更新リクエスト、更新承認、仲介ユーザー更新、第三者へのエクスポート、手動更新、自動更新、デジタル受入の待機
    • キャンセル保留中-キャンセルリクエストは受入されませんでした。キャンセル回答を待機中。
    • キャンセル済み-パートナーによりキャンセルされました、スタッフによってキャンセルされました
    • 配送-デジタル配信、冊子配送
    • 受入済み-図書館によって冊子として受け取られました、図書館によってデジタルで受け取られました、受け取り - 貸出不可
    • 延滞 - 延滞リクエスト
    • パートナーにアイテムを返却
    • チェックイン済み-リクエスト完了、貸し手チェックイン、外部取得
    • リコール - パートナーによるリコール
    • 紛失 - 紛失したアイテムをパートナーにリポートする、パートナーによって紛失と宣言されました
    • 不明 - 破損したアイテムをパートナーにリポートする
    提供予定 提供予定ステータスでまだ配送されていないリクエストを更新します。リクエストがまだ配送されておらず、取寄せパートナーのワークフローに提供予定が含まれている場合にのみ表示されます(ワークフロープロファイルの設定を参照)。
    条件付き ポップアップウィンドウが表示され、必須の理由返信日、貸し手が借り手からの回答を待つ最終日、およびノートフィールドが提示されます。メッセージが送信されると、リクエストのステータスが条件つきに変わります。ISOメッセージが借り手に送信されます。借り手から応答を受信したときに、 応答値がいいえの場合、リクエストは拒否されます。値がはいの場合、返信日フィールドはクリアされ、リクエストのステータスは作成された貸出リクエストに戻ります。
    • リクエストが(ISO/NCIPによって)自動的に処理され、リソースが見つからないか、入力条件に一致する複数のリソースが見つかった場合、リクエストは引用ステータス = 見つかりませんおよびリソースを見つけるステータス = リソースが見つかりませんで作成されます。
    • 貸出リクエストの作成中に、タイトルに複数のアイテムがある場合、見つけるプロセス中に利用可否とリクエスト可能性はチェックされません。リクエストは手動で処理する必要があります。

    物理リソースのリクエストの処理

    貸出リクエストがあなたの図書館が冊子形式で保有しているリソースに対するものである場合は、冊子アイテムをリクエスト機関に送信してリクエストを完了するか、リソースをデジタル化してデジタル化されたバージョンをリクエスト機関に送信するかを選択できます。デジタル化のリクエストを機関のデジタル化部門へ 送信 するか (次のデジタル化による冊子リソースの送信を参照) リソースを自分でデジタル化することができます (次の電子リソースのリクエストの処理を参照)。

    NCIPソースシステムからリクエストのアイテムがAlmaに送信されると、アイテムのノートフィールドには配送ノートが含まれ、次のフォーマットで表示されます。
    ||Shipping Note||<text of shipping note>||Shipping Note||
    発送ノートはOCLCナビゲーターなどのNCIP実行者により、リソース自体、依頼者、リクエストされたロケーションや受け取りロケーションに関する情報など、発送されたアイテムに関する追加情報で図書館システムをアップデートするために使用されます。

    冊子リソースの管理

    リクエストされた冊子リソースは、借用機関に発送され、リクエストした利用者に届けられます。 発送プロセスを開始する前に、リソースシェア図書館にいることを確認してください。

    リクエストされたリソースがすでにあなたの図書館にある場合は、そのままリクエスト先の機関へリソースを送ってください。所属機関が所有しているが、別の場所にある場合は、図書館に転送してから発送するように依頼できます。

    アイテムの配送の詳細については、 [配送アイテム]を参照してください
    物理リソースの出荷プロセスを管理するには:
    1. 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)で、リクエストを選択して詳細ペインを開きます。詳細ペインの フルフィルメントリクエスト情報で、どのライブラリがリソースを管理しているかを確認できます。 
    2. リソースが教育機関の別の場所で管理されている場合は、その他のアクションメニューで移動リクエストの作成を選択します。移動リクエストの作成ダイアログボックスが開き、教育機関でリソースを見つけることができる場所が一覧表示されます。

