Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    著作権管理の設定

    Translatable

    これらのルールは、Alma の貸付要求に影響します。貸出リクエストの著作権ルールを構成したいRapidoのお客様は、  Rapidoの著作権規則を参照してください。

    Legantoの顧客については、 Legantoの著作権関連手順の設定 および CCCとの統合の有効化デジタル化構成および著作権ルールも参照してください。

    デジタル化と著作権ルールを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    デジタル化および/または著作権承認のリクエストがAlmaに入ると、Almaはデジタル化と著作権ルールをチェックして、リクエストの処理方法を決定します。各ルールは順番にチェックされます。真と評価される最初のルールが適用され、後続のルールはすべて無視されます。Almaには、他のすべてのルールが失敗した場合に適用されるデフォルトルールが含まれています。このルールは変更できます。
    [デジタル化ワークフロールールリスト]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [著作権管理]> [デジタル化と著作権ルール])でデジタル化と著作権のルールを設定します。ルールテーブルの詳細については、ルールテーブルを参照してください。
    Digitization Workflow Rules List New UI.png
    デジタル化ワークフロールールリストページ
    ルールが適用されると、ルールは以下を決定します。
    • リクエストが手動の承認を必要とするか、自動的に承認されるか。自動的に承認されると、タスクはタスクリストに追加されません。
    • リクエストが手動の著作権クリアランスを必要とするか、 または著作権が自動的に承認されると想定されるか。自動的に承認されると、タスクはタスクリストに追加されません。
    • 上記の手動承認タスクについて、デジタル化するか
      • 承認を待っている間続行できます。もちろん、デジタル化されたコンテンツを目録に追加したり、最終的な承認が与えられる前に配送したりすることはできません。
      • 承認されるまで待つ必要があります。
      • 自動的に承認されます。このオプションの目的は、タスクがタスクリストにステータスが承認済みで追加されることです。これは、レコード目的で役立ちます。
    • 依頼者への配送が次のようになるか:
      • Eメールのリンクで
      • Eメールの付属物により
      • デジタル化されたドキュメントを図書館の目録に追加する(そして、目録へのリンクをEメールで送信する)
    各ルールには多数の句が含まれており、そのルールが真と評価されるためには、すべてが真と評価される必要があります。句には3つのタイプがあります。
    • 評価句 - リクエストのプロパティは、テキストまたはリストの値に対して評価されます。
    • 比較句 - リクエストのプロパティは、フィルタ句によって除外されていない他のすべてのリクエストと比較して評価されます。
    • フィルタ句 - この句は常に真と評価されます。比較句が評価されるリクエストの数を減らすために使用されます。これらの句のオペレータと値は無視されます。
    • ルール内の句は順番に評価されません。すべてのフィルタ句が最初に評価されます。その後、残りの句は内部オーダーで評価されます。いずれにせよ、ルールが適用されるためには、すべての句が真と評価される必要があります。
    • 句は評価、比較、またはフィルタとしてマークされません。この情報については、以下の表を参照してください。
    たとえば、1つの章のデジタル化リクエストについて手動で承認と著作権クリアランスを通過されるようにルールを設定できますが、目録には追加されません。デジタルファイルはユーザーに直接送信されます。別のルールを設定して、完全なデジタル化リクエストがすべてのステップ(手動承認、著作権クリアランス、デジタル目録への追加)を通過するようにできます。
    このページでは、次のアクションを実行できます。
    • ルールを追加します(デジタル化と著作権ルールの追加を参照)
    • ルールを編集します(行アクションリストから編集 を選択します)
    • ルールを削除します(行アクションリストから削除を選択します)
      デフォルトのルールは削除できません。

