Skip to main content
ExLibris
  • Subscribe by RSS
  • Ex Libris Knowledge Center

    ピアツーピアリソースシェア

    翻訳可能

    ピアツーピアリソースシェア - 借入

    Peer to Peer Borrowing Workflow.png

    リソースシェア貸出リクエストの作成

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ1を参照します。
    このセクションでは、ピアツーピアプロセスを使用してリソースシェアリクエストを送信するためのサンプルワークフローについて説明します。貸出リクエストを作成するための段階的なステップについては、リソースシェア貸出リクエストの管理を参照してください。
    1. Alma - リクエストは次から作成できます:
    2. Primo - 貸出リクエストは以下から作成できます:
      • [取得する]パネル
        Primo RS Request Get It.png
        Primoの取得するパネルの貸出リクエスト
      • 空白のフォーム
      • 引用リンカー
        Primo RS Request Citation Linker.png
        引用リンカー
        図書館のポリシーで許可されている場合は、リクエストに空白のフォームを使用するのではなく、引用リンカーを使用することをお勧めします。
        引用リンカーの使用に関する詳細については、引用リンカーを参照してください。
    3. 他のディスカバリープラットフォーム - ディスカバリーシステムは、Almaに貸出リクエストを含むOpenURLを送信できます。URLのマッピングの詳細については、OpenURLフォームのリソースシェアリクエストへのマッピングを参照してください。
    4. カスタマイズされたローカルフォーム(API経由) - 機関は貸出リクエストAPIを使用してフォームを作成できます。詳細については、[デベロッパーネットワーク]を参照してください。

    勤務表管理

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ2を参照します。
    勤務表テンプレートを使用すると、パートナーを1つずつ手動で追加する代わりに、パートナーグループをリクエストにすばやく添付できます。詳細については、リソース共有パートナーと勤務表を参照してください。
    • 勤務表の作成 - アイテムの利用可否を検索するコレクションのパートナーのリストを定義します
      • 勤務表は、リクエストでパートナー追加または勤務表追加ボタンを使用して手動で作成できます。
        Borrowing Request Partner buttons highlighted New UI.png
        貸出リクエストにパートナーまたは勤務表を追加
      • 勤務表は、ジョブ表割当ルールと勤務表テンプレートを使用して自動的に作成できます。
    • 勤務表を確認します(見つけるプロセスとも呼ばれます) - 潜在的な貸し手に関連性があることを確認します。検証に適合しないパートナーは、勤務表から自動的に削除されます。検証は、次のようなさまざまな属性で実行できます。
      • パートナーはリクエストされたアイテムを持っているか?
      • アイテムは現在入手可能か?
      • アイテムはリソースシェアリクエストに使用できるか?
        アイテムの利用可否とリソースシェアの適格性の検証は、パートナーが別のAlma機関である場合にのみ関連します。
    見つけるプロセスの詳細については、アイテムを見つけるを参照してください。

    リソースシェアリクエストの送信

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ3を参照します。
    送信プロセスは、送信貸出リクエストルールを使用して自動的に実行されるか、タスクリストの送信ボタンを使用して手動で実行されます。
    送信アクションによってトリガーされる実際のステップは、パートナータイプ(ISO、NCIP、Eメールなど)によります。

    リソースシェアリクエストのキャンセル

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ4を参照します。
    借り手は、貸し手に既に送信されているリクエストのキャンセルを行うことがあります。リクエストは次のとおりである必要があります。
    リクエストは次の3つの方法でキャンセルできます。
    1. 行アクションからリクエストをキャンセルできます。このオプションは、リクエストを完全にキャンセルします。現在のパートナーが削除されます。保留中のパートナーもすべて削除されるので、リクエストが別のパートナーに移動することはありません。
      Borrowing Request Actions New UI.png
      貸出リクエストタスクリストのキャンセルアクション
    2. Primoからリクエストをキャンセルできます。このオプションは、リクエストを完全にキャンセルします。
      Primo Borrowing Requests List.png
      Primoリクエストリストのキャンセルアクション
    3. リクエストを編集し、[勤務表]タブを選択します。パートナーの横にある[キャンセル]を選択します。このオプションは、このパートナーのみをキャンセルし、リクエストはアクティブのままになります。キャンセルメッセージがパートナーに送信され、他のパートナーが存在する場合、勤務表内の次のパートナーがアクティブになります。
      Borrowing Request Rota Tab New UI.png
      パートナーリストのキャンセルアクション
    リクエストをキャンセルすると、パートナーの設定に従って送信されるメッセージが生成されます。リクエストが完全にキャンセルされると、ワークフロープロファイルに従ってステータスが変更されます。
    キャンセルされたアイテムが取り置き棚にある場合、取り置きリクエストはキャンセルされ、貸出リクエストは完了としてマークされます。
    図書館がアイテムを受領したが、ユーザーがまだアイテムを受け取っていない場合、ユーザーは取り置きリクエストをキャンセルできますが、貸出リクエストはアクティブのままになります。