      移動リクエストの作成1.png
      移動リクエストの作成ダイアログボックス
      1. 複数の場所が表示され、どの場所を使用するかを選択する場合は、その場所を選択します。(それ以外の場合は、リクエストの作成時にシステムが場所を自動的に選択します。)ダイアログボックスに手動の説明フィールドが追加されます。
      2. リクエストがシリアルリソースの特定の発行物に関するものである場合は、マニュアルの説明フィールドに、必要な発行物に関する情報を入力します。このフィールドに入力すると、移動リクエストは一般取り置きリクエストに変換されます。一般取り置きリクエストの詳細については、 一般取り置きリクエストの作成を参照してください。
      3. メモを追加する場合は、メモの追加を選択して、メモを入力します。
      4. リクエストの作成を選択します。移動リクエストが作成されます。
      5. アイテムが図書館に到着したら、次の手順に進みます。
    3. その他のアクションメニューで、アイテムを物理的に発送する を選択します。配送アイテムページがスライドパネルで開き、書誌情報と配送情報がすでに入力されています。
    4. 期日を選択します。
    5. 配架場所から、貸し出し中にリソースが所有すされる貸し出し機関内の配架場所を選択します。
    6. 必要に応じて、オプションの内部メモパートナーへのメモを入力します。
    7. リクエストされたリソースが複数のアイテムで構成されている場合は、複数のアイテムを選択します。
    8. 1つのアイテムのみを送信する場合は、アイテムのバーコードをスキャンします。レコードがページの下部に表示されたあと、 スライドパネルが閉じます。
      複数のアイテムを送る場合 、各アイテムのバーコードをスキャンします。 ページの下部に レコードが表示されます。アイテムのバーコードをスキャンしたあと、入力OKを選択します。スライドパネルが閉じます。
      レコードは 一時的にリソースシェア図書館に保存されます。その後、リクエストのステータスが冊子で発送に変更されます。 借用 リクエストのステータスが冊子で発送に変更されます。借用機関がEメールパートナーの場合、貸し手のEメールレターが送信されます 。借用機関がISOパートナーである場合、ISO発送メッセージがパートナーに送信されます。 

    リクエストされた冊子リソースを直接発送することも可能です。 発送アイテムページ(フルフィルメント>リソースシェア>発送アイテム)からか、推奨はしませんが 、 アイテムのスキャンページ(フルフィルメント>リソースリクエスト>アイテムのスキャン)から発送することもできます。 次にしたがってください:

    1. アイテムのスキャンページから発送を行うには、 外部識別子 フィールドで はいを選択します。(スキャンインインターフェースから発送する場合、自動印刷スリップオプションは機能しません。)
    2. アイテムのバーコード と関連するフィールドのリソースのリクエストIDをスキャンします。
    3. OKを選択します。

    デジタル化による冊子リソースの送信 

    リクエストされたリソースが冊子にもかかわらず、リクエストがデジタルコピーに対するものであった場合は、アイテムを自分でスキャンして送信するか(下記の電子リソースのリクエストの処理を参照)、ここで説明されているように機関のデジタル化部門にデジタル化のリクエストを送信できます。

    物理リソースのデジタル化 と送信を管理するには:
    1. 貸出リクエスページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)のアイテムのその他のアクションメニューで、デジタル化リクエストの作成を選択します。 デジタル化リクエストの作成ダイアログボックスが開き、教育機関でリソースを見つけることができる場所が一覧表示されます。

      デジタル化リクエストの作成.png
      デジタル化リクエストを作成ダイアログボックス
    2. 複数の場所が表示され、どの場所を使用するかを選択する場合は、その場所を選択します。(それ以外の場合は、リクエストの作成時にシステムが場所を自動的に選択します。)ダイアログボックスに手動の説明フィールドが追加されます。
    3. リクエストがシリアルリソースの特定の発行物に関するものである場合は、手動で説明フィールドに、必要な発行物に関する情報を入力します。 
    4. 管理部門で、デジタル化を実行するデジタル化部門を選択します。
    5. メモを追加する場合は、メモの追加を選択して、メモを入力します。
    6. リクエストの作成を選択します。デジタル化リクエストが作成されます。デジタル化プロセスが完了すると、リソースのデジタルバージョンが自動的に借入機関に送信されます。

    冊子 リソース返却の管理

    貸出中の冊子資料が図書館に返却されたら、それをチェックインできます。

    次のように返却されたアイテムを確認してください:
    1. 以下のうち一つを実行して下さい:
      •  アイテムのスキャンページ(フルフィルメント>リソースリクエスト>アイテムのスキャン)で、バーコードをスキャンします。
      •  貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)のアイテムのその他のアクションメニューで、チェックイン済みを選択します。

        チェックイン済みダイアログボックスが開きます。
        チェックイン済み.png
    2. 必要に応じて、内部メモおよび/または借用パートナーへのメモを入力します。
    3. OKを選択します。アイテムがチェックインされ、貸出リクエストのステータスがリクエスト完了に 変更されます。
      チェック イン アクションを使用しても、アイテムのステータスは変更されません。アイテムが元の場所に戻された、または元の場所に戻されたことを確認するには、司書はこのアクションを使用した後にアイテムをスキャンする必要があります。