    デジタル化と著作権ルールの追加

    定義したデジタル化と著作権のルールは、機関内のすべての図書館に適用されます。
    新しいデジタル化と著作権ルールを追加する場合:
    1. [デジタル化ワークフロールールリスト]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [著作権管理]> [デジタル化と著作権ルール])で、ルールの追加を選択します。[デジタル化ワークフローのセットアップ]ページが表示されます。
      digitization_workflow_setup.png
      デジタル化ワークフローのセットページ
      既存のデジタル化および著作権ルールのコピーを作成するには、行アクションリストから重複を選択します。ルールをコピーしたら、必要に応じて編集できます。
    2. デジタル化ワークフロールールエディタセクションで、ルールの名前(必須)と説明(オプション)を入力します。
    3. 入力パラメータセクションで、ルールの句を入力します。各句には、句タイプ(名前)、オペレータがあります。句は、ユーザーグループ = 大学院生または発行日に2010が含まれているのような場合があります。句のリストは次のとおりです。
      デジタル化と著作権ルール句タイプ
      名前 タイプ 説明 オペレータ
      存在する記事タイトル 比較 リクエストされた記事が別の著作権クリアランスリクエストによって既にリクエストされているかを確認してください。記事は、ISSN、巻、発行、ページで識別されます。 =
      発行記事 評価 雑誌発行の記事の総数を確認してください。
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      番号
      電子で利用可 評価 資料の電子コピーが存在するかを確認してください。 =
      既にリクエストされている章 比較 リクエストされた章が別の著作権クリアランスリクエストによって既にリクエストされているかを確認してください。この章はISBNで識別されます。 =
      引用資料タイプ 評価 資料タイプを確認してください。
      • =
      • InList
      • は空です
      • は空ではありません
      • 等しくない
      • NotInList
      • 含む
      資料タイプの現在のリスト(たとえば、抄録、選集など)。
      著作権エージェンシー承認許可 評価 資料については、地域の著作権ライセンス機関の承認を確認してください。有効な一致するすべての値を選択します。 InList
      • デジタル承認済み
      • スキャンが承認済み
      • デジタル拒否
      • スキャン拒否
      著作権が以前に承認済 比較 リクエストされた資料が別の著作権クリアランスリクエストによって既に承認されているかを確認します。資料は、ISBNやISSNなどのさまざまな要因によって識別されます。 必須ですが、効果はありません 必須ですが、効果はありません
      コースに関係する著作権レコード フィルター 比較チェックを、コースに関連付けられている既存の著作権クリアランスリクエストに制限します。 =

      同じ学部内

      比較

      リクエストする学部が コースが属す学部と同じものであるかどうかを確認します。

      =

      同じコース内 フィルター 比較チェックを、リクエストと同じコースに関連付けられている既存のリクエストに制限します。
      次の追加ルールの少なくとも1つを定義する必要があります:記事のタイトルの存在、発行中の記事、既にリクエストされている章、章の総著作権数、総著作権ジョブパーセンテージ。
      =
      資料要求日 フィルター 比較チェックを、リクエストの利用可能な開始/終了日付範囲と重複する既存のリクエストに制限します。この日付範囲が指定されていない場合は、コースの期間を使用してください。関連するコースがない場合は、終了日なしで開始日として今日の日付を使用します。
      次の追加ルールの少なくとも1つを定義する必要があります:記事のタイトルの存在、発行中の記事、既にリクエストされている章、章の総著作権数、総著作権ジョブパーセンテージ。
      =
      リクエストの数 比較 以前の著作権クリアランスリクエストの数を値と比較します。考慮されるリクエストの数は、期間(歴年)句に従って真と評価されるリクエストのみです。
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      番号
      一部デジタル化 評価 これが一部デジタル化リクエストであるかを評価します。
      • =
      • InList
      • は空です
      • は空ではありません
      • 等しくない
      • NotInList
      • 含む
      ユーザーステータス 評価 依頼者のアクティブステータスを評価します。
      • =
      • InList
      • は空です
      • は空ではありません
      • 等しくない
      • NotInList
      • 含む
      • アクティブ
      • 非アクティブ
      発行日 評価 リクエストされたアイテムの発行ステータスを評価します。
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      番号
      発行日からの年数 評価 リソースの発行日が定義された時間範囲内にあるかどうかを評価します
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      番号
      発行者 評価 事前に定義された発行者のリストに対して発行者を確認します。
      著作権発行者のコードテーブルに発行者のリストを入力します(著作権発行者の設定を参照)。
      すべての発行者に対して確認するようにパタメータ発行者を設定します。
       