    リソースシェアリクエストの拒否

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ4を参照します。
    リクエストの拒否は、貸し手にリクエストを満たす意思がないことを示すために、貸し手によって開始されます。
    リクエストがアクティブで、アイテムが配送されていない場合、拒否できます。

    リソースシェアリクエストからのアイテム受入

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ6を参照します。
    以下のシステムコンポーネントは、アイテムが貸し手から受領されたときに利用されます
    • 自動的に抑制される一時的なBIBレコード
    • 一時取り置き
    • 一時的なアイテム
    • 一時的なアイテムにリンクされた取り置きリクエスト
    これらのコンポーネントは、リクエストが作成されたときに実際に作成されますが、オペレータが最初に使用するのは受入時です。

     物理リソース共有リクエストの受信

    アイテムは、受領アイテムアイテムをスキャンする、タスクリストの受領リンクで受領できます。リソースシェアアイテム受入のための専用インターフェイスであるため、[受領アイテム]ページを使用することを強くお勧めします。デジタルアイテムのレシートを示す、期日、アイテムポリシー、ロケーションをセットするなどの追加オプションを提供します。アイテムを受領すると、一時的なバーコードがアイテムに添付されます。その後、アイテムは、受領または通過のために取置き棚に移動します。アイテムの受領についての詳細については、アイテムの受領と配送を参照してください。

     デジタルリソース共有リクエストの受信

    貸出機関は、リクエストにユーザーのEメールアドレスが含まれている場合、デジタルリクエストをユーザーに直接送信できます。
    取寄せ図書館と受領図書館が両方ともAlmaの図書館である場合、貸し手は、 リクエストに ユーザーのEメールアドレスが含まれていなくても、デジタル化されたリソースへのリンクを使用してユーザーに直接 Eメールを送信できます。
    貸し手は、デジタル化されたリソースが添付されたEメールを送信できます 。取寄せ側のオペレータはデジタルアイテムを確認し、それをユーザーに送信し、同時にリクエストをクローズします。ユーザーへのファイルの送信は、「ファイルのアップロード」アクションを使用して行われます。このアクションにより、ファイルがAlmaクラウドストレージにアップロードされ、ファイルをユーザーに送信することもできます。ユーザーは、リソースへの安全なリンクが記載されたEメールを受信し、リソースにアクセスする前に認証する必要があります。ファイルは、構成可能な期間(デフォルトは30日間)Almaストレージに残ります。
    clipboard_e83d2ad043ea646c84c64ec74a16141f5.png
    スタッフは、「ファイルの表示」および「ファイルをユーザーに送信」アクションを使用して、ファイルを表示し、再送信することもできます。
    clipboard_e958608f55249d218fa58bdf9c433892b.png
    リソースシェアリクエストのデジタルドキュメントデリバリーの詳細については、リソースシェアリクエストのデジタルフルフィルメントに関する詳細情報の動画(18分43秒)、および Almaリソースシェアの記事リクエストについての詳細 の動画(16分54秒)を参照してください。

     ドキュメントデリバリー通知レターは、 ソーシャルログインオプションもサポートしています。詳細については、ここをクリックしてください。 

    受取後のリソース共有貸与アイテムの管理

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ7を参照します。
    貸出機関がEメールパートナーである場合、リクエストされたアイテムが受領されると、取寄せ利用者受領Eメールレター が送信されます。その後、アイテムはレギュラーのフルフィルメントアイテムとして処理されます。これは、標準の取り置き棚のアイテムリストに追加され、アクティブな取り置き棚または期限切れのタスクリストに表示されます。ユーザー貸与は、ユーザーサービスの管理を通じて実行されます。ユーザーの返却は、[ユーザーサービスの管理]または[返却アイテム]ページからも実行できます。

    貸し手へのリソースシェアアイテムの返却

    このセクションでは、ピアツーピア借入ワークフロー図のステップ9を参照します。
    返却は、スキャンインアイテムインターフェイスまたはタスクリストの返却アクションから行うことができます。一時BIBレコード、一時取り置き、一時的なアイテムがシステムから削除されます。返却されたアイテムは、その後、貸出機関に返却されます。貸出機関がISOパートナーである場合、返されたISOメッセージがパートナーに送信されます。貸出機関がEメールパートナーである場合、取寄せ利用者返却Eメールレター が送信されます。その後、リクエストを終了して完了としてラベル付けするか、貸し手からの応答を待つ間、リクエストを開いたままにできます。この動作は、パートナーの貸出ワークフロープロファイルの貸し手チェックイン アクションによります。ワークフロープロファイルの設定およびリソースシェアワークフロープロファイルに関する詳細を参照してください。
    取寄せアイテムを貸し手に返却する際に、 リソースシェア返却スリップレター が印刷されます。詳細については、Almaレターの設定を参照してください。
    ピアツーピアワークフローに加えて、ブローカーベースのリソースシェア は、ブローカーシステムと対話するリクエストを借入するためのワークフローを定義します。

