Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    リソース共有パートナー

    Translatable
    Almaとリソース共有システム間の通信を設定するには、次の役職が必要です:
    • リソース共有パートナー管理者

    リソースシェアパートナーを作成して、Almaとリソースシェアシステムの間で発生する可能性のあるリクエスト通信または受信通信のタイプを定義できます。

    • NCIP–AlmaとOCLC Navigator、OCLC iLLiad、VDX、Relaisなどのリソース共有システム間のNCIP 2.0メッセージを介した通信。Almaは取寄せと貸出の両方、ならびに以下に挙げるNCIPメッセージの応答者の役職のために、OCLC CIRC ILLとRelaisアプリケーションプロファイルをサポートしていることに注意してください:RequestItemCheckOutItemCheckInItemAcceptItemLookupUser
      • Almaは、アイテムの更新がリクエストされたとき、アイテム情報および適切な返却日の情報を含むRenewItemメッセージを送信することによって、パートナーに更新の通知をします。パートナーは、保留中ステータスと、場合によってはDateOfExpectedReplyで応答します 。パートナーシステムは、更新リクエストのステータスについてAlmaに通知することもできます。Almaは、以下に挙げる貸出・返却ステータスを含む、NCIPCirculationStatusUpdated(貸出・返却ステータス更新)メッセージを受入します。
        • 更新保留中 - 更新がリクエストされましたとリクエストをマークします。
        • アイテム更新不可 - 更新リクエストが拒否されたとして、リクエストを管理します。
      • 複数のアイテムに対して単一のリクエストをすると、各アイテムごとにCheckInItemリクエストを作成します。
    • ARTEmail - Almaと大英図書館リソース共有システム間の通信。
    • ISO - Alma と、別の(Almaまたは非Almaの)リソース共有システムとの間の通信。
    • Eメール – Alma取寄せパートナーによる、Eメールを介した取寄せリクエストの送信。
      EメールリクエストはXSLフォーマットで送信されます。Eメールのフォーマットに使用されるXSLは、FulOutGoingEmailLetter.xslで、設定ファイルのページで設定可能です(レターXSLスタイルシートをカスタマイズするを参照してください)。
    • SLNP - Almaと、ドイツのリソース共有ワークフローのZFLサーバー間の通信。
      このパートナーとの完全な統合の詳細は、https://developers.exlibrisgroup.com/alma/integrations/resource_sharing/broker/SLNPのAlma開発者ネットワークでご覧ください。
    • BLDSS - Almaと大英図書館リソース共有システム間の通信。詳細については、大英図書館ドキュメントサプライサービスを参照してください。
      • CreateOrderメッセージのサービス/スピード要素は、サービステーブルのレベルにマッピングされます。BLDSSマッピングレベルは次のとおりです:
        • EXPRESS_LOCAL - 即時ダウンロード
        • RUSH_LOCAL - 2時間
        • PRIORITY_LOCAL - 24時間
        • NORMAL_LOCAL - 4日以内
        BLDSSサービスレベルは、次のようにAlmaのサービスレベルにマッピングされます:
        BLDSSメッセージマッピング
        BLDSSメッセージ Almaメッセージ(単数または複数)
        即時ダウンロード 速達(ローカル)
        2時間 急ぎ (ローカル)
        急ぎ(延長)
        24時間 優先 (ローカル)
        優先(延長)
        4日間以内 通常(フル)
        通常(ローカル)
        都合のよい時間
      サービスのレベルの詳細については、サービスのレベルの設定を参照してください。
    • 外部システム - CCC GetItNowサービスを介してリソースを受入するために使用されます。
    • RapidILL - InsertRequestのRapidILL APIを使用して、 RapidILLで取寄せリクエストを作成するのに使用されます。
    • フルフィルメントネットワーク - フルフィルメントネットワークとして設定されている機関については、フルフィルメントネットワーク・リクエストにリソース共有フレームワークを使用するためにパートナーのレコードが入力されます。詳細については、自動 フルフィルメントネットワーク要求(AFN)を参照してください。
    • NACSIS -   NACSIS-ILLシステム で取寄せと貸出のリクエストを作成するために使用します。詳細については、 プライベート-NACSIS-CAT / ILLとの統合を参照してください
    Almaと各種システム間のブローカベースのリソースシェアの詳細については、https://developers.exlibrisgroup.com/alma/integrations/resource_sharing/brokerを参照してください。
    SBN ILLと連携するパートナーを作成するには、AlmaでISOパートナーを作成する必要があります。

    ディレクトリから、リソース共有パートナー をダウンロードしています。

    パートナーがリソース共有ディレクトリに存在する場合 (フルフィルメント>リソース共有> パートナー > コミュニティタブ)、メンバーを選択して コピーを選ぶことで、機関にメンバーを追加できます。メンバーとその詳細がパートナーリストに追加されます。

    参加しているPods の列は、列の表示の管理を選択した場合のみ表示されます。 clipboard_ef5bf08db8ddf94ad5c831253a7881e51.pngをクリックします。 