      • =
      • [全体]
      • InList
      • は空です
      • は空ではありません
      • 等しくない
      • NotInList
      • 含む
      発行者
      リクエストタイプ 評価 リクエストタイプを確認してください。
      • =
      • InList
      • は空です
      • は空ではありません
      • 等しくない
      • NotInList
      • 含む
      • 貸出リソースシェアデジタル化リクエスト
      • コース関連デジタル化
      • 貸出リソースシェアデジタル化リクエスト
      • ユーザーデジタル化
      • スタッフデジタル化
      必要なページ 評価 現在のリクエストでリクエストされたページ数を確認してください。
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      番号
      リソースページ総数 評価 作品全体の総ページ数(リクエストされているアイテムにある総ページ数)を確認します。
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      番号
      期間(カレンダー年) 評価 指定された年数内/前にリクエストが行われたことを確認します。この値は、リクエスト数句のフィルタ句としても機能します。
      • >
      • <
      番号
      章の著作権総数 比較 以前のリクエストを含む、リクエストされたチャプターの総数を確認してください。 AlmaはISBNを調べ、同じISBNを持つすべての未処理の重複リクエストを調べ、どのチャプターがリクエストされているか/リクエストされているかを抽出し、それらを合計してこの値を取得します。
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      番号
      著作権ジョブ割合の合計 比較 以前のリクエストを含む、リクエストされたジョブの割合を確認します。 AlmaはISBNを調べ、同じISBNを持つ未処理の重複リクエストをすべて調べ、どのページがリクエストされているか/リクエストされたかを抽出し、それらを合計してこの値を取得します。
      ページ数が指定されていない場合、このルールは偽と評価されます。
      • >
      • =
      • <
      • 等しくない
      0から100までの数
      ユーザーグループ 評価 依頼者のユーザーグループを評価します。
      値のリストには、すべてのユーザーグループが含まれます。
      • =
      • InList
      • は空です
      • は空ではありません
      • 等しくない
      • NotInList
      • 含む
      ユーザーグループ
      例:
        • 総著作権ジョブ割合 <10 資料
        • 資料要求日 = 真
        • リクエストタイプ = コース関連デジタル化
        • コースに関係する著作権レコード = 真
        既存の以前のリクエスト
        • ISBN 1-86189-411-2
        • 日付 2016年1月1日~2016年1月30日
        • ページ 15~20(6ページ)
        • ステータスが承認されました
      • 新しいリクエスト1
        • ISBN 1-86189-411-2
        • 日付 2016年1月10日~2016年2月2日
        • ページ 35~40(6ページ)
        • 総リソースページ220
        期待される結果:合計の割合がまだ10%(リソースの12ページ/220)未満であるため、ルールが適用されます
      • 新しいリクエスト2
        • ISBN 1-86189-411-2
        • 日付 15/1/2016~3/2/2016
        • ページ 40~60(21ページ)
        • 総リソースページ220
        期待される結果:同じアイテムの合計割合が10%(リソースの27ページ/220ページ)を超えているため、ルールは適用されません
    4. [パラメータを追加]を選択します。句がルールに追加されます。
    5. 前の2つのステップを繰り返して、句を追加します。
    6. ワークフローのセットアップで、デジタル化ターゲットを選択します。詳細については、デジタル化処理を参照してください。
      • デジタル目録(代表) – デジタル化されたファイルがタイトルに追加されます。次の追加フィールドを入力します。
        • 使用タイプとアクセス権ポリシーは、デジタルファイルをレコードに追加するときに変更できますが、コレクションは変更できません。
        • デジタル目録を作成するときに、代表がリモートかを判断できます。
        • アクティブ/非アクティブ - 代表が検出可能かを決定します。
        • デフォルトコレクション - タイトルを割り当てるデフォルトコレクション(まだ未割り当ての場合)。
        • 使用タイプ - 代表がマスターコピーか派生物か。(マスターは元のコピーであり、派生物は、たとえば、より低い解像度のコピーです。)
        • アクセス権ポリシー – ユーザーがデジタルリソースをリクエストするために必要な権限を定義するポリシー。
      • ドキュメント配送 - 付属物 – デジタル化リクエストでは、リソースの一部のみをデジタル化する必要があります。ドキュメント配送の設定の詳細については、電子書類配送ルールの設定を参照してください。
      • ドキュメント配送 - リンク - オペレータはファイルをドキュメントストレージフォルダーにアップロードし、ファイルリンクをユーザーに送信できます。複数のファイルがアップロードされる場合、それらは.zipファイルとしてフォルダーに保存され、.zipファイルとしてユーザーにダウンロードされます。このオプションを選択すると、別のフィールドである最大表示が表示されます。ユーザーがサーバーから自動的に削除されるまでにこのリンクにアクセスできる回数を入力します。このフィールドに値が入力されていない場合、ファイルリンクはユーザーに送信されないことに注意してください。