    リソースシェアアイテムの受け取りと配送

    アイテムを受け取る

    リソースシェアアイテムを受け取るのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • フルフィルメントサービスオペレータ(リソースシェア図書館用)
    • フルフィルメントサービス管理者(リソースシェア図書館用)
    [受け取りアイテム]ページで、受け取ったリソースシェアアイテムのリストを表示できます。
    リソースシェア図書館の貸出・返却受付にいる場合にのみ、リソースシェアアイテムを受け取ることができます。常設メニューの図書館/受付セレクタを参照してください。
    受入 物理アイテム
     
    受け取りアイテムを表示する場合:
    1. [アイテムを受け取る]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [アイテムを受け取る])で、リソースシェア資料を受け取るために使用する方法に関係なく、表示する受け取りフォーマットフィールドで受け取りアイテムのフォーマット(デジタル冊子、または冊子返却不可)を選択します。
      Received Items New UI.png
      受け取りアイテムページ
    2. 受け取ったアイテムを識別する識別子タイプを選択します。
      • バーコード
      • 外部識別子
    3. アイテムがリソースシェア図書館に到着した際にAlmaがリクエストしているユーザーに通知Eメールを送信しないようにするには、[ユーザーに自動的に通知する]チェックボックスをオフにします。これは、受領操作を使用して、アイテムが既にユーザーに直接供給されていることをAlmaに通知して、ユーザーへのコレクション通知の準備ができている追加のアイテムは必要がない場合、冊子の返品不可の形式のリソースシェア貸出リクエストに役立ちます。デフォルトでは、このチェックボックスが選択されています。 

     