    リソース共有パートナーリストからパートナーをコピーするオプション。
    リソース共有パートナーリスト

    リソースシェアパートナーの設定

    リソース共有パートナーを設定するには:
    1. リソース共有パートナーリストページ(フルフィルメント > リソースの共有 > パートナー)で、 パートナーを追加を選択します。[リソース共有パートナー]ページが開き、[一般情報]タブが表示されます。
       タイプ「フルフィルメント ネットワーク」 のパートナーを追加できるようにするには、 フルフィルメントメンバー テーブルにダミーエントリを追加する必要があります([設定] > [一般] > [ネットワークグループ]  > [フルフィルメントメンバー])。そうして初めて、パートナーを [フルフィルメントネットワークグループ] ページに追加できます([設定メニュー] > [一般] > [ネットワークグループ] > [フルフィルメントネットワークグループ])。 ネットワークゾーンにすべてのパートナーを設定したら、そのダミーエントリを ネットワークゾーンのフルフィルメントメンバー テーブルに残すか、  削除することができます。削除する場合、パートナーは [フルフィルメントパートナー] テーブルにプロファイルタイプ「フルフィルメントネットワーク(リストされていません)」として表示されますが、フルフィルメントネットワークパートナーとしては引き続き機能します。
      リソース共有パートナーの一般情報NZ.png
      リソース共有パートナーページ - 一般情報
    ユーザーは、リソース共有ディレクトリを使用してパートナーレコードを追加できます。[コミュニティ]タブを使用して、作成するパートナーレコードを探し、 [コピー]を選択します。コピーされたレコードは、ローカルパートナーレコード の1つとして[機関]タブに表示され、自由に更新したり勤務表テンプレートの1つに使用したりできます。
    clipboard_ef21b525048ac668de07d0bce4293d088.png
    コミュニティタブ - リソース共有パートナーリスト
    1. リソース共有パートナーのコードと名前を入力します。コードに含めることができるのは英数字のみであることに留意してください。
    2. プロファイルタイプフィールドで、作成するプロトコルのタイプを選択します。オプションは次のとおりです:
      • ARTEmail
      • BLDSS
      • Eメール
      • 外部システム
      • フルフィルメントネットワーク
      • Inn-Reach API
      • ISO
      • ISO 18626
      • KERIS
      • NACSIS
      • NCIP
      • NCIP-P2P
      • RapidILL
      • SLNP

    ISOパラメータは、ISO ILL 10160/10161とISO 18626で同じです。

    1. パートナーをアクティブにしたくない場合は、ステータスドロップダウンリストから非アクティブを選択することもできます。
      ステータスは ISOなどのピアトゥピア(P2P)のリクエストのみに影響し、NCIP等のブローカー管理のリクエストには影響しません。 NCIP タイププロファイルが非アクティブとマークされている場合でも、NCIPリクエストは受入されています。
    2. (Ex Librisの情報収集目的のために) 統合しようとするリソース共有システムをシステムタイプドロップダウンリストから選択します。これは必須です。
      外部システムのプロファイルタイプとプロファイルには、システムタイプとしてCCC GetItNowを選択します(これがデフォルトです)。

      NCIPプロファイルが設定されている場合、パートナーのパラメーター タブで、指定されたブローカータイプを次のNCIPパラメーター で設定する必要があります:

      追加の設定  説明
      Relais プッシュ方式のリクエスト = OpenURL
      URLは次のように定義され、XXXとYYYの値はRelaisによって各機関に提供されます:
      https://h7.relais-host.com/<XXX>/loginRFT.jsp?LS=<YYY>