      このオプションがリソースシェアリクエストに使用され、借入パートナーが貸し手機関と同じネットワークゾーンのメンバー でない場合(または機関にネットワークゾーンがセットされていない場合)、借り手パートナレコードの機関コードを設定する必要があることに注意してください。このフィールドには、借り手の機関コードを入力する必要があります。リソース共有パートナーを参照してください。

    7. 承認/著作権クリアランス処理で、次を選択します。
      • 承認 – リクエストには、デジタル承認オペレータの役職を持つユーザーによる承認が必要です。
      • 著作権クリアランス – リクエストには、デジタル化管理者による著作権クリアランスが必要です。
    8. 前の2つのオプションのいずれかを選択する場合、承認がデジタル化ワークフローにどのように影響するかを選択します。
      • デジタル化ワークフローと並行して -  承認タスクが承認されるのを待たずにデジタル化ワークフローがアクティブ化されますが、承認タスクが承認されるまで完了しません。これはデフォルトのオプションです。
        表現は次のように処理されます。
        • リクエストが処理されている間、表現は非アクティブとしてマークされます。
        • リクエストが承認されると、表現はアクティブとしてマークされます。
        • リクエストが拒否された場合、表現は削除されます。
      • ブロックデジタル化ワークフロー - リクエストワークフローは、承認が完了した後にのみアクティブになります。
      • 自動承認 - 新しい承認タスクが承認済みとして作成され、リクエストのワークフローが続行されます。
        ドロップダウンリストから承認理由を選択します。理由のリストについては、デジタル化リクエストの承認/拒否を参照してください。
    9. (Legantoのみ)CLA/DCSリクエストの送信を選択して、このルールがトリガーされたときにDCSにリクエストを自動的に送信します。詳細については、英国のデジタルコンテンツストア(DCS)との統合を参照してください。
    10. 新しいルールを保存するために保存を選択します。
    複数のルールを定義する場合は、上矢印下矢印を使用して、ルールのオーダーをセットします。ルールのオーダーは重要です。システムが最初の(最初の)適切な有効なルールを適用するためです。適切なルールが見つからない場合、システムはデフォルトのルールを使用します。

