Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    コミュニティゾーンへの投稿 - 書誌レコード

    Translatable

    Almaコミュニティゾーンは投稿を受け付けています。これにより、 Almaコミュニティ目録:目録作成基準、ポリシー、権利および責任で説明されているように、コミュニティ目録作成基準に従って、コミュニティによるレコードの管理を共有できます。レコードに投稿して更新することにより、コミュニティはレコードの品質を向上させることができます。
    投稿するための[コミュニティゾーンを開く]は、複数の段階で実装されています。現在利用可能な機能の詳細については、以下を参照してください。
    Almaコミュニティゾーンに投稿するためのガイドラインと要件については、コミュニティゾーンへの投稿ガイドラインセクションも参照してください。
    • コミュニティゾーンの投稿機能を使用するには、所属機関が稼働段階にある必要があります。機関から実装環境またはサンドボックス環境で作業している場合、コミュニティゾーンに投稿することはできません。
    • ローカルフィールドはコミュニティゾーンに追加しないでください。ローカルフィールドを追加する拡張機能は、コミュニティゾーンの書誌レコードでは使用できません。

    コミュニティゾーンで レコード を編集する場合、Almaでの関係は、[Almaリンクリゾルバー]メニューの関係性の表示および関連レコードを介したリンキングに使用されることに注意してください。2番目の使用法については特に、Almaコミュニティゾーンでは、 存在しないコミュニティゾーンの書誌レコードを指すのを避けるため、関係の追加は許可されません。コミュニティゾーンの書誌レコードに関係を追加する場合は、Almaデータサービスチームに直接繋がるサポートケースを開いてください。

    コミュニティゾーンの書誌レコードの編集

    コミュニティゾーンへの投稿は、コミュニティ内の書誌レコードを編集してください。これにより、 「Almaコミュニティカタログ:目録作成基準、ポリシー、権利および責任」で概説されているコミュニティ目録作成基準に従って、共有管理とコミュニティの書誌レコードの品質を向上させることができます。
    コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する方法
    1. Almaの[リポジトリ検索]([コミュニティタブ]、またはコミュニティゾーンにリンクされているレコードの[機関]タブ)を使用して、編集するコミュニティゾーン内の書誌レコードを見つけます。
    2. 編集するコミュニティゾーン書誌レコードの[編集]リンクを選択します。コミュニティゾーンの書誌レコードがMDエディタで開きます。
      複数の目録者が同じコミュニティゾーンの書誌レコードを同時に編集できないように、コミュニティゾーンの書誌レコードは、編集用に目録者が最初に開いた際にロックされます。レコードがロックモードの場合、レコードをロックしているユーザーのIDがシステムによって表示されます。 以下は  前のユーザーがロック解除していないためにロック中のコミュニティゾーンの書誌レコードの例です。
      CZ_Bibliographic_Record_Editing_Locked_by_Previous_Usage_04.png
      ロックモードのコミュニティゾーン書誌レコード
    3. 作業したすべてのコミュニティゾーンの書誌レコードを表示するには、[MARC 21書誌]フォルダを選択し、[コミュニティレコードの下書きの読み込み]を選択します(コミュニティレコードの下書きの読み込みを参照)
      Load_Community_Draft_Records_04.png
      コミュニティレコードの下書きの読み込み
      MDエディタで作業しているコミュニティゾーン書誌レコードの下書きには、 コミュニティゾーンアイコンが表示されます。
    4. 以下の表に従って、コミュニティゾーンの書誌レコードを編集します。

    書誌コミュニティゾーンレコードには、フィールド制限が適用されます。

    • フィールド022を追加、編集、削除することはできません。
    • フィールド020と776は削除できませんが、既存のレコードに追加/編集できます。

    これらのフィールドはリンク解像度と他のシステムとの接続に影響するため、これらの制限が適用されます。

      コミュニティゾーンの書誌レコードを編集するためのオプション
      MDエディタオプション 説明
      ファイル
      新規[新規]メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードは、機関の目録者のみが編集できます。新しいコミュニティゾーンの書誌レコードをコミュニティゾーンに追加することはできません。
      下書きを保存する [保存]メニュー) 下書きレコードをMDエディタに保存します。
      レコードを保存する [保存]メニュー) コミュニティゾーンに既存のレコードを保存します。
      レコードを保存して解除する [保存]メニュー) コミュニティゾーンにレコードを保存し、MDエディタで公開します。
      レコードを重複する [アクションの記録] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      レコードを解除する [アクションの記録] メニュー) 既存のMDエディタ機能と一致する既存のレコードを解除します。
      レコードの編集中は、編集を実行しているユーザーが使用中のため、レコードはロックされます。このレコードを開く他のユーザーは、そのレコードがどのユーザーによって作業中のためロックされているかを確認することができます。また、レコードがロックされている場合、インポートで上書きしたり、更新ジョブで更新したりすることはできません。レコードの作業が終了したら、必ずロックを解除してください。
      別の目録者にレコードを割り当てる [アクションの記録] メニュー)