      ログインにユーザーを追加 = はい

      ゲストユーザーのためのサービスを有効化する = いいえ

      ローン期間 = <フリーテキスト、[Get It]タブに表示されます>

      OCLCナビゲーター プッシュ方式のリクエスト = リンク
      Navigatorシステムは、OpenURLを入力としては受け入れられません。設定可能なリンクは静的リンクのみです。Navigator システムへのダイナミックリンクを設定するには、一般電子サービス(一般電子サービスの追加を参照)を使用してください。
      ゲストユーザーへのサービスを有効にする = はい
      Navigatorにアクセスする場合、新しいログインが必要です。
      ローン期間 = <フリーテキスト、[Get It]タブに表示されます>
      INN リーチ プッシュ方式のリクエスト = リンク
      一般的な電子サービスの追加で説明されているように、リンクは、OpenURLのテンプレートで一般的な電子サービスによって作成されます。
      ゲストユーザーのためのサービスを有効化する = いいえ
      INN Reachは、INN Reachリクエストフォームにアクセスする前に認証が行われることが予想されるため、認証プロセスをトリガーしません。
      ローン期間 = <フリーテキスト、[Get It]タブに表示されます>
      ILLiad プッシュ方式のリクエスト = リンク
      一般的な電子サービスの追加で説明されているように、リンクは、OpenURLのテンプレートで一般的な電子サービスによって作成されます。
      URLへのユーザーログインの追加 = いいえ
      ILLiadは再度のログインを必要とします
      ゲストユーザーにサービスを可能にする = はいローン期間=<[Get It]タブに表示されるフリーテキスト>
      構成されたブローカーは、Primo Get Itタブにリンクとして表示されます。Get Itタブ内のブローカーの詳細については、Get Itにおけるリソースの共有ブローカーについての詳細を参照してください。
      一般的な電子サービス -  リソースを取得するための追加の方法として、(Amazonなど)外部サービスにPrimoのリンクを表示します。さまざまなリソース(書籍やDOIなど)に使用されるさまざまなリンクを割り当てるルールを作成することもできます。詳細については、一般電子サービスの追加を参照してください。
      ロジックルールの表示 -  特定のブローカーのリンクが表示されたとき、またはPrimoで隠されているときに表示します(ロジックルールの表示を設定を参照)。
    3. 平均供給所要時間配達遅延、 と通貨フィールドに値を入力します。
    4. 取寄せのサポートおよび/または貸出のサポートチェックボックスを選択します。 ここで選択されたワークフローは、定義されたパートナーの取寄せと貸出リクエストのタスクリストで実行できるアクションを制御します。
      管理者が事前に定義したドロップダウンリストのオプションからワークフローのいずれかを選択してください。(設定メニュー > フルフィルメント > リソースシェア > ワークフロープロファイル)。ワークフロープロファイルの設定の詳細については、ワークフロープロファイルを参照してください。
    5. 配達遅延フィールドに、アイテムの配達に必要な日数を入力します。受入したアイテムを、リクエストしているユーザーに貸出するときに計算される期日は、このフィールドに示されている日数分だけ自動的に繰り上げられます。
      例えば、アイテムの受け取る期日が2013年6月5日であり、 配送遅延 = 4である場合、 期日 の値は、ユーザーサービスページに2013年6月1日として表示され、アイテムが「実際の」期日である6月5日のまでに到着するようにします。
      図書館間貸し出しの期日管理の詳細については、期日付き図書館間貸出ビデオ(7分1秒)を参照してください。
    6. ネットワークゾーンでパートナーレコードを集中管理する機関の場合、ローカルステータスフィールドが表示されます。それによって、たとえパートナーが共同ネットワークでアクティブであっても、個々の機関がパートナーレコードをローカルで非アクティブ化できるようになります。
    7. ロケーションプロファイルフィールドでは、パートナーの目録を検索する方法を決定するために、プロファイルを見つけて選択します。所蔵コード と機関コードフィールドが表示されます。 機関コードは、選択されたロケーションプロファイル用に設定されているAlma機関コードを示す表示 フィールドです。機関が同じ ネットワークゾーンの一部ではない場合にリソース共有リクエスト をする際、そのリソースのデジタル配送のための(添付ファイルではない)リンクを使用するにはこのフィールドに入力する必要があります。 ロケーションプロファイルの詳細については、 ロケーションプロファイルの設定 と著作権管理の設定を参照してください。
    8. 着信NCIPメッセージでパートナーを識別できない場合、 [デフォルトパートナー]チェックボックスがオンになっているNCIPパートナーが使用されます。 
    9. 所蔵コードフィールドに、図書館またはキャンパスコードを入力します。パートナーの検索プロセスは、このフィールドの値で示される図書館/キャンパスを検索します。所蔵コードを指定すると、以下が可能となります。
      • リクエストされたリソースが潜在的な供給機関の特定のキャンパスで利用可能かどうかを判断します。
      • リクエストされたリソースがそのキャンパスで所有されている場合にのみ、その貸し手にリソースをリクエストします。
    10. ピアツーピア(P2P)パートナーの場合、 自動クレームフィールドはクレームまでの時間(日)フィールドを有効にします。  これにより、設定された 期間が経過すると、自動クレームレター(RSBorrowerClaimEmailLetter)が起動されます。たとえば、自動クレーム チェックボックスが選択され、クレームまでの時間(日)フィールドが 7に設定されると、リクエストが7日前に送信され、リクエストのステータスが送信済みである場合、クレームレターが自動的に起動され、リクエストのステータスがクレーム済みに設定されます。
    11. ピアツーピア(P2P)パートナーの場合、 自動キャンセル フィールドはキャンセルまでの時間(日) およびキャンセル理由フィールドを有効にします。キャンセルは 手動キャンセルパートナーオプションと同じワークフローを使用して 自動キャンセル 通知をパートナーに通知し、勤務表を介して続行します。
      キャンセルおよびクレームアクションを実行するには、[フルフィルメントジョブの設定]ページを使用して、リソースシェアのクレームおよびキャンセルジョブを有効化する必要があります。フルフィルメントジョブの設定を参照してください。 
    12. [連絡先情報]タブで、リソースシェアパートナーの住所、電話番号、およびEメール情報を追加します(情報提供のみを目的としています。リソースシェアリクエストを送信するための情報は、[パラメーター]タブに入力します。次の手順を参照してください)。手順については、ユーザーの連絡先情報の追加を参照してください。
    13. パラメータタブでは、リソースの共有パラメータを設定します。詳細については、以下のパートナーパラメータ を参照してください。
      Resource Sharing Partner Parameters NCIP New UI.png
      リソースシェアパートナーページ - [パラメータ]タブ
    14. [保存]を選択します。リソース共有パートナーが作成され、[リソース共有パートナーリスト]ページに表示されます。
      パートナーは、パートナードロップダウンリストから選択できます (リソース共有取寄せリクエストページで編集複製または送信 オプションを選択した場合にアクセス可能)。または、 提供先ドロップダウンリストから選択することもできます(リソースシェア貸出リクエストタスクリストのページで編集 または複製オプションを選択した場合にアクセス可能)。
      メモ タブは、リソース共有パートナーを編集するときに使用可能です(アクション > 編集)。

    パートナーパラメータ

    ARTEmailパラメータ

    ARTEmailのメールアドレスを入力します。また、追加する顧客IDごとに、コードとパスワードを入力する必要があります。必要に応じて、別の冊子の場所またはEメールアドレスにリクエストを送信する機能を有効にしたい場合(取寄せリクエストの作成ページのリクエスト属性セクションで選択できます)は、ADDリクエストをサポートチェックボックスをオンにすれば可能となります。キーワードコード、つまり、リクエスト値を含めるよう選択することも可能です。(これらの値の説明についてはARTEmailへの大英図書館のガイドを参照してください。)これらは、リソースシェアパートナーと相互間で可能な通信を定義します。