    • [ユーザーに自動的に通知する]チェックボックスがオンになっている場合、[取置き棚]レターは通知用に生成されたレタータイプです。
    • この通知は、冊子リソースにのみ関連しています。
    1. 必要に応じて、次のフィールドのいずれかまたは両方にノートを追加します。このノートは次のフォーマットで表示されます。
      <Name of partner><Note text>
    2. 内部ノート:送信元の側にのみ表示されるノート(つまり、借り手からノートを設定する場合、ノートは取寄せリクエストのリストにのみ表示されます。貸し手からノートを設定する場合、ノートは貸出リクエストのリストにのみ表示)。これらのノートは、履歴タブには表示されず、発行することを意図していないノートとして使用されます(つまり、ピアパートナーに送信されません)。ノートの例としては、次のような借り手の書き込みがあります。この貸し手は昔から対応が難しい
      • パートナーへのノート:パートナーに送信されるノート。このノートは、ノートの送信者と受け取り者の両方のノートタブと、リクエストの履歴タブに表示されます(つまり、– リーディングルームでのみ )。
    3. バーコードまたは外部識別子フィールドに受け取ったリソースのバーコードまたは外部識別子を入力し、OKを選択します。表示されるフィールドは、ステップ2で実行した識別子のタイプの選択に対応しています。
      • 受け取ったフォーマットとして冊子を選択した場合、ダイアログボックスが開き、アイテムの受け取り情報を設定します。
        Receiving Physical Items New UI.png
        冊子アイテムの受け取り - ダイアログボックス
        次の表の説明に従って、ダイアログボックスのフィールドでフィールドを設定します。
        冊子アイテムの受け取りダイアログボックスのフィールド
        フィールド 説明
        自動的にスリップを印刷する はいを選択すると、リソースシェア受け取りスリップレターが自動的に印刷されます。オプションのデフォルトはいいえです。選択はセッションの間記憶されます。はいに設定すると、複数のアイテムがスキャンされている場合、バーコードごとに印刷スリップが生成されます。レターの設定の詳細については、「Almaレターの設定」を参照してください。
        複数のアイテム このリクエストに対して複数のアイテムが貸し手から受け取られた場合、チェックボックスを選択します。
        一時的バーコード アイテムの一時的なバーコードを入力します。
        アイテムポリシー アイテムのアイテムポリシーを選択します。アイテムポリシーの詳細については、アイテムポリシーの設定を参照してください。
        ロケーション アイテムを受け取るロケーションを選択します。
        NCIPパートナーからアイテムを受け取る場合、このフィールドの値は、[リソース共有パートナー]ページの[パラメータ]タブのデフォルトのロケーションフィールドで指定された値です(NCIPパラメータを参照)。
        フルフィルメントノート 必要に応じてノートを入力します。
        期日 アイテムの期日を設定します。NCIPリソースシェア取寄せリクエストメッセージに期日が含まれている場合、このフィールドに日付が表示されます。
        期日が過去であるか、アイテムを配送できない日付の場合(たとえば、アイテムの明日であり、配送に3日かかる場合)、アイテムはそれに応じて処理する必要があります(アイテムを受け取るの[配送不能アイテムを処理し、配送できるようにする]セクションを参照)。
        内部ノート 上記のステップ4で説明したとおりです。
        パートナーへのノート 上記のステップ4で説明したとおりです。
        配送コスト 配送コストは、関連するポリシーで定義されています。この時点で値を変更することで上書きできます。
        ユーザー受け取りコスト ユーザー受け取りコストは、関連するポリシーで定義されているリソースシェアの受け取り手数料です。この時点で値を変更することで上書きできます。
        ユーザーリクエストコスト ユーザーリクエストコストは、関連するポリシーで定義されているリソースシェアリクエスト手数料です。この時点で値を変更することで上書きできます。
        リーディングルームでのみ使用可 リーディングルームへのアクセスを制限する場合に選択します。
        アイテムポリシーロケーションフィールドの値には、アイテムの一時的なアイテム作成ルールの値が入力されます(一時的なアイテム作成ルールの設定を参照)。ルールが設定されていない場合、アイテムポリシーフィールドは空で、ロケーションフィールドには、図書館と機関のデフォルト設定に基づいて、アイテムの現在のロケーションが含まれます。
      • 受け取ったフォーマットとしてデジタルを選択した場合、ページの下部に受け取ったアイテムが表示されます。
        Received Items Digital New UI.png
        受け取り済みアイテムページ - デジタルアイテム
        リクエストを完了し、リクエストを完了するを選択して、リクエストを終了としてマークします。このオプションを選択しない場合、リソースのステータスは、図書館によってデジタル受け取りされたものとして、リソースシェア取寄せリクエストリストにリスト表示されます。
    4. 冊子返却不可のリクエストを処理する場合、リクエストの完了を選択してアイテムのステータスをリクエスト完了に変更し、リクエストに完了のマークを付けます。リクエストを完了するを選択しない場合、リソースのステータスは[リソースシェア取寄せリクエスト]ページに図書館により冊子が受け取られましたと表示されます。スリップを自動的に印刷するはいに設定されている場合、冊子および冊子返却不可アイテムに対して、受け取りスリップレター(コード:ReceivingSlipLetter)が印刷されます。受け取りスリップの詳細については、Almaレターの設定を参照してください。
      返却不可のリクエストの詳細については、返却不可の取寄せリクエスト動画(4分26秒)を参照してください。
    5. 貸し手がISOまたはNCIPパートナーである場合、リクエストのステータスがアップデートされ、受け取りメッセージが送信されます。
    アイテムが2回スキャンされると、アイテムがリストに追加され、最初の受け取りからのデータが表示されますが、追加のアクションは実行されません。これは、受け取り用のアイテムが2回スキャンされた場合の間違いを防ぐためです。これが行われないと、返却ステップがすぐに実行されてしまいます。
    配送不能アイテムを処理し、配送を有効にする場合:
    [受け取りアイテム]ページで、過去の日付またはアイテムを配送できない日付のいずれかに期日が入力された場合、[アイテムをユーザーに貸すことができません - 期日が不十分です]というメッセージが表示されます。
    以下のうちの1つを入力してください:
    • キャンセルを選択して、[受け取りアイテム]ページに戻り、期日を変更します。期日を修正すると、アイテムが[リソースシェア取寄せリクエスト]ページに図書館で冊子受け取りステータスで表示されます。
    • OKを選択して、不十分な期日をそのままにします。アイテムは、リソースシェア取寄せリクエストページにステータスが受け取り済み - 貸与不可と表示されます。これは、アイテムがリソースシェア取寄せ図書館によって受け取られたが、貸与できないことを示します。
    受信 デジタルファイル

    貸出機関は、リクエストにユーザーのEメールアドレスが含まれている場合、デジタルリクエストをユーザーに直接送信できます。 

    取寄せ図書館と受領図書館が両方ともAlmaの図書館である場合、貸し手は、 リクエストに ユーザーのEメールアドレスが含まれていなくても、デジタル化されたリソースへのリンクを使用してユーザーに 直接 Eメールを送信できます。