      コミュニティゾーンの書誌レコードと典拠レコードを、 機関内の別の目録者 またはネットワークゾーン 内の別の機関に割り当てて編集します。

       NZレコードを別の機関の目録者に割り当てる機能は、新しいメタデータエディタでのみ使用できます。新しい機能は、NZ環境での顧客パラメータenable_nz_record_assignment がTrueに設定されている場合にのみ使用できます。

      割り当てを公開する [アクションの記録] メニュー) 別の目録者が編集できるように、コミュニティゾーンの書誌レコードを解除します。
      テンプレートとして保存する [保存]メニュー) 編集しているコミュニティゾーンの書誌レコードをローカルテンプレートとして保存します。
      元のレコードをリロードする [アクションの記録] メニュー) コミュニティゾーンから元のコミュニティゾーンの書誌レコードを再読み込みします。
      レコードを削除する [アクションの記録] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      目録にコピー [アクションの記録] メニュー) このオプションを選択すると、作業中のコミュニティゾーンの書誌レコードは、元のコミュニティゾーンの書誌レコードとは別に/切り離してローカルコピーが保存されます。ローカルコピーが作成されると、コミュニティゾーンのレコードIDは、ローカルレコードの発信元システムIDフィールドに保存されます。
      コミュニティゾーンにリンクされている機関ゾーンにローカルコピーが既に存在する場合、リンクは削除されます。
      終了 MDエディタを閉じます。
      編集
      フィールドを追加する [アクションの編集] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードにフィールドを追加します。
      フィールドを削除する [アクションの編集] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードからフィールドを削除します。
      サブフィールドを追加する アクションの編集 メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードにサブフィールドを追加します。
      代替グラフィック表現を追加する [アクションの編集] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      ルールを追加 [アクションの編集] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      レコードを強化する [アクションの編集] メニュー)

      目的の 正規化タイプを選択し、OKをクリックします。 詳細については、 正規化ルールの操作を参照してください。

      テンプレートから展開する [アクションの編集] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      分割エディタ(ナビゲーションパネル) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      全画面表示(ナビゲーションパネル) MDエディタを全画面モードで表示します。
      フォームエディタを開く [アクションの編集] メニュー) フィールドの表示を展開すると、リーダー(LDR)フィールドなどのマルチポジションフィールドの個々のコンポーネントや位置を変更できるようになります。
      フォームエディタを閉じる [アクションの編集] メニュー)  フィールドの展開表示を閉じます。
      切り取り [アクションの編集] メニュー) 編集中のコミュニティゾーンの書誌レコード内のフィールドを削除してコピーします。
      コピー [アクションの編集] メニュー) 編集中のコミュニティゾーン書誌レコードのフィールドをコピーします。
      貼り付け [アクションの編集] メニュー) 以前にコピーしたフィールドを、編集中のコミュニティゾーンの書誌レコードに貼り付けます。
      ツール
      外部リソースを検索する [検索と閲覧] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。