    NCIPパラメータ

    次の表の説明に従ってパラメータを設定します:
    NCIPパラメータ
    セクション フィールド 説明
    一般情報 ユーザーIDタイプ(必須) メッセージにユーザーIDが含まれる場合にユーザーの照合に使用される識別タイプ。管理者が事前定義したオプションのいずれかを選択します。追加のユーザー識別子の種類の表示を参照してください。
    プッシュ方式のリクエスト(必須) リソース共有システムへのリクエストをプッシュするために使用するリンクの種類、すなわちOpenURLまたはリンクを選択します。OpenURLを選択すると、URLにユーザー自動ログインを追加フィールドが表示されます。
    URLテンプレート ユーザーをPrimoからリソース共有図書館のWebサイトに送信するために使用されるURL。
    ブローカー・システムNCIP URL NCIPブローカーと通信するためのURL。
    URLにユーザー自動ログインを追加 URLにユーザーのログイン資格情報を追加するためにはいを選択し、それによって、URLへのアクセスで自動的にユーザーをログインできるようにします。このフィールドが表示されるのは、プッシュ方式リクエスト = OpenURLの場合のみです 。
    Relaisシステムとの統合を設定する場合、はいを選択します(Alma/ブローカー統合の設定を参照してください)。
    ゲストユーザーのためのサービスを有効化する ユーザーがログインしていないときに、パートナーへのリンクをPrimoに表示するかどうかを示します。
    サービスを無効にするとき サービスを無効にするパラメータを選択します。可能な値は以下の通りです:
    • 決して - サービスは決して無効にされません。
    • リソースがキャンパスによって所有されているとき - リソースの冊子アイテムがキャンパスによって所有されているとき、サービスは無効になります。
    • リソースがキャンパスによって自己所有されていて、かつ利用可能な場合 – リソースの冊子アイテムがキャンパスによって所有され、利用可能な場合(つまり、プロセスに関与しない場合)、サービスは無効になります。
    • リソースが図書館によって所蔵されている場合 - リソースの冊子アイテムが図書館によって所蔵されている場合にサービスは無効になります。
    • リソースが図書館に所蔵されていて、かつ利用可能な場合 – リソースの冊子アイテムが図書館に所蔵されていて、ユーザーに利用可能な場所にある場合、サービスは無効になります。
    ゲストユーザーまたはキャンパスが設定されていないユーザーがキャンパスレベルの無効化アクティビティを実行すると、Almaは機関レベルで行われた自己所有権チェックに基づいてサービスを無効/非表示にします。
    貸出期間 ユーザーがアイテムをリソース共有図書館に戻す期限までの時間。(これは、Primoのユーザーには閲覧可能です。)
    デフォルト図書館所有者 このプロファイルによって作成された取寄せリクエストを管理するリソース共有図書館。
    証明書ダウンロードボタン
    このボタンは、SLNPプロトコルを使用してAlmaに送信された暗号化メッセージのTCP通信を認証するために使用されます。
    パートナーが初めて保存された後、NCIPパートナーのボタンが表示されます。
    証明書の詳細については、デベロッパーネットワークを参照してください。
    リクエストアイテム
    取寄せ側で貸出リクエストが登録されると、NCIPメッセージが送信されます。
    リソース共有図書館 すべてのアクションでサポートされる単一のリソース共有図書館。管理者が事前定義したリストから選択します。
    書誌レコードIDタイプ リソース共有リクエストを検索するパラメータを選択します。可能性のある値は以下の通りです:
    • OCLC コントロール番号
    • MMS ID
    • LCCN
    • ISBN_ISSN
    • メッセージから取得 – 書誌レコードIDタイプがパートナーによって送信されたNCIPメッセージから取得されることを示します。関連する値は、このフィールドで利用可能な他のいずれかの値であり、メッセージ中のBibliographicRecordIdentifierCodeタグから取り出されます。
    サポート借用 ブローカーシステムが、[アイテムをリクエスト]NCIPメッセージを使用して作成されたときに、新しい貸出リクエストについてAlmaに通知する場合に使用します。ほとんどのブローカーシステムは、このメッセージを使用して、新しい貸出リクエストについて貸出者に通知しません。むしろ、AcceptItemメッセージは、アイテムが受入された時点で使用されます。ブローカーシステムが新しい貸出者のリクエストについて通知するために[アイテムをリクエスト]メッセージも使用することが確実でない限り、チェックボックスを選択しないままにします。
    アイテムを貸出
    アイテムが貸出側から取寄せ側に出荷されるときにNCIPメッセージが送信されます。
    デフォルトの図書館(必須) 複数のリソース共有図書館がある場合、デフォルトとして使用されるリソース共有図書館。
    デフォルトの場所
    (必須)
    リソース共有をする借り手に出荷されるアイテムに割り当てられるリソース共有図書館上での一時的な場所。管理者が事前定義したリストから選択します。
    デフォルトアイテムポリシー
    (必須)
    リソース共有の借り手に出荷されるアイテムに添付されるポリシー。管理者が事前定義したリストから選択します。
    アイテムの受け入れ
    アイテムの到着が借入側で登録されると、NCIPメッセージが送信されます。
    デフォルトの場所(必須) 受入図書館の一時的な配架場所。管理者が事前定義したリストから選択します。
    この場所は、一時的なアイテム作成ルールによって別の場所が割り当てられていない限り、リソース共有の借り手に出荷されるアイテムに割り当てられます。
    リソース共有図書館 リソース共有図書館(複数のリソース共有図書館がある場合)。
    デフォルト受取図書館 取寄せリクエストされたアイテムが到着したときに、一時アイテムが転送されるデフォルトの受取場所。管理者が事前定義した図書館のリストから選択します。
    自動受入
    リソース共有アイテムの自動受入を有効にする場合に選択します。自動受入により、スタッフは、Almaで受入アクションを繰り返す必要なく、ブローカーシステムに受入アクションを登録できます。
    このオプションを有効にすると、単一の複数アイテム取寄せリクエストに対して複数のAcceptItemリクエストを処理できます。これは、リクエストに同じリクエストIDが含まれるが異なるバーコードが含まれていて、リクエストIDがアクティブな場合に適用されます。このオプションが有効になっていない場合、同じリクエストIDで複数のリクエストが作成されます。
    受入デスク アイテムを受入するデスクを選択します。利用可能なオプションは、デフォルトの図書館所有者フィールドで指定された図書館のデスクです。選択した値は、AcceptItemメッセージを受信したときにアイテムが到着する場所を示します。
    このフィールドは、 自動受信が選択されている場合にのみ表示されます。
    ユーザーを検索する
    ユーザーがリソース共有システムでリクエストを作成しようとすると、NCIPメッセージが送信されます。
    認証が必要です リソース共有図書館のWebサイトで認証が必要かどうかを選択します。Relaisブローカーで作業する場合、いいえを選択します。
    第三者にエクスポートする 第三者にエクスポートする ILLiad、Tipasa、Worldshare ILL、Relaisに使用されます。ILLiadのパラメーターを参照;以下のTipasa、Worldshare ILL、Relaisの各パラメーター