    貸出側は、デジタル化されたリソースが添付された電子メールを送信する場合があります。 オペレーター 借出側 デジタルアイテムを確認して利用者に送信し、同時にリクエストを閉じます。 ユーザーへのファイルの送信は、「ファイルのアップロード」アクションを使用して行われます。このアクションにより、ファイルがAlmaクラウドストレージにアップロードされ、ファイルをユーザーに送信することもできます。ユーザーは、リソースへの安全なリンクが記載されたEメールを受信し、リソースにアクセスする前に認証する必要があります。ファイルは、構成可能な期間(デフォルトは30日間)Almaストレージに残ります。

    clipboard_e83d2ad043ea646c84c64ec74a16141f5.png

    スタッフは、「ファイルの表示」および「ファイルをユーザーに送信」アクションを使用して、ファイルを表示し、再送信することもできます。

    clipboard_e958608f55249d218fa58bdf9c433892b.png

    リソースシェアリクエストのデジタルドキュメントデリバリーの詳細については、 リソースシェアリクエストのデジタルフルフィルメントに関する詳細情報 の動画(18分43秒)、 および Almaリソースシェアの記事リクエストについての詳細 の動画(16分54秒)を参照してください。

    配送アイテム

    リソースシェアアイテムを発送するのは、次のいずれかの役職でなければなりません。
    • フルフィルメントサービスオペレータ(リソースシェア図書館用)
    • フルフィルメントサービス管理者(リソースシェア図書館用)
    Almaは、リソースシェアリクエストが配送される前に次のステップを実行します。
    1. リソースシェアリクエストが以前に作成されていない場合、リクエストが作成され、リソース共有パートナーにリンクされます。
    2. アイテムは、セットアップしたパートナー設定に基づいて一時的なロケーションに移動されます。
    3. アイテムは冊子配送済みとしてマークされ、Almaでは使用できません。
    一緒に配送される複数のアイテムの期日と配送コストを同時にアップデートできます。
    [配送アイテム]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [配送アイテム])で配送できます。
    • ISOまたはNCIP対応のリソースシェア図書館には、配送先住所タイプが必須です。ISO/NCIPリクエストが送信されると、リクエストの配送先住所として使用されます。貸出機関は、デジタルで発送する場合、この住所に発送します。配送先住所の設定の詳細については、管理機関/図書館コンタクト情報を参照してください。
    • システムは、貸与中、取り置き棚中、受入中などの処理中の配送アイテムをブロックします。
    [配送アイテム]ページに表示されるフィールドは、選択した配送フォーマットによって異なります。
    Shipping items.png
    配送アイテムページ - 冊子フォーマット
    アイテムの配送時に貸出リクエストが作成されていない場合、自動的に貸出リクエストを作成するオプションがあります。これにより、貸し手のリクエストを手動で管理する図書館が、1つのアクションで2つのステップを実行できます。これを実現するには、リソースシェア図書館の自動作成属性をオンにします(リソースシェア図書館のパラメータの設定を参照)。これにより、冊子リクエストの配送アイテムページにパートナーフィールドが表示されます。入力したリクエストIDが存在しない場合、パートナーフィールドは必須です。パートナーフィールドを空白のままにしようとすると、エラーメッセージが表示されます。リクエストが以前に作成されていない場合、パートナーの選択は必須です。パートナーを選択すると、新しいポップアップウィンドウがシステムに貸出リクエストが存在しないことを警告します。新しいリクエストが作成されます。必要に応じて、ユーザーパラメータでポップアップウィンドウをオフにできます(その他の設定を参照)。新しい貸出リクエストが作成され、配送済みとしてマークされます。
    貸し手のワークフローの最適化の詳細については、貸し手のワークフローの最適化の動画(3分11秒)を参照してください。
    Shipping Items Digital New UI.png
    配送アイテムページ - デジタルまたは冊子返却不可アイテム
    配送アイテムの詳細については、配送時の期日と配送コストの設定動画(5分13秒)を参照してください。