    著作権表示の設定

    デジタルリソースの著作権宣言を設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント アドミン
    リソースを表示する前にユーザーに表示するように 著作権表示を設定できます。著作権表示の設定は、[著作権表示の設定ファイル]ページ([設定メニュー] > [フルフィルメント] > [著作権管理] > [著作権表示])で行います。
    Copyright Declaration New UI.png
    著作権宣言
    宣言は次のように定義されます。
    フォーム名 ファイル名 目的
    デジタル化リクエストの著作権宣言フォーム DigitizationRequestCopyrightDeclaration.html この宣言は、Primoデジタル化リクエストフォームに表示されます。
    リソースシェア著作権フォーム resourceSharingCopyrights.html この宣言は、Primoリソースシェアリクエストフォームに表示されています。
    Legantoデジタル化リクエスト著作権宣言フォーム LegantoDigitizationRequestCopyrightDeclaration.html この宣言は、Legantoで引用資料にアクセスしようとする学生に表示されます。
    著作権 1-5 copyrights1.html、copyrights2.htmlなど。 設定されたアクセス権に応じて、Primoでデジタルリソースが表示されるときにこの宣言が表示されます。
    • 著作権宣言はHTMLタグをサポートしていません。
    • デフォルト言語以外の異なる言語で宣言を作成することが可能です。 いずれの場合も、 言語の前に次の構文を付ける必要があります:--<language code>--- 例:--fr--
    著作権宣言を設定する場合:
    1. [著作権宣言の設定ファイル]ページで、宣言のカスタマイズを選択します。たとえば、次のように表示されます。
      Edit Copyright Declaration New UI.png
      著作権宣言
    2. 必要に応じて著作権宣言を編集し、カスタマイズを選択します。
      著作権宣言を編集した後に、次のアクションを使用できます。
      • 編集 – 著作権宣言の編集
      • 復元 – 著作権宣言をデフォルトに復元します
      • デフォルトの表示 – デフォルトの著作権宣言を表示
    上記の例は、デジタル化リクエストの著作権宣言です。このフォームにコンテンツを入力すると、Primoにチェックボックスが表示され、Primoデジタル化リクエストフォームを送信する前に、著作権契約を読んだことを確認するようユーザーにリクエストします。

    著作権表示の設定 – デジタル

    デジタルリソースを表示する前にユーザーに表示するようにデジタルリソースの著作権表示を設定できます。デジタル著作権表示は、[著作権表示 - デジタル設定ファイル]ページ([設定メニュー] > [フルフィルメント] > [著作権管理] > [著作権表示 - デジタル])で設定します。

    copyright_statements_digital.png

    著作権表示 – デジタル

    このページには2つのセクションがあります。

    • ボイラープレート – クリエイティブ・コモンズ・ライセンス、権利表示、合衆国法典など、すぐに使用できる著作権表示が含まれています。これらの表示は表示専用です。
    • カスタム – 必要に応じて作成できるカスタマイズされた著作権表示。
    新しい著作権表示を追加するには:
    1. 著作権表示を追加をクリックします。以下が表示されます。

      add_copyright_statement.png

      著作権表示を追加
    2. フィールドに入力して、[保存]を選択します。次のフィールドが追加されます。
      • 名前 – 著作権表示の名前を入力します。
      • URI – 著作権表示のURIを入力します。
      • 説明 – 著作権表示の説明を入力します。
      • 内容 – 著作権表示の内容を入力します。
      • 目立たせる – 選択すると、利用者が画像を表示したときに著作権を表示します。
      • 透かし – 著作権表示と関連付ける透かしを選択することで、著作権表示のある表現の画像に透かしが表示されるようにします。透かしの設定の詳細については、電子透かしの設定を参照してください。
       著作権表示が、邪魔なものとして指定されている場合、  Alma Viewer / IABR / Universal Viewerは、著作権表示をすぐに表示します。
      Copyrights_Statement_Obtrusive.png
      著作権表示を目立たせる
       著作権表示が表示でない場合は、デジタルファイルがユーザーに 表示されます:
      Copyrights_Statement_NOT-Obtrusive.png
      著作権表示を目立たせない

    著作権表示が表現に関連付けられている場合、ViewItを選択すると、著作権記号©がパブリックノートに表示されます。

    copyright_symbol.png

    著作権記号

    著作権記号を構成するために、次のパラメーターが追加されました。

    • Primoの場合は、[構成] > [フルフィルメント] > [インターフェイス表示ロジックの検出] > [ラベル] にあります。

      copyright_icon_configuration.png

      著作権記号の構成  – Primo
    • PrimoVEの場合は、  [構成] > [検出] > [構成の表示] > [ラベル] > [Viewitラベル]にあります。

      copyright_icon_configuration_primo_VE.png

      著作権記号の構成  – Primo VE

    記号を削除するには、 コードテーブルの値をNOT_DEFINEDに設定します。

    電子透かしの設定

    透かし画像をデジタル画像ファイルに追加できます。透かしは、設定>フルフィルメント>著作権管理>電子透かしから設定します。透かしを追加するには、透かしを追加を選択します。以下が表示されます。

    watermark_details.png

    透かしの詳細

    次のフィールドを入力してください:

    • 名前説明フィールドに、透かしの名前と説明を入力します。
    • 画像フィールドから、透かしとして使用する画像を選択します。画像はjpg、png、またはgif形式で、最大サイズは100KB以内である必要があります。
    • ファイル全体で繰り返すフィールドから、透かしを画像全体で繰り返すか、1回だけ表示するかを選択します。
    • ポジションフィールドで、画像上の繰り返しのない透かしの位置を選択します。

    表示の画像に透かしを適用するには、表示に関連付けられている著作権表示に透かしを追加します。詳細については、著作権表示の設定–デジタルを参照してください。

    透かしを追加する方法を説明するビデオについては、AlmaDigital - 画像ファイルの著作権透かしを参照してください。

    透かしを追加する方法を説明するパワーポイントについては、AlmaDigital - 画像ファイルの著作権透かしを参照してください。

    リソースシェア著作権宣言の設定

    リソースシェアの著作権宣言を設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    ユーザーがパートナーにアイテムをリクエストする前に表示されるリソースシェア著作権宣言を設定できます。

     著作権宣言を 設定する前に、著作権承認ボックスがRSフォームに表示されている必要があります。表示されていない場合、すべてのRSリクエストがブロックされます。 

    [設定ファイル]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [著作権管理]> [リソースシェア著作権宣言])で宣言を設定します。
    Copyrights New UI.png
    リソースシェアの著作権宣言の設定ファイルのページ
    リソースシェアの著作権宣言は、機関レベルでのみ設定できます。[設定]ページの設定フィルタから必要な機関を選択します。
    リソースシェアの著作権宣言を入力する場合:
    1. コンテンツフィールドに、ユーザーに表示するテキストを入力します。
    2. 有効ドロップダウンリストからはいを選択します。
    3. カスタマイズを選択して、宣言をシステムに保存します。

    著作権発行者の設定

    著作権発行者を設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    デジタル化リクエストに関連付けられている発行元と比較する発行元のリストを作成できます。これらの比較は、自動著作権承認中のデジタル化および著作権ルールで使用できます(デジタル化と著作権ルールの追加を参照)。[著作権発行者]コードテーブル([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [著作権管理]> [著作権発行者])にある発行者のリスト。コードテーブルの詳細については、コードテーブルを参照してください。
    Copyright Publishers New UI.png
    著作権発行者コードテーブル
    リストから発行者を追加、編集、削除できます。このページの詳細については、コードテーブルを参照してください。

    引用デフォルトの著作権ステータスの設定

    図書リストの引用のデフォルトの著作権ステータスを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    [引用著作権デフォルトステータス]マッピングテーブル([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [著作権管理]> [引用デフォルトの著作権ステータス])で、すべての図書リスト引用のデフォルトの著作権ステータスを設定できます。マッピングテーブルでのジョブの詳細については、マッピングテーブルを参照してください。
    Citation Copyright Default Status.png
    引用著作権のデフォルトステータスページ
    このデフォルトは、リポジトリ(デジタル、電子、または冊子)、非リポジトリ、短い引用で異なる場合があります。
    選択したステータスは、[非リポジトリ引用の追加]ページなどで新しい図書リストの引用を作成するときに、著作権ステータスのデフォルト値として表示されます。詳細については、図書リストへの引用の追加を参照してください。
    add_non_repository_citation_copyright_status_highlighted_ux.png
    新規非リポジトリ引用を追加ページ

    リソースシェア著作権ステータスの設定

    著作権ステータスを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者
    リソースシェア著作権宣言の設定も参照してください。
    リソースシェアの著作権ステータスの説明は、リソースシェアの著作権ステータスコードテーブル([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [リソースシェア]> [著作権ステータス])で設定できます。このオプションは、パラメータrs_borrower_copyright_managementにセットされている場合にのみ表示されます(その他の設定を参照)。コードテーブルの詳細については、コードテーブルを参照してください。
    Copyright Statuses New UI.png
    リソースシェア著作権ステータス
    このページでのみ説明を変更できます。ステータスを追加、削除、有効化、または無効化することはできません。
    • Was this article helpful?