    ユーザー財務取引を作成

    受信された NCIPメッセージは、リクエスト手数料を作成することができます。

     

    次のいずれかで料金を作成
    • メッセージを無視する - メッセージの量は無視されます。リクエスト手数料と、作成および受入手数料は、AcceptItemメッセージ(現在の機能)によってチャージされます。これは、以前の機能を維持するためのデフォルト値です。
    • メッセージからの金額 - メッセージで受信した値から料金を作成します。
    • メッセージからパーセンテージを計算 - メッセージで受信した値のパーセンテージとして料金を作成します。この値が選択されると、「パーセンテージの量」フィールドが表示され、必須になります。手数料を作成するメッセージで受け取った値の割合を入力します。
    • TOUからの金額 - 取寄せリソースシェア利用規約を使用して、料金を計算します。NonReturnableFlagが存在する場合、デジタルフォーマットが入力として使用されます。フラグが存在しない場合、冊子フォーマットが入力として使用されます。
    また、NCIPパートナーで次のパラメータを設定する必要があります:
    • 次の形式のNCIP URL:https://<Alma domain>/view/NCIPServlet
    • AgencyID(Alma機関コード)
    • ApplicationProfileType。これは、リソース共有パートナーページで定義されたコードです(上記のステップ2を参照)

    NCIPピアツーピア(P2P)パラメータ

    • ADD リクエストをサポート - あなたが別の冊子の場所またはEメールアドレスにリクエストを送信する機能を有効にしたい場合(取寄せリクエストの作成ページのリクエスト属性セクションで選択できます)、このチェックボックスをオンにします。
    • ユーザーIDタイプ – メッセージにユーザーIDが含まれる場合にユーザーを照合するために使用されるIDタイプ。管理者が事前定義したオプションのいずれかを選択します。ユーザー識別子の管理を参照してください。
    • サーバー – パートナーのサーバー名(またはIPアドレス)を入力します。
    • 機関コード – パートナーのAlma機関コードを入力します。
    • パートナーシンボル – ILLパートナーが参照されるシンボル。シンボルは、他のすべてのパートナーおよびISOシンボルに対して一意である必要があります。これには、NCIP-P2P、SLNP、およびISOパートナーが含まれます。
    • リクエストの有効期限 – パートナーの貸出設定の有効期限を設定します。以下から選択します:
      • 有効期限なし - リクエストは期限切れになりません
      • 利息支払い日までに期限切れ - [リソースシェア取寄せリクエスト]ページ(取寄せリクエストの作成時に表示される)のこの日までに必要フィールドで指定された日付でリクエストの有効期限が切れます。
      • 有効期限日数 - 有効期限日数フィールドが表示され、そこに数字を入力します。この値は、リクエストが貸し手に送信されてからそれが期限切れになるまでの日数を示します。
    • リクエストしているユーザー情報の送信–このオプションを選択すると、指定したパートナー経由で送信されるリクエストに、リクエストしているユーザーの名前や電子メールなどの情報を含めることができます。 第三者のシステムがリクエスト を適切に処理するためにこの情報を必要とする場合にのみ、このオプション を選択することをお勧めします。
    • 共有バーコード – 貸出機関と取寄せ機関の間でアイテムバーコードを共有できるようにする場合に選択します。
    • Eメールアドレス – 延滞通知の送信に使用されます。
    • 延滞通知の再送日間隔 – 延滞通知の繰り返し日数の間隔を示す整数。
    NCIPピアトゥピア(P2P)設定で利用可能な追加オプションは、エージェンシーを検索ボタンです。このボタンを選択すると、パートナーに連絡し、そのパートナーがサポートするプロトコルや送信したいその他の情報を返し、パートナーの設定プロセスを支援します。また、フルフィルメントマッピングテーブルのresource_sharing_protocolパラメータをカスタマイズすることで、他のパートナーに送信されるあなたの機関の情報を設定できます。この値を変更する方法については、 その他の設定を参照してください。
    NCIPピアトゥピア(P2P)は、パートナー機関への一般的なメッセージの送信をサポートしています。