      このオプションは今後のリリースでオープン予定です。
      バージョン情報を表示する[関連データを表示する] メニュー) 編集中のコミュニティゾーンの書誌レコードのバージョン情報を表示します。
      検証 [アクションの記録] メニュー) (Ctrl+U) コミュニティゾーンMDレジストリおよび検証ルーチンを使用して、編集中のコミュニティゾーン書誌レコードの有効性チェックを実行します。
      請求番号を参照する(検索と参照) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      メモを表示する [関連データを表示する] メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードのメモを表示および追加して、編集を開始できます。
      すべてのレコードをユーザー向けに解除する(ナビゲーションパネル) 編集中のコミュニティゾーンの書誌レコードを含む、作業中のすべてのレコードを公開します。
      MARC書誌[新規]メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合は、次のアクションを実行できます。ただし、次の場合を除きます。
      • 新しいレコードを派生。
      • レコードの統合と目録の結合-このオプションは、コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合は無効です。
      • 所蔵の追加–所蔵レコードがローカルに追加されます。コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、システムはまず編集中のコミュニティゾーンの書誌レコードにリンクされているローカルの書誌レコードをチェックします。リンクされたローカルの書誌レコードが存在しない場合、元のレコードのコピーがローカルの書誌レコードとして作成され、ローカルMMS IDが割り当てられ、コミュニティゾーンのレコードにリンクされます。所蔵レコードはローカルの書誌レコードに追加されます。
      • ローカルポートフォリオの追加-ローカルポートフォリオをローカルのリンクされたレコードに追加します(上記で説明した所蔵レコードと同様な方法です)。
      • 注文明細を作成して終了-ローカルの注文明細をローカルのリンクされたレコードに(上記の所蔵レコードと同様の方法で)追加し、MDエディタを終了します。
      • 一致を検索-コミュニティゾーンで一致を検索します。
      • 目録の表示-ローカル目録を表示します。
      • 検索で表示-リポジトリ検索ページを開きます。コミュニティゾーンの書誌レコードを表示するには、コミュニティタブを選択する必要があります。
      • 注文の表示(注文なし)–コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      • 関連レコード-関連レコードは利用できません。
      MARC 21典拠 [新規]メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      MARC 21所蔵 [新規]メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      Dublin Core [新規]メニュー) コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      管理タグを設定する [アクションの記録] メニュー) 特に明記されている場合を除き、コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、次のアクションを実行できます。
      • ディスカバリーで非表示にする。
      • WorldCatにエクスポート(非公開、所蔵のみを公開、書誌レコードを公開)。
      • WorldCatへの強制エクスポート。
      • 概要?– コミュニティゾーンの書誌レコードを編集する場合、このオプションは無効です。
      管理タグの設定はローカルのみに適用されます。目録者が[ディスカバリーで非表示にすると]いった管理タグを選択すると、新しい選択値が書誌レコードのローカルコピーに適用されます。公開プロセスは、ローカル管理タグの値を使用します。
      1. 変更が完了したら、レコードを保存します。
      コミュニティゾーンの書誌レコードへの変更は、  このコミュニティゾーンの書誌レコードを使用するすべての機関に自動的に反映されます。  更新されたコミュニティゾーンレコードにリンクされたレコードを使用する機関の場合、変更は、CZジョブからの次回の変更の同期の 実行が終了した後に機関のレコードに反映されます。これは、メンバー機関とネットワーク機関の両方のコンソーシアムユーザーにも当てはまります。
      編集されたコミュニティゾーンの書誌レコードが保存されると、コミュニティゾーンMDレジストリおよび検証ルーチンを使用して検証されます。また、コミュニティゾーン正規化ルーチンを使用して正規化されます。
      作成者情報には、この方法で編集されたコミュニティゾーン書誌レコードのバージョンのユーザーとして 機関コードが表示されます。

      ローカル拡張フィールドをコミュニティゾーンに保存する

      すべての教育機関は、独自の所有情報を記録するために、コミュニティゾーンにリンクされた書誌レコードにローカル拡張を作成および維持できます。機関は、 次の フィールド でローカル 拡張を維持できます。

      フォーマット [フィールド]
      MARC 21  906、999、920を除く 77X/78X、09X、59X、69X、9XX(906、999、920フィールド への編集はコミュニティゾーンに保存されます)
      KORMARC 009、77X/78X、09X、59X、69X、および9XXフィールド

      UNIMARC

      CNMARC

      0X9、1X9、2X9、3X9、4X9、5X9、6X9、7X9、8X9、 9XXフィールド

      詳細については、 コミュニティゾーンにリンクされたレコードのローカル拡張フィールドの操作を参照してください。

      コミュニティゾーンのメンバーは、 CZレコードを 編集するときにコミュニティゾーンのローカル拡張フィールド を編集 できません 。これにより、 リンクの問題が解消され、ローカルメタデータがコミュニティゾーンレコードに保存されなくなります。  フィールドは他の書誌フィールド と同じように編集できますが、これらのフィールドへの編集は 保存されません 。これらのフィールドへの編集の保存を防ぐために、正規化ルールがコミュニティゾーン(のみ)に追加されました。 

      • Was this article helpful?