    アイテムをスキャンしてAlmaに取り入れた後、借用機関がISOパートナーである場合、ISOチェックインメッセージが図書館に送信され、リクエストは自動的に閉じます。チェックイン済みISOメッセージは、アクティブなパートナーのワークフロープロファイルに有効なオプションとしてチェックイン済みメッセージが含まれている場合にのみ送信されます(ワークフロープロファイルの設定を参照)。取寄せ機関がEメールパートナーである場合、貸し手チェックインEメールレター が送信されます。レターの情報については、Almaレターの設定を参照してください。

    貸出されたリソースが期限切れの場合は、 借用機関 にメッセージを送信して、リソースを返却するようにリクエストできます。この場合に送信する電子メール/ISOメッセージ は、借人の延滞電子メールレターです。  Alma レターリストを参照してください。このメッセージは、リソースシェア借入パートナーに期限切れのメッセージを送信する スケジュールされたジョブによって 送信されます。または、手動で一般的なメッセージをパートナーに送信することもできます。

    デジタルリソースのリクエストの処理

    デジタルアイテムは、電子メールの添付ファイルとして、借用機関または直接依頼者に送信されます。複数のファイルを送信する必要がある場合は、 送信する前に1つのファイルに圧縮してください。

    デジタルリソースにすぐにアクセスできる場合(つまり、 図書館が所有している場合、または物理リソースをスキャンして作成した場合)、デジタルリソースを受信者 に直接送信できます。ベンダーが所有している場合は、ベンダーのシステムでアクセスし、ライセンスの詳細を確認してリソースをシェアする権利があることを確認してから、ダウンロードして受信者に送信できます。

    リクエストされたリソースをベンダーからコンピューターにダウンロードして、借り手に送信できるようにするには:
    1. 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)のアイテムのその他のアクションメニューで、電子リソースのダウンロード を選択します。利用できる場合、リソースとこれらのベンダーのライセンス情報がダウンロードできる可能性がある リストベンダー のページが、   スライドパネルで開きます。


      リクエストされたライセンス情報のダウンロード.png
      ベンダー およびライセンス条項
    2. リストから目的のベンダーを選択します。ベンダーのサイトにリダイレクトされ、そこで必要なリソースをダウンロードできます。 
    コンピューターでローカルに利用できるリクエストされたデジタルリソースを送信するには:
    1. 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)のアイテムのその他のアクションメニューで、アイテムをデジタルで配信を選択します。
    2. アップロードするファイルを参照して選択するか、アップロード領域にファイルをドロップします。
    3. ファイルを送信するには配送 を選択します。
    • 貸出リクエストの完了は、パートナーのワークフロープロファイル設定によって異なります。
    • デジタル配送 リクエストが作成された場合、キャンセルされます(ファイルを配送するための配送リクエストIDと連動する[デジタルドキュメントを配信する] を使用してデジタル配送リクエストを完了することができます。このプロセスでは、デジタル処理と著作権ルール、承認プロセスなど…を参照します)。
    • 発送に関するメモを追加するには、完了したステータスなどを手動で設定します。従来の発送アイテム インターフェースを使用して、フォーマットをデジタルに設定することができます

    貸出リクエストを在庫から切り離す

    貸出リクエストは、それが接続されているMMSから切り離すことができます。

    リソースシェア貸出リクエストを在庫から切り離すには:
    1. [貸出リクエスト]ページで、リソースがアタッチされているリクエストを見つけます(リソースの検索ステータス = リソースの場所)。
    2. 行アクションリストからMMSから分離させるを選択します。貸出リクエストページが更新され、リクエストはリソース検索ステータス=リソースが見つかりませんで表示されます。

    貸出リクエストの拒否

    さまざまな理由で、リソースシェア貸出タスクを拒否することができます。たとえば、アイテムがすでに貸出中であるか、図書館で見つからない場合、ユーザーのリクエストを拒否できます。
    rs_keep_rejected_request_activeカスタマーパラメータは、リクエストが拒否された後も、アクティブステータスのままにするか否かを決定します。パラメータがデフォルトのなしに設定されている場合、リクエストは完了し、アクティブなリクエスト列に表示されません。パラメータが貸出または両方に設定されている場合、リクエストはアクティブなリクエスト列に留まるため、スタッフ司書はリクエストを処理するオプションを使用できます。この機能は、パラメータが変更された後に発生する拒否にのみ適用されます。詳細については、その他の設定(フルフィルメント)を参照してください。
    貸出リクエストを拒否する場合:
    1. 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)で、リクエストに対して拒否を選択します。リクエストを拒否するダイアログボックスが開きます。
    2. 理由を拒否フィールドで拒否理由を選択します。
    3. 必要に応じて、内部ノートおよびパートナーへのノートフィールドに拒否についてのノートを追加します。
    4. 拒否を選択します。拒否理由内部メモがメモとしてリクエストに追加されます。
      リクエストがISOパートナーを使用して管理されている場合、Unfillメッセージが借入ライブラリに送信され、パートナーリクエストが拒否済みとしてマークされます(借入リクエストの拒否を参照)。借用機関が電子メールパートナーである場合、貸し手拒否電子メールレター がパートナーに送信されます。