    ISOパラメータ

    • Almaは以下に挙げるISOリソース共有メッセージをサポートしています:ILL リクエスト出荷済み受入済み返却済みチェックイン、回答ー未入荷、キャンセル/回答をキャンセル、そして一般的なメッセージ
    • ISOパートナーは、リンクドキュメントデリバリーオプションを使用して、デジタルリソース共有のリクエストを満たすことができます。
    • ISOパラメータは、ISO ILL 10160/10161とISO 18626で同じです。
    • ADD アドレスをサポート - 依頼者のEメールをILLリクエストに含めたいときに選択します。それによって、貸出パートナーは出荷リソースを依頼者に直接送ることができるようになります。
    • サーバー – パートナーのサーバーまたはIPアドレス。パートナーもAlmaを使用している場合は、サーバーとしてAlmaドメインを使用できます。(ユーザーインターフェイスへのログインとログアウト030ユーザーインターフェイスへのログインとログアウト#Your_Alma_Domain_Names) を参照)。
    • ポート – パートナーのILLポート番号。パートナーもAlmaを使用している場合、これはポート9001です。
    • ISOシンボル – ILLパートナーが参照されるシンボル。シンボルは、他のすべてのパートナーおよびISOシンボルに対して一意である必要があります。これには、NCIP-P2P、SLNP、およびISOパートナーが含まれます。
    • リクエストの有効期限 – パートナーの貸出設定の有効期限を設定します。以下から選択します:
      • 有効期限なし - リクエストは期限切れになりません
      • 利息支払い日までに期限切れ - [リソースシェア取寄せリクエスト]ページ(取寄せリクエストの作成時に表示される)のこの日までに必要フィールドで指定された日付でリクエストの有効期限が切れます。
      • 有効期限日数 - 有効期限日数フィールドが表示され、そこに数字を入力します。この値は、リクエストが貸し手に送信されてからそれが期限切れになるまでの日数を示します。
    • リクエストしているユーザー情報の送信–このオプションを選択すると、指定したパートナー経由で送信されるリクエストに、リクエストしているユーザーの名前や電子メールなどの情報を含めることができます。 第三者のシステムがリクエスト を適切に処理するためにこの情報を必要とする場合にのみ、このオプション を選択することをお勧めします。
    • 共有バーコード – 貸出機関と取寄せ機関の間でアイテムバーコードを共有できるようにする場合に選択します。貸出パートナーと取寄せパートナーの両方でこのオプションが選択されている場合、貸出図書館は 発送メッセージを含むバーコードを送信し、取寄せ図書館は発送メッセージを使って、貸出アイテムのバーコードを決定します。[アイテムを受入]ページ(取寄せリクエストに受入を選択すると開きます)で、一時バーコード値としてバーコードが表示され、[受入したアイテム]のページにアクセスしたときに受入アイテムを識別するために使用することができます(アイテムを受け取るを参照)。
    • 貸主の配送費用を無視 - 借主の設定費用を使用するには、このチェックボックスを選択します。チェックボックスが選択されていない場合、貸し手側の費用が借り手の費用を上書きします。チェックボックスが選択されていない場合、貸し手がコスト値を通知していなくても、取寄せ機関のコストが上書きされることに注意してください。(つまり、貸し手のコストは借り手にとってゼロと見なされます。)
    • 延滞通知の再送日間隔 – 延滞通知の繰り返し日数の間隔を示す整数。

    Eメールパラメータ

    • Eメールアドレス - リソースシェア取寄せリクエストの送信先のEメールアドレス。サンドボックス環境または「実稼働前」環境で作業している場合、入力したアドレスを[Eメール含めリストマッピングテーブル]([一般設定] > [設定]メニュー > [外部システム] > [許可Eメール])に追加する必要があることに注意してください。詳細については、許可されたEメールの設定を参照してください。
    • 延滞通知の再送日間隔 – 延滞通知の繰り返し日数の間隔を示す整数。

    ILLiadパラメータ

    ILLiadは最後の手段のサプライヤーとしてピアツーピアの作業表でAlmaに設定できます (リソース共有ガイドのピアツーピアリソースシェアを参照) 。 パラメータタブの 一番下にある 第三者へのエクスポートセクションで設定します。
    第三者へのエクスポートラジオボタンには、 Eメールを使用またはAPIを使用 のいずれかを選択してください。
     Eメールを選択した場合は、エクスポートEメールアドレスでILLiadリクエスト通知用のEメールアドレスを入力してください。 設定されたアドレスに送信されたEメールをアップロードし、それらを使用して内部取寄せリクエストを作成するようにILLiadを設定する必要があることに注意してください。

    貸出リクエストをILLiadにエクスポートするためにAPIを使用している場合は、ILLiadから提供された URL と APIキー を入力します。さらに、外部リクエストIDを入力する XMLタグの名前を [エクスポートリクエストID名]タグに入力します。

    外部リクエストIDを入れるには、タグの名前を入力します。 ILLiad は、このリクエストIDを、その後のNCIPとAlmaとの通信を行うために使うことができます。 このオプションを使えば、NCIPを使ったアップデートを受信し続けることができます。 このタグの値は ILLiadと調整する必要があります。

    リクエストでエクスポートされるユーザーID を操作したい場合は、 ユーザー識別子の正規表現 フィールドを設定します。たとえば、図書館は電子メールを識別子として使用したいものの、@記号の前の部分のみを送信したい場合、図書館は^[^@]*を正規表現として定義する必要があります。これは、最初に@ が出現するまでのすべての文字がユーザーIDとして使用されることを意味します。

    APIを使用して ユーザーレコードをILLiadにプッシュする場合は、[ILLiadでユーザーを作成する]を選択します。プッシュは、ユーザーが ILLiadにまだ存在しない場合にのみ発生します。 リクエストをILLiadにプッシュする前に、Alma はアカウントが存在するかどうかを確認し、存在しない場合は新しいユーザーアカウントを作成します。