    貸出機関から複数のアイテムを配送するための期日と配送コストを設定する場合:
    1. [配送アイテム]ページのスリップの自動印刷フィールドで、はいを選択します(デフォルトはいいえ)。このフィールドで選択されたオプションは、セッション中、ユーザーに対して常に提示されます。このオプションは、アイテムを配送するときに、リソースシェア配送スリップ印刷レター を自動的に送信します。スキャンリクエストIDフィールドとアイテムのバーコードをスキャンフィールドで指定されたアイテムについて、配送印刷スリップが送信されます。スリップには、配送されるアイテムに固有の情報が含まれています。リソースシェアスリップレターの設定については、Almaレターの設定を参照してください。
      [リソースシェア貸出リクエストタスクリスト]ページでスリップの印刷リンクを選択することにより、配送スリップを手動で印刷できます(リソースシェア貸出リクエストの管理の[タスクリストシェア貸出リクエストタスクリストリンク]テーブルの印刷スリップの説明を参照)。
    2. 配送フォーマットフィールドで、リクエストの配送フォーマットを選択します。
    3. 配送コストフィールドに、アイテムの配送コストを入力します。
    4. 期日フィールドに、配送アイテム期日を入力します。このフィールドは、配送フォーマット = 冊子の場合にのみ表示されます。
    5. リソースシェア貸出リクエストを配送する場合、ロケーションフィールドで、配送するアイテムの一時的なロケーションを指定します。ロケーションフィールドに表示されるオプションは、図書館のロケーションです(常設メニューの現在地:フィールドに表示)。
      ロケーションを指定して、アイテムのバーコードをスキャンフィールドにアイテムのバーコードを入力すると、リクエストのステータスが冊子配送済みに変わります。
      このフィールドは、配送フォーマット = 冊子の場合のみ表示され、次のいずれかに該当する場合にのみ有効になります。
      • リソースシェア図書館の貸出・返却受付にいる。常設メニューの図書館/受付セレクタを参照。
      • スキャンリクエストIDフィールドに貸出リクエストの外部IDを入力しました。
      • [リソースシェア貸出タスクリスト]ページの配送アイテムリンクを使用して、[配送アイテム]ページにアクセスしました。
    6. 必要に応じて、次のフィールドのいずれかまたは両方にノートを追加します。このノートは次のフォーマットで表示されます。
      <Name of partner><Note text>
      • 内部ノート:送信元の側にのみ表示されるノート(つまり、借り手からノートを設定する場合、ノートは取寄せリクエストのリストにのみ表示されます。貸し手からノートを設定する場合、ノートは貸出リクエストのリストにのみ表示)。これらのノートは、履歴タブには表示されず、発行することを意図していないノートとして使用されます(つまり、ピアパートナーに送信されません)。ノートの例としては、次のような借り手の書き込みがあります。この貸し手は昔から対応が難しい
      • パートナーへのノート:パートナーに送信されるノート。このノートは、ノートの送信者と受け取り者の両方のノートタブと、リクエストの履歴タブに表示されます(つまり、– リーディングルームでのみ )。
    7. アイテムのバーコードをスキャンフィールドに、アイテムのバーコードを入力します。このフィールドは、配送フォーマット = 冊子の場合にのみ表示されます。アイテムのないリクエストを配送する場合、このフィールドは空白のままにします。
    8. リクエストを完了するチェックボックスをオンにして、アイテムのステータスをリクエスト完了に変更し、リクエストに完了のマークを付けます。このチェックボックスは、配送フォーマット = デジタルまたは冊子返却不可の場合にのみ表示されます。
    9. スキャンリクエストIDフィールドに、アイテムの外部識別番号を入力します。
    10. アイテムバーコードのスキャンまたはリクエストIDのスキャンフィールドの横にあるOKを選択します。アイテムが配置され、ページの下部に表示されます。
      発送するすべてのアイテムについて、ステップ7とステップ9を繰り返します。アイテムはページ下部のテーブルに表示され、設定された配送コストと期日が各アイテムに適用されます。
      アイテムが2回スキャンされると、そのアイテムはリストに追加され、最初の配送のデータが表示されますが、追加のアクションは実行されません。これは、配送するアイテムを2回スキャンする際のミスを防ぐためです。

