Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    表示ラベルの変更

    Translatable

    Primo VEを使用している場合、詳細については「Primo VE」を参照してください。

    ラベルを設定するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • 一般システム管理者
    • フルフィルメント管理者

    このセクションは、Primoにのみ適用されます。Primo VEおよびAlma-Summon環境に関する情報については、次のページを参照してください。

    [ディスカバリーインターフェイスラベルコードテーブル]ページ([設定メニュー]> [フルフィルメント]> [ディスカバリーインターフェイス表示ロジック]> [ラベル]) には、Primoに表示される定義済みのラベルが含まれています。これらのラベルを追加または削除することはできませんが、要件に合わせてラベルのテキストを編集できます。コードテーブルの詳細については、コードテーブルを参照してください。

    予約のラベルはAlmaで行われます!

    Primo_DiscoveryInterfaceLabels_Code_Table.png
    ディスカバリーインターフェイスラベルコードテーブル(部分リスト)
    • ラベルは、機関レベルでのみ設定できます。フルフィルメント設定ページの設定フィルタから必要な機関を選択します。

    • Primoに表示されるユーザー作成のライセンス条項については、Primoに表示されるユーザー作成のライセンス条項の表示を参照してください。

    • ラベルの設定に加えて、異なる発行をリクエストする必要なものが見当たらない?など、特定のサービスを非表示にできます。一般取り置きリクエストサービスを非表示にするように表示ロジックルールを設定して、とりあえずリクエストを使用します。上記の表示ロジックルールの追加を参照してください。

    さらに、これらのフィールド にHTMLコードを追加して、ラベルの表示を変更できます。たとえば、示されているように次のフィールドを変更すると、次の図に示すように出力が表示されます。

    • c.uresolver.request.request_type = Request Type: <font color=red>ALL FIELDS REQUIRED!</font>

    NUI.Request.Request_Example.png
    Primoの[取得する]のHTMLで変更されたラベル

    一般的に使用されるラベルのリスト

    一般的に使用されるインターフェイスラベルとそれらがインターフェイスのどこにあるか
    ラベルコード デフォルト値 インターフェイス内のロケーション
    c.search.htmlCreator.unifiedDisplay

    {0} copy, {0} available, {0} requests

    次のようにフォーマットされます:{{copies_labels}}、{{available_labels}}、{{requests_labels}}。中括弧内のコンテンツはすべて、他のラベルを表すために変更または翻訳できません。中括弧の各ペアの前、後、または間にテキストを追加できます。または、ラベルの1つを削除できます。

    アイテムリストにカウントを表示します。

    • 新しいラベル内の中括弧:{{copies_labels}}には、以下の既存のラベルからの情報が入力されます:
      • 単一コピーの場合、c.search.htmlCreator.copy
      • 複数のコピーがある場合、c.search.htmlCreator.copies
    • 新しいラベル内の中括弧:{{available_labels}} には、この既存のラベルからの情報が入力されます:c.search.htmlCreator.available。棚へ戻す時間を設定した場合、次のラベルで置き換えることができます。
      • c.uresolver.getit2.item_list.status.SOME_HOLDING_ITEMS_AWAITING_RESHELVING,
      • c.uresolver.getit2.item_list.status.ALL_HOLDING_ITEMS_AWAITING_RESHELVING.
    • 新しいラベル内の中括弧:{{requests_labels}}には、以下の既存のラベルからの情報が入力されます:
      • 単一のリクエストがある場合、c.search.htmlCreator.request
      • 複数のリクエストがある場合、c.search.htmlCreator.requests
      • リクエストがない場合、c.search.htmlCreator.noRequests
    c.uresolver.locate 見つける 図書館内のロケーションを見つけるためのリンク(ロケーションマップ)。アイテムリスト(1つだけの所蔵の場合)と所蔵リスト(複数の所蔵の場合)の両方に表示されます。
    c.uresolver.request リクエスト  
    c.uresolver.request.submitSuccessfully リクエストされました このラベルは、リクエストが送信された後に[取得する]に表示されます。
    c.uresolver.request.placeInQueue