    選択すると、次のAPI値が表示されます(ILLiadの要件に従って入力されます)。
    • 次を使用してILLiadでユーザーを検索 – AlmaがILLiadでユーザーを検索/作成するために使用する値(ユーザ識別子または優先Eメール)
    • NVTGC - フリーストリング
    • ステータス - フリーストリング
    • NotificationPreferences - カンマで区切られた2つの値を持つ、繰り返し使用可能なフリーテキストフィールド。1つ目はActivityTypeとして送信され、2つ目はNotificationTypeとして送信されます。例、 {RequestPickup,Email},{RequestOverdue,Email}
    • 通知方法 - 電子的方法電話 またはメール
    • 配送方法 - 受け取りのために取り置きまたは 住所への郵送
    • 貸出の配送方法 - 受け取りのために取り置きまたは 住所への郵送
    • 電子配信
    • 認証タイプ —デフォルト, ILLiad

    ILLiad_API_Parameters.png

    ILLiad  APIパラメータ
     エクスポート時にリクエストを閉じる は、ILLiadへのエクスポート後に貸出リクエストを閉じるかどうか、あるいは同じ貸出リクエストの下で 管理するかどうかを定義しますILLiad NCIP統合が設定されている場合、このパラメータをfalseに設定すると、ILLiadのライフサイクル全体を通じて、NCIP経由でリクエストに関する更新をILLiadから受信し続けることができるようになります。

    SLNPパラメータ

    • ADD アドレスをサポート - 依頼者のEメールをILLリクエストに含めたいときに選択します。それによって、貸出パートナーは出荷リソースを依頼者に直接送ることができるようになります。
    • サーバー – パートナーのサーバー名(またはIPアドレス)
    • ポート – パートナーのILLポート番号
    • パートナーシンボル – 図書館Sigelを表します。シンボルは、他のすべてのパートナーおよびISOシンボルに対して一意である必要があります。これには、NCIP-P2P、SLNP、およびISOパートナーが含まれます。
    • リクエストの有効期限 – パートナーの貸出設定の有効期限を設定します。以下から選択します:
      • 有効期限なし - リクエストは期限切れになりません
      • 利息支払い日までに期限切れ - [リソースシェア取寄せリクエスト]ページ(取寄せリクエストの作成時に表示される)のこの日までに必要フィールドで指定された日付でリクエストの有効期限が切れます。
      • 有効期限日数 - 有効期限日数フィールドが表示され、そこに数字を入力します。この値は、リクエストが貸し手に送信されてからそれが期限切れになるまでの日数を示します。
    • リクエストしているユーザー情報の送信–このオプションを選択すると、指定したパートナー経由で送信されるリクエストに、リクエストしているユーザーの名前や電子メールなどの情報を含めることができます。 第三者のシステムがリクエスト を適切に処理するためにこの情報を必要とする場合にのみ、このオプション を選択することをお勧めします。
    • 共有バーコード – 貸出機関と取寄せ機関の間でアイテムバーコードを共有できるようにする場合に選択します。貸出パートナーと取寄せパートナーの両方でこのオプションが選択されている場合、貸出図書館は 発送メッセージを含むバーコードを送信し、取寄せ図書館は発送メッセージを使って、貸出アイテムのバーコードを決定します。[アイテムを受入]ページ(取寄せリクエストに受入を選択すると開きます)で、一時バーコード値としてバーコードが表示され、[受入したアイテム]のページにアクセスしたときに受入アイテムを識別するために使用することができます(アイテムを受け取るを参照)。
    • Eメールアドレス – 延滞およびリコール通知を送信するためのメールアドレス
    • 延滞通知の再送日間隔 – 延滞通知の繰り返し日数の間隔を示す整数。

    フルフィルメントネットワークパラメータ

    • 顧客コード - フルフィルメントネットワークパートナーのAlma顧客コード。
    • URL - フルフィルメントネットワークパートナーのAlmaURL。
    • リクエストの有効期限 - パートナーの貸出設定の有効期限を設定します。以下から選択します:
      • 有効期限なし - リクエストは期限切れになりません
      • 利息支払い日までに期限切れ - [リソースシェア取寄せリクエスト]ページ(取寄せリクエストの作成時に表示される)のこの日までに必要フィールドで指定された日付でリクエストの有効期限が切れます。
      • 有効期限日数 - 有効期限日数フィールドが表示され、そこに数字を入力します。この値は、リクエストが貸し手に送信されてからそれが期限切れになるまでの日数を示します。

    タイプ「フルフィルメント ネットワーク」 のパートナー([フルフィルメント] > [パートナー])を追加できるようにするには、 フルフィルメントメンバー テーブルにダミーエントリを追加する必要があります([設定] > [一般] > [ネットワークグループ]  > [フルフィルメントメンバー])。そうして初めて、パートナーを [フルフィルメントネットワークグループ] ページに追加できます([設定メニュー] > [一般] > [ネットワークグループ] > [フルフィルメントネットワークグループ])。  ネットワークゾーンにすべてのパートナーを設定したら、そのダミーエントリをネットワークゾーンの フルフィルメントメンバー テーブルに残すか、  削除することができます。削除する場合、パートナーは [フルフィルメントパートナー] テーブルにプロファイルタイプ「フルフィルメントネットワーク(リストされていません)」として表示されますが、フルフィルメントネットワークパートナーとしては引き続き機能します。