    単一のリクエストに対する複数のアイテムの受け取りまたは配送

    取寄せリクエスト
    1回の取寄せリクエストで複数のアイテムを受け取り、返却できます。部分的な受け取りも可能ですが、すべてのアイテムがスキャンされると、受け取りまたは返却操作は完了したと見なされます。リクエストがまだアクティブなステータスの場合、元の受け取り後にアイテムをリクエストに追加できます。手動受け取りは、取寄せタスクリストの行アクションとアイテムを受け取るインターフェイスから実行できます。手動返却は、返却アイテムユーザーサービス返却タブ、アイテムをスキャンするから実行できます。
    Receive Multiple Items New UI.png
    複数のアイテムの受け取り
    [アイテムを受け取る]画面では、受け取りインターフェイスで[冊子フォーマット]が選択されている場合にのみ、複数アイテムチェックボックスが表示されます。チェックボックスを選択すると、各アイテムがスキャンされて受け入れられるため、バーコードフィールドがクリアされます。[完了]を選択して、リクエストのすべての部分がスキャンされたことを示し、取置き棚通知をユーザーに送信します。完了を選択すると、入力されたバーコードで次の検証がトリガーされます。
    • 空のバーコードがない
    • バーコードが重複していない
    • バーコードがすでに使用されていない(リポジトリ内)
    リクエストでまだいくつか行方不明なアイテムがある場合、部分的に受け取ったリクエストを示すために受け取りが行われる場合があります。追加のアイテムが受け取られたときに、リクエストがまだ返されておらず、複数オプションが選択されている場合、それらをメインリクエストに追加できます。
    複数のアイテムが発送または受け取られた場合、取寄せリクエストリストには複数のバーコードへのリンクがあります。リンクを選択すると、受け取りアイテムタブへのリクエストが開きます。
    Borrowing Request Multiple Barcodes New UI.png
    複数アイテムのリクエストを含む取寄せリクエストリスト
    Borrowing Request Received Multiple Items New UI.png
    リクエストの[受け取りアイテム]タブ
    [返却]アクションを選択すると、[返却]ポップアップウィンドウに、これがマルチアイテムリクエストであることが示されます。
    Borrowing Request Return New.png
    返却ポップアップウィンドウ
    元の受け取り後にアイテムをリクエストに追加する場合:
    1. [アイテムを受け取る]ページ([フルフィルメント]> [リソースシェア]> [アイテムを受け取る])で、外部識別子を入力し、OKを選択します。リクエストがすでに受け取られていることを示すポップアップが表示されます。
    2. 確認を選択します。バーコードを入力するポップアップが表示されます。バーコードを1つずつ入力し、各バーコードの後にOKを選択します。(上記の複数のアイテムの受け取りを参照してください。)
      元の受け取り後にポップアップにアクセスする場合、複数のアイテムのチェックボックス、期日および費用は表示のみで、元の受け取りから値を取得します。
    3. すべてのバーコードを入力し、完了を選択します。
    複数アイテムリクエストには、次の動作が適用されます。
    • アイテムのいずれかが貸与されると、リクエストのステータスはユーザーへの貸与に変わります。
    • 取り置きリクエストをキャンセルすると、特定の取り置きリクエストのみがキャンセルされます。親取寄せリクエストは、すべてのアイテムがキャンセルされた場合にのみキャンセルされます。
    • 貸し手から受け取ったメッセージをアップデートしてリコールすると、親リクエストの下のすべての貸与がアップデートされます。
    • 貸与に適用される更新手数料は1件分だけです。
    • Primoでは、マイアカウントタブのリクエストリストに、リクエストに対して1つのアイテムのみが表示されます。
    貸出リクエスト
    貸出リクエストのための複数のアイテムの配送の詳細については、複数のアイテムを含む配送貸出リクエストの動画(1分42秒)を参照してください。
    貸出リクエストでは、単一のリクエストに関連付けられた複数のアイテムを配送できます。貸出リクエストに対して複数の移動リクエストがすでに作成されている場合、またはリクエストが既に配送されており、さらにアイテムが配送されている場合、Almaは自動的に貸出リクエストを複数アイテムリクエストとしてマークします。それ以外の場合、複数のアイテムの追加は、アイテムを借り手に配送するプロセスによって行われます。これは、配送インターフェイスまたは貸出リクエストタスクリスト配送アイテム行アクションから実行できます。
    Shipping Multiple Items New UI.png
    配送アイテム
    複数アイテムチェックボックスをオンにして、最初のアイテムのバーコードをスキャンすると、マルチアイテムウィンドウが表示されます。
    Ship Multiple Items New UI.png
    マルチアイテムウィンドウ
    各アイテムについて、バーコードがスキャンされます。すべてのアイテムが完了し、完了を選択します。貸出リクエストのステータスが冊子配送済みに変わり、バーコードが複数のバーコードとして表示されます。
    Lending Request with multiple barcodes New UI.png
    貸出リクエストタスクリスト
    [複数のバーコード]リンクを選択すると、新しいタブ[アイテム]への貸出リクエストが開きます。
    Lending Request Items tab New UI.png
    貸出リクエスト - アイテムタブ
    ISOパートナーまたはNCIPピアツーピアパートナーに配送する場合、配送されたメッセージが送信されます。取寄せ機関がメッセージを受けとると、メッセージは取寄せリクエストの履歴タブに記録されます。取寄せリクエストのステータスが冊子配送に変更されます。

    ピアツーピアリソースシェア - 貸出

    翻訳可能
    リソースシェア図書館は、借入と貸付の両方のプロセスを管理できます。以下のワークフローは、リソースシェア貸出プロセスの概要を示します。現在、ピアツーピア共有に使用されているプロトコルは、ISOまたはNCIPです。ISOとNCIPプロトコルの詳細については、デベロッパーネットワークを参照してください。借入プロセスの詳細については、ピアツーピアリソースシェア - 借入を参照してください。
    リソースシェアの詳細については、リソースシェア動画(1時間12分31秒)を参照してください。また、リソースシェアに関する詳細な専門家への質問セッションを参照することをお勧めします。