    2019年8月のリリースより前に発行されたお客様の場合、デフォルト値は次のとおりです:待ち{0}。

    2019年8月以降に運用を開始するユーザーの場合、デフォルト値は次のとおりです: {0}ユーザー(サービスを受ける前)。

    このラベルは、リクエストが送信された後に[取得する]に表示されます。
    c.uresolver.request.submitFailed 資料リクエストを送信できませんでした。図書館に連絡してください。 このラベルは、リクエストの送信が失敗すると[取得する]に表示されます。
    c.uresolver.request.title あなたがリクエストしたタイトルの詳細 このラベルは、デジタル化フォームまたは取り置きリクエストフォームの上部に表示されます。
    c.uresolver.request.notNeededAfter 依頼解除日: このラベルは、取り置きリクエストフォームに表示されます。
    c.uresolver.request.Partial.madatoty_comment デジタル化する部分を追加してください 部分デジタル化の確認メッセージ
    c.uresolver.request.institution_dropdown_my_institution マイ機関 フルフィルメントネットワーク設定では、リクエストフォームの受け取りロケーションを選択すると、[マイ機関]オプションが表示されます。
    c.uresolver.request.institution_dropdown_other_institutions その他の機関 フルフィルメントネットワーク設定では、リクエストフォームの受け取りロケーションを選択すると、追加オプションの上に[その他の機関]というラベルが表示されます。
    c.uresolver.request.comment コメント: このラベルは、リクエストフォームに表示されます。
    c.uresolver.request.manualDescription 手動説明: アイテムに説明がある場合、またはリソース所蔵に概要所蔵フィールドがある場合は、[取得する]に異なる発行をリクエストするリンクが表示されます。これにより、ユーザーは目録化されていないアイテムをリクエストできます。
    異なる発行をリクエストするリンクを選択すると、このラベルがリクエストフォームに表示されます。
    c.uresolver.request.submitRequest リクエスト このラベルは、リクエストフォームの下部にあるリクエストボタンに表示されます。
    c.uresolver.request.refresh サービスリストの更新 リクエストを送信すると、[取得する]にサービスリストの更新リンクが表示されます。
    c.search.htmlCreator.copy コピー アイテムリストの合計コピー数と使用可能なコピー(Xコピー、Y使用可能)の数を表示します。
    c.search.htmlCreator.copies コピー 利用可否表示
    c.search.htmlCreator.request リクエスト 利用可否表示
    c.uresolver.ServicesForThisTitle このタイトルのためのサービス  
    c.uresolver.GeneralElectronicServices 追加サービス このラベルは、一般的な電子サービスが利用可能なときに[表示]に表示されます。
    c.uresolver.ServicesForRelatedTitles 関連タイトルのサービス 関連するレコードがある場合、このラベルは[表示]に表示されます。
    c.uresolver.availableOnline.full_text_prefix フルテキストは以下にあります: フルテキストサービスが利用可能な場合、ラベルは[表示]に表示されます。
    c.uresolver.availableOnline.selected_full_text_prefix 選択されたフルテキストは以下にあります: [表示]のフルテキストリンクのプレフィックス。
    c.uresolver.emptyList フルテキストは利用できません このラベルは、フルテキストサービスが利用できないときに[表示]に表示されます。
    c.uresolver.error 申し訳ございません。このタイトルのサービスの取得中にエラーが発生しました。 処理エラーが発生した場合、このラベルは[取得する]および[表示]に表示されます。
    c.uresolver.request.ill リソースシェアリクエスト: このラベルは、リソースシェアリクエストフォームの上部に表示されます。
    c.uresolver.request.ill.citationType.book 図書 このラベルは、リソースシェアリクエストフォームの引用タイプフィールドのオプションとして表示されます。
    c.uresolver.request.ill.citationType.article 記事 このラベルは、リソースシェアリクエストフォームの引用タイプフィールドのオプションとして表示されます。
    c.uresolver.request.ill.format.physical 冊子 このラベルは、[リソースシェアリクエスト]タブ> [配送情報]> [フォーマット]> [冊子]にあります。
    c.uresolver.request.ill.format.digital デジタル このラベルは、[リソースシェアリクエスト]タブ> [配送情報]> [フォーマット]> [デジタル]にあります。
    c.uresolver.request.ill.format.physicalNonReturnable 冊子返却不可 このラベルは、[リソースシェアリクエスト]タブ> [配送情報]> [フォーマット]> [返却不可の冊子]にあります。
    c.uresolver.request.ill.delivery.library 図書館へ配送 このラベルは、[リソースシェアリクエスト]タブ> [配送先]> [図書館への配送]にあります。
    c.uresolver.request.ill.delivery.alternative 代替住所 このラベルは、[リソースシェアリクエスト]タブ> [配送先]> [代替住所]にあります。
    c.uresolver.request.ill.volume 巻: このラベルは、記事と書籍の両方のリソースシェアリクエストフォームに表示されます。
    c.uresolver.request.ill.issue 発行:

    このラベルは、記事のリソースシェアリクエストフォームに表示されます。

    c.uresolver.availableOnline.service_is_temporary_unavailable_due_to 以下の理由で一時的にサービス利用不可 このラベルは、サービスが一時的に利用できず、電子サービスエディタでサービス利用不可の理由が定義されている場合に表示されます(サービス利用不可の理由を参照)。

    c.uresolver.availableOnline.service_is_temporary_unavailable

    サービスは一時的に使用できません

    このラベルは、サービスが一時的に利用できず、電子サービスエディタでサービス利用不可の理由 が定義されていない場合に[表示]に表示されます(サービス利用不可の理由を参照)。

    c.uresolver.getit2.request.request_options

    各種リクエスト:

    このラベルは、[取得する]のリクエストオプションのリストの横に表示されます。

    c.uresolver.getit2.request.monograph リクエスト このラベルは、[取得する]のリクエストリンクに表示されます。すべてのアイテムがモノグラフの場合、リンクはタイトルレベルになります。
    c.uresolver.getit2.request.serial リクエスト

    このラベルは、[取得する]のリクエストリンクに表示されます。逐次刊行物アイテムがある場合、リンクはアイテムレベルになります。

    c.uresolver.getit2.request.noItems 必要なものが見当たらない?とりあえずリクエスト このリクエストオプションは、アイテムがこのロケーションで利用できない場合に表示されます。リンクを選択してリクエストを作成します。
    c.uresolver.getit.related_title_display 「{0}」に関連する目録は以下の通りです  
    c.uresolver.getit2.holding_list.location_map ロケーションマップ これは、所蔵リストの[検索]リンクの列タイトルです。

    c.uresolver.getit2.holding_list.related_holdings

    関連する所蔵

    これは、関連する所蔵品とともに表示されるラベルです。

    詳細については、 Primoで関連レコードの表示を有効にするセクション を参照してください。

    c.uresolver.getit2.ill_request.monograph リソースシェアリクエスト すべてのアイテムがモノグラフ(説明なし)であるか、所蔵がない場合、タイトルレベルのリクエストオプションにリソースシェアリクエストリンクが表示されます。
    c.uresolver.getit2.ill_request.serial リソースシェアリクエスト アイテムの少なくとも1つが逐次刊行物(説明付き)であるか、アイテムが存在しない場合、タイトルレベルのリクエストオプションにリソースシェアリクエストリンクが表示されます。
    c.uresolver.getit2.digitization_request.monograph デジタル化 すべてのアイテムがモノグラフ(説明なし)であるか、所蔵がない場合、タイトルレベルのリクエストオプションにデジタル化リクエストリンクが表示されます。
    c.uresolver.getit2.digitization_request.serial デジタル化 ラベルは、Primoの[取得する]のアイテムデジタル化サービスに表示されます。

    c.uresolver.getit2.display_related_holding_separately_from_original_record

    LOCATIONS FOR RELATED TITLES

      元のレコード所蔵とは別に のオプションが選択されている場合に関連する所蔵のリストの上に表示されるラベルです。詳細については、 Primoで関連レコードの表示を有効にするセクション を参照してください。

    c.uresolver.getit2.display_related_holding

    Alma-Primo:関連タイトル:{0}({1} )

    Primo VE: 関連タイトル:{0}

    [入手する]に表示され、物的タイトルがレコードに関連していることを示します。

    Alma-Primo環境の場合のみ、関係タイプがタイトルの最後に追加されます。例:

    Related title:Art / (Contains) 
    c.uresolver.getit2.item_list.pagination.records レコード  
    c.uresolver.getit2.item_list.type タイプ タイプ列は、Primoの[取得する]の保持アイテムにあります。
    c.uresolver.getit2.item_list.policy ポリシー ポリシー列は、Primoの[取得する]のアイテムリストにあります。
    c.uresolver.getit2.item_list.status ステータス ステータス列は、Primoの[取得する]の保持アイテムにあります。
    c.uresolver.getit2.item_list.empty アイテムは存在しません。上記のリクエストオプションを参照してください アイテムなしの取り置きがある場合、ラベルはアイテムリストにあります。
    c.uresolver.getit2.request_different 異なる発行をリクエストする アイテムに説明がある場合、またはリソース所蔵に概要所蔵フィールドがある場合、Primoの[取得する]に異なる発行をリクエストするリンクが表示されます。これにより、目録化されていない可能性のあるアイテムをリクエストできるようになります。
    c.uresolver.getit2.digitize_different 別の発行をデジタル化する 別の発行をデジタル化する列は、Primoの[取得する]の保持アイテムにあります。
    dlf.block.expiry   {0}で設定して、ユーザーのブロックの有効期限をマイアカウントページに表示します。たとえば、ラベルの説明にExpired on {0}と入力すると、Expired on 07/07/2017と表示されます。
    dlf.onHoldShelf.until until {0} このラベルは、Primoの [マイアカウント][リクエストリスト]に表示されます。ステータスの最初の部分はステータスに基づいているため、設定できない場合があります。{0}までのテキストのみが設定可能です。
    c.uresolver.request.part_to_digitize デジタル化する部分: ラベルは、Primoの[取得する]のデジタル化リクエストに含まれています。
    c.uresolver.getit2.holding_list.empty.top 検索は図書館内のどの冊子資料とも一致しませんでした 所蔵がない場合、これはPrimoの[取得する]の最初の行です(ユーザーがサインインしている場合)。
    c.uresolver.getit2.holding_list.empty.signed_in_user 他の図書館からの資料をリクエストするには下記のリンクをご利用ください 所蔵がない場合、これはPrimoの[取得する]の2行目です(ユーザーがサインインしている場合)。
    c.uresolver.getit2.holding_list.empty.signed_in_user.no_services 利用可能なサービスはありません 所蔵およびサービスがない場合、これはPrimoの[取得する]に表示されるメッセージです(ユーザーがサインインしている場合)。
    c.uresolver.getit2.holding_list.empty.bottom 問題がありますか?ExLibrisスタッフにお問い合わせください 所蔵がない場合、この説明はPrimoの[取得する]の下部に表示されます(ユーザーがサインインしている場合)。
    c.uresolver.getit2.holding_list.empty.guest_user 他の図書館から資料をリクエストするオプションを受け取るには、サインインしてください 所蔵がなく、ユーザーがサインインしていない場合、Primoの[取得する]に表示されます。
    c.uresolver.getit2.item_list.non_circulating 貸出不可 アイテムが貸出可能でない場合(ポリシーに従って)、アイテムリストの下のポリシー貸出不可になります。
    c.uresolver.getit2.item_list.circulating 貸出可 アイテムが(ポリシーに従って)貸付可能である場合、アイテムリストの下のポリシー貸出可です。
    c.uresolver.getit2.item_list.alt_call_number_prefix 追加ロケーション情報: 代替請求番号のプレフィックスは、[取得する] アイテムページのアイテムの説明の横に表示されます。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.ITEM_NOT_IN_PLACE 配置済みでないアイテム これは、アイテムリストでのステータスです。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.ITEM_IN_PLACE 配置済みのアイテム これは、アイテムリストでのステータスです。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.ACQ.with_expected_date {0}までオーダー中 これはアイテムリストのステータスです(有効期限を含む)。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.TRANSIT.with_expected_date {0}まで通過中 これはアイテムリストのステータスです(到着予定時間は含まれています)。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.NOPROCESS.with_no_expected_date 棚にあり これは、アイテムリストでのステータスです。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.WORK_ORDER_DEPARTMENT.
    with_expected_date
    {1}まで{0}の処理中 これはアイテムリストのステータスです(有効期限を含む)。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.LOST_LOAN.with_expected_date {0}以降に紛失しました これは、アイテムリストでのステータスです。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.CLAIM_RETURNED_LOAN.
    with_expected_date
    返却されました。{0}まで これはアイテムリストのステータスです(期日が含まれています)。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.LOAN.with_expected_date {0}までの貸出 これは、アイテムリストでのステータスです。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.OVERDUE.with_expected_date 貸出中 - {0}以降延滞 これは、アイテムリストでのステータスです。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.WORK_ORDER_DEPARTMENT.
    with_no_expected_date
    {0}の処理中 これは、アイテムリストでのステータスです。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.ILL.with_expected_date {0}までのILLプロセス これは、アイテムリストのステータスです(リソースシェアリクエストに期日がある場合)。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.ILL.with_no_expected_date ILL処理中 これは、アイテムリストのステータスです(リソースシェアリクエストに期日がない場合)。
    c.uresolver.getit2.item_list.status.TECHNICAL.with_no_expected_date テクニカル これは、アイテムリストでのステータスです。

    c.uresolver.viewit.related_type_list.CONTAINS

    関連レコード

    これは含むの関係 タイプのラベルです。このラベルは、[表示する]関連のレコードとともに表示されます。

    詳細については、 Primoで関連レコードの表示を有効にするセクションを参照してください。

    c.uresolver.viewit.relatedTemplate @TITLE (@RelationType) これは、[表示する]に表示されます。
    c.uresolver.missingProvider フルテキスト表示 これは、[表示する]のフルテキストへのリンクです。
    • Was this article helpful?