    BLDSSパラメータ

    • ベースURL  - パートナーのURLを入力します。
    • アカウント  - 大英図書館から提供される 口座番号。
    • パスワード – アカウントのパスワードを入力します。
    • デジタルフォーマット -  ファイル転送のタイプを選択します。
    • リクエストしているユーザー情報の送信–このオプションを選択すると、指定したパートナー経由で送信されるリクエストに、リクエストしているユーザーの名前や電子メールなどの情報を含めることができます。 第三者のシステムがリクエストを適切に処理するために この情報を必要とする場合にのみ、このオプション を選択することをお勧めします。
    • 非同期リクエストを許可 – 貸出機関と取寄せ機関の間でアイテムバーコードを共有できるようにします。

    RapidILLパラメータ

    専用のRapidILLパートナーを設定することが可能です。設定した場合、Almaは自動的にRapidILLパートナーに割り当てられている貸出リクエストをエクスポートし、RapidILLでそれと同等の 貸出 リクエストを作成します。エクスポートアクションは、アクティブなRapidILLパートナーへのリクエストのための送信アクションが(手動または自動で) 発信 されたときに実行されます。 

    このリクエストがRapidILLによって実現できない場合、例えばリクエストされたリソースが RapidILLで貸出可能でない場合などには、 送信 アクションは拒否され、自動的に勤務表リストの次のパートナーに転送されるか、このリクエストを実現できるパートナーがいない場合にはキャンセルされます。

    これによって、図書館はRapidILLをパートナーの当番表に組み入れることができ、全てのリクエストが自動的にRapidILLを介してフルフィルメントのためにエクスポートされるようになります。ただし、RapidILLによってこのリクエストが実現できない場合をのぞきます。その場合、リクエストはAlmaの勤務表を通じて伝搬されます。

    • URL  – 必須  – このURLの デフォルトはRapidILL の本番サーバーである https://rapid.exlibrisgroup.com/rapid5api/apiservice.asmxに設定されています。 
    • ユーザー名 – 必須
    • パスワード  - 必須
    • Rapidコードのリクエスト – 必須 - RapidILLでは Rapidサイトコードとしても知られています。これはユーザー名と同じである可能性があります。その場合は、両方のフィールドに同じ値を入力します。
    • ブランチ名のリクエスト  - 必須  - 機関が複数のRapidILLブランチを持っている場合、各ブランチに異なるパートナーが必要となります。

    これらのフィールドを設定するための値はRapidILLによって提供されています

    • エクスポート時にリクエストを閉じる  - これが選択されると、エクスポート時にリクエストが閉じられ、 リクエストのステータスが第三者にエクスポート済みに更新されます。これがデフォルトです。チェックボックスがオフの場合、リクエストはRapidにエクスポートされた後もアクティブのままとなり、リクエストのステータスはパートナーに送信済みに更新されます。これにより、 エクスポートされた場合でも、Primoで表示され続けるようリクエストできます。開いたままのリクエストは、 手動で閉じる必要があります。 

    NACSISパラメータ

    次のパラメータを入力します:

    • コード -NACSIS
    • 名前 -NACSIS
    • プロファイルタイプ -NACSIS
    • ステータス - アクティブ
    • システムタイプ -NACSIS
    • 取寄せをサポート -適切なワークフロープロファイルを選択します。
    • 貸出をサポート  - 適切な ワークフロープロファイルを選択します 。

    NACSISの詳細については、  NACSIS-CAT / ILLとの統合を参照してください。 

    Tipasa、WorldShare ILL、Relaisの 各パラメータ

    Tipasa、WorldShare ILL、およびRelais は、最後の手段のサプライヤーとしてピアツーピアのrotaでAlmaに設定できます (リソース共有ガイドのピアツーピアリソースシェアを参照) 。これを行うには、パートナーレコードの プロファイルタイプNCIPで、システムタイプTipasa、 WorldShare ILL、 Relais D 2 D、またはRelais ILLの場合、Parametersタブの下部にある第三者へのエクスポートセクションを見つけます。

    Export to Third Party_Tipasa-WorldShare.png

    第三者にエクスポートする

    第三者へのエクスポートラジオボタンではいを選択します。Tipasa/WorldShare ILL が提供したAPI キーサーバー URL、およびライブラリを識別するために提供されたリクエスト機関 ID(たとえば、OCLC-XXX 形式の機関の OCLC記号)を入力します。

    リクエストしているユーザー情報の送信–このオプションを選択すると、指定したパートナー経由で送信されるリクエストに、リクエストしているユーザーの名前や電子メールなどの情報を含めることができます。 第三者のシステムがリクエストを適切に処理するために この情報を必要とする場合にのみ、このオプション を選択することをお勧めします。

    エクスポート時にリクエストを閉じるは、 エクスポート後に貸出リスエストを閉じるかどうか 、あるいは同じ貸出リスエストの下で管理するかどうかを定義します。これらのシステムでは、エクスポートされたリクエストのIDを使用して、既存のリクエストにフックするNCIP メッセージをさらに送信することはできないため、このパラメータを"true"に設定することをお勧めします。これにより、エクスポート時にリクエストがAlmaで閉じられます。他のNCIPブローカーシステムと同様に、パートナーがアイテムを受信すると、異なるIDの新しいリクエストが作成されます。

    Inn-Reach API

     APIベースの InnReach リクエスト の構成とワークフローの詳細については、  「InnReach API実装ガイド」を参照してください。

    現在、 NCIP と InnReach  DCB を使用して InnReach と統合している図書館は、Innovativeとの実装プロジェクトを設定するために、Innovativeにお問い合わせください。

    リポジトリへの情報の 提供

    図書館は、独自の情報をリポジトリに提供できます。

    独自のリソース共有図書館情報をリポジトリに提供できます。詳細については、「リソース共有ディレクトリへの提供」 を参照してください。

    • Was this article helpful?