    貸出ワークフロー

    リソースシェア貸出リクエストの作成

    このセクションでは、ピアツーピア貸出ワークフロー図のステップ1を参照します。

    冊子リクエスト

    移動するリクエストを作成
    このセクションでは、ピアツーピア貸出ワークフロー図のステップ3を参照します。
    冊子アイテムリクエストの場合、プロセスは標準フルフィルメントフローの一時的な移動リクエストと同じです(フルフィルメントオプションの管理を参照)。貸与は作成されません。その代わり、ターゲット先はリソースシェア図書館に変更され(アイテムの移動を参照)、それに応じてアイテムの返却期限日が変更されます。アイテムのステータスは配置済みでないアイテムにセットされます。以前に作成されていない場合、この時点で貸出リクエストも作成されます。ここで貸出リクエストを作成できるようにするには、追加の設定が必要です(配送アイテムおよびリソースシェア図書館のパラメータの設定を参照)。
    借入図書館への冊子アイテムの発送
    このセクションでは、ピアツーピア貸出ワークフロー図のステップ5を参照します。
    冊子アイテムは借入機関に送信され、そこでリソース共有パートナーが受領します(配送リソースシェア貸出リクエストリソースを参照)。これは、[配送アイテム] ページから、または[貸出リクエスト]タスクリストのリクエストに対するアクションから行うことができます。貸出リクエストタスクリストの詳細については、リソースシェア貸出リクエストの管理を参照してください。
    更新/リコール/延滞の取り扱い
    このセクションでは、ピアツーピア貸出ワークフロー図のステップ6を参照します。
    配送されたアイテムの更新は、借り手のリクエストの結果として行われます。更新アクションは手動または自動で実行できます。ユーザーまたはユーザー代理のスタッフのリクエストによってトリガーされる場合があります。
    ワークフロープロファイルでリコール機能が有効になっている場合、配送されたアイテムは自動的にリコールされる場合があります。Almaは、期日が過ぎて延滞リクエストとなったISOおよびEメールの貸出リクエストを自動的にマークします。Eメールおよび SLNPパートナーの場合、貸出リコールEメールレター が送信されます。ISOパートナーの場合、ISOメッセージが送信されます。
    冊子アイテムのチェックイン
    このセクションでは、ピアツーピア貸出ワークフロー図のステップ7を参照します。
    借入機関からアイテムを受け取ると、アイテムまたは外部リクエストIDがスキャンされてAlmaに読み込まれます(アイテムのスキャンを参照)。スキャンプロセスにより、返却されたアイテムを送信する必要があるロケーションが通知されます。

    デジタルリクエスト

    デジタルアイテムを作成して送信する
    このセクションでは、ピアツーピア貸出ワークフロー図のステップ3を参照します。
    デジタルアイテムリクエストの場合、 プロセスはデジタル化と著作権ルールのワークフローに基づくデジタル化リクエストに似ています(デジタル化処理を参照)。デジタル化された資料を配送するために、デジタル化リクエストを作成します。デジタル化を処理する場合、ドキュメント配送サービスを使用するようにルールを設定する必要があります(デジタル化および著作権ルールの設定を参照)。リンクドキュメント配送オプションを使用したデジタルリソースシェアリクエストの実行は、ISOパートナーのみが利用できます。
    デジタル化と著作権のルールが承認を要求するようにセットされている場合、プロセスは承認を待ってからアイテムを送信します。
    リソースシェアリクエストのデジタルドキュメント配送の詳細については、リソースシェアリクエストのデジタルフルフィルメントに関する詳細情報の動画(18分43秒)を参照してください。
    アイテムが受領されたという借り手の通知を待つ
    このセクションでは、ピアツーピア貸出ワークフロー図のステップ5を参照します。
    選択したワークフローオプションによっては、デジタルアイテムが受領されたという借入機関からの応答が受領されるまで、リクエストがクローズステータスに変更されない場合があります。
    デジタルで送信されたリクエストの受信

    貸し手がデジタルリクエストを送信すると、それはborrower_document_delivery_send_automaticallyパラメータに基づいて自動的に利用者に転送されます (RapidILLベースのリソース共有ワークフロー参照)。 貸し手が配送利用規約を記入した場合(ドキュメント配信ページを使用してデジタル化されたアイテムを配信する参照)、デジタルリソースは自動的に転送されず、リクエストはデジタルで発送ステータスに残り、手動処理を待ちます。

    • Was this article helpful?