    印刷伝票レポートの生成

    プリンターまたはEメールアドレスへの送信やローカルマシンへのダウンロードが可能な印刷スリップリポートを生成することもできます。リポートには、タイトル、作成者、ロケーションなどを含むアイテムとその情報が含まれます。このリポートのレターフォーマットは、貸出リクエストリポートスリップレターです。

    貸出リクエストのスリップリポートの印刷については、貸出リクエストのスリップリポートの印刷の動画(2分35秒)を参照してください。
    リソースシェア貸出リクエストの印刷スリップリポートを生成する場合:
    1. 貸出ページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)で、印刷伝票レポートを生成するリソースのチェックボックスを選択します。
    2. スリップレポートの印刷を選択する。[スリップリポートの印刷]ダイアログボックスが表示されます。
      Print Slip Report dialog.png
      [スリップリポートの印刷]ダイアログボックス
    3. タイプの選択フィールドで、印刷伝票レポートをプリンターに送信するかユーザーに送信するかを選択します。
      プリンターを選択すると、プリンターフィールドがユーザーフィールドに置き換わり、有効になります。  印刷伝票レポートの送信先のプリンターを選択します。
      ユーザーを選択すると、ユーザーフィールドが有効になります。印刷伝票レポートを電子メールで送信するユーザーを選択します。このリポートのレターフォーマットは、貸出リクエストリポートスリップレターです。
    4. フォーマットタイプフィールドで、印刷伝票レポートをExcelまたはXML形式で送信することを選択します。
    5. 送信を選択して印刷スリップリポートを送信するか、オプションでダウンロードを選択して印刷スリップリポートをローカルマシンにダウンロードします。

    アラートを削除

    アラートは、リクエストのワークフローの主要なステップでリソースシェアタスクに添付されます。アラートには、リクエストの進行ステータス(処理中、キャンセル済み、完了済み)が表示されます。アラートは次のとおりです。
    • リクエスト処理中
    • リクエストがキャンセルされました
    • リクエスト完了
    • 引用のデジタル化リクエストは処理中です
    • デジタル化リクエストはキャンセルされました
    • 引用のデジタル化リクエストが完了しました
    リクエストにアラートが添付されている場合は、アラートの数が括弧で囲まれたアラートリンクが、 貸出リクエスト ページのリクエストの行に表示されます。
    アラートファセットで1つ以上のアラートタイプを選択することにより、表示されたリクエストをフィルタリングできます。
     
    Alerts link.png
    貸出リクエストの行のアラートリンク
    詳細ペインで、貸出リクエストに添付されたアラートを確認できます。
     
    Alerts.png
    ファセットパネルのアラートファセット、および詳細ペインの アラートセクションに表示されるアラート 
    貸出リクエストに添付されたアラートを表示するには:
    • 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト) ページで、以下のいずれかを実行します。
      • リクエストの行で、アラートリンクを選択します。詳細ペインが開いたら、アラートセクションまでスクロールします。
      • 詳細ペインで、セクション>アラートを選択するか、アラートセクションまでスクロールダウンします。
    貸出リクエストからアラートを削除するには:
      • 詳細ペインの アラートセクションで、アラートの削除を選択します。 

    タスク割り当ての管理 

    タスクを割り当てられるか、割り当てが解除された場合にのみ、タスクを再割り当てできます。
    タスクを再割り当てする場合:
    1. 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>貸出リクエスト)で、関連するタスクの行アクションリストから割り当てを選択します。割り当て先ダイアログボックスが開きます。
    2. 割り当て先ドロップダウンリストから、オペレータを選択します。
      オペレータのリストには、フルフィルメントサービスオペレータの役職を持つユーザーのみが含まれます。
    3. Eメールとして送信チェックボックスをオンにして、新しい割り当てをオペレータに通知します。
    4. ノートフィールドに、必要に応じてノートを入力します。 フィールドは1,000文字まで入力できます。
    5. 割り当て先を選択します。選択したユーザーにリクエストが割り当てられます。
    タスクの割り当てを解除するには:
    • 貸出リクエストページ(フルフィルメント>リソースシェア>借入リクエスト)で、関連するタスクの割り当ての解除を選択します。割り当てが削除され、タスクの割り当てが解除されます。

    過去の貸出リクエストアクションの表示

    リソースシェアの借入リクエストの場合と同じ方法で、履歴 タブでリソースシェアの貸出リクエストに対して実行されたアクションを表示できます。詳細については、取寄せリクエストアクションの表示を参照してください。
    • Was this